老体に鞭打ってソーラン踊る

今年異動した学校で、ソーラン節を踊ることになった。
その指導を任された。
運動会まで後1ヶ月。

初日。体育館ステージに巨大スクリーンとプロジェクター。80人の子どもはフロアで並ぶ。
まず、イメージ化のために若者が踊るソーラン映像を見せた。子どもたちは、激しい動きと生き生きした表情に食い入る。

次に「ソーランの基本」のみをまずできるようになれ、と言った。
足を開き、そのまま腰を落とし、太ももが床と平行になるように。自然と足が開く。背筋をまっすぐして、片手を突き出し片手は腰。それを10秒間。ただそれだけ。それを何度も繰り返す。当然、自分でも見本をしてみせながら。

そして再び、スクリーンに注目させた。
「次は小学生向けの動き。先ほどの学生さんたちほどは激しくないが、動きは同じ。」
と言って、PC上で動画を再生。ソーランの音が流れ出す。
「あれ?」
ざわめきが起きる。ステージ上にいる人間とスクリーン内の人間が同じだから。子どもたちは、不思議な微笑みを浮かべながら、画面を見ている。1連の動きを見終わってラストのシーンで大きな笑い。

最後に「とにかく真似して1度踊ってみろ。」スクリーンには、子どもと向かい合った指導者の映像。その横に生で踊る人間の後ろ姿。老体に鞭打ち、私は踊った。子どもたちは両方を見ながら、やりやすいほうに視点を向けて踊らせた。できなくていいのだ。この日はああ、こんな踊りかと体感できればいい。実は過去に1度経験したことがある子どもたちだから、その時のソーランと違いにも気付いてもらえたらよかった。
1時間終わって、楽しそうであった。やる気が出たようだった。最初の時間はこれでよい。

実は・・・案の定、踊っている途中で太ももにきた。終了後、太ももがつったが、見抜かれないように堂々として終わった。
c0052304_05520972.jpg

[PR]
# by saibikan | 2016-09-10 05:55 | ソーラン節 | Trackback | Comments(0)

鑑賞「風神雷神図屏風」(対話型)4

(これまでの続き)
彼が話した後に
「〜くんは、雷神がこっちを見てないって言ったよね。」
と私が全体に確かめると、
「そう見てない。」
「下を見てる。」
「人間を見ている」
「遊んでいる。」
「風神は相手がするのを見ている。」
というような返しがたくさんあった。

ここで時間が来たので、最後に全員にプリントを配ってまとめに入ること
にした。まとめと言っても、教師がこの絵の解説をするわけではない。子どもな
りにどういう絵なのか捉えたことを書いてもらうのである。そして1時間の学習
を振り返って、自分の学習を評価し、学んだことや気づきを書く。それで終了。

この絵は、「風神雷神図屏風」という屏風に描かれたものであること、俵屋宗達
という人が描いた絵であることを、今回十分には伝えられなかったので、そのよ
うな知識は、また別の機会に設定したい。
c0052304_05363802.jpg

最後に、子どもたちが書いた学習シートから、文章を数点紹介しよう。

○「この絵はどんなお話でしょうか」(あなたの考えを)
・風神と雷神がにらみ合って争っているお話。雷神は周りに太鼓のようなものを
 持ち、風神は風を起こす大きなタオルのようなものを持っている。?
・ある日台風が起こりました。村は荒れて川は増水して氾濫していました。一方、
 村の上では風神と雷神が争っていました。風神:「今日こそ俺様が1番強いこ
 とを証明してやる」雷神:「その言葉がうそだということを教えてやる」そし
 て戦いが始まりました。

○今日の授業で学んだことや感想を。

絵を鑑賞して人物の特ちょうをたくさん見れたので良かったです。
・鑑賞も楽しいと思いました。いろいろなものを鑑賞したいと思いました。
・一つの絵でいろいろな発想が出てくるんだなと思いました。?
・初めて見た絵だけど、とてもおもしろい絵で、考えが次々と出てきました。み
 んなの考えもとてもおもしろかったです。
・一つの絵にも人によっていろいろな見方があって、感じたことや思ったことが
 全然違うんだと思いました。またその絵を見てどんな話だと思ったかもたくさ
 んあって、おもしろかったです。

さて、明日にやってくるであろう台風の中で、子どもたちは「風神・雷神」の授
業のことを楽しく思い浮かべるかもしれない。しかし、実際に台風が上陸したら、
我々はそんな悠長なことは言っておられない。今から十分な備えをして、人間も
また、風神・雷神と戦わなければならないのである。(終)

日刊中高MM3777号に投稿した記事を元に多少付け加え、分割して配信しました。



[PR]
# by saibikan | 2016-09-07 05:37 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

鑑賞「風神雷神図屏風」(対話型)3

『風神雷神は仲が良いのか?悪いのか?」
この課題を板書し、二人に1枚、手元で見えるようにA4サイズのカラーの「風神
雷神図」を配布した。そして二人組で約5分間、対話しながら検討をさせた。

紙に書き入れても良いと子どもには伝えた。教室全体が活発に話し合いを始めた。
全員が相手に対し自分の考えを述べている。そして協力して絵の中や周囲に書き
込みながら、結論を導き出した。

そして結果、仲が良いは0グループ。争っているは、17グループ。中間は2グル
ープという結果になった。幾つかのグループに意見を聞く。
c0052304_23241588.jpg

「風神も雷神も両方足に輪っかをつけている。しかもどっちも武器を持っている
 から争っていると思う。」
「僕達は中間です。こっちは風を起こそうと頑張っていて、こっちの方は雷を起
 こしているから。そして、にらみ合っているような感じだけど、こっち(雷神)
 はビビっているから争うようには見えない。」
 ああ、なるほどそういう意味の中間かとわかる。
 そしてこの発表を聞いていた別の子どもが
「いや、雷神の方は、にらんでないよ。」
と視線に目を向けた発言をした。
「そうそう、僕もそう思った。」

と追随する声も聞こえた。これは意外だった。これだけの時間で視線に気づくこ
どもがいるとは思わなかったからだ。また気付いてもまさか出ると思うっていな
かった。

だがその子どもは前に出てきて、さらに、自分の考えを語り出した。彼は「太陽
と北風」の話を引き合いに出し、
「あの話と同じように、この二人も、風と雷で競い合って、どっちが人を苦しめ
てるかって争っているんじゃないか?今ちょうどこっちが雷を落としているとこ
ろだと思う。」
と話した。なかなか面白くなってきた。
[PR]
# by saibikan | 2016-09-05 23:25 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

鑑賞「風神雷神図屏風」(対話型)2

「今から1枚の絵を見せます。黙って1分間絵を見ましょう。」
 私の言葉に頷くクラスの子ども達。
 「きっと風神雷神だよ。」
 すでに小さな囁きが聞こえる。
 「しっ!では見せます。黙ってですよ。」
 大型テレビに映し出してしばらく見せた後、
 「何が見えましたか?」
 と尋ねた。自由な発言で、人、鬼、雷様、神様、豚と龍、おっぱい、
 風神雷神、と言葉が出る。大きく描かれた2体の存在を、様々な表現
 で口にした。実に面白い。
 「いろいろなものに見えましたね。そう、誰かが言ったようにこの絵
 に描かれているのは風神と雷神と言われています。どっちが風神でど
 っちが雷神でしょう?」
c0052304_20134021.jpg

 しばらく隣の人と絵を見て話し合わせると、全員が、風神は右で雷神
 は左だと答えた。その後理由を尋ねた。
 「左は太鼓みたいなものがある。右は風を起こしている。」
 「雷みたいなものとタオルみたいなもの。」
 「雨のような色と風があるような色。」
 などなど、それぞれを比較して、もの・形・色に着目し始めた。その
 中で
 「兄弟みたい」
 のつぶやきがあった。私はその言葉を拾い、揺さぶりをかけた。
 「兄弟みたい?仲が良いのか?」
 すると反応が活発になった。
 「悪い!」
 「いや、いい!」
 「争ってるみたい。」
 「笑ってるから仲がいい。」
 「ライバル心があるから余裕を持っている。」
 「鬼ごっこ形式!」
 「でも神様同士だよね。」

 そこで、全員に課題を明確にして考えさせることにした。(続)

[PR]
# by saibikan | 2016-09-04 21:18 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

鑑賞「風神雷神図屏風」(対話型)1

 小学校6年生の図画工作鑑賞授業「風神雷神図屏風」。2016年9月に実施。

 これまでの経験から、子どもたちの中に必ず「風神雷神」を見たことがある子どもはいる。過去の授業ではいつも「風神だ!雷神だ!」というつぶやきがあった。しかも今回は、教科書にも大きく掲載されている作品である。

 「風神雷神図」を見て、絵の特徴や良さに気づくこと、自分や友達の絵の見方や考え方が違うことに面白さや良さを感じることをねらいとした。わずか1時間の授業で、どこに比重を置くか考える。対話型鑑賞を中心にしよう。上野浩一先生の「風神雷神はなぜ笑っているのか」を完読した後なので、授業の視点のようなものは明確にもてた。また、今回は、時間の関係から「屏風」という点や、絵を描いた俵屋宗達についてはクローズアップしていない。

 ただしいつもそうだが、思った通りにいかないのが授業。でもそれは、子どもが主体的に動き始めた時にも起こる。さて、今回はどうだろう・・・。そう考えながら授業に臨んだ(次回へ続く)。。


c0052304_12492554.jpeg

[PR]
# by saibikan | 2016-09-03 12:57 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

リオ五輪を見守るキリスト像

リオデジャネイロでの五輪もいよいよ終盤。
このブログではほとんど五輪のことは取り上げていないが
毎日テレビは見て、応援して、一喜一憂している。

さてリオの映像の中で出てくるでっかい像について調べた。
W杯の時にも見かけたコルコバードの丘のキリスト像。

何しろ海外旅行など縁のない自分にとって海外の土地や建造物は
知らないことばかり。人によっては当たり前のことでも、
自分にとっては役に立つので、メモしておこう。
c0052304_7283584.jpg


****************************
コルコバードの丘に立つ巨大なキリストの像。
コルコバードの丘の標高は710m。その上に高さ39.6m、左右30m、更に重さが635t
の巨大キリスト像。

それは、ブラジルのポルトガルの独立100周年を記念して1931年に建てられた(独立は1822年)。
「Rio de Janeiro(リオデジャネイロ)」という言葉自体ポルトガル語で、英語では「River of January(1月の川)」という意味。

フランスの彫刻家ポール・ランドウスキがデザインし、地元エンジニアのエイトル・ダ・シルバ・コスタが製作の指揮(監督)をして作ったそうである。
これほど大きく町を見渡すように立てられるほど、キリスト教が多い.
*******************************

リオ五輪もいよいよあと3日。
[PR]
# by saibikan | 2016-08-19 07:29 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

対話による美術的鑑賞を学ぶ

「風神雷神はなぜ笑っているのか」(上野行一 光村図書)の中で、最も実践に役立つ「授業の進め方」の内容は大きく言えばこれ 
      ↓ 
対話による美術鑑賞の授業3つのステップ (PDCAに沿っている)
 Step1 心構えと授業の始め方   (Plan)
 Step2ナビゲーションとリレーション (Do)
 Step3評価と改善 (Check,Action)

c0052304_21115766.jpg

 詳しく述べていくと、以下のようである。

Step1 では 
まず、対話による鑑賞授業3つの原理として次の3つが述べられる。
(1)「受容」発言を受容すること
(2)「交流」発言から対話を組織すること
(3)「統合」発言の向上的変容を促すこと
次に、授業の始め方だ。以下の6つ。
(1)アイスブレーキングで緊張ほぐし
(2)ポジショニングを工夫
(3)約束の指示
(4)最初の質問
(5)十分に待つ
(6)最初の発言

Step2ではナビゲーションリレーションについて述べられる。
1ナビゲーションとは、質問・指示・説明のこと。具体的な9項目がある。

(1)開かれた質問 (2)思考のための助言 (3)多用の思考化

(4)対話のための焦点化(5)話題の転換(6)ゆさぶり

(7)論点の整理(8)解説(9)まとめ

2リレーションとは、支援・奨励
(1)確認 (2)繰り返し (3)言い換え (4)要約
(5)付け足し (6)掘り下げ(7)称賛 (8)同意 (9)励まし   

それぞれについて詳しく書いてあることを、読みながら実際の授業と重ね合わせるといい。
私はこれまで自分が行ってきた授業をこのstep2と並べて振り返りたいと思った。
そのことこそが 最後のStep3となる。

STep3は、「評価と改善」である。評価の手順と改善、実際の授業例などが書かれている。

詳しく知りたい方は、本を読むべし。

そして自分はもう1回、風神雷神図屏風をじっくり見ることから始めよう・・・



[PR]
# by saibikan | 2016-08-16 21:15 | 図工室経営・図工美術論 | Trackback | Comments(0)

風神雷神はなぜ笑っているのか

対話による鑑賞講座の本
「風神雷神はなぜ笑っているのか」(上野行一著)

300ページ近い本をようやく読破。
購入したのは1年以上前でその時はまだ斜め読みだった。
今回は、じっくりと再読した。
読み応えがあった。
c0052304_913882.jpg


題名にある「風神雷神」の屏風図を見て、中学生が対話をする鑑賞授業シーンから、第一部が始まる。思わず引き込まれるが、風神雷神の話が出てくるのは最初の部分だけである。その後の第一部は、びっしりと「対話による美術鑑賞の理論と歴史」が述べられていく。対話による鑑賞とVTSとの違いも。
実に勉強になる。

そして第二部になると「対話による美術鑑賞の授業について」。ここになると、現場の教師としては俄然面白い。第一部の理論に裏打ちされ、上野先生が研究をしてまとめられた鑑賞教育の授業が具体的に述べられる。21世紀型能力も視野に入れての学習課題と授業設計など、自分がこれまで他の分野(教科)でも研究してきたこととつながる。さらに作品選定、シュミレーション、環境設計など、授業を行う上での意義・ポイント・方法が述べられており、鑑賞授業に取り組もうとする者に大いに役立つ。
後半の165ページからの「授業の進め方」に具体的なステップの提示と説明、具体的な事例が最も興味深い。日常の授業実践を行っていく上でとても参考になる。特に「ナビゲーションとリレーション」の部分については、さらに深読みして、自分で整理してまとめ、活用できるようにしたい。

ということで、今日のところはここまで。
[PR]
# by saibikan | 2016-08-16 09:13 | | Trackback | Comments(0)

「FG入門」が体験で深まる

教師が変わる!授業が変わる!ファシリテーショングラフィック入門(藤原友和著)
読書というより活用書という感じの本だが、今日はこの本を紹介。

以前読んだ本だが、やはり体験すると内容の理解度が深まる。
特に今回は
・セミナー前にさらっと読み返した。
・セミナー中に講師の意話を聞きながら、関係あるページを開けた。
・翌日に再度関心がある点を読んだ。
という3段階を付け加えたことで、実際に何をどう生かせるかという点が次第に明らかになってきた。
c0052304_17524823.jpg
理論編第1章の「FG10の機能」は昨日の講話と重ねてよくわかる。第2章の「FGスキル」が、実はみんなが実際に自分でやるときに「どうやればいいの?」って1番知りたいところ、スキルだから、ここに書いてある通りに練習してみて、身につければいい。ありがたい場所。もちろんこれを参考に自分にあったスキルに改善してもいいんだから。

実践編授業で使えるFGが一番知りたいところ。読んでいくと、やはり普段考えている「構造的板書」「思考するノート作り」や、日常よく活用している「付箋紙」「ホワイトボード」などのモノも関係あるし、しょっちゅうやっている少人数グループの話し合いだけでなく「ポスターセッション」「ワールドカフェ」などのスタイルも経験しておくことが大事だとわかった。そんな中で模造紙やマジックコピー用紙を扱う場も経験しながら、段階的・系統的にFGを取り入れることが必要だろう。そのために段階的なFGの授業例があるのはありがたい。
とはいえ実際に授業でする前に、自分がまず経験することだ。校内研修などで取り入れてみるといい。今はまた研究担当なので、そう考えると実践編2は、即役立つところである。

[PR]
# by saibikan | 2016-08-13 17:01 | | Trackback | Comments(0)

FGとALについて学ぶ

FG=ファシリテーション・グラフィック
AL=アクティブ・ラーニング

講師に藤原友和さんが来られると聞いてセミナーへの参加申し込みをした。
藤原さんに出会うこととFGを学ぶことが目的であった。
そして実際に参加して、目的を果たし、彼との出会いで多くことを得た。
参加が間違いでなかったことを確認した。
だが他にも参加したことの収穫があった。

使える!ファシリテーション・グラフィック 
~ファシグラを生かして授業をつくろう!~
  2016年8月12日(金)熊本学園大学附属高等学校にて
c0052304_16483858.jpg


参加後の収穫5

1 北海道の藤原友和さんと初めて直接に出会えた。ファシリテーションぶりやグラフィックぶりがさすがだなあ、と思うと同時に、学び手としての質も高いお方であることを再確認できた。これからまた様々な情報交換をしながら学び合いたい。


2 FGを体験して良さがわかったと共に、どう使えるのか自分に課題が生まれた。ファシリテータとして使うにはもってこいだが、これをどう活用すれば、個人個人の思考(特に授業での全ての子どもに)の可視化まで落とし込めるものか、考えていきたい。


3 中学校と高校の先生の模擬授業を体験したり拝見したりできた。2本の授業の事前研究をし、1回は生徒役となり、1回は参観者となり、その後FGを見ながら事後研をするという校内研修的な体験も珍しかった。授業者のS先生、O先生に感謝したい。


4  同じグループが全て高校の先生方であり、いつもと違った視点で授業について語り、議論できた。福岡のW先生や熊本のK先生とはその場で即FB友達になった。他にも高校の先生方の中に、これほど熱い思いで研究会に参加している方々が多数おられることに驚き。


5 アクティブラーニングの本質について学べる研究会であり、語り合える懇親会であった。県外からも多数高校の先生が参加しておられた。みなさんの熱意を肌で感じた。そして、3年も前に溝上先生がこの名称の研究会を立ち上げていたと聞き驚いた。


1と2が自分の目的であったのだが、3、4、5という土産までついて実になる一日だった。熊本での開催とはいえ、アウエイの場のような感覚で参加した研究会だったが、結局いろいろな人を媒介として繋がっているとわかった。今回の会を主催してくださったAL研究会の溝上先生、そして運営してくださった事務局の皆さんに感謝。




[PR]
# by saibikan | 2016-08-13 14:47 | 情報教育(ICT/情報研/JAET)) | Trackback | Comments(0)

「センス・オブ・ワンダー」を読む

夏の読書2 「センス・オブ・ワンダー」(レイチェル・カーソン)

わずか60Pの短編なので一気に読んだ。この本を読んだきっかけは、「ゼロから学べる小学校図画工作授業づくり」の中の、p20「感じる図工、考える図工」の項の中で、共著者の森實さんが引用しておられたからである。題名も作者も知ってはいたが、読んだことがなかったので、我々の著書が刊行される前に読んでおいた。今日2度目読み。

レイチェルの姪の息子であるロジャーと一緒に海辺や森の中を散策し、星空や夜の海を眺めた経験を元に書かれた作品。1964年に56歳の生涯を閉じた作者が生前、書き溜めていた原稿を、死後に友人たちが体裁を整えて出版した本。「沈黙の春」が有名な著者。
c0052304_19404376.jpg
「知ることは、感じることの半分も重要ではない。」

引用された言葉が24Pに出てくる。その言葉に象徴されるとおり、自然と関わる体験で研ぎ澄まされる感性の重要性が語られる。いきなり始まるスナガニ探しを海辺で楽しむ場面は、微笑ましい。その後もずっとロジャーと自然の中で感性豊かに過ごす様が、美しい写真と共に語られていく。

いやあ、自分は我が子にここまで自然との触れ合いを大事に提供できなかったなあ、と悔やむ。キャンプにはよく行き、星空を一緒に眺めたり林の中の虫の鳴き声を共に聞いたりはしたが、ここまで自分が感性豊かに楽しんでいなかったなと。

孫ができたらちょっとは、レイチェルのように考えられるのだろうか?

[PR]
# by saibikan | 2016-08-07 19:13 | | Trackback | Comments(0)

「子どもの頃から哲学者」を読む

夏の読書。子どもたちが夏休みの間に、自分も仕事合間の読書に勤しもうと思って時折読書をしている。1度読んだ本もあるが(再読)、この夏に読んだ本を記録しておこう。基本的に7月24日〜8月23日に読んだ本を、今年の夏の読書としよう(2学期が始まれば、なかなか読む時間がなくなるだろう)

夏読書1 「子どもの頃から哲学者」(苫野一徳)
c0052304_1023613.jpg


 「どのような教育が『よい』教育か」「教育の力」に続いて、苫野先生の本は3冊目。久しぶりの苫野書。
最初の2冊は、哲学者の語る教育書として面白く、わかりやすかった。「相互承認」や「学びの個別化・協同化」と言う部分が、自分たちのやっていることと重ね合わせて、妙に納得したものだ。

今回の「子供の頃から哲学者」は苫野先生の、面白き(といえば失礼かもしれないが)ある意味波乱万丈な人生が描かれた本である。しかもその随所に有名哲学者の名前や言葉・考え方が出てきて、無知な自分にとっては哲学のことも少しだけ理解できた気がする。
この本でも「相互承認」の大切さは出てくる。しかも学生時代の「自意識のかたまり」からくる「承認欲望」のところから繋がっていることがわかる。そしてそこでヘーゲルの「ストア主義」をはじめとする3つの類型が述べられ、なんとなく哲学が横からすっと入ってくる気がした。

実は、2年前に苫野先生の本よりも、先生ご本人の話を先にお聞きしたので、彼の人間性や生い立ちが先にインプットされた。2014年7月、情報教育研究会で講師として来てお越しいただいたのが最初の出会いである。その後は熊本大学准教授なので、身近なところでのご活躍を見聞きするようになった。私は、FBを通じていろいろと見聞きすることが多い(たまにコメントを交わす程度)。見かけは哲学者というイメージとはちょっと違うけれど、中身は芯のあるしっかりした方で、哲学に基づいて考えをわかりやすく伝えておられるところにいつも感心している。

この本を読んでいると、その時聞いた彼の私的な部分が、さらに膨らんでくる。その時はお聞きしなかった学生時代の苦悩された人生が見えてくる。
「不幸から抜け出す3つの道」(1、能力を上げること。 2、欲望を下げること。 3、欲望を変えること。)は
なるほどなあ、と思って読んだ。

その他、心に残っている言葉。
・絶対の真理なんてない。
・可能性が絶望者を救う。
・哲学とは「本質」を見抜くこと。
・社会の側からちょっと自分を見直してみる。

7月31日に仲間と一緒に読んだ本である。その後再読1回。
[PR]
# by saibikan | 2016-08-06 22:04 | | Trackback | Comments(0)

父親失格?ー過去の我が子の絵

部屋を片付けていたら、1枚の絵が出てきた。我が子の一人が描いた絵のようだ。
薄いトレーシングペーパーのような紙に書いているので、学校で描いたのではなく、家でふと描いたに違いない。
「おとうさんいつも〇〇〇とあそんでね」(〇〇〇は作者の息子の名前)の下に広い空白・・・そして「〇〇〇より」。下半分に色鉛筆で水色をたくさん使った絵。これは果たして何を描いているのだろうか?

5人いるのが家族だとはわかるが・・7つの四角は何だろう?
裏に赤ペンで(おそらく僕が)日付を書いているから、見たことはあるはず。
だが、思い出せない。記憶に残っていない。

ダメな父親だなあー。
この時、6歳の彼は、一体何を表したのだろうか?

その時、一緒になって彼と話をしたなら、きっと心に残ったはず。
そうかあ、〜をして遊びたかったの。
ああ、これは一緒に遊んだ〜の時のことか。
記憶にないのは、おそらく、絵を通した対話をしていないのだろう。
あれだけ、絵を媒介にして対話をするのは大事だよーと言いながら。
父親失格やなあ。

仕方なく、一応、すでに大人になった彼に絵を見せてみた。
「覚えとらん」
彼は、苦笑いして答えた。

真相は闇の中。
別にわからんならわからんでも言いたいーそう結論付ければ済むのだが
絵を見ていると・・・やはり気になる。訴えてるからね。「あそんでね」と。

この絵に対する作者の思いはわからないままだろうが・・・・知りたくてじっと見ていた。
c0052304_22515714.jpg

[PR]
# by saibikan | 2016-08-03 22:52 | 我が家のアート | Trackback | Comments(0)

相互評価・自己評価から分かること

絵を描いた後、作者が、自分の絵を見て、ここが良いな、と思う。自己評価である。
そして互いの絵を鑑賞しあって、お互いに良いところを見つけて書き、褒めあう。いわゆる相互評価である。この時は同時に行っている。

A君の絵は、パッと見て大きく広がった枝と様々な緑の葉の鮮やかさに心惹かれる。本人もそれをよし、と見るかと思いきや、彼は「おまもりやさんがちゃんとかけた」である。おいおい、そこかアーーー。
c0052304_22384264.png

意外だ。しかしA君にとっては右端のおまもりやさんを描くのが難しかったのだろう。小さくもまとまったあのテントが、彼にとっては、絵の中で「よくかけた場所」なのだ。それはそれで、本人の意識を知ることができてよかった。

だが友人たち3人は一様にA 君の絵の「大木」に着目している。
・木の葉が本物の木のようでとてもいい。
・特に木の色合いがいい。本物のように。
・木の色を工夫していて、その葉の色が緑って感じだね。
その一言一言を見て、A君はきっと
「みんなは自分の絵の木に注目してるのか。みんなから見ると、木がよく描けて見えるんだな。うん、そういえば頑張って描いたよ。」
と、自分では気づかなかった良さに触れるのだろう。

鑑賞ってこんなところも面白いのである。
c0052304_22473216.png



[PR]
# by saibikan | 2016-07-29 22:39 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

スキルを活用して描いた写生画

(内容的には、前回の 描画力をつけるための動画活用 の続きである。魔法プロジェクトで報告した内容の、ほんの1部について詳しく述べている。)

欠席の1時間を取り戻して、B4の画用紙に校内のエノキを2時間で描いたA君。
みんなのエノキと並べて鑑賞し、満足げだった。

そして翌週は、4年生のスケッチ大会。
地域の由緒ある境内の広い神社へ出かけた。
みんなで一通り境内を見て回り、自分がスケッチするものを選ぶ。
そして今度は描く範囲や角度を決め、描く場所を決めて座る。
あとは各人で描き始めるのみ。B3サイズの大きな画用紙。
c0052304_10432356.jpg
ここからは子供のいる範囲も広く、対象物も異なる。
私も、教室で子ども一人一人に関わるようにはいかない。
子どもは、ほとんど自分の力で描いていくことになる。
前回のスキル的な学習(エノキのスケッチ)が生かされるように。

A君は、階段下にある社務所前に陣取った。
拝殿などの御社殿に向かう階段を見上げ、境内にある大木を描き始めた。
この場では、ペンによるスケッチのみである。
本来なら色ぬりをさせたいが、水の関係上それができない。

終わったら、学校へ戻って色ぬりをし、完成。
そうやって描いたAくんの絵。
まだまだ写実的に形を捉えられないながらも
色ぬりには学びが生かされている。

c0052304_10394192.png



[PR]
# by saibikan | 2016-07-28 10:40 | 魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT) | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

老体に鞭打ってソーラン踊る
at 2016-09-10 05:55
鑑賞「風神雷神図屏風」(対話..
at 2016-09-07 05:37
鑑賞「風神雷神図屏風」(対話..
at 2016-09-05 23:25
鑑賞「風神雷神図屏風」(対話..
at 2016-09-04 21:18
鑑賞「風神雷神図屏風」(対話..
at 2016-09-03 12:57

最新のコメント

Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31
初めてではないと思います..
by saibikan at 21:28
こんにちは! はじめま..
by 和 at 15:23
ご無沙汰しています。本日..
by hakusuke at 22:44
コメントありがとうござい..
by saibikan at 01:02

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧