2009年 09月 22日 ( 7 )

門司港レトロ展望室から見る

下関から再び門司港へ。
有名な建築家黒川紀章の設計したビル「レトロ・ハイマート」。

c0052304_22124444.jpgその31階に「門司港レトロ展望室」はある。
一気にエレベーターで上へ。

ガラス張りの空間から見える一帯の景色は
どれもすばらしい。
天気がよければきっと夕陽で赤く染まり
もっと美しい景色だっただろう。

この日はあいにくの曇り。
太陽の位置もうかがえず。
それでも回りの様子は
一望できた。

コーヒーを飲みながら
眺める風景は
すばらしい。


下関側の海峡ゆめタワーにも上りたかったなあ。
ああ、赤間神社や巌流島も行ってみたかった。
壇ノ浦の戦いあとの地にも。
門司港のトロッコ電車も乗ってみたかった。
他にもいってみたかったところはいろいろある。

でもそれは今度の機会にとっておこう。





では最後に上から見た景色を。
なかなかいい旅だった。

また来たい。

c0052304_22394353.jpg

c0052304_22312312.jpg

c0052304_22313798.jpg

[PR]
by saibikan | 2009-09-22 22:40 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(2)

シロナガスクジラの骨

海響館(下関)ロビーに展示されている。
シロナガスクジラの大きさに圧倒される。
骨だけでもはあまりにも大き過ぎて、
写真でうまく全体像を写せなかった。
c0052304_18273369.jpg

でもまあ。迫力は分かってもらえるだろう。

水族館には、時間と経費の関係で入館せず。
c0052304_18325770.jpg


入り口のくじらさんにご挨拶して下関をあとにした。
c0052304_18333831.jpg

[PR]
by saibikan | 2009-09-22 21:00 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(0)

市場で新鮮なネタを賞味

唐戸市場界隈には店がたくさんあって賑わっていた。
昼食のピークとなる時間は過ぎているのに、
連休中とあってどこも並んで待っている。
c0052304_17322493.jpg


私たちは市場内で,直接、刺身や寿司、フライ等を購入し
場内の空いている席を見つけて座り昼食。

さすがにおいしかった。
ふぐの本場なので少しだけいただく。
ふぐのみそ汁も,と思ったら「売り切れ!」
こちらも人が混み合っておりました。

足らなくなったら、またひとっ走り買いにいく。
さすがに十代は、胃の大きさが違うようだ。
満腹の汗。
c0052304_1733175.jpgc0052304_1733301.jpg



さて満腹で終わって外に出たら、道端で大道芸人の芸。
火を使った芸が見事だった。
見ているこっちまで熱くなって来た。
c0052304_17454221.jpgc0052304_17455846.jpg




そして海のソフトクリームでおなかを冷やしました。
c0052304_17511520.jpg

[PR]
by saibikan | 2009-09-22 18:04 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(0)

関門海峡を渡る


思ったより近い!本州と九州。
門司と下関ってこんなに近かったんだなあ。
どう考えても熊本―長崎の方が遠いや。
c0052304_12282413.jpg


距離にして
海峡の最も近い所で500m。
連絡船の航路でも1.8kmぐらい。

関門橋を1度車で渡ったことがあるので見たことはあるのだが
運転していたからか、距離感や風景の記憶は薄い。
また、ほとんどは新幹線でトンネルをくぐっているので
もっと間が離れているように感じていた。
c0052304_1250394.jpg


初めて関門連絡船に乗った。
わずか5分ほどで下関に到着した。
途中結構揺れていた。
潮の流れが激しく、船もスピードを出していたからだろうか?

到着した下関は唐戸。
この市場で新鮮な魚(寿司)を食べるのが,実は一番の目的。
c0052304_1305019.jpg


シルバーウイーク前半折り返し。
記事投稿を私的な内容で続けていますが、クリックは下記にお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへ

[PR]
by saibikan | 2009-09-22 13:01 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(1)

レトロな門司の港町とコスプレイヤー

駅から2、3分ですぐ港である。
記念に建物やまちの風景を何枚か写真に収めた。
レトロ観光の香りがするまち。
c0052304_1012832.jpg


港界隈の建物は煉瓦づくりの昔風情の味わいのある建物が多くある。
ここ旧門司税関は税関PRの情報センター的な展示と休憩室があった。
2Fは美術ギャラリー。この日棟方志功の作品が並んでいてラッキー!
裏彩色の作品を久しぶりに見た。
c0052304_9552075.jpg


ただ・・・このあとの画像を見てもらうと分かるが、風景画像の多くに、
派手な衣装の人々が写っている。
実はこの日、門司港では、コスプレピクニックと呼ばれるイベントが
行われており、多数の参加者がまちでそれぞれ撮影会を行っていた。
最初駅に降り立ったときに、スーパーマリオがいたから、変だな?と思った。
c0052304_1022149.jpg


最初私は、彼らがファインダー内から消えるのを待って風景を写していた。
だが、行くとこ行くとこ派手な格好をしたプレイヤー達がレトロをバックに
撮影会をしているので、
「ええい、もういっか。派手な衣装が風景の一部に入っても気にせず」
と、まちの風景を見学しながら撮影も続けた。
もちろん肖像権に留意しながら。

ここは旧門司三井倶楽部。
現在1Fはレストランとなっている。2Fは林芙美子の資料室等。
コスプレイヤーのおかげで不思議な「絵」に見える。
c0052304_101435.jpg


遊覧船乗り場のデッキ。一般人とコスプレの融合?
これぐらいならあまり気にならないかも。
c0052304_10132744.jpg


船だまりを囲むように海峡プラザの店が建ち並ぶ。
コスプレイヤーもぞろぞろ歩いているので次第に気にならなくなる。
c0052304_10131460.jpg


国際友好記念図書館と背後の高層マンションの前にまで・・・赤鬼 青鬼?
なかなかおもしろ取り合わせ。
c0052304_10303365.jpg


最後はコスプレなしの風景写真で〆
遊覧船乗り場
c0052304_1059083.jpg

c0052304_110659.jpg


なかなか面白い写真にもなったのでコスプレイヤーにも少しだけ
感謝。
[PR]
by saibikan | 2009-09-22 10:36 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(0)

レトロな門司港駅

降り立った初めての門司港駅は、レトロさを感じるいい駅である。
c0052304_7424792.jpg

懐かしの右から読みの切符売り場。 駅舎内のレストランもいい感じ。
c0052304_7593048.jpgc0052304_7594323.jpg

外に出ると広場。いきなり噴水が。
c0052304_804293.jpgc0052304_805074.jpg


時折地面からも噴水が上がり、子ども達が大はしゃぎをしていた。
c0052304_7425862.jpg

すぐ近くには鉄道記念館がある。
c0052304_7541360.jpg

そういえば鉄道マニアのM君がよく門司に行くと言っていた。
鉄道好きならこれまたたまらない場所だな。

よかったら下記バナーに
クリックをお願いします♪
       にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへ

[PR]
by saibikan | 2009-09-22 08:04 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(2)

JRの旅〜門司港へ

個人での旅行(といっても出張とかの仕事だけど)ならば、たまにJRを利用する。

c0052304_0385129.jpgしかし、よく考えてみると、家族でJRを使った旅行をしたことはほとんどない。家族で移動する場合、大半は車を使っている。昔から、基本的にキャンプが多かったのと、古里への帰省だったから。
ホテルに泊まることはほとんどなく、あっても鉄道が通っていない天草などだった。それに私は車の運転は好きだった。


だから私はほとんどJRを使った家族旅行はしていない。


それが今回の連休では、家族全員の旅行ではないにしろ初のJR旅行となった。
理由
○秋の大型連休でETC割引のため高速道路渋滞予想。ETCを未だに付けていない我が家の車が、高い高速料金を払ってETCが原因の渋滞に巻き込まれたくない。
○最近運転をするのがやや疲れ始めた運転手の現状。


c0052304_035569.jpg
というわけで,今回、連休中の旅行はまず鉄道ありき。JRのルートで行ける所、という設定。
世の中の自動車旅行ブームには逆行しているが、co2削減には協力。
予算のことやらで紆余曲折あったが、結局鹿児島本線を北まで上って、九州管内の終点まで行こうとなり、行き先を「門司」に決めた。
そしてせっかくなら、船で「下関」まで行くと。

有明に乗って,ハードな日帰り旅行。

よかったら下記バナーに
クリックをお願いします♪
       にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへ

[PR]
by saibikan | 2009-09-22 00:43 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

ABCの歌LMNOP
at 2017-10-14 05:24
ABCの歌LMNOP
at 2017-10-14 05:24
新外国語教育の年間計画・活動例
at 2017-10-12 05:17
移行期間の外国語授業時数
at 2017-10-10 05:44
熊本 みずあかり 2017
at 2017-10-09 08:52

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧