カテゴリ:図工総合関連(竹ちゃん学習)( 15 )

飛べ!竹とんぼ

昨夜、偶然であったS君の作品
c0052304_2253094.jpg

すぐ見つかるのは、ネットのいいところだよなあ。
平成12年度の6年生です。

↓ よければ、ぽちとクリックをお願いします。 どれでもOK
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
 
[PR]
by saibikan | 2008-12-13 21:54 | 図工総合関連(竹ちゃん学習) | Trackback | Comments(0)

みんなで挑戦!竹ちゃん学習 11最終回

今日は、10月も半ばというのにぽかぽか陽気の暖かい1日でした。
総合で5年生の2つのグループについて地域探検。汗が出ました。

シリーズ「竹ちゃん学習」は最終回。こちらは寒い真冬の実践。

【盛り上がりの竹ちゃん学習発表会=課題解決のゴール 2】

流しそうめんがある程度盛り上がった頃、タケノコご飯が炊きあがったと
グループの二人がお知らせ。
家庭科室では保護者の方々が協力して、朝からタケノコご飯を仕込んで
電気炊飯器で炊いてくださっていた。しかもその中にはつい先日、子どもたちが
竹山で見つけて掘り出した、季節はすれの小さな新タケノコも入っていた。
タケノコグループの手作りおわんで、ちょっとずつだが賞味。

そして、わたしも自分で課題を持って加わった。
それは竹筒に穴をあけてくりぬき、ふたをしてご飯を竈で炊く竹飯。
もちろんブロックで竈を作って、薪を持ってきてセッティング
焦げ目をむしろ楽しみに、自分も参加した。
c0052304_2292887.jpg
c0052304_2295949.jpg
c0052304_22104928.jpgそのうち、

小さな竹を角錐状に組み、どんどや(地方で呼び名は違うだろう)
を作り、ミニおにぎりを焼く「ミニどんどや」で楽しむ子たちも登場。
保護者も数名参加され、楽しいひとときであった。

正直、後かたづけは大変だったが、満足度は200%ぐらいあったかも。

すでに7年経つ。今はこんな実践できないだろうなあ、いややるといいったら
みんなが目を丸くするだろう、と思う私である。(おしまい)

にほんブログ村 教育ブログへ←ここを押すとポイントが加算されます。ぜひともクリックをお願いします

にほんブログ村 トラコミュ 小学校へ
小学校

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by saibikan | 2006-10-18 22:14 | 図工総合関連(竹ちゃん学習) | Trackback | Comments(0)

みんなで挑戦!竹ちゃん学習 10

今日は授業が5時間入っていました。図工2、総合2,委員会活動1。
図工の時間は楽しいですね、3年生も楽しみにしてくれていると担任から話を聞きます。
空いている時間はずっと夕方の運営委員会資料作りでした。
5時過ぎてから研発関係の資料作りに入りました・・・ん?勤務時間過ぎてるタイ。でもやらなあかん、今日の課題はふれあいルームの掲示物作成・・・・・・・・・・・・遅くに完成。

ではいよいよ竹ちゃん学習クライマックス!

【盛り上がりの竹ちゃん学習発表会=課題解決のゴール 1】

12月18日(土)1~3校時。そう、まだ土曜日が隔週で授業日だったのだ、このころは。
南国とはいえ、真冬で、さすがに寒い。しかし笑顔いっぱい。
それぞれが自分の作ったもの、調べたものを持って、体育館横に集合。
外で発表会 & 実演会。
竹馬を作った子は実際に自分で乗ってみせていた。水鉄砲も。
竹細工は、作り方や工夫の紹介。
タケノコグループは、見事なお椀をたくさん準備していた。
流しそうめん台作りも、苦労話を嬉しそうに話した。
調べたことを広用紙にまとめた2組の子もいた。

だが、発表よりその後が楽しみな5年生らであった。
さあ、ついに最後のお楽しみ時間。みんなで、
「真冬の流しソーメンタイム」である。

c0052304_2392498.jpg体育館土間の手すりに結びつけたソーメン台に、水道から水を流している。そこに係の子たちがソーメンを流す。ポリバケツの上のざるまで一気にソーメンが流れる。それをわいわい言いながら竹箸でつかむのだ。そしてまた係の子たちが持って行く。それが面白いらしい。

係の子たちは?自分たちで食べないのか?

いやいや、実は前日夕方にリハーサルと称して実験したのだ。
当然だろう。リハーサルは必要。だから許可した。
すると、その楽しさを全員にも味わってもらおうと張り切ってた。
寒いのに熱い!ものすごいにぎわいようだった。(続く)

にほんブログ村 教育ブログへ←ここを押すとポイントが加算されます。ぜひともクリックをお願いします

にほんブログ村 トラコミュ 小学校へ
小学校

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by saibikan | 2006-10-17 23:11 | 図工総合関連(竹ちゃん学習) | Trackback | Comments(0)

みんなで挑戦!竹ちゃん学習 9

さて、眠れば疲れがとれます。さあ、また今日から1週間の始まり。
「竹ちゃん学習」編も再開します。いよいよクライマックスへ

【製作】
12月14日。3時間かけて体育館横の中庭で製作。隣の2組と合同。
グループの多様化による複数指導の体制がいいこと。
最後の発表会は学年合同でやるので途中で1度交流をはかるため、だ。
c0052304_601338.jpgc0052304_603768.jpg

担任2名と地域の方2名(1組に来ていただいていたTさん、2組に来ていただいていたMさん)の計4名が、子どもたちの活動の支援にあたった。
Tさんは竹馬づくりの子につきっきり。前もって見本を作ってきてくださっていた。
問題は「流しそうめん」
自分たちで作り方を調べてきたとはいえ、「なたを使って孟宗竹をまっぷたつ」は、子どもたちでは危なかろうと、私とMさんで手伝いをした。
2組担任は各グループを回りながら適宜助言。
c0052304_661610.jpg


竹のおもちゃや竹細工などはある程度完成し、自分で試してまた作るという工夫。流しそうめん台つくりはグループのみんなで試行錯誤しながらよりよい方法を追求。タケノコグループは、二人で協力して熱心にお椀をいくつも切り、友達の箸作りまで。おぼつかない手でののこぎり扱いもあったが、しだいにたくましさが見えてきた子どもたち。

自分の作りたいものが、やがてできあがっていったのである。。(つづく)

にほんブログ村 教育ブログへ←ここを押すとポイントが加算されます。ぜひともクリックをお願いします

にほんブログ村 トラコミュ 小学校へ
小学校

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by saibikan | 2006-10-16 06:06 | 図工総合関連(竹ちゃん学習) | Trackback | Comments(0)

みんなで挑戦!竹ちゃん学習 8

【地域に出かけての学習=材料調達パート2】

ここは流しソーメンやタケノコごはんのおわんづくりのグループ。

こちらは太い孟宗竹が力強く生えている竹山。
しかし幸いかな、台風によって倒れた木が何本も転がっていた。
そしていくらなんでもこれは子どもたちでは無理だろうと、
竹山の所有者Tさんがある程度きれいに切ってくださっていた。
その中から、自分たちが使えそうなものを選ぶ。
c0052304_7203145.jpg


ところが子どもの中にはたくましい子がいるものだ。
「持ちやすいように俺がのこぎりで切ってやる。」
と分厚い孟宗を切り始めた。
さすがに孟宗竹は手強い。
それでもとうとう自分の力で切り取り、周りから歓声が上がった。
c0052304_7205916.jpg


真竹・孟宗竹グループが合流。
数十センチから数メートルある竹を担いで学校まで歩く子どもたちを
「何事じゃ?」と地域やドライバーたちが不思議な目で見ていた。

さていよいよ製作です。

                                 (続く)

にほんブログ村 教育ブログへ←ここを押すとポイントが加算されます。ぜひともクリックをお願いします

にほんブログ村 トラコミュ 小学校へ
小学校

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気blogランキングへ
[PR]
by saibikan | 2006-10-14 07:23 | 図工総合関連(竹ちゃん学習) | Trackback | Comments(0)

みんなで挑戦!竹ちゃん学習 7

c0052304_6365544.jpg
【地域に出かけての学習=材料調達】
のこぎりを持って、学校の外へ出発!

「竹のおもちゃグループ」「竹細工グループ」は坂神社の裏山に。
竹山の持ち主には了解済み。
講師として、竹とんぼを教えてくださった名人さんも・・・。

子どもたちは自分の作りたい材料にあうもののを選んで
土から生えている竹をのこぎりで切る。
現地で竹を切り異なる大きさの竹を組み合わせたりしながら
自分の作る作品のイメージを描いていた。(続く)

にほんブログ村 教育ブログへ←ここを押すとポイントが加算されます。ぜひともクリックをお願いします

にほんブログ村 トラコミュ 小学校へ
小学校

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気blogランキングへ
[PR]
by saibikan | 2006-10-13 06:38 | 図工総合関連(竹ちゃん学習) | Trackback | Comments(0)

みんなで挑戦!竹ちゃん学習 6

【情報収集と学習ファイル】
学習シートとファイルを持たせる。
自分の課題に関するものを各自でできるだけ多く集められるように。
休み時間の図書室。家で家族に聞く。友達と地域の人に聞く。遠くの祖父に電話で聞く。などなど。
c0052304_5404770.jpg


子どもたちの1番の心配事=竹の調達
地域に竹はいっぱいあるが勝手にとっていいのか?誰の所有だろう?など・・。
中にはすでに地域の方に交渉して竹をもらう約束をしたグループもあり。
だがどうしていいかわからないグループもあり。

こどもたちにたずねる。
「誰か校区で竹について、竹のおもちゃ作りについて詳しい人知らん?」
数人が答える。
「○○さん」
元老人会長さんでクラスのTくんのおじいちゃん。地域の酒屋さん。

すぐ連絡を取る。
私の方から数回足を運び、まずは私が竹についていろいろ教えていただく。
真竹について。孟宗竹について。地域のどこの竹がいいか。誰の所有物か。
やがて授業の意義や、どういう点を協力したいか、日程などの交渉を重ね
年末のお忙しい中なのに
「できるだけ協力しますよ、自分でできないことは誰か紹介しますから。」
ありがたいお言葉だった。
竹とんぼ名人もご紹介いただいた。

次からの「竹とんぼ作り」「材料探し」「製作」でご協力願うことになった。

あとは孫もいるから、子どもたちにもふっておけばいい。(続く)

にほんブログ村 教育ブログへ←ここを押すとポイントが加算されます。ぜひともクリックをお願いします

にほんブログ村 トラコミュ 小学校へ
小学校

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気blogランキングへ
[PR]
by saibikan | 2006-10-13 05:58 | 図工総合関連(竹ちゃん学習) | Trackback | Comments(0)

みんなで挑戦!竹ちゃん学習 5

【個々の課題設定とグループ作り】

個々でやりたいことを明確にする。
学習課題が同じ者、似ている者でグループを作る。
グループでさらにやりたいことを確認し合う。
場合によってはそグループ間で移動がある。

その時できたグループと課題。

A(流しそーメングループ)10人
  *多いのでさらに2つに分けて活動

B(タケノコご飯グループ) 2人

C(竹で作るおもちゃグループ)6人
   *水鉄砲 竹馬 けん玉

D(竹細工グループ)  4人
   *貯金箱・本で調べてから作るものを決める 

正直「う~ん、どうなるかな?」という不安もあった。
何しろ、私自身未知の世界であったから・・・

【学習計画と見通し】

子どもたちの課題を分析すると
・竹を使って何かを作る
ということが必ず入っていることがわかった。
目的は「食べるため」「遊ぶため」「生活に役立てるため」
と様々だが。

つまり、追求段階において全員が竹を材料に製作を体験することになる。
これは、図工の内容「つくりたいものをつくる」の内容に十分対応できる
として、数時間図工の時間も充当することにした。
そして創意の時間を活用した、材料探しや発表会まで含めて、
その後の学習計画を子どもに示し見通しを持たせた。
ゴールにみんなで、できあがったものを使って遊んだり食べたり
紹介し合おうというゴールを示したのだ。
12月の冬休み前には行うぞ!と目標を持った。

そしてそれぞれの課題に関する情報集めに入った。
c0052304_61296.jpg

ところで、
学習計画の中に「竹とんぼ作り」も教師の方で組み込んだ。
課題作りの中で消えてしまった内容だったが、全員に小刀の
基礎的な使い方の技能習得をさせることもできるという観点から、
図工の題材として取り上げた。各自の課題追求にに入る前に
行ったわけだ。
竹とんぼの学習については「竹とんぼづくり」で述べたとおりである。(続く)



にほんブログ村 教育ブログへ←ここを押すとポイントが加算されます。ぜひともクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気blogランキングへ
[PR]
by saibikan | 2006-10-12 02:26 | 図工総合関連(竹ちゃん学習) | Trackback | Comments(2)

みんなで挑戦!竹ちゃん学習 4

学習課題の焦点化

それぞれが「竹」に関するやりたいことを複数(二つずつ)書いた。そして全員で発表し合う。 このときクラスの人数は22名。

c0052304_5531589.jpg
竹細工・竹とんぼ・竹塩調べ・流しそうめん・もちづくり・かぐや姫の劇・竹馬で遊ぶ・竹の貯金箱作り・タケノコご飯を食べる・竹のでき方調べ・どんどやの始まり調べ・どんどやで餅を食べる・竹を爆発させたい(どんどや)・日本酒の成分調べ・竹炭づくり・竹でっぽう・竹の水でっぽう・竹の生長調べ・おじいさんおばあさんを呼んで一緒に竹のおもちゃを造ろう・けん玉・おじいさんおばあさんと一緒に竹の本を読んで質問する・七夕はいつから始まったのか調べてみたい

これらの中から課題を検討していく作業(話し合い)が、重要でおもしろく、かつ難しい。

その後課題を絞るが、教師から留意点を話す。

・この学習は2学期中に実行する。
・創意の時間を主に使う。残りはあと8時間ぐらい。
・竹からあまりにも離れてしまっているものは今回はしない
・内容次第では教科に組み込む。ただしこれは先生が決める。
・準備から実行までなるべく自分たちでやる。
・わからないことは自分たちで調べたり、詳しい人に尋ねてよいし、手伝いをお願いしてよい。
・このあとやりたいことを一つ決める。
・やりたいことが同じもの同士、似ているもの同士でグループを作って協力して行う。

できないものは納得し、削っていく。できそうなものを残す。

子どもたちの中には自分なりに強い思いがそれぞれあった。
 「やりたい」というもの 「調べたい」というもの 
最初はこだわった。自分一人でもやりたいから、という子も。
しかし時間的なもの、指導者(支援)の問題 試行の前段階であること を
十分理解させ、内容を絞っていくことにした。だが、このとき、子どもの
自分がやりたいという意識は、エネルギーを持つのだと知った。

c0052304_555889.jpg
「調べること」「演じること」もあったのだが、話し合いの末、私のクラスでは
結局全員が「何かを造る」という方向でまとまった。

それでも「困ったな」と思ったことがあった。

「流しそうめん」にこだわった子どもたちが多数いたからだ。時間的なもの、技術的なことから、今年は正直無理だな、と私は思っていた。  いわゆる 「想定外」 の課題なのだ。

「やり方は知ってると?」
「台づくりとか、どがんすっと?自分たちで、できるとね?」
と私が揺さぶっても
「できる。じいちゃんに聞く」「やってみせる」
と数人ががんと態度を変えない。
「じゃあとにかく計画書を作って、調べられることは早めに調べておいで。
できないようだったら、早めに内容やグループを変えるから」といって
想定外の「流しそうめん」もとりあえず、課題に入れて
個人の課題づくりからグループ作りが終わった。

グループがどうなったかは次回 (続く)


にほんブログ村 教育ブログへぜひともクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気blogランキングへ
[PR]
by saibikan | 2006-10-10 05:57 | 図工総合関連(竹ちゃん学習) | Trackback | Comments(2)

みんなで挑戦!竹ちゃん学習 3

 「竹」でやりたいもの といったって体験の少ない子どもたちからは
発想は広がらない。課題設定は難しい。

そんなときには、支援が必要。発想力を広げる支援が。

で、このときやったのがウエビング。
「竹」から思い浮かぶものをどんどん広げていく。
初めてなので全員で黒板をいつかって行った。
そうやってイメージマップができあがる。
c0052304_2082065.jpg


そして、このあと言ったのは、

 「竹」に関係あることで自分がやりたいこと。
 授業時間にがんばればできそうなこと。

を各自考えてね。このマップを参考にしていいけど
明らかにできないとか、竹とはかけ離れているというのは パス だ。

といってそれぞれ二つぐらいずつ考えた。そしてそれをみんなで絞ることになる。(続く)


にほんブログ村 教育ブログへぜひともクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気blogランキングへ
[PR]
by saibikan | 2006-10-09 20:17 | 図工総合関連(竹ちゃん学習) | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

「わからない」が言える子どもに
at 2017-05-24 22:47
伝統ある八千代座を訪ねる
at 2017-05-07 04:59
国語辞典の付箋紙活用モデル
at 2017-05-06 10:19
学級目標づくり
at 2017-05-04 23:09
新学期2日目の朝の指導「挨拶」
at 2017-04-30 03:48

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧