カテゴリ:情報(番組・メディア・映画)( 69 )

instagram再び

instagramを久しぶりに使い始めた。
1年以上使っていなかったかも。
ただし休日の風景が中心。
これからもそう。休日バージョン。
日常のアートである。
FBと連動している。
twitterともしようか。
そこで使った写真と記事
c0052304_06395959.jpg
                      【読書の秋】


c0052304_06403477.jpg
                   【夕暮れの街角】

[PR]
by saibikan | 2016-10-11 06:41 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

元旦映画はSTARWARS

最近は映画の話題を掲載していなかったなあ。
今年は見たら、ここでも記録として残しておこう。

最近は、正月初日は「映画」が定番になりつつある。
今年は勿論「STAR WARS〜フォースの覚醒〜」である。
素直に楽しめた映画。あっという間に時間は過ぎた。
ちょっと悲しいシーンがあって、自分にとっては残念だが
そういう話の流れならば仕方ないか・・・と思うしかない。

c0052304_10520328.jpg

第1作目が高校生だったことを考えると、実に長い年月をかけて
物語が作られているなあと感じる。あの時としてはよくできて
いたのではないか。そして今の特撮技術はすごいものだ。
まさに臨場感あふれる映画である。

ただしそれだけに、映画には、ストーリーが大事となるなあ。
役者魂も昔以上に必要な気もする。
今度見に行く映画は、特撮のないヒューマンものにしよう。


[PR]
by saibikan | 2016-01-11 10:53 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

BTF2の2015年10月21日

2015年10月21日がやってきた。
そう、Back to the Future2 のあの日。
これに合わせて懐かしい映画を見ないわけにはいかない。
c0052304_13142812.jpg
1989年に描かれた26年後の未来は
以下のようなものだった。

・空を飛ぶ車、スカイウエイ
・若返りの整形
・大きなディスク盤
・自動靴紐
・袖が長い服ー自動サイズ調節
・ポケットをたらすのが流行
・弁護士制廃止
・3D立体映像看板=Jaws
・自動ウエイター
・ホバーボード
・服の乾燥モード
・カブスがWシリーズ優勝
・指紋で即身元照合
・指紋認証家庭用自動ドア、ノブなし
・音声指示テレビ、多重画面
・犬を自動で散歩させるマシーン(ドローン?)
・1秒で膨らむ冷凍ピザ
・グラス携帯
・富士通社長とFaceTime?

今の時代に現れてきているものもあり。おもしろい。
さすがにまだ車が飛んで走る道はまだないが、何年後かな。



[PR]
by saibikan | 2015-10-25 13:27 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

ゼロ・グラビティは映画館で

映画「ゼロ・グラビティ」はやはり映画館で見る映画である。 最近DVDでレンタルされ始めたところ「面白くない」レビューが増えているらしい。 私は今年正月に映画館で見た。3Dメガネを持参して。 短時間、少ない出演者、単純なストーリーは見る人には物足らないかもとは思ったが、 映像の美しさや迫力は秀逸だった。
[PR]
by saibikan | 2014-05-06 08:05 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

二本目の映画は「抱きしめたい」

今日は映画づくしの話題

今年の映画2本目は「抱きしめたいー真実の物語ー」c0052304_08422386.jpg
自分の希望ではなく家族の要望。
3月頃見たような気がする。

実話と言うところがやはり心にしみる。
ドキュメンタリーで、つかささんの姿を見たから。
北川景子のリハビリの場面が最もよかった。
迫力があった。

ラスト前の亡くなるシーンはあえてあのようにすっと行ったのだろう。
でもやはりあの場面は何となくもの足らなかったな。
それでもいい映画だった。


[PR]
by saibikan | 2014-05-06 07:35 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

テルマエロマエⅡを映画館で

今年3度目の映画はテルマエロマエⅡ。昭和の日に映画館へ。
光の森シネマに到着した瞬間、ずらりと並んでいた人に驚いたが
「アナと雪の女王」と「コナン」がお目当ての家族連れが大半だったよう。
それでもテルマエロマエⅡも会場に入ると8割は埋まっていた。

最初はいきなりワープが続いて細切れ的だったが、
次第に、一つのコマというか話が長くなってつながり、それなりに笑えた。
やはり歴史スペクタルというスケールの大きさと、身近な日本の風呂の工夫というギャップが持ち味。
今回は風呂だけでなく、プールのウオータースライダーまでがローマのテルマエに採用された。
マッサージ機で快感を覚える阿部寛の反応が何とも面白く、他所でも同様のとぼけぶりに笑いが起こっていた。
日本人離れした市村さんや北村の顔は、やはり強烈。
また、いか八郎さんは、しゃべりと表情に実に味わいがあり、前回同様、上戸彩の役者不足を補っていた。



[PR]
by saibikan | 2014-05-06 07:19 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

映画「レ・ミゼラブル」を観て

2013年初映画鑑賞。数ヶ月ぶりの映画鑑賞。
「レ・ミゼラブル」を見ての気持ち。

いい映画だったとは思う。ただ、世で評価されているほど感動しなかった。
映画として、心にじんと来るとか「もう一度観たい」という気持ちが起こるとか、
そういうことが内面に湧き起こらなかった。
いつもならエンドロールを最後まで見るのだが、今日はストーリーが終わったら
席を立ってしまった。体は正直。少数派かもしれない。
ものすごくよかった、と感じた方々には申しわけないが、それが私の率直な感想。

「レ・ミゼラブル(ああ無情)」の原作(本)は小学生の頃感動して
何度も本を読み返した。ストーリーの面白さは既に小さい頃体感している。
たぶん小学生なりにこの話のテーマに引き込まれたのである。
大好きな本だった。今でもその時の本は手元にある。

今回、それがどのように映像化されるのかという楽しみがあった。

ジャン・バルジャンやジャベール警部は原作に忠実に、よく描かれていた。
ヒュー・ジャックマンやラッセル・クロウ、アン・ハサウエイたち名優の演技も
素晴らしいと思った。ダイナミックなセットもよく作られていて迫力があった。
馬車に挟まれた人を助けるシーンは、まさに記憶通りの感動場面。

ただ,「レ・ミゼラブル」は劇場版ミュージカルとしては秀逸な作品だろうが、
映画として観たとき、あそこまで音楽で表さなくてはいけないのか?
と思う場面がいくつかあった。役者がライブで唄っているすごさはあるが、
話し言葉や表情だけの方が、感情が伝わるのではなかろうかと思う所もー。
ちなみに97%がミュージカル表現。
ミュージカル映画です,と言われればそれまでだが。

映画の中のストーリー的にも若干引っかかる所もあった。
原作としては私の心にあまり記憶にない部分。
革命のため立ち上がり次々と命を落としていく若者たちの無念さと
生き残ってジャンの娘Cと結ばれる青年Mの幸せ感との落差。
一目惚れ的に描かれている二人、そのために命をかける父親の姿より
死を決して戦う学生たちに共感してしまった私が変かな。
このあたりが主題を少しぼかしてしまったよう。
そこからラストまでがなんかイマイチになってしまった。

ミュージカル映画自体は好きである。
「サウンドオブミュージック」などは何度観ても面白いし、
観た後の感動はいつでも心に残る。
「ウエストサイドストーリー」「雨に唄えば」も同様。
ミュージカル映画ならではのよさがある。
今回の映画はある意味それ以上の重厚なミュージカル映画ではあっただろう。
[PR]
by saibikan | 2013-01-02 23:43 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

アメージング・スパイダーマン

2012年に見た映画を思い出している。
夏休みにみたんじゃなかっただろうか。
面白かったなあ


[PR]
by saibikan | 2012-08-10 23:06 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

ホタルのヒカリ

これをみたのはいつかな。
2012年 7月ごろ?

[PR]
by saibikan | 2012-07-02 23:53 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

Men In Black3

これは2012年6月にみた。
面白かったなあー


[PR]
by saibikan | 2012-06-20 23:35 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

音を感じて5「モスクワの広場」
at 2017-11-16 06:53
音を感じて4「漣」の鑑賞
at 2017-11-14 05:40
「情報モラルの授業」のバイブル
at 2017-11-12 20:15
音を感じて3「華々」の鑑賞
at 2017-11-12 06:59
音を感じて2 華々
at 2017-11-11 06:44

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧