ボタンBで考えた作者の思い

「ボタンB」鑑賞授業2014  6年生図画工作
c0052304_08462465.jpg
1時間の授業で、なるべく子どもの力で、どこまで思いを読み取れるか。なるべく教師の教え込みは入れず、考え話し合う中で。

まだ修学旅行に行っていない子どもたち。(本校は10月に長崎に行く)歴史でもまだ近代史の戦争の時代までは学んでいない。

そんな小学生がどこまでできるのかな?そう思いながら取り組んだ授業。



真髄まで行くには、やはり難しさを感じた。
しかし難しいからこそ次へのステップを考える意欲がわく。

子どもの感想から率直に受け止め、次へつなごう。

学習シートを読む。
「原爆の恐ろしさや苦しみ悲惨さを伝えている」というように
「原爆」という言葉を使っていた児童は21人(22人中)。
残りの一人も「一人一人の命を大切にする」という言葉でまとめてはいるが、
授業中の発言で
「浜田さんてどこの人ですか?原爆にあった事があるんですか?」
と積極的に発言しており、作者の思いを感じ取っている。

この作品はこれからの核戦争への恐怖を表している。
ボタンを押そうとしている3人の人物のポーズと関係、
そして3人のそれぞれの姿の表し方に作家の意図がある。
もちろんその根底には、広島や長崎の原爆投下という日本人の体験と
戦地に赴き苦しい思いをされた浜田さんの体験がある。
小学生には、後半の思いに触れられたら
本時のねらいは概ね達成と考えていた。
そしてもし、前半の部分を読み取る事ができる子どもがいれば
本時のねらいは十分に達成であると。

その意味では、全員がねらいは達成でほっとした。
では、それ以上に深く読み取る子どもがいたかどうかを検証する。

感想の他の部分を書き出してみる。
c0052304_08485741.jpg
3人の関係の表し方の捉えで最も多かったのは以下。
・原爆によって目が見えなくなったりやせ細ったりしているところを表している。
・放射能でやせて行く人の気持ちが表れている。
・目が見えない人や体の一部が亡くなった人たちの姿。
・右から順にひどくなっている様子。
というように3人を核戦争の被害者として表していると言う意見である。(約2割)

これは表現の意図とは若干違うのだが、意識とは関係なくボタンを押す立場の人もある意味戦争の被害者であろう。

また3人がつながっていると言う事から
・協力の大切さ。
・みんなで協力していくことで戦争をや原爆をなくすことを伝えたかった。
という意見が3割いた。
この絵の3人は、本来は上からの伝達と言うつながりである。
最も左側の人物には配線は頭を通らず、顔は隠れ、感情も意志も見えない。
中の人物は笑ってるように見えるが何となく悲しげである。
右の人物は子どもが気付いたように何故か体が大きく、違う椅子に座り
壁で体は後ろの世界にあり手だけを出す人物。頭の中には核の発射。
形上は協力してボタンを押している事になる。
この子どもたちは全く逆に捉えているのでうーん、と思ったものの、
むしろ浜田さんも、「人のつながりをこのようなことに使うのでなく
もっと平和的なつながりや世の人々の協力を」と言うメッセージを
含んでいるかもしれないと、子どもたちの言葉から考えた。

そんな中で
・このような事が2度とあってはならない。
・原爆の恐ろしさをより多くの人に伝えること。
・命の大切さを伝えている。
・原爆が落ちたその日に何が行われていたかを一人の目を人を使って表現している。
・原爆はこわい。このボタンはずっと続いて行く。被害にあった人たちの思いは
 ずっと続く。
・次世代の人たちに、原爆の恐ろしさや苦しさを忘れないように描いた。
というような作者の戦争に対する思いにかなり近づいている子どもたちもいた。
こういう子どもたちは、今日の授業の中では
十分に達成できたと考えてよいのではないか。(約3割)

「ボタン」という言葉を使っていた子どもはわずかに5人だった。
核戦争のボタンと捉えた子どもだけでなく、平和へのリセットボタンと捉えた
子どももいた。ああこのあたりをみんなで追究すると、この絵の本質にも
迫れたかもしれないと思う。
この作品の題名が「ボタンB」なのである。
やはり「ボタン」にこだわって見る事が、この作品の本質に近づくのかもしれない。

今回は、作品の本質に近づく子どもが少なかった事や
表現の意図を十分に読み取る子どもがあまりいなかったところに
私の指導の不備がある。
途中では「わからないあ」とずいぶん頭を悩ませてもいた。
課題作りや資料提示の方法などにかなりまずいところもあった。
だが子どもたちは、友達とかかわり合いながら、しっかり考え、
自分なりの考えを持ち、最終的には作者の思いを感じ取る事はできた。

本時のめあてに対する子どもの自己評価は次の通り。
◎ 15人
◯  4人
△  3人

思ったよりも「作者の思いをしっかり感じ取った」という子どもが多かった。
「作者の思いがまだわからなかった」(△)という子どももいたが
彼らもきちんと表現はできている。おそらく他者の意見でそうは思ったが
自分としては納得できる結果ではなかったということだろう。
それはそれで授業者としては参考となる

不足している部分は、次の時間に補っておこうと思う。
またできれば隣の学級では、今回の反省を元に他の方法で授業をさせてもらいたいと考えている。

こうやって振り返ると、子どもたちが一生懸命に学習ししていた事が
ひしひしと伝わってくる。私がもっとも学んだ研究授業だった。


[PR]
by saibikan | 2014-06-08 08:49 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iroiroart.exblog.jp/tb/22210288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

新学習指導要領【小学校社会】..
at 2017-09-07 03:15
新学習指導要領復講始まる
at 2017-09-05 06:31
4年社会科2学期の計画
at 2017-09-04 05:24
4年社会科「ごみ」調べ物語
at 2017-09-03 18:57
23年前の「ごみ」の社会科授業2
at 2017-09-03 07:38

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧