ボタンBの授業の素直な感想

研究授業や授業参観があった日「今日はがんばったから宿題なしだよ。」なんて事は言わない。そんな時でもきっちり宿題は出す。ただし「自学帳に今日の授業の感想を書いてきてほしい。」ということはある。今回もそう。そして、授業の可否を素直に書いてくれる子どもたちの存在がうれしい。こちらも勉強になる。

まずは自己評価で△をつけていた子ども。

「けんきゅうじゅぎょうはたくさんの先生がくるので毎回きんちょうします。ボタンBの作品を見て、何を表しているのかわかりませんでした。でんきゅうみたいなのをかぶってる人とかが何なのかわからなくてふしぎな絵と思いました。ボタンAはボタンBとくらべりとちょっとこわい絵だなと思いました。まんなかの人の頭がへんなかたちになっていて、でんきゅうみたいなのをかぶっている人はこっちを見ているようなかんじがしました。2つの絵を見て作者が何をつたえたいのかあまりわからなかったです。」

あまり文章を書くのが得意でなく、発表も苦手、でも授業中は手を上げて前に出て説明までしてくれた。きちんと作者の思いに絞って書いてくれている、しかも彼にとってはこんなに長く。それとうまくは表現できていないけど、AとBを比べて、Aの方が恐かった理由を彼なりに形に着目して一生懸命に書いている。真剣に勉強したこと教材と向き合った事が読み取れる。「わからなかった」のは、私の責任。

次は、この授業でよく発言し、友達の意見もよく聞いて考えていた子ども。

「『ボタンB』という絵をかんしょうしました。1番最初に感じたのは『怖い』でした。辺りが暗く何の絵か分かりませんでした。しかし頭からけむりが出ていたりするのを見ていると「原ばくなのかな」という思いが出てきました。この絵からは辺りが暗い事から、絶望・未来が見えない事を表しているのでは、と考えました。そう言う所を見て原ばくのおそろしさが分かりました。修学旅行の長崎は実物なのでもっと印象的だと思います。」

色からイメージを抱いている。こういう意見をもっと引き出すべきであった。しかも修学旅行とつなげて考えられている。課題意識が持てたということ。

3番目は、マイペース型の子ども。授業がつまらないとのってこない。この日は絵をずっと見続けていて絵の前まで来て指差しながらじっと見ていた。発言もあった。

「図工のかんしょうでボタンAとボタンBという絵を見ました。この2つの絵は (ここに簡単な絵が書いてある) 長さきと広島のげんばくのようすをかいていて、作家の知明さんもげんばくをたいけんしているそうです。知明さんはとてもおそろしいことがにどとおこりませんようにこの絵をえがいたのかもしれません。」
c0052304_22460147.jpg

誤って捉えた知識はあるが、この子どもの特筆すべきは、作家名をしっかり覚えていた事と、ボタンAとボタンBの違いを絵として表した事である。簡単な絵ではあるが2つの絵の特徴をしっかり捉えている。思い出して家で書いたというのに、なかなかすごいと思う。

最後は、この授業で全体では全く発言しなかったが、グループではよく話しており、原爆の恐ろしさに着目した書き込みで自己評価も◎だった子ども。

「今日の図工のかんしょう会はとてもおもしろかったです。なぜならこんなに深く作家さんの伝えたい事を考えた事がなかったからです。『ボタンB』は本人が戦争に行っているので、絵に引き込まれた感じがしました。原爆の勉強は修学旅行に言ったときにもやるのでもっといろいろな事を詳しくたくさん調べたいです。今度からも絵を見るときには作家の思いも感じ取りながら見るとさらに面白く見れてかんしょうもさらに好きになれると思うので、美術館に行った時は気をつけてみて行こうと思います。」

とてもうれしい感想である。鑑賞でめざす育てたい子ども像に近い。特に「美術館」という言葉がこのような感想として出てきた事は喜ばしい。

他の子どもの感想にも「作者の思い」のことが多く綴られており、子どもにとって、めあてが浸透していたと感じた。もちろん「発表をたくさんしてがんばった」とか「グループで話したことが楽しかった」という振り返り文もあったが、研究授業のことを、と言ったので当然。それでも全体的に「鑑賞の授業」としての学びがたくさん書いてあったことはうれしい結果だった。
私としては不十分な授業であったと思っていたが、それぞれの子どもの心には、何らかのメッセージが伝わっていた。



[PR]
by saibikan | 2014-06-09 03:36 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iroiroart.exblog.jp/tb/22213556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

トントンつないで導入編
at 2017-06-24 08:10
ソーラン法被背文字の作り方
at 2017-06-04 21:01
運動会ソーラン節2017指導7
at 2017-06-04 20:42
運動会ソーラン節2017指導6
at 2017-06-04 20:23
運動会ソーラン節2017指導5
at 2017-05-30 05:52

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧