「ほめ言葉のシャワー」を生かした「Happyターン・タイム」

ほめて伸ばす、とは、昔からよく言われたものだ。
自分もそうしたいと心がけ、子どものよさを見つけるよう努めてきた。
だが叱るべきときは厳しく叱る、そのことも忘れない。
メリハリを付けることで子どもには生きる力が育つ。
そして子ども同士もほめ合い、励まし合い、高め合うこと。
それが長年の自分の方針であり、今も続けていること。
芯は変わらない。

ただし、どうほめるか,どう叱るか、は、常に考えておかないと、
子どもたちに真の力や真の心は培われていかない。
子ども同士となるとなおさらである。
なぜなら子どもの実態は様々。
どこでも同じように通用するものではない。
それに時代とともに子どもは変化していく。
今の時代に,今の目の前にいる子どもの姿を見ながら、
教育のあり方は変わっていく部分がある。

一学期にNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で菊池省三先生の姿を見た。子どもへの接し方、ほめ言葉のシャワー、日記による交流、共感する点が多くあった。現在自分も同じ6年担任で、運動会での応援団の取り組みは、思わず「似ている」と笑ってしまった。
c0052304_10423391.jpg「ほめ言葉のシャワー」は、本にもなっていることで,実際どうされているのかな、と知りたいところだった。映像の中で、子どもたちが次々に級友にほめ言葉を発していくーその時の言葉を受ける側の子どもの表情が印象的だった。これをどの時間を使って、どれぐらいの割合でやっているのだろう?帰りの会でいつもできることではないだろうなあ、と、もっと知りたい部分もあった。
最もすごいな、と思ったのは、「成長ノート?」への赤ペンの入れよう。私も今年は「心の成長日記」を4月から毎日全員に書かせていたが、あれほど言葉を返してはいない。というか、家に帰ってからそこに時間は費やせないので真似はできないが、自分ももう少し子どもと心の交流を図れるように工夫が必要だなと思った。

その後、夏休みに福岡で、生で菊池先生の講演を聴いた。やはりテレビとは違う雰囲気や実践がそこにはあった。これまで多くの人が実践していることのよい部分を,菊池先生なりに自分のものとし,整理して実践しておられることがわかった。私の本棚に数年前からある本(小学校国語の学習ゲーム)の著者として抱いていたイメージとは若干違ったが、それはもちろんプラス面である。
今回は講演だけしか聞かなかったが、それでもずいぶんためになった。自分がこれからやろうとしていることに生かせると思った。

私は日常の授業で付箋紙を多用している。夏休み明けの自由研究発表会でも活用した。そして2学期から、数年前に6年生で実践した「付箋紙にクラス全員のいいところを書いて、それぞれが貼ってカードとして贈り合う」取り組みを、日常的に始めようと考えていた。子どもたちが決めたクラスの名前と意味に合わせた「Happy ターン・カード」の実施である。
そんな時に菊池先生の実践に出会ったことは、それをさらに膨らませることになった。書いたことを話し言葉でも伝えることにした。つまり、「ほめ言葉のシャワー」とのドッキングである。

毎週金曜日にわずか10分ほど『Happy ターン・タイム』を設定。2名の子どもがその日の、ハッピーマン。「Happyターン・カード」用の付箋紙は事前に配り、クラス全員が「よさ・がんばり・成長」等を書いておく。その後は「ほめ言葉のシャワー」的に、ハッピーマンとなった子どもに、前に立ってもらい、みんなから言葉を伝え、ハッピーマンは「お礼」を言う。そして、付箋紙はカード(画用紙)に貼られ、「今日のおみやげ」としてハッピーマンに手渡される。
c0052304_10303221.jpgc0052304_10212825.jpg

週1回ペースで、現在クラスの4分の1がハッピーマンに。なかなか好評である。「ほめ言葉のシャワー」のように、話し言葉でも伝えることで、時間とともに、子どもたちの表情に笑顔が増えていくのが分かる。菊池先生の実践は確かだな、と実感している。とともに、自分のクラスの子どもたちの実態を常に見つめながら、この子どもたちに合った取り組みを今後も続けたいものだと考えている。
[PR]
by saibikan | 2012-10-01 08:59 | 学級づくり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iroiroart.exblog.jp/tb/18532478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

音を感じて5「モスクワの広場」
at 2017-11-16 06:53
音を感じて4「漣」の鑑賞
at 2017-11-14 05:40
「情報モラルの授業」のバイブル
at 2017-11-12 20:15
音を感じて3「華々」の鑑賞
at 2017-11-12 06:59
音を感じて2 華々
at 2017-11-11 06:44

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧