カテゴリ:我が家のアート( 6 )

父親失格?ー過去の我が子の絵

部屋を片付けていたら、1枚の絵が出てきた。我が子の一人が描いた絵のようだ。
薄いトレーシングペーパーのような紙に書いているので、学校で描いたのではなく、家でふと描いたに違いない。
「おとうさんいつも〇〇〇とあそんでね」(〇〇〇は作者の息子の名前)の下に広い空白・・・そして「〇〇〇より」。下半分に色鉛筆で水色をたくさん使った絵。これは果たして何を描いているのだろうか?

5人いるのが家族だとはわかるが・・7つの四角は何だろう?
裏に赤ペンで(おそらく僕が)日付を書いているから、見たことはあるはず。
だが、思い出せない。記憶に残っていない。

ダメな父親だなあー。
この時、6歳の彼は、一体何を表したのだろうか?

その時、一緒になって彼と話をしたなら、きっと心に残ったはず。
そうかあ、〜をして遊びたかったの。
ああ、これは一緒に遊んだ〜の時のことか。
記憶にないのは、おそらく、絵を通した対話をしていないのだろう。
あれだけ、絵を媒介にして対話をするのは大事だよーと言いながら。
父親失格やなあ。

仕方なく、一応、すでに大人になった彼に絵を見せてみた。
「覚えとらん」
彼は、苦笑いして答えた。

真相は闇の中。
別にわからんならわからんでも言いたいーそう結論付ければ済むのだが
絵を見ていると・・・やはり気になる。訴えてるからね。「あそんでね」と。

この絵に対する作者の思いはわからないままだろうが・・・・知りたくてじっと見ていた。
c0052304_22515714.jpg

[PR]
by saibikan | 2016-08-03 22:52 | 我が家のアート | Trackback | Comments(0)

成人した子どものアート

あまり我が子の作品を取っていないんだが、
Takuの図工の作品は、いくつか家の中の目につく所にある。

c0052304_0275449.jpg5年生の時のかなあ?6年だったか?
のれん。
今も、部屋の入り口に。
地球とロケットと宇宙の星と宇宙人。
男の子によくあるパターンの絵だな、
とは思ったが、クラスの子どもたちの絵ほど
そんなにじっくり見ていなかったなあ、と
今になって思う。
よく見れば面白い形の星だな、とか
これはひょっとして通潤橋をイメージしてるのかなど
なぜか今はTakuの絵を見て面白がっている。

こういうのを見ていると、生活に役に立つものをつくることのよさも感じるな。





それと玄関には,小一のときの絵。
勉強でもスポーツでもさほど目立った記録や経験はなかったが、
このときのお城の絵だけは,おそらく自慢だろう。
子ども3人連れてスケッチ大会にいっしょに言ったときの絵だ。
一度ブログでも取り上げた。 お城の絵
c0052304_0443468.jpg
c0052304_0445126.jpg


人のいいところと真面目な性格だけが取り柄のようなやつで、
中学校までスポーツ刈りがトレードマークだったが、
いつのまにか「チャラ男」風になっていた。
でも根は変わるわけじゃない。
それは親が一番よく知っている。
最近は職が決まって、落ち着いた感じに変化している。

息子が成人式の日に親はマラソンコースでハードな練習。
正直かなり疲れたが、それにもかかわらず、お帰りぐらい言ってやるかと思ったが
そんな親の気持ちはつゆ知らず、いまだ帰らず。
どうやら今夜は夜通し飲むんだろうな。

じゃあ昨日のマラソン練習報告は後回しということで  Good-night
[PR]
by saibikan | 2012-01-10 00:59 | 我が家のアート | Trackback | Comments(2)

我が家のお城スケッチ大会PART2

1998年4月の「RKKスケッチ大会」には末っ子も初めて参加。
幼稚園の年長=つまり5歳か6歳だったのだな。
あったあった。見つけたよ、その時の絵。

園児の時はこんな絵を描いてたのか。
その時は何も思わなかったが、
今こうやって兄たちの絵と比較すると
ずいぶん違うものだ。
c0052304_10965.jpg


石垣が小学生の兄たちのようにつながっていない。
瓦も線1本ずつで描いていたのか。
色塗りは案外豪快だな。

そうそう、色は好きなのを何度も出して塗ってるうち、パレット上で
混ざって変化していったのを何となく思い出した。
お城を一生懸命描いてそれで満足してた。

横があいてたから何か描かないか?って声をかけたら
木を描いて空も塗ったけど、そこではもう
意欲はあまりなかったような・・・



よければ、ぽち(クリック)お願いします↓
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by saibikan | 2007-03-24 10:10 | 我が家のアート | Trackback | Comments(1)

我が家のお城スケッチ大会

1996年3月、おそらく、初めてわが子を連れて
スケッチ大会に出かけた。
押し入れの中にその時の絵があった。
画用紙の裏に
「TKUスケッチ大会」
「○○小学校3年 さいびかんジュニア(仮名)」
と書いてある。たしか1年生の弟と二人を連れて行った。
c0052304_71351.jpg


その2年後に、2番目の子が3年生になった時の絵もあった。
こちらは「RKKスケッチ大会」である。
1998年4月だ。
3月は通知表提出目前で自分が身動きが取れないから
たしか4月にある別の放送局主催のスケッチ大会参加に変えたのだっけ。
c0052304_657393.jpg

こうしてみると、同じ3年生の時の絵でもずいぶんちがうものだ。
石垣が上の子は柔らかく、下の子は堅い感じ。
色づかいも全く違うよう。
並べてみると面白いものだ。

この二人とも今は全く絵には興味がない。
一人は英語、一人は料理が、自分を生かしたい道らしい




よければ、ぽち(クリック)お願いします↓
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by saibikan | 2007-03-23 23:53 | 我が家のアート | Trackback | Comments(4)

信楽焼

20年前いただいた 我が家の飾り物
c0052304_13455655.jpg


( フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より以下引用)
信楽焼(しがらきやき)は、滋賀県甲賀市信楽町を中心に作られる日本の伝統陶磁器、炻器で、日本六古窯のひとつに数えられる。一般には狸の置物が著名である。
信楽は、付近の丘陵から良質の陶土がでる土地である。信楽焼は、長い歴史と文化に支えられ、この地の伝統的な技術によって今日に伝えられ、日本六古窯のひとつに数えられている。中世末期頃より穴窯によって壺、甕、擂鉢などの焼き物づくりが始められ、日本独自の陶器産地としての歴史が展開してきた。
信楽焼の特徴は、信楽特有の土味を発揮して、登り窯、穴窯の焼成によって得られる温かみのある火色(緋色)の発色と自然釉によるビードロ釉と焦げの味わいに特色づけられ、土と炎が織りなす芸術として“わびさび”の趣を今に伝えている。
信楽焼ならではの素朴さのなかに、日本人の風情を表現したものとして、室町・桃山時代以降、茶道の隆盛とともに「茶陶信楽」として茶人をはじめとする文化人に親しまれ、珍重されてきたのもその所以ともいえる。



調べてみると、信楽焼はいろんなものがある。
http://images.search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%BF%AE%B3%DA%BE%C6&n=20&b=0&c=image&rh=20&
たしかに狸がいっぱいいるなあ。


にほんブログ村 教育ブログへぜひともクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ



c0052304_21152689.gif

人気blogランキングへ


 
[PR]
by saibikan | 2006-09-08 23:00 | 我が家のアート | Trackback | Comments(6)

お城の絵

1年生の男の子がRKKスケッチ大会の時描いた「お城の絵」。
親子でお城を眺めて、会話をしながら石垣から積み上げていって描いた絵である。
いい天気だった。鳥が飛び、観光客が訪れのどかな日だった。
c0052304_1045015.jpg


あれから9年経った。今、この絵の作者は、絵よりも工作が好きらしい。
でもそれはそれでいい。彼は今私の部屋でパソコンで何かやっている・・・。
受験の年という自覚は全くない。
[PR]
by saibikan | 2006-04-23 10:47 | 我が家のアート | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

思い出やお気に入りの場所9 ..
at 2017-01-28 04:55
思い出やお気に入りの場所8 完成
at 2017-01-26 05:56
思い出やお気に入りの場所7 着色
at 2017-01-16 22:34
思い出やお気に入りの場所6 ..
at 2017-01-14 23:15
思い出やお気に入りの場所5「..
at 2017-01-12 06:38

最新のコメント

カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31
初めてではないと思います..
by saibikan at 21:28
こんにちは! はじめま..
by 和 at 15:23

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧