カテゴリ:校内研究( 41 )

提案授業研究会をコーディネート

自分自身が授業をすると、研究会はお任せして・・・となるのが常。
もちろん今回も実際の研究会の当日運営は任せるのだが、提案授業の研究会である以上研究部がその中心を担う。自分は研究主任であるから当然全体像は作っておかなくてはならない。
というわけで授業研究会に向けて、授業者でなく研究主任としてして、学校全体に対して、やっておいたことを述べておく。

1 役割分担

 「授業づくり部会」があるので、前回の部会の時にある程度の役割分担を伝えておいた。写真記録は◯年部。ビデオ記録は◯年部。去年までやっていた教師の発問と児童の反応を逐一文章記録しないで良いです。研究会での司会は◯◯先生ね、テレビは◯◯先生準備してください。研究会記録は◯◯先生。

2 研究会の流れづくり

 司会者に、次のようにお願い、と述べておいた。
 ①研究部提案はなし(これまでの校内研で何度も理論として述べているから)
 ②自評もなし(授業者が言い訳がましくなりそうだからそれを避け、参観者がどう感じたか、というところから進めたい)
 ③最後の助言もなし(ただし管理職から一言はもらってね、と伝えた。やはりそこは大切にしておかないと・・・・)
 ④授業研は「質疑応答→グループ討議→全体討議」でとにかく進めればいい。討議は視点に沿ってやればいい。(付箋紙を準備するから。その使い方は僕が述べる。流れが外れないように、研究主任の自分が意見を言いながら必要の応じて修正するから、思うようにやって、と司会には伝えた。)

3 研究会の場所
「授業をした教室で」と提案した。なぜかこの学校では、研究会や講話は図書室という前例が根付いていたので、我が教室で、と変えた。それは、授業だけでなく、授業者の教室掲示や掲示資料などに着目して欲しかった思いがあった。

4 管理職への事前了承
 研究会をこのような形でやりたいと校長には伝え、了承を得ておく。これ大事。


〈実際の研究会〉

「討議」のところで、僕が付箋紙を配布、研究の視点の3つに沿ってグループで話し合って書き込んでもらったものを黒板に貼る。その際、奨励点と改善点で付箋紙の色を変え、Yチャートというシンキングツールを使ったことで、授業の良さや課題が見えてきた。


見てお分かりの通り、僕の授業は
「課題設定はまあまあで、思考の可視化はよく工夫されて効果があり、対話的な学びについては、課題の多い授業だった」という評価がくだされているのである。これを見ながらみんなで話し合いを深め、さらに自分は再度自分の授業をリフレクションする。
c0052304_19123891.jpg
研究会後、黒板をじっと見ていた若い先生から「これわかりやすいですね!」と言葉をもらった。だろう?それを授業で工夫してやればいいんだよ。


[PR]
by saibikan | 2017-08-17 19:15 | 校内研究 | Trackback | Comments(0)

校内研究で提案授業をすること

学校では年間を通して校内研究を実施し、職員が教育のあり方や授業等について学んでいく。
校内研究において、1学期は主題を決めたり計画を立てたりする。
早いところは、理論を学び実践に入る。
その実践の最も中心たるものが「研究授業」である。

ある目標を持って一人の教師が授業に臨み、その授業に参加している子どもが学ぶ姿を、他の教師がリアルタイムに参観する。そこからそれぞれが見取ったことを出し合い、より良い授業とは教育とは、について意見を戦わせながら追究する。それが授業研究会。そして各々の教師は、そこで学んだことを自らの授業に生かしていく。

その最初の授業を「提案授業」とすることが多い。
校内研究主題が決まり、理論が実践に移された授業とはどうあるものなのか、それを模索する授業、それを確認する授業。だからとても重要。
そんなことから、研究主題を良く理解している教師が最初の授業をすることが多い。
つまり研究主任自身、あるいは研究部の推進委員の中の誰かが「提案」として行うのである。
年度始めの授業なので影響力は大きい。逆に言えば「提案」だから、それが1年を通して参考となるかどうかは、全員で検討すれば良い。そこが研究の実践のスタート。

今回私が行った国語の授業も、そんな「提案授業」。
 4年国語 みんなで新聞を作ろう 【推敲】
校内研のテーマに沿って、視点を含んで、行った授業である。

「自ら学び豊かに表現する力」を育てることが主題である。
「適切な課題の設定・思考の可視化・対話的な学び」が視点である。
それらを全て含んだ授業を行った。
それに加えて
「日常の基礎・基本を大切にした授業の側面、仲間づくり人間関係を大切にする活動の側面も!」
と土台となる部分の要求もあり、プレッシャーを受けながら(笑)授業を実践した。

そもそも私ほどの高年齢者が「提案授業」とか「研究主任(研究部長)」とかが、実はどうか?と思う者もいるだろう。自分の中の意識さえそう。だってねえ、私は既に校長と同年代である。研究主任も初めて経験した時からすると20年が経っている。
同級生の中には、今更・・・という人間も多いはず。あまり目立たず、外にいて適度なところで、アドバイス・・なんて絵に描いたようなことを思う仲間も多いだろう。私自身、もっと若い者にさせたいなあとも思うこともないわけだはないが・・・。

やはりここは自分なりに頑張りたいんだな。現実にそういう役(研究主任)を担ったからには、全力を尽くす。そう思い今回も授業に臨んだ。授業をやるからには、若いも年寄りもない。新人もベテランもない。目の前にいる子どもにどれだけ力をつけられるかーが勝負だ。
ただ、若者と違うのは、子どものため、自分のために授業をするだけでなく、後輩たちのためという気持ちを密かに持っていたことである。まあ、それにどれだけ気づいてくれるかはわからない。ましてやとんでもない授業をしてしまったら、そんな資格ない。

そう思って6月26日に研究授業(提案授業)をした。 
役立ったかどうかは1年後にわかる。

c0052304_23113614.jpg






[PR]
by saibikan | 2017-08-16 23:13 | 校内研究 | Trackback | Comments(0)

特別支援教育の視点に立ってー黒板とその周辺

3回の情報研報告記事を終えて、またしばらくは、学級作りや研究の内容に戻ります。

私の勤務する学校では、校内研究のテーマは「かかわり合い」を中心として、
豊かな学びや心を培うという文言だが、内容の中に「特別支援教育の視点」を取り入れている。
校長先生や養護教諭の先生、通級指導の先生方からの提案や情報提供が多いが、
今年研究主任になった私も、当然学び始め、実践化を進めている。
夏期休業中には、講師の先生をお迎えし、学校全体でも、特別支援教育の視点に立った
授業作りや学級作りについてみんなで勉強した。誰かのためだけでなく、一人のためが
みんなのためになるというユニバーサルデザイン的な考え方で進めることにした。
特に新たに担任となった我がクラスではこの視点を大切にしたいと考えている。
そこには、これまで自分が培ってきた学級作りの方法と異なる手法もあり、
葛藤もあるが、根本の目の前の一人一人の子どもを大切にしたいという思いは変わらない。

2学期になって「黒板や黒板周りをできるだけすっきりしよう」と共通理解を図った。
これまでも、養護教諭はたびたび訴えていたことである。研究主任の私からも、具体的な
取り組みとして,改めて全担任に呼びかけた。どの程度にするかは、学級の実態もあろう。
私は思い切って以下のようにした。既に3週間。
c0052304_72989.jpg

[PR]
by saibikan | 2012-09-22 07:03 | 校内研究 | Trackback | Comments(1)

図工・特別支援部会の研究授業

今年の本校の校内研
「自らかかわり、学び合う子どもの育成」
ただし基本的にはこれまで本校で培ってきた
『対話を生かして』がある。

国語部会  算数部会  専科(図工)・特別支援部会

当然私は、3つ目の部会である。
図工なら何年生でも、どんな領域でもよかったが、
せっかく特別支援の先生方と同じ部会だったので
特別支援学級の交流児童のいる3年生で行うことにした。
さらに、制作しながらどんどん学び合いができること、
交流に来ている児童も自分の思いを表現しやすい題材を
と考え、以下の題材に決めた。

題材名 ほって、けずって、くっつけて
    〜友だちと虫さんランドをつくろう〜
      (粘土の共同制作)

題材を「ほって、けずって、くっつけて」を持って来た理由に
土粘土という素材でダイナミックに活動させたい、
へら等の道具を十分使わせたい、
そんなときの
個々が活動するときの子どもの側に立ったよりどころとなる動きという考え。

共同制作の活動を取り入れ、テーマを「虫さんランド」にもって来た理由

支援学級児童でもイメージしやすいように、
子どもたちの興味関心が高いもの、
他教科等で学習していることと関連、
ある程度制限する事で話し合いや表現に工夫が出るに違いないという読み。


そしてこの題材は、
昨年度の自分実践を生かせる。
本年度の指導計画の内容にのっとっている。
来年度の教科書の複数社のよさをとりいれたものになっている。
特別支援学級の子どもや担任とも一緒に授業ができるよき題材。

そう思って実施した。4時間扱い。
月曜日に校内研究授業で第2時と第3時を行い、
火曜日に最後の鑑賞、振り替えりまで終了。

中研(部会研)とはいっても、ほとんどの職員が参観に来た。
放課後の事後研も国語部会の半数は参加。
(同時に算数部会も行われたので)

いろいろ勉強になった。
授業研究に取り組み、多くの先生方に見ていただく事は、
何歳になっても大切な事である。
常に学びがある。
結局はそれが子どもたちに返っていくのだから。
真摯な意見を出してくださる本校の先生方にも感謝。

授業の内容はこれから紹介していこう。
[PR]
by saibikan | 2010-09-29 06:40 | 校内研究 | Trackback | Comments(0)

研究授業

本日です

校内研の研究授業 3年1組・3年なかよし学級 図工 TT

粘土

とりあえず事前報告
[PR]
by saibikan | 2010-09-27 06:22 | 校内研究 | Trackback | Comments(0)

ポスターセッション2(プレゼン)

c0052304_12313949.jpg「やっぱり場違いだったかなあ」
と、居並ぶポスターを見て、ふと思った。
自分で貼ったポスターを眺めると、どう見ても他者とは違う。
データに基づいた論文ポスターとは言えない。

しかし、自分がここで発表する意味があると思われたから
どなたかが推薦してくださったのだろう、とすぐに思い直した。
それに初めての学会で、知った人が誰もいないからかえって気は楽だ。

資料で明らかに劣っていると自覚すれば、
あとはプレゼンで相手に分かりやすく伝えるのみ。
今年はプレゼン能力向上が自分の課題なので、
このような機会を与えてもらった事を有り難く思い
有効にこの時間を使うべし。

ポスターセッション会場は、広いホール1室で行われた。
一日当たり15区画でそれぞれ6〜8本の発表が順序よく一人ずつ行われる。
二日間行われるのでポスターはその倍掲示。
二日で約200人が発表という計算。

c0052304_12322022.jpg区画によって異なるが,聞き手は各場所で10〜20人と言ったところか。
同じ会場内で15人が一度にマイクを使って話すので、
「大きい声,通る声」は最低条件。
小さい声の人は正直何を言っているか分からない。しかも
資料の方を向いて指しながら話されると、ますます不明。

膨大な資料の人ほど、3分で話すのは難しそうだった。
「結果はこの通りです」と資料をさされても、
資料の字が小さ過ぎて、3mぐらいの距離でもよく見えない。
結局、話したところを再び質問される。
子どもの発表会でもよくある事だ。

私は,今回、いつもなら書かない話し言葉の原稿も、
3分だからこそ、事前に書いてみた。
短時間だから、言葉に詰まれば大きなロスとなるから。
ただしそれを丸暗記するわけではない。
何度か口に出して話し、とりあえず型として身につけておく。
あとは話しながら、会場内や相手の雰囲気を察知しながら
多少重点を置くところを変えて話すという戦略。

c0052304_12341562.jpg話し方は情報研で何度となく学んだことを実行するだけ。
資料の方を向かず、目の前の聞き手を見て話す。
惹き付ける話の入りをするー今回は聞き手に問いかけ。
身振り手振りを入れながら。
声のトーンを時折かえ、適度な間を取りながら話す。
私をしっかり見てくれている人、頷いている人,メモを取る人を
話しながら見つけ、その方々に話しかけるように。できれば
三方向に見つけたかったが、そこはまだ力不足だった。
資料を指して話すのは、必要なときだけ。今回は写真1枚と
円グラフ一枚を必要なときだけ指差して説明した。
小見出しが論文的でなくレポート的だったので、分かりやすいように
話す中で「〜が目的です」「方法としては」「結果として」
「最後にまとめます」と言葉として挿入した。これは予定にはなかったが
他者のプレゼンを聞いていて,入れた方がいいなと思い即実行した。

3分をややオーバーしたが許容範囲かな。
聞き手からの質問が3つ出たので自分としてはまあまあである。
なにしろ中身では、他のだれにも勝てない。
私ごときが専門的に研究をしている方々に及ぶはずがない。
ポスターを見ればそれは一目瞭然。
だからこそプレゼンに集中した。

振り返ってみると、
プレゼンはこれまで研修の成果を試すことができた。
ポスターは資料の重要性を新たに学んた。
最も課題だと思ったのは、
自分のコンテンツ(内容)を
本学会の趣旨に沿ったものとしてテーマを絞り、
筋道立ててまとめなくてはいけないという点。

自分の発表と質疑意見はわずか6分だったが、遠くまで来て学ぶべきものは数多くあった。
[PR]
by saibikan | 2010-09-20 12:36 | 校内研究 | Trackback | Comments(0)

ポスターセッション1(情報収集とデータ化・分析)

ある学会での発表を県の団体から推薦された。
しかも全国大会。
え?こんな学会で自分が発表?畑違いじゃないかな?と最初は遠慮申し上げた。
だって,図工・美術じゃないし,小学校の教育研究でもない。
場所も新潟という、遠く知らない土地。

しかし、校長を通しての依頼でもあり、養護教諭のアドバイスもあり、
結局参加する事になった。

そのもとになったのは、今年2月の、ショウ二ホケンナントカ・・県大会で、
20分のプレゼンをしたこと。
あの市民会館大ホールでの数百人の前でのステージプレゼン。
あれが好評だったと。
うれしくはあるが、とにかく畑違いなのだ。
あのときもずいぶん考えた。学校の先生はあまりいない、いても養護教諭。
内容も教科ではないー食育と言う観点から。それをどう伝えるか。

全国大会だから、たくさん集まる中で,どれぐらいの発表だろう?15分ぐらいかな?
時間や発表の仕方は、おそらく同じようなものでいいだろう、
そのまま使えばいいや・・・思っていたら・・・・甘かった。

2ヶ月ほど前に届いた決定通知には
「ポスターセッションに決まりました。」
しかも
「発表3分、質疑3分」

3分!3分で何ができるのだろう?と思った。
でもせっかく遠くまで言って発表するから,この6分に集中しなくちゃ。
早くから参加はするつもりで準備はしていたので
長いプレゼンをどう修正するかに力を費やした。

しかし大会当日、会場にずらっと並んだ200近いポスターを見て驚いた。
ほとんどがデータ資料をどっさり提示。
表やグラフ化、比較などにより説得力のある資料が皆、豊富だった。
医者や大学関係の教員等が多く、いかにも研究論文の発表の場。

一枚の掲示用ポスターなので、
文章は、目的ー対象と方法ー結果ー考察ーまとめという型で
簡潔に書かれていたものがほとんど。
これが普通なのだろう。
話すときの資料であり、事前に読んでもらう資料としての
ポスターとはこういうものか。
そう思いながら自分の持って来たポスターを広げてみた。

ポスターの構成は、型にあった流れにはなっている。
だが項目は実践レポート風な小見出しを作っている。
ぱっと見た目には,構成が分かりにくい。
なんともデータ資料や分析が少ない。
つまり、読み手や聞き手を説得させる資料が決定的に不足していた。

学校現場では、子どもたちにしろ、私たち教師にしろ、
発表する時、客観的で効果的な資料の提示が少ない気がする。
「情報の収集・選択・分析・活用」の必要性ーそれらを駆使して
思考し,表現していくことがもっとあるべきなのだろう。
それが新学習指導要領においても、もとめられるべき点のひとつである。

ただし、掲示ポスターが優れたものであっても、それを自分の言葉で
人に伝えるとなると、そこにはまた別の力が必要になるようだ。
それがプレゼンテーション能力であり言語活動能力。
しかもそれを3分で伝えるのはやはり至難の技。

ポスターセッションが始まって一人一人が話し始めると、
収集・分析・表示されていたデータが本当に意味あるものなのか、
筋の通った研究であったのかが明らかになってくる。(続く)

c0052304_556589.jpg

[PR]
by saibikan | 2010-09-20 06:43 | 校内研究 | Trackback | Comments(0)

総合的な学習の時間の目標

我が校の校内研究は
これまで培ってきた対話力を生かし、協同的な学びによって
一人一人にたしかな学力を身につけよう
と言うことが大きなねらいである。特に学力を、
これまでの表現力・関心意欲の重視から、
思考力・知識活用力育成へとシフトしつつある。

テーマは
「ともに学び、ともにつくり出す授業をめざして
 〜生活科・総合的な学習の時間と各教科等の関連を通して〜」

本校の研究では「関連」が大きな要素を占め、総合は大きな柱となる。
もちろん各教科も重要で両輪という考え方である。
私は本年度、久しぶりに総合の担当(主任)ともなったこともあり、
多少、総合の指導要領解説を読み込んだ。
自分なりにまとめて行く意味も含め、これから時々触れて行きたい。
c0052304_616581.jpg


*******文科省が示した総合的な学習の時間の 目標 *******

横断的・総合的な学習や探究的な学習を通して,自ら課題を見付け,自ら学び,自ら 考え,主体的に判断し,よりよく問題を解決する資質や能力を育成するとともに,学び 方やものの考え方を身に付け,問題の解決や探究活動に主体的,創造的,協同的に取り 組む態度を育て,自己の生き方を考えることができるようにする。

**********************************

以前の指導要領では、ねらい1と2があった。そしてあとから3が付け加えられたのだが、今回は一つの文章として「目標」という言葉で、まとめられた。

整理すると
(学習の手法、あり方)
  (1) 横断的・総合的な学習や探究的な学習を通すこと    
           ↓
(育てたい力や態度)
  (2) 自ら課題を見付け,自ら学び,自ら考え,主体的に判断し,
    よりよく問題を解決する 資質や能力を育成すること
  (3) 学び方やものの考え方を身に付けること
  (4) 問題の解決や探究活動に主体的,創造的,協同的に取り組む態度を育てること
          ↓
(最終的に到達するねらい)
  (5) 自己の生き方を考えることができるようにすること

という五つの要素から構成されているとみられる。

「横断的・総合的」「問題の探究」「協同」という言葉は
本校の研究の基盤とも大いに重なっている。したがって
総合の解説書の読み込みは、校内研究に大きく役立つ。
[PR]
by saibikan | 2009-06-08 06:17 | 校内研究 | Trackback | Comments(2)

苦しかった校内研

ぜんざいはおいしくて気持ちよかったが
その前に行われていた校内研は実に苦しいものだった。

学校のみんなで書いている論文の読み合わせーこれはまあいい。
一月の授業研の事前研ーこれがいかん。

まだ煮詰まっていないままだった。
頭の中に可能性がごった煮のように入っている段階。
いつもこれを頭の中で整理して削ぎ落としていくのだが、
今回はその前に皆に提案するはめになってしまった。

だから多くの人は私が何をしたいのか十分理解できなかっただろう。
賢い数人は,私の苦悩を見抜き,まあそれなりの意見・アドバイスを
言ってくれた。おかげで少しはヒントらしき物が浮かんだ。

だが、まだすっきりしない。
午後に一人で考えた。鉛筆を持って紙に図式化する。
これが最も分かりやすい。
ある程度すっきりしたところで、近い人たちを捕まえて話をする。
話をする事によってさらに自分で頭の中を整理する。

談笑しながら、さらなるヒントがないか考えている。
研究授業まで後2週間しかない。

う〜ん、少しはすっきりしたようだったが、
やはりひっかかりの部分がある。

そんな感じで今日はおしまい。

だって他にもする事あるからなー


ある程度すっきりしたら、研究授業にも関わるこの3学期の取り組みを
ここでもリアルタイムで報告していきたい。


今は、まだまだ・・・だな。
[PR]
by saibikan | 2009-01-07 21:34 | 校内研究 | Trackback | Comments(0)

型は不要か

「小グループの話し合いに型は不要では?」のきっかけとなったAさんの言葉
「子どもが本音で話し合う時は、~です、とか、ますとか、わけは~です、というような言い方より自由に、○○ちゃん~だよね、と言うでしょう?」

たしかにそれは一理ある。Aさんは話し合いの言葉遣いとか接続詞の使い方や順番とかを言われていたのも分かった。

ただ、その後「そもそも少人数ではそう言う型はいらない」
別の方の「自由な方がいいかな。あまり型を言うと言えなくなる子もいるから」
と続き、全体が何となくあっさりそちらに流されそうな雰囲気があった。
また、話が少人数に限らず大きな集団の場合と混乱しているようなところもあった。
隣では「そんなこといってもなあ、自分のとこでそうやったら収拾がつかない」
というつぶやき。

それまで何回か質問意見を言ったから、控えておきたかったが
ちょっとここはこれからの研究のポイントとなるかなあと思い
あえて手を挙げて発言した。
「ある程度の型は最初は必要ではないか」
と。

 「自由な発言スタイルで、それぞれの子どもたちが意見を言い合い練り上げるのはそれはとてもすばらしいこと。だがそのためには、だれもがが言いたくなるような意欲が生まれるテーマだけでなく、一人一人にある程度の発言ができる力があること、お互いの考えや言葉を認め合うような支持的風土が存在していることも大切ではないか。」

という旨だったかな。それは、今年のテーマが「子どもの側からの学び、共同学習」ではあっても、昨年度までの積み重ねを大事にすべきという気持ちもあったから。
「守破離という言葉があるように型からスタートして殻を破って成長する場合もあります。私も全く型だけで話し合いを進めるべきと言っているのではないのです。基本的な話し合いのスタイルを何度かやっているうちに子どもがいつのまにか型を忘れて自らの力で真剣に練り上げている場面になっていることがあります。事実担任をしていた時そんな場面に何度か出会いました。その時はもう何も言いませんし、次の段階になったと思って子ども達への関わりを変えていきます」
c0052304_11192093.jpg

私はステップを大事にするべきだと言いたかった。ある程度の「型」をショートの時間を使ってやってきた本校は、今まではいわば「守」に近いかもしれない。いや、子どもにとっては「習」「学」という言葉があてはまるかも。それでも子どもはその中で時々自分たちで殻を「破」っていたはずなのである。めざすものは「離」の段階であっても、いきなりそれまでのことを全て否定してはならないだろう。

私は本年度の研究テーマには基本的に賛成している。それに、本校の独自性やよさをどのように加味するといいのだろうかーと考えている。
入学後わずか2ヶ月の1年生が、自分の発見を一生懸命話していた。もちろん上手く話せない子もいた。でも聞き手の質問から話が広がっていた。その姿を見て驚き、その源はなんだったのかと言うことをもうちょっとみんなで検討すべきだったかな、と思う。
[PR]
by saibikan | 2008-06-22 10:12 | 校内研究 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

協働学習で4年生が作った新聞
at 2017-08-19 05:09
みんなで新聞を作ろう8完成の喜び
at 2017-08-18 21:39
みんなで新聞を作ろう7清書(..
at 2017-08-18 19:55
提案授業研究会をコーディネート
at 2017-08-17 19:15
校内研究で提案授業をすること
at 2017-08-16 23:13

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧