カテゴリ:教師( 8 )

就任式で折句自己紹介に挑戦

 毎回初めて出会った子どもたちに、教室で、折句による自己紹介をするのが私の常となっている。さて、今回は新しい学校に異動したこともあるので、思い切って就任式挨拶の中でやってみようかと思っている。転入者の人数が多いので、代表だけの挨拶かな?と思ったけれど、一人一人挨拶をして良いということなので、思い切って挑戦である。

 私の通常の折句自己紹介は、担任学年に合わせてやっている。それが全校相手になると・・・どうしたらいいのか、ちょっと今から考えよう。そのために早起きをしたのだから。あ、待てよ、そうしちゃうと、当然教室での挨拶の中身も新しく考えなくてはいけないな。さて、どうしよう。

 ではでは、とりあえずコーヒーでも入れて飲みながら考えよう。今夜いい報告ができるといいな。ちなみに、私の通常の折句自己紹介は、「THE 学級開きネタ集」(明治図書)の62ページに載っている。また、このブログのあちこちにそれは登場する。例えば→折り句自己紹介 1年前の学級開きの日の記事→学級開き2015 もある。
興味ある方はお読みください。
c0052304_03552342.jpg

[PR]
by saibikan | 2016-04-08 03:56 | 教師 | Trackback | Comments(0)

右手に力が入らないのはなぜ

ようやくブログを再開する気分になれた。


研究授業=毎度のことながら、多少の緊張感はある。
だがそれが自分には心地よく、それによって気が引き締まり、集中して授業ができる。
だから他者から見られることはあまり気にならない。

だが、今回、ある授業で、板書の瞬間、右手に力が入らなくなった。
指先に震えを感じた。あれ?字がまともに書けない。
背面から子どもたちや参観者の視線は突き刺さる。
力を入れて書いたがミミズのはうような字。
恥ずかしい。
だがなんとか腕全体で力を入れて書いた。

どうしたん?
子どもたちと、知ってる先生方は、笑いと不安な表情でこっちを見ているのが分かる。
そりゃそうだろう、これまで毎年校内で一番目に研究授業はやってきた。
学校全体に見てもらってきた。
研究発表会でも、教科研究会でも数十人の前で授業をしてきた。
今年もそう。子どもたちは「また研究授業?」と言うほどだった。
黒板にまともに字を書けないなんてこれまでなかった。
それが、この日に限って・・・教師になって初めての経験。

初めて見る先生方は、たぶん、へたくそやなあーとか、緊張してるんか、等と思ったことだろう。

一番びっくりしたのは自分。
思わず「緊張してるのかな?」と笑って言ったものの、頭の中はこのあとどうするか?って考えてた。
2度目の板書もうまく書けず、あとはあっさりと板書することをあきらめた。

ずいぶん板書計画も考えてたが、予定が狂った。そんなだから、授業の流れもうまくいくわけはない。
これまでの自分がやってきたことと比べると、さんざんだった。
始まる直前にAppleTV がうまくつながらず無線をあきらめたり、iPadのkeynoteがうまく動かずMacに変えたりなどのトラブルもあった。だから予定の画像を見せ損ねたこともあった。
授業の組み立てもよく考えると少しミスがあったなと感じた。
それでも子どもたちは何とかいつものような話し合いはできていた。
多分いつもと違う私の様子に違和感を感じただろうが、話し合いはしっかりやってくれた。
感謝だ。

申し訳なかったのは、今日始めて来られた先生方に対して。
もっと見せるべきところがあったのに、と思ったが・・・言い訳はしなかった。
そう言うときどう授業をするかーも考えるべきだと反省した。
救いは、参観した指導主事が「楽しい授業だったと」話してくれたこと。

数名の同僚からは、病院に行ったら?と言われてしまった・・・

実は自分の中に、授業とは全く関係のない心配事があったので、ひょっとしたらそのような心労も
何か関係があるかもとは思う。それならば、よりいっそう困難に負けず立ち向かう態度と
心を自分の中に育て上げねば・・・というきもちがある。
[PR]
by saibikan | 2013-11-20 10:56 | 教師 | Trackback | Comments(0)

夏休みの宿題に追われているのは・・・

夏休みも終了直前。
宿題に追われている。
我が家の子どもの話ではない。

自分のこと。
この夏そんなに遊んでいたわけじゃないのに。
やはる受けるものが多すぎるのか。
かなり減らしたはずだが。

原稿があと2つある。どちらも大きい。
一つは何とかめどがついた。
もう一つ。がんばらねば。
〆切はとっくに過ぎている。
頭を下げて延ばしてもらっている。
今日明日中(28、29)に終了しよう。

昨日午後は人権教育校内研修。
前日から書いたレポートがようやく間に合った。
しかも情報交換会における9月初頭の時間割調整表も並行して作成。
なんとも忙しい日だった。

その他の2学期の準備も皆無。
整理しておかなくてはー

夏休み中の積み残し=あと2日ですること
・教育課程復講用の資料作成(図工・総合)ふたつ
・教務主任会の報告資料作成
・2学期の教材準備、授業計画
・9月校内研(中研)授業の大まかな計画
・図工室片付け
・管理職との2学期の打ち合わせ

しかし30,31日は職員室が耐震工事の最終工事で
壁を取り外しエアコン設置。その二日間はエアコン無し。
工事だらけの学校内。
さて、どうするか。

そうそう明日は日曜だが、朝からPTA奉仕作業。
草取りと側溝の砂上げで汗をかかねばならぬ。

今日のブログは個人メモだな。
[PR]
by saibikan | 2010-08-28 10:55 | 教師 | Trackback | Comments(0)

15年ぶりの同僚が集う

気がつけば9時半を過ぎていた。
ああ、一次会で3時間もー

久々の同窓会、といっても、我らが学生でなく
教師として、共に活気ある教育をしていた仲間である。
J小の平成567年のころの先生方。

当時の教務主任・専科が、このたび校長ご退職されたのを機に
集った。当時体育主任として若き教師生活を過ごしていた
不肖私と、当時の若手のホープだった田君二人で幹事をした。

19人が参加。盛り上がった。

さて,当時ならほとんどが「行くぞ2次会!」だったが、
さすがに私は朝一の飛行機と帰ってからの準備があるので
帰路についた。

今ようやく、名刺づくりが終わり、確認書の印刷が終わり、
バッグに道具をつめ終わった所。
プレゼンも取りあえずもう一回見た。

では5時半起床にタイマーセットである。good-night.
[PR]
by saibikan | 2009-08-07 01:15 | 教師 | Trackback | Comments(0)

結婚式スピーチをそろそろ・・・

年賀状の中に教え子からのものもある。
「二人目が生まれました」
かわいい赤ちゃんと女の子が写っていた。
S小(勤務2校目)時代の教え子HIROからだった。

4年前だったかな。彼女の結婚式に出たのは。
手作りのいい結婚式だった。

c0052304_6425222.jpgさて、今週末にSAIの結婚式に呼ばれている。J小時代(勤務3校目)時代の教え子としては初めてである。しかも今回は、祝いのスピーチという大役がある。

友人代表のスピーチなら過去2度ほど経験した。
こてつとただしの時。
しかもそれはもう20年も前の話だ。
あの時はおもしろ可笑しく話したが、
今回はそういうわけには行くまい。

依頼されて軽く「いいよ。おまえのためなら」と答えたが
よく考えると大きい事だとあらためて思っている。
う〜む、ネタは多分たくさんあるが・・・
何をどう話すかー

そろそろ今日当たり,その内容を考えて
リハーサルをしておかなくちゃな


c0052304_6463440.jpg

ツノが生えた鬼さいびかん~

こらあ!と怒ったときはもう卒業していなかったオジョーたち


よければぽちとクリックを。↓どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
[PR]
by saibikan | 2009-01-06 06:47 | 教師 | Trackback | Comments(0)

研修リポーター

InSEAから帰った翌日から社会体験研修である。

本市では平成22年までに、全教諭が社会体験研修を受けねばならない。
昨年までは、研究発表やら全国大会やらと様々な忙しさで、行き損ねていた。
今年、ようやく私も、合間を縫っての研修参加である。

受け入れていただいたのは、地元の某放送局。ラジオ局だ。

朝行ったら、いきなり担当者が
「明日行われる○○校区の夏祭りの紹介リポートを、
 本局のTアナウンサーと一緒に 行って取材してください。
 あなたが、10分ほどリポートしてください。生放送です」
と資料を渡された。

それから約30分ほど、インタビュー内容を考える。
やがてTアナウンサーが登場。
「私も研修先生と一緒とは今日初めて聞きました。」

一応打ち合わせ。相談に乗ってもらう。
「時間は決まってますが、臨機応変に行きます。どうにかなります。
それが生放送です」
そうは言ってもなあ・・・・・・・・・・・・・・・

「番組に合う曲を選びましょう。夏にぴったりのやつ選んでください」
山のようなCD。結局、自分の世代の曲、とかカラオケで歌う曲。
こんなんでいいのかな?

やがて出発。  現地着。

着いたら、いろいろなものを受け手が準備している。
これも聞いて欲しい、それにも触れて欲しい、そういう気持ちが伝わる。
ああ、聞こうと思っていることが揺らぐ。

「まもなく入りマース」電話が入った。   放送開始時間

研修リポーターーが緊張。受け手も緊張。固いなあ・・・
これが今、電波に乗って流れてるのか・・・冷や汗。
でもなんと20分以上持ちこたえた。
c0052304_19591221.jpg


その後、本アナウンサーにバトンタッチ。すごい盛り上がりよう。
受け手の地域の方とまるでツーカーというか元から知り合いじゃないかと思うほどの
すごいやりとり。参った。

子どもたちに「インタビュー名人になろう」なんて言ってるが、
とんでもない。ああ、そんな簡単にはできないと悟った。

「さすがですね」
「当たり前です。これで飯食ってますから」

その後、何カ所か取材に回り、結構疲れました。
局に帰ったのは3時頃。よく考えたら昼食がまだでした・・・。

よければ、ぽちとワンクリックを。
どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-08-10 20:35 | 教師 | Trackback | Comments(0)

教員免許更新制2

免許管理者とは

勤務地の都道府県教育委員会(現職教員・教育委員会職員)か
住所地都道府県教育委員会(上以外)

最初の修了確認期限と受講期間

最初の修了確認期限は「35歳」「45歳」「55歳」になる年度末で
受講期間はその前約2年間である。
つまり生年月日によって、今後約10年間分設定されている。
例えば、第1回目の講習者は、
 受講期間    H21/4/1〜H23/3/31
 最終確認修了  H23/3/31
 受講者生年月日 S30/4/2〜S31/4/1
         S40/4/2〜S41/4/1
         S50/4/2〜S51/4/1

2回目はH22/4/1〜H24/3/31めでの受講期間
受講者は1回目の1年後に生まれた方々ということになる。

だから私はもうちょっとあとになる。。。

それにしても冷静に考えると、これはとんでもない制度だと分かる。
日本中の全教員がこうなると、それにかかる費用は膨大。
免許状更新講習の開設は大学が中心となり
講師も大学の先生がほとんどである。
受講する教員だけでなく、開設する大学も大変だ・・・

では、最後に受講内容について文科省HPの関係ページを貼付ける。
以下読むとよい。
はっきりいって、やはりこれはますます大変と思う。
自分が、だけでなく、日本の教育界全体がー。

*************************
(4)免許状更新講習の内容
1)更新講習の内容
 免許状更新講習の内容は大きく分けて次の2つに分けられます。

教職についての省察並びに子どもの変化、教育政策の動向及び学校の内外における連携協力についての理解に関する事項(以下「教育の最新事業」という。)
 すべての教員に共通する事項を扱うものです。具体的には、「教職についての省察」「子どもの変化についての理解」「教育政策の動向についての理解」「学校の内外での連携協力についての理解」を主な内容とします。
教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項
 学校種・教科種などに応じた内容を扱うものです。各教科の指導法やその背景となる専門的内容、生徒指導等、幼児・児童・生徒に対する指導力に係る各論的な内容を中心に扱います。



2)更新講習の受講時間
 更新講習はあわせて30時間以上受講・修了する必要があります。
 このうち、
「教育の最新事情に関する事項」については12時間以上
「教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項」については18時間以上
 それぞれ受講・修了することが必要になります。

3)更新講習の受講イメージ
 次に、更新講習の受講のイメージを説明します。
 更新講習は基本的に大学が中心として開設するものです。よって、受講する場合は、受講する講習を選択し、各人で各開設者に受講料を支払い、直接申し込むことになります。
 また、更新講習は、出身大学や教職課程を履修した大学以外で受講することや、在住する都道府県以外にある大学で受講することも可能です。

 更新講習の開設の例としては、次のようなものが考えられます。

A大学
領域講座名時間数開設日
教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項救急活動講座(養護教諭対象)6時間1日5~7月の土、日
食育の指導法(栄養教諭対象)6時間2日
(セットで開講)7、9月の土・日
小学校での英語教育講座6時間1日12月第1~4週の土、日、祝
発達障害への対応6時間3日
(セットで開講)8月第1~4週の月~水、木~土

B大学
領域講座名時間数開設日
教育の最新事情に関する事項教育状況の変化への対応6時間2日
(セットで開講)6月第1~4週の土・日
8月第1~4週の月・水、金・日
教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項幼児教育に関する先端研究6時間1日5~7月の土、日、祝
小学校算数の研究6時間1日8月第1~4週の月、水、金

C大学
領域講座名時間数開設日
教育の最新事情に関する事項教育の最新事情6時間2日
(セットで開講)5月第2週の土・日
8月第2~3週の木・金、土・日
10月第3~4週の土・日
教科指導、生徒他教育の充実に関する事項小学校体育の指導法6時間1日5~7月の土、日、祝
化学に関する最新の研究成果6時間3日
(セットで開講)8月第1~4週の月~水、木~土
教育相談・生徒指導の理論と方法6時間2日
(セットで開講)11月第1~4週の土・日
**************************************
よければ、ぽちとワンクリックを。
どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-07-07 05:27 | 教師 | Trackback | Comments(0)

教員免許更新制1

来年度4月から、教員免許更新制がいよいよ導入される。

現職教員は、修了確認期限までに更新講習の修了・更新手続き申請をしなければ
免許状は失効する  そうである。

運転免許について苦い思い出があるので、教員免許については
しっかりと把握しておこう。

免許更新の基本的なポイントは4つ。
1 目的
  ・その時々で教員として必要な最新の知識技能を身につけること。
2 有効期限
  ・新免許状(平成21年4月1日以降に授与されるもの)には、
   10年間の有効期限が付されること。
3 更新講習
  ・2年間で30時間以上の免許状更新講習の受講・修了が必要となること。
4 旧免許状取得者
  ・平成21年3月31日以前に免許を取得した者にも更新制の基本的枠組みを
   適用すること。

つまり私たちも更新を受けねばならない。(4から)

受講対象者は8つの観点で分けて述べてある。その中で更新講習受講義務者は、次の3つに該当する者。
①現職教員(校長・副校長・教頭を含む。ただし、指導改善研修者はのぞく)
③教育長・指導主事・社会教育主事・その他教育委員会において学校教育または
 社会教育に関する指導を行う者。
④③に準ずる者として免許管理者が定める者。

何だ、ほとんどみな受けなくては行けないじゃないか、と思いきや
次の項目がある。

免許状更新講習を受講せずに免許管理者に申請を行うことによって免許状を
更新できる者もいる!(免除対象者)

それはー

 ①校長・副校長・教頭・主幹教諭・指導教諭・
 ②教育長・指導主事・社会教育主事・その他教育委員会において学校教育または
  社会教育に関する指導を行う者
 ③免許状更新の講習の講師
 ④優秀教員表彰者

なんだ、管理職は受講しなくていいのか〜でも自分には無理なことなので・・・
教育長以下・・・は、さらに無関係な世界で・・・
免許状更新講習の講師ってどうやってなるのだろう〜たぶんこれも考えるだけ無駄
優秀・・・ではないので、 
結局、講習をさけることを考えず前向きに受けることを考えましょう

ここで思い出すのが、昨日の大分の事件。
県教委惨事や小学校管理職が贈収賄容疑で逮捕されるようなことがあったから
には、ひょっとして、いずれ免除もなくなってしまうのでは?と
いらぬ心配まで。

う〜む「子どものアート」とはほど遠い話題だったが、ちょっとこの件については
続きも予定している。

よければ、ぽちとワンクリックを。
どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-07-06 06:46 | 教師 | Trackback | Comments(5)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

「わからない」が言える子どもに
at 2017-05-24 22:47
伝統ある八千代座を訪ねる
at 2017-05-07 04:59
国語辞典の付箋紙活用モデル
at 2017-05-06 10:19
学級目標づくり
at 2017-05-04 23:09
新学期2日目の朝の指導「挨拶」
at 2017-04-30 03:48

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧