カテゴリ:Future未来問題解決プログラム( 10 )

問題解決に苦しみながら

c0052304_21444473.jpg昨日飲み過ぎたらしい。
朝から ド 不調。

だが、追われていることがいくつもあって、
ずっとPCに朝から向かったが
どうもうまくはかどらない。

鏡を見たら頭がボサボサになっていたことに気づき、
気分転換も兼ねて散髪に。
カット中も今日はずっと眠気:::
だが外観がすっきりすると
頭の中も少しはすっきりした。

さてさて、「創造」は難しい。
「思考」して「表現」するのは大変だ。

学校教育法で、子ども達に基礎的な知識及び技能を活用し、
課題を解決するために必要な「思考・表現」の力を育めと書いてある。
だが、まずは自分自身のそう言う力のなさにため息が出る。

そんな1日。

追われている事の一つ。 問題解決の原稿。
う~ん、どうも自分はやはり、問題解決の基礎的な知識がまだ不十分なため
それを活用するまでに至っていない・・・それなのに問題解決に関する内容を
書かなくてはならないと言う課題を解決できない・・苦しいはずだ。

それでもなんとか90%は書いてみた。ただ、どうも依頼者の意図するところと
ずれているような気もしている。ひょっとしたらボツかも・・そうなれば仕方ない。
実は他にすべき事がまだいっぱいあって、夏休みというのに休めない日々が
当分は続くな。


よければ、ぽちとワンクリックを。
どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
[PR]
by saibikan | 2008-07-19 21:52 | Future未来問題解決プログラム | Trackback | Comments(0)

混乱している思考回路

問題解決学習について深く勉強しなくてはならない羽目になった。
そして数時間学んだ。

c0052304_20262517.jpgが、はっきり言って、自分の思考回路は混乱した。
自分が何も理解できていないのだ、ということを理解した。
それ以上を考えるのは回路がショートしそうだった。
他にもいろんなことで、もともと回路は痛んでいたので。

2年前に初めて「未来問題解決プログラム」に出会った時に似ている。ああ、あの時はどうしたっけ。そうだ、研修会から帰ってから書くことで、自分の混乱状態を紐解いたっけ。

何を書いた?思ったことを素直に書いた。思うがまま。
もう1度読んでみよう。 読み直した。
Future 未来問題解決プログラム1   4  


c0052304_2023194.jpg案外すっと読めた。ああ、今ならこれは理解できる。ああここを勘違いしていた。
あの時も多分、分からないから、書いて整理したのだ。

私は書くことで自分の思考回路を整理するのだろう。
だが今日は書くのはこれだけでいい。
2年前の記事を読んだことで少しすっきりした。
未だに絡まっている回路は、少しずつ解いていこう。

ちなみに私は「絶対彼氏」のようなロボットではないのであしからず。
生身の人間である。

よければ、ぽちとワンクリックを。どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-05-18 22:20 | Future未来問題解決プログラム | Trackback | Comments(2)

未来問題解決プログラム世界大会に日本チームが初出場

今回は、スケールの大きな話題。

未来問題解決プログラムという、子どもの創造力・思考力を高める
世界的規模の学習プログラムがある。
 Future Problem Solving Program
c0052304_21293778.jpg
その世界大会が、5/31~6/3に、アメリカコロラド州で開催されている。

その大会に日本人チームが初出場した。
それは、高橋りうじさんが代表を務める
「NPO法人 日本未来問題解決プログラム」
で結成されたチーム。小学生のチームから高校生まで参加した。

世界での未来問題解決プログラムの発祥は???
日本未来問題解決プログラムの設立は?
今回の世界大会の内容と日本チーム出場への道のりは?

その答えは、ココをお読みください→FUTURE

まあ、とにかく、すばらしい一歩である。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by saibikan | 2007-06-03 21:23 | Future未来問題解決プログラム | Trackback | Comments(2)

新カテゴリー「未来問題解決プログラム」設定

私を「友人」と呼んでくださるすばらしい「友人」がいます。
本当は 友 などとおいそれと呼べるような方ではなく
どちらかといえば 人生の師匠 的な方なのです。

彼が推進しているのがFuture・未来問題解決プログラム
わくわくアート9月1日号でも1度紹介しました。

その友人である高橋Rさん(ライフスキルグループの代表者でもあります)
から「次回、創造メルマガで次のような出題をしたい」とメールが来ました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

出題「窓辺にかわいい鳥が飛んできました。あなた=人間が室内を見ているのと
は違う見え方をしているかなと思うのですが、さて、どういうふうに見えている
のか絵を描いてください」

どうでしょうか?面白い?どう見えているのでしょうか?ただ、目の低さだけを
意識した室内絵を描けばよいのでしょうか?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

絵の問題であったので、興味を持って考え、思ったことを返信しました。
実際子どもたちはどういう絵を描くのかなあ?ちょっと楽しみです。

Futureの創造メルマガについて、時々ここでも取り上げてみたいと思い、
このブログにも新カテゴリーとして「Future未来問題解決プログラム」を設定しました。



お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログへ←ここをクリックしていただければありがたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by saibikan | 2006-12-11 04:49 | Future未来問題解決プログラム | Trackback | Comments(0)

Future 未来問題解決プログラム6

Future 未来問題解決プログラム

(4)雑感

で、思ったのは、未来シーンがもうちょっと小学生向けで
わかりやすいものがいいなあ。たとえば、飯さんの実践に
あわせて、みんなが子供になってやっていけば(つまり
模擬授業をしてもらう)面白いと思った。

また、ほとんどはじめて体験する僕にとっては、
「大会」である必要はなかった。
もっと「ワークショップ」的な場のみでよかった。
・未来シーンはこうやって読み解くのだ。
・課題はこうして作るのだ
・発想方法はこんな方法があるのだ
・評価するのはこういう方法がある などを
体験し、シェアリングしていく。
今回のように一気にいく場合、数人の
ファシリテータの存在も必要かな。


グループの人数4人というのはベスト。これは授業の話し合いで
子どもを見てるとよくわかる。ワークショップでは4人プラス
コーディネータ役が一人入っていてもいいな。

それと「計画開発ができた」で終わるのでなく、今までほかに
参加した教材作りワークショップのように最後に何か「実行」して
終わりたい。つまり開発したものを自分たちで「発表する」なり
「提案する」なりして、みんなで共有する。
ここがいいね、でもこうすればもっといい、とみんなで言い合うとか、
このグループがいいのですよ、それはこういうことで、と高さんが
評価するとか。

  ******************

まあFutureに関して勝手な思いをずいぶん述べました。
でも、それは、創造力・発想力を鍛える点では本当に面白く
いい学習方法だと思ったからです。参加者の素直な感想が
Futureのよき未来に役立つことえを願い、この件に関して
ペンを起きます。  (終)

PS Futureのこの画像は実にエキサイティング!
c0052304_8491462.jpg


にほんブログ村 教育ブログへぜひともクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ



c0052304_21152689.gif

人気blogランキングへ


 
[PR]
by saibikan | 2006-09-07 23:51 | Future未来問題解決プログラム | Trackback | Comments(2)

Future 未来問題解決プログラム5

未来問題解決プログラム

(3)グループワークから考える

とにかくやってみないとわからない
そんな感があった
で、実際にやったわけだ というか参加したわけだ


①まず事前に送られてきたリサーチ用のサイトURL
これにアクセスすると膨大な量 事前に少しは読んだが途中で挫折した

つまり考えるにあたって基礎知識として持っていてほしい情報なのだろう

小学校の授業でもよくある
「事前に○○を読んでおいて。調べておいて」
だが決して全員が家庭でやってくることは難しい
必ずしも全員がこの情報を持っていなくてもいいとか
これで関心意欲を評価するならそれでもいい。ただし、
もしみんなにある程度基礎意識として持っていてほしいなら
以下のようにする。
その情報をいっせいに渡すか、いっせいに読むか、
いっせいに調べるか、いっせいに考える。
そういう時間を確保しないと全員が学びを獲得できない授業もある。

さて、FUTUREでは、どういう位置づけなのかな?リサーチは

②未来シーンと分析

未来シーンというのは面白い。現代を見つめることにもなるから。
だが専門的な用語や知識がないと十分把握できない。だから
リサーチが必要なのかと悟った。
あるいは、今回の内容は、やはり知識と体験がものをいうなと思った
が、それが不足する人間には、リサーチによってそれが補えるのかとも。

ただ今回のシーンはいったい対象の子どもはどれぐらいの子たちなのだろう?
自分は小学校に勤めてるので、どうしても小学生に使えるのか?という
感覚で考える。もし自分が6年生担任としても、子どもにとってこの
シーンの把握は困難かなあ、というか意欲的にもあまり続きそうに感じない。
中学生向きかな?

③問題を考え、問題を選択する

ここがもっとも重要で、難しいところ

総合の時間での課題作りをするときがそう。子どもの最初の疑問を
そのまま課題にする授業がある。でもそれがテーマから外れていたり、
価値のないものであったり、意味のないものであったり、学習自体を
把握してなかったり。子どもたちはそのような学習に慣れていないの
だからそこで課題を煮詰める作業が必要。実はここが苦しいのだ。
しかし慣れるとここが面白い。
そうなると、最初に出会わせる場面や人との出会わせ方が重要になり、
教師の発問や場の設定などを十分に吟味しなくてはならない。そして
課題を煮詰めていくよりよい手法を発見せねばならない。これは
教師側の課題。

さて、今回体験した問題づくり。正直言って苦しかったなあ。
自分が混迷する子供たちと同じ立場だった。結局自分が
「何を問題にし、何の解決を発想する」のかがわからずじまいだった。
つまりFUTUREでの問題作りのあり方。
唯一、飯さんが「~のとき、~ために、~すること」といったような思考方法を
示したときが、子供のぼくにはすっと頭に入った。
でもやはり、背景・目的・中心の意味がよくつかめていなかったような気がする。
最後に発表があったとき、ふと、自分たちの話し合ったことは
なんだったのかな?まちがいか?と思った。
われらのグループは思考プロセスの一部も抜けていた。
これはあとで評価点がないことにもつながっただろう。

④発想と解決方法開発

いろいろとみんなでアイデアを出し合って考えるのは楽しい。これは
子供たちの話し合いでも同じ。総合の授業でも子供たちが生き生きする
のをよく見てる。ただ総合でぼくがやる授業の場合、その話し合いが
終わったら・「よし、じゃあ実行だ!」と動き出すわけだ。そこがあるから
おもしろいわけ。
今回は話し合いで計画開発で「よし、できた。」で終わる。それがFutureの
目的なんだろうけどやっぱり何か物足らない感じがするのは自分だけかな。

(つづく)
[PR]
by saibikan | 2006-09-06 23:26 | Future未来問題解決プログラム | Trackback | Comments(0)

Future 未来問題解決プログラム4

(2)思考プロセスから考えるー3

問題解決学習的手法は、決して総合だけのものではない。教科でも実践はあるであろう。
だが、子どもの実生活と結びつく学習とはなかなか出会わない。私が「問題解決学習」と
思いこんでいたものは、実は「課題解決学習」であったりする。

20年ほど前だ。当時、勤務校は「理科」の研究を行っていた。当時としては斬新的な研究部長が先輩としていた。その方は小学館などで執筆などされていた。郡市の論文で連続特選をとられていたすごい実力者だ。今の私よりも若かったであろう。その方が事象提示や単元構成を工夫した課題解決学習を校内研で提案された。


子どもたちに事象提示を行い、そこから気づきや疑問を多数出させる。そこから課題を作る。その課題に沿って子どもたち自身が解決のための実験方法を考え、実行するというものだった。
教科でそこまで子どもに任せて、ねらいに迫れるのか?研究会ではいろいろと意見が出た。しかし研究部長の先生は実践によって、それを私たちに実証して見せた。そして、研究発表会での私の授業にも多くのアドバイスをしてくださった。若かった私は、研究とか、理論とかあまりわからなかったが、子どもたちが実にいきいき学習したことは覚えている。

総合では、課題そのものが子どもの実生活に関わってくるゆえ、問題解決学習そのものであろう。テーマも大きくなり、学習フィールドも広がる。課題づくりが重要になり、課題の追究に困難性が出てくる。そこを克服して解決に向かうところが面白い。

未来問題解決プログラムは、さらに大きいテーマとなる。

だが、Futureで学ぶ思考プロセスをよく見ると、これまでの問題解決学習とは若干違うことが分かる。その第一は、思考活動重視というところか。
最後のステップも「開発」で終了。このプログラムでは思考段階で終わり、実際の実行があるわけではない。実行したのであれば、それがよかったのかどうかは、直接体験で計れるがーだがここは開発なので、「提案」みたいなものかー。提案だけで終わると面白くないから、実行するのだが、ここではそれが実行でなく大会による評価なのかな?

次に「評価のものさし」だ。
Step4 解決アイデア評価の物差しを作る
Step5 物差しをあてはめる
この評価の物差しが、何なのか、十分つかめなてない。今回の研修では時間の関係上省略されたわけだが、できればここをやってみたかった。もちろんステップの前半が大切なのは分かるしそこを抜かすと、ここも意味が分からないのはあるだろうがー。
ひょっとして、今、教科や総合で研究され始めている評価指標(ルーブリック)みたいなものをさすのだろうか。ルーブリックは、例えば単元の始めの方で全体の計画を立てながら、各時間の評価基準を子ども自身が考えていくものだ。それをここでは、「解決アイデア」のみに絞っているのか。つまりステップ6の開発を自己評価するためなのかな?となると、ステップ3と4は順序が逆のような気がする。ということはやはりそれとは違う性格のものなのかー例えば大会用の評価の基準とか。このあたりは、私は十分に理解できていない。
             (つづく)
[PR]
by saibikan | 2006-09-04 00:30 | Future未来問題解決プログラム | Trackback | Comments(0)

Future 未来問題解決プログラム3

*私は学校現場に勤めているので、あくまで学校教育の観点からの意見です。

*******************************

未来教育解決プログラム

2 私の捉えと意見

(2)Futureで学ぶ思考プロセスから考える

Futureで学ぶ思考プロセスには、問題解決学習の要素が取り入れられている。
そう考えると、と大きく接点があるのは「総合的な学習の時間」(以下「総合」と呼ぶ)ではないか。総合のねらいを見てみる(上位二つ)。

①自ら課題を見付け、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力を育てること。
② 学び方やものの考え方を身に付け、問題の解決や探究活動に主体的、創造的に取り組む態度を育て、自己の在り方生き方を考えることができるようにすること。


総合は、学習指導要領では、ねらいのみが示され、目標や内容は学校裁量である。つまり、カリキュラム作成は学校に任されているのである。ただし、総合が前倒しから導入されてすでに7年。(完全実施4年)社会の要請や学校の実態によって、総合カリキュラムは多様化している。
総合のねらいに沿って、問題解決学習を中心としたカリキュラムががっちりと完成されている学校がある。分かっているけど、そんな学習は実際には困難だという教師もいる。コンピュータさえやっていればいい、体験だけやっていればいい、という考えのところもある。さらに学級学年の自由裁量部分が大きい学校もある。英語活動の導入も総合を大きく変化させた。

総合は多様なだけに、各学校の実態をしっかり調べないと、Futureが入り込む余地があるかどうかは分からない。本来の筋から言うと重なる部分は大きいはずだがー。

自校などは先進的に総合を取り入れていた学校だ。平成12年から完全実施でやっていた(私はまだ2年半しかいない)。来たときから、すでにしっかり完成されていたカリキュラム。自分などにとっては、実はやりにくい側面もあるのだが、過去の職員の研究成果であろう。

現在は国語と関連した総合のあり方を研究中だ。
15年度の学習指導要領一部改正に伴い、総合のねらいが以下のように追加された。教科との関連がいっそう強調されたのだ。

③各教科,道徳及び特別活動で身に付けた知識や技能等を相互に関連付け,学習や生活において生かし,それらが総合的に働くようにすること。

私は個人的には、図工・美術との関連をもっと導入すると、総合も図工も互いに補完し合って生きるのではないかと言う考え(ある程度は実践している)を持っているが、なかなか学校全体としては取り組めないというのが実情だ。

話が総合に入りすぎた。ここで少し話を戻そう。
もう少し「問題解決学習」について考える。

(つづく)

にほんブログ村 教育ブログへぜひともクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気blogランキングへ こちらもクリックを
[PR]
by saibikan | 2006-09-03 23:29 | Future未来問題解決プログラム | Trackback | Comments(0)

Future 未来問題解決プログラム 2

未来問題解決プログラムについて、今回も述べます。
ただし画像はなく文章のみなので、呼んで疲れる方は、さっと読み流してください。
興味ある方は最後までお読みください。ではでは・・・・

*************************

1 高橋さんの講話のポイント

(1)プログラムの種類

a 現実問題解決プログラム
b 未来の想定問題解決
c カリキュラムへの部分組み込み

(2)Futureで学ぶ思考プロセス

Step1 問題を考える
Step2 重要問題を選択する
Step3 解決アイデアを発想する
Step4 解決アイデア評価の物差しを作る
Step5 物差しをあてはめる
Step6 実行計画を開発する


2 私の捉えと意見

(1)プログラムの種類から考える


高橋さんは言う。(1)のaが、最上位のプログラムであると。学校・地域・県・国などが抱える問題を自分で発掘して解決アイデアを発想し、行動化して解決するというプログラム。子どもの生活するすべての社会、未来も含めて、子どもの生きていく人生そのものが学習のフィールドといえる。実に高次元なレベルである。この教育プログラムの最終目的といえようか。

そのために必要な基礎・基本を養う学習プログラムがbということだろう。高橋さんはおそらく、このbを充実させようとしているのだ。未来の問題に対し、リサーチ活動をし、課題発見をし、発想力を駆使して問題解決に向かう、そのプロセスの中で、子どもたちに世界に通用する力を育成しようとしている。視野の広さというか器の大きさには頭が下がる。だからこそ、指導者養成をねらって研修会を開き、子どもたちの世界大会参加という目標をもたれたのであろう。しかも、学校教育まで視野に入れているところがすごいところである。学校教育以外の場所だけで、このプログラムを実践するのは可能なはずだ。むしろ学校への導入は最も困難であるはず。だが、学校で活用されればその普及は大きなものとなる。

そのようなことを考えると、C の持つ意味は大きい。むしろ私たちは、現場教師にとっては学校のカリキュラムに実際にどう位置づけられるのかという点で、1番興味深いプログラムだ。最終目的の現実問題解決力育成・・・の基礎・基本=未来問題解決力・・・・・をつけさせるための、さらに土台となる力。その育成方法(例えば発想力育成スキルなど?)や思考プロセスに使える資料(ワークシートかな?)提供なども含むのだろう。私たちは、実は1番にここが知りたい。

「このような方法でこういうものを使ってやったら、こういう結果が出た」ということ。小さなものでいいから、効果ある実践が欲しいのだ。そして、それは、「cを行うことは、bのような学習活動につながり、やがて目標を達成できる。それが最終的には、子どもたちがaの目的に向かうのだ」と、実践から学ぶという、ある意味、逆説的思考が存在するのである。
なぜなら、aのような教育の目的のようなもの、bのような子どもに育てたい力等は(bは目標と手法が混在するので、その通りとは言えないが)、実はいろんな学習の中で大きく含まれており、その必要性はみんなわかっているのである。
だが、どう実践することが、そこに直結するか、が知りたい情報だ。その意味では、飯盛さんの国語科カリキュラムの実践資料は大きな意義があり、優れた宝物だった。
                 (つづく)


にほんブログ村 教育ブログへぜひともクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気blogランキングへ こちらもクリックを
[PR]
by saibikan | 2006-09-02 21:30 | Future未来問題解決プログラム | Trackback | Comments(0)

Future 未来問題解決プログラム 1

この夏Futureを体験した

大人の立場でFutureの意義を聞き、
生徒の立場になってFutureの問題を考えた。

Future Problem Solving Program=未来問題解決プログラム
通称フューチャー(Future)
アメリカで約30年前に提唱され始まった始。カナダ・オーストラリア・ニュージーランド
などが加盟。日本も2005年に加盟したらしい。

c0052304_9273088.jpg
小中学校の児童・生徒の創造力と問題解決力を磨く教育プログラム。
Futureの手引き書では、「生徒」としてしか表されていないが、
小学生も対象としてあるので、私は「児童」も使って述べてみよう。

目標はこういうことだと解釈した。
 1 児童・生徒の問題発見力、問題解決能力を養い伸ばす。
 2 児童・生徒の創造性を刺激し、創造力を伸ばす。
 3 児童・生徒に現代社会や未来社会への興味・関心を待たせ、生きる力を養う。
 4 児童・生徒のコミュニケーション能力、協働力を伸ばす。
 5 児童・生徒の自立心・責任感を養う。

また、ひょっとしたら読解力も養われるものかもしれない。

さて、児童・生徒の側として体験した、のはもちろん初めてだが、実は
Futureの話はすでに何回か聞いたことはあった。

昨年12月に九州で、日本未来問題解決プログラム代表(高さん)と
実践者(飯さん)からお話を聞いた。3月には、東京で、高さんとお会いして
ちょっと聞いたことがあった。
お二人とは友人なので、私としては焼酎を酌み交わせるだけの楽しい場
でよかったのだが、いつのまにか知識としてFutureが多少注入されていた。
それに高さんは、ミクシでも、Futureを推進されてるので、何となくこういう
ものか、というのはぼんやりとわかっていた。

だが、実際にこれを生徒の側に立ってやってみたのは初めて。
たしかに、こういう目標を持ってるのだな、というのはわかった。
高次でスリリングな学習だ。一方で、困難性を克服しなければならない
エネルギーも必要。思考の中で、他者と協働して問題解決を行う
のだから、迷い道、落とし穴、自己発見・・・いろんなことを感じながら
「Futureとはなんだ!?」とあらためて考えた時間だった。

具体的な研修内容は次回。(つづく)

日本未来問題解決プログラムのページ
 http://www.geocities.jp/fpspjapan/


にほんブログ村 教育ブログへぜひともクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気blogランキングへ こちらもクリックを
[PR]
by saibikan | 2006-09-01 23:32 | Future未来問題解決プログラム | Trackback | Comments(2)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

「わからない」が言える子どもに
at 2017-05-24 22:47
伝統ある八千代座を訪ねる
at 2017-05-07 04:59
国語辞典の付箋紙活用モデル
at 2017-05-06 10:19
学級目標づくり
at 2017-05-04 23:09
新学期2日目の朝の指導「挨拶」
at 2017-04-30 03:48

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧