カテゴリ:外国語授業( 11 )

ABCの歌LMNOP

外国語活動の授業が高学年に導入されて数年経つが、小学校ではHifriendsを中心とした授業やALTとのTTによる授業を行ってきた。その中では「ABCの歌」を扱うことはほとんどなかったのだが、中学校の先生から「ABCの歌も知らない」と言われて、戸惑う小学校の担任も多かった・・・ある小学校での話。

さて、我が校では今年から全学年で、1単位時間(45分)の授業時間以外のモジュールの特設の時間(15分=週3回、様々な学習に活用)に、月3回英語タイムを導入した。その中でとにかくまずは英語の基本である「アルファベットに慣れよう」ってわけで、「ABCの歌」のCDをどの学年も聴きながら、歌うことにした。

私などは古い人間で、数十年前、自分がこどもの頃耳にしていた「ABCの歌」を思い出して歌おうとするのだが、実はこれが今は違う。私たちが「LMN〜」と1文字1文字ハッキり発音していたこの音の部分が、「LMNOP~」と早口になる。実はこれ、今は、というより、もともと英語ではこのように発音する。本場の言い方なのだ。

今の子供の中にはそれをちゃんと知っている子供も多いし、曲に合わせて、すぐにそう歌える。慣れないのは昔のリズムが染み付いている担任だけである。ちなみにアルファベット最後の部分を、同じリスムで「WXYZ〜」と歌っていたのも、本場は「WX Y&Z〜」というリズムで歌う。外国語タイムの導入のたびに、子供と一緒に歌ってたら、最近ようやく私もこのリズムに慣れたようである。

私たちが歌うのはオール英語だが、このリンクされた映像は、日本語の







[PR]
by saibikan | 2017-10-14 05:24 | 外国語授業 | Trackback | Comments(0)

新外国語教育の年間計画・活動例

小学校の新たな外国語教育における補助教材の検証及び新教材の開発に関する検討委員会における議論を踏まえ、平成29年9月8日付で、文科省HPに
が、掲載された。

そこには、年間指導計画例・活動例が、本年7月時点での作成段階ということで公表されている(今後も改訂、更新されていくだろう)学習指導案例についてはこれからということである。正式には、2020年(平成32年)である。

例えば3年生が外国語活動をする場合。年間指導計画と活動例は、現段階では、こうなるという計画である。(画像)この画像では粗く見えづらいので、上のリンクからHPに入って、詳しくみると良い。

年間35時間。年間指導計画にはHi friends(現在の5、6年生の外国語活動の教科書)との関連ということが備考欄に書いてある。今の5年生が行なっていることが下りてくる形になる。
4年生は今の6年生の内容に。
c0052304_05064183.png

c0052304_05052170.png


[PR]
by saibikan | 2017-10-12 05:17 | 外国語授業 | Trackback | Comments(0)

移行期間の外国語授業時数

移行期の外国語活動がどうなるのか。

3、4年生でも15時間実施すること、5、6年生でも現段階以上の50時間実施すること
その15時間は総合的な学習の時間から持ってきて良いことが、
学校教育法施行規則の一部を改正する省令(文科省29号)として定められた。

以下、文科省のサイトの、新学習指導要領(平成29年3月公示) > 移行措置関連資料の中の
「学校教育法施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令 (PDF:68KB) PDF」から引用。(ほぼ全文)

*****************

○文部科学省令第二十九号 学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第三十三条及び第四十九条の七の規定に基づき、学校教育法施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令を次のように定める。 平成二十九年七月七日 文部科学大臣 松野 博一

学校教育法施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令
学校教育法施行規則の一部を改正する省令(平成二十九年文部科学省令第二十号)の一部を次のように改正する。
附則に次のただし書を加える。
ただし、次項及び附則第三項の規定は平成三十年四月一日から施行する。 附則を附則第一項とし、附則に次の二項を加える。

2  平成三十年四月一日から平成三十二年三月三十一日までの間、小学校の各学年における外国語活動の授 業時数及び総授業時数は、学校教育法施行規則別表第一の規定にかかわらず、附則別表第一に定める外国 語活動の授業時数及び総授業時数を標準とする。ただし、同表に定める外国語活動の授業時数の授業の実施のために特に必要がある場合には、総合的な学習の時間の授業時数及び総授業時数から十五を超えない 範囲内の授業時数を減じることができることとする。

3  平成三十年四月一日から平成三十二年三月三十一日までの間、中学校連携型小学校、義務教育学校の前 期課程及び中学校併設型小学校の各学年における外国語活動の授業時数及び総授業時数は、学校教育法施 行規則別表第二の二の規定にかかわらず、附則別表第二に定める外国語活動の授業時数及び総授業時数を 標準とする。ただし、同表に定める外国語活動の授業時数の授業の実施のために特に必要がある場合には 、総合的な学習の時間の授業時数及び総授業時数から十五を超えない範囲内の授業時数を減じることがで きることとする。

附則 この省令は、公布の日から施行する。附則別表第一(附則第二項関係)・・・・・・・(の後は、表となるので、この後、画像で)
c0052304_05304571.jpg
 ***********************

表は、実際は2ページにわたっているところを、見やすいように私がくっつけた。

また、ある地域や学校では来年度から先行実施としてスタートする。
つまり3・4年35時間、5・6年70時間。
それは同日に出された、以下のことから来ているのだろう。

*平成30年4月1日から平成32年3月31日までの間における小学校学習指導要領の特例を定める件(小学校特例告示)
その中の外国語活動に関する文章を抜粋引用する。

***********************

12 外国語活動

(1) 学校教育法施行規則の一部を改正する省令(平成29年文部科学省令第20号)
(12(2)において「改正省令」という。)附則第2項及び第3項の規定による平成30年度及び平成31年度の第3学年及び第4学年の外国語活動の指導に 当たっては,新小学校学習指導要領第4章の規定の全部又は一部によるものとし,新小学校学習指導要領第4章第2の2〔第3学年及び第4学年〕〔知 識及び技能〕(1)イ(ア)及び2〔第3学年及び第4学年〕(3)1に規定する事 項は必ず指導するものとする。

(2) 改正省令附則第2項及び第3項の規定による平成30年度及び平成31年度の 第5学年及び第6学年の外国語活動の指導に当たっては,現行小学校学習指 導要領第4章に規定する事項に,新小学校学習指導要領第2章第10節第2の 全部又は一部を加えて指導するものとし,新小学校学習指導要領第2章第10 節第2の英語2〔第5学年及び第6学年〕のうち,〔知識及び技能〕(1)ア, イ(ア),エ(ア)e及びf,エ(イ)並びに(3)1イ及びオに規定する事項は必ず指導 するものとする。

*************************


[PR]
by saibikan | 2017-10-10 05:44 | 外国語授業 | Trackback | Comments(0)

16年前の英語活動提案授業

英語教育がいよいよ本格的に開始される時代が迫ってきた。
私と同世代の教員は、「やがて引退するから」「今さら関係ねえ」みたいな発言も多い。
でも世の中は間違いなくグローバル化していく。
自分たちには関係なく、未来の子供達には必須な領域となってくるだろう。
ただし学校教育でいつどうやってどのように扱うかは、これからの国の方向性と現場の状況と重ね合わせて考えていってほしい。
学校教育では英語以外にもすることはあるからね。うまく他教科と共存する必要はある。

ところで、私が英語活動の授業と出会ったのは、16年前にさかのぼる。
当時、学校には「総合的な学習の時間」が導入され「課題探究型」が主だったが、研究者の間には情報教育や外国語の学習の必要性を唱える方もおり、混沌としたスタートだったと思う。私は当時研究主任で総合的な学習の時間担当。自分なりに学習指導要領などから学んで学校の指導計画を立てた。
その時、英語教育の推進派だった教頭先生が、研修の一環として英語活動を入れましょう、とおっしゃった。私は当時の総合では「国際理解教育」は、領域的なひとつではあるが、英語と特化するのはどうだろう?と意見した。せめて「外国語会話」という内容ならなくもない、と。しかし教頭先生は「いずれ学校現場にも英語は入る」「先進校としてやっている学校もある」と主張され、カリキュラムというより、とりあえず研修で取り上げる、というところで着地点となった。

それで、授業をやってみるとどんなものかがわかる、ということで先進校の指導案をもとになぜか私が、英語の授業をすることになった。教頭先生がおっしゃったのは、
「これまでの授業とは手法が異なる。最初は、1/2時間(約20分)の活動で十分」
ということであったが、まあ自分なりに工夫をしていい、ということで、私が流れを考えた。
それが「colors」という授業。
「色を英語で言いながら、楽しく相手とコミュニケーションを図る」
ことが目標。

教員になって初の英語の授業が提案授業まるでまな板の上の鯉。
でも遊びココロで、自分が持ってた様々なカラーのシャツを重ね着して「レッド!」1枚脱いだら「イエロー!」次は「ブルー!」なんて導入をしたバカ受け。あとは真面目にカードを使って発音したり、グループでゲームをしたりした。子どもたちがとっても楽しんだのを覚えている。

写真を見ていたら、そんなこともあったな、と懐かしくなった。さすがにかなり昔のもので、写真のサイズが異様に小さいので、まとめて実践記録の1枚として蘇らせた。
この時の子ども達はすでに26歳。英語を使って仕事をしている者もいるかもしれない。
c0052304_08235916.jpg





[PR]
by saibikan | 2017-10-09 08:25 | 外国語授業 | Trackback | Comments(0)

外国語活動はどう変わるか

今回の学習指導要領改訂で目玉となる外国語活動(英語教育)。どう変わるのか。
夏休み明けの教育課程復講での教育委委員会からの資料、文科省からの資料、9月初旬に来られた文科省直山木綿子教科調査官の話から学ぶ機会があった。
ここでは主に、復講資料をもとにまとめていく。


資料の中に「外国語活動」と「英語教育」の二つの言葉が入り混じる。

平成32年度から、高学年(5、6年生)は「外国語」という教科に変わり、3、4年生(中学年)は「外国語活動」という活動となる。それぞれのねらいは、以下。
中学年:コミュニケーションを図る素地と資質・能力の育成。活動型。年間35時間。
高学年:コミュニケーションを図る基礎となる資質・能力の育成。教科型。年間70時間。
 (初歩的な英語の運用能力の育成)
「このように英語教育」は変わる」と外国語・外国語活動のことを「英語教育」という言葉でくくっている。いずれ、英語と呼び名も変わるのだろう。

目標の中に「知識及び技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」の3つの視点から具体的目標が述べられている(中学年・高学年とも)のは、他の教科と同じ。特に高学年に、「大文字、小文字を活字体で書く」「語順を意識しながら・・・基本的な表現を書き写す」「自分お琴や身近で簡単な事柄について、例文を参考に・・・書く」などをできるようにする、となっている。

内容の中に「アルファベットの読み方と別に音があること」「日本語と英語の語順の違いー文構造への気づき」が新しく入っている。
前者は、Aは「エー」という読み方をするがappleでは「アップル」というようなことか・・・読み自体を日本語で表記はしないのでこれはあくまで私の見解。資料からそう推察できる。直山さんも、確かそう言っていた。

また、中学年、高学年、そして小学校から中学校への系統性、国語科との連携、個々の教師の英語力の強化を学校として取り組む、などが述べられている。うーむ、私などは英語力がないので、そこが最も「強化されるべき」ところなのだろう。「外国語活動の指導力」は、この数年間教材などを使って、自分なりに学んできたつもりだが、それだけではダメということか。「英語力」なんだから。

そして英語教育の改革スケジュールとして
平成29年度(本年度)中に、新教材作成、教科書作成が行われ、
平成30年度教科書検定、31年度教科書採択、32年度教科書配布となる。
新教材の方は30・31年度に配布し、次期学習指導要領に対応する。
移行期に該当学年に学ばせる必要があることがあるからだろう。
そして、30年度から、新教材を使用し、次期学習指導要領を段階的に先行実施して良いことになっている。実は私の勤める小学校のある本市では、すべての小学校で30年度から先行実施である。だからそろそろ準備を始めていかなくてはならない。

c0052304_03125840.png


[PR]
by saibikan | 2017-10-03 03:17 | 外国語授業 | Trackback | Comments(0)

目で見るチャンツ

5年外国語活動 Lesson7

以前1度チャンツをやってみた。
子どもたちは歌ってはいるんだが・・・
表情がなく、バラバラのタイミング。当然声も小さくー

聞けばあまりチャンツはやっていないと。

そういえば、ALTが来たとき何度か授業参観したが
彼はあまりCD(音楽)を使わない。担任も
あまりやらないなあ、と。

私は英語ノートにあるリズミカルなチャンツをさせたが
今イチ、ノリが悪かったのは、そういうことか。
「音楽があればリラックスはできるから、ちょっと
取り入れてみたいんだが」というと

担任談話
「ちょっとスピードが早いのは苦手なようで、
 スローなチャンツのCDもあります。これで練習させるとどうでしょう」
「ここで〜というとか、カードかなんかで示せば・・・」

ならば、というわけで、
CDのスローなチャンツの曲にカードの画像を組み合わせて
手づくり動画チャンツをつくった。

スローなのでノリノリにはならないが、
どこで「What's this?」と発するかなどはよくわかったよう。

試しに目で見る手作りチャンツ
うまく息は合って来た。
それに「先生,もっと早い方がいい」等という子どもが出て来て、
研究授業本番でも「スロー」のあとに「リズミカル」なDVDのチャンツを流したら
結構、調子良く「「What's this? What's this?」と歌ってた。

授業が終わってからも、口ずさんでいた子がいました、と参観者から。
[PR]
by saibikan | 2010-02-17 06:44 | 外国語授業 | Trackback | Comments(2)

初めての外国語活動の授業

外国語活動の研修のため、研究授業をした。
授業者は私である。昨日のこと。

え?^^ー?という方もいるだろう、だって私は担任ではないから・・
それに英語専門でもない。

c0052304_6293886.jpg本校では既に5、6年では35時間の外国語活動を実施している。
しかし、学校全体ではまだ外国語活動の授業についての理解は少ないし、ましてや例に漏れず、自分ではやりたくないなあ=できないなあ、という声も多い。

全ての担任に外国語活動について理解してもらうことや誰が5、6年担任になってもあわてないように、研究部ではこれまで何度か外国語研修の機会を設けて来た。

今回は、授業を通しての研修。

本校校内研究では、毎年全員がいろいろな教科の研究授業を1回は行う。
どの先生も熱心に取り組まれ、いい勉強になる。
私は、これまで数年間、本校では総合・図工・道徳の授業をした。
今年度は特にいつ何をしたいという希望はなかったので、
皆さんが希望したあまりの時期に、できることでいいですよ、と言っていた。
当然、専科なので図工しかないだろう、とタカをくくっていたのだが、

「saibikan先生が外国語をやってみませんか?」とあるところから声がー

は?



?から数ヶ月、途中の経緯は省くこととして
外国語活動の教材研究をしている私がいた。
最初は冗談かと思っていたが、
いつのまにやら本格的に
研究授業をすることになってしまった(汗汗)。
担任でない私がなぜ授業を?という声もあったが
まあ、皆さんのためにやってみようと腹をくくった。
普段やってないものがやってみるのもいいだろう。

とはいっても、今年から本格的に始まった外国語活動の授業は
当然したことがない。
(総合での英語活動は、経験有りだが)

5、6年生担任の協力で、3学期に授業を始めた。
といっても、自分が主導となって授業をしてみたのはごく最近で、
1月にTTで1回、2月に単独で2回
担任に見てもらいアドバイスを受けたぐらい。

4回目の授業が研究授業とは、オソロシや〜
まるで教育実習生みたいなもんである。
まな板の上の鯉。

この年になって今更・・・と自分自身の中でも問いはあったが
それを支えてくれたのは以下の点であった。
1 新たなことに挑戦することの大切さをモットーにしてきた自分
2 情報研の仲間に外国語活動の実践家が何人もいていい実践を聞いて来たこと
3 協力的で前向きな本校職員

授業をしたのは
5年英語ノートLesson7 クイズ大会をしよう(2時間目)である。

詳細は後ほど。(つづく)

c0052304_6245884.jpg

[PR]
by saibikan | 2010-02-16 06:33 | 外国語授業 | Trackback | Comments(2)

lesson4自己紹介をしよう

外国語活動は基本的に週1回。
9月から固定ALTにシステム変更。
ただしALT来校は月1〜2回。
授業の主導は、すべて担任である。

5年 外国語活動 lesson4 自己紹介をしよう(4時間扱い)には、
ある理由により、私も授業に参加している。

Lesson 4   自己紹介をしよう

1時 自己紹介。その後Do you like 〜? Yes, No・・
    Do you like ~? I like 〜 をALTが絵カードを使いながら発音。
    Yes, I do./No, I don't. の答え方。
    真似をしたり、げームをしたりしながら慣れる。

2時 自分の好きなもの、きらいなものを学習シートに絵で描き言ってみる。
    担任と私のTT。英語で何と言うのかな?担任から振られて、
    私や子どもたちで予想したり,調べたり。
    キーワードゲームをしたりもする。
    
3時 2度目のALT来校。My name is ~. I like~
    前時に描いているシートを使って、ALTと担任や私が対話。
    子ども同士で、席を立って、自己紹介。全員でのゲームも再び。
    ラストは子ども代表とALTで。
 
c0052304_11372269.jpg


来週が 
4時 自己紹介発表会である。
    全員が全員の前で発表する。せっかくなのでビデオに撮っておこう。

*ちなみに下記に、英語ノートカリキュラム構成案がある。
 仮称と書いてあるので、少し前につくられたものであろう。
      ⇩
5,6年英語ノート構成案lesson1~9


よく考えると,似たような事例を、2年前に総合の時間にやったなあ。
アートマイルの交流国に送る為に。3時間ぐらいで実施したっけ。
図工の時間と関連させながら。
     ⇩
インドネシアとの交流に向かって

ただし、前も言ったが,私は英語はうまく話せない。常に子ども達と一緒に学んでいる感じである。

*久々に更新しました。9月初めはやはり体がきついようです。ようやく迎えた5連休。ちょうどいい具合です。休養、気分転換に日帰り旅行、墓参り、たまっている仕事の整理。いろいろできそうです。あ,また、ブログもぼちぼち更新していこうと思います。
[PR]
by saibikan | 2009-09-19 11:49 | 外国語授業 | Trackback | Comments(0)

新しいALTと一緒に

2学期になって、ようやく 固定ALTになった。
これまでは、月1〜2回の外国語活動の時やってくるALTは
毎回異なっていた。そのたびにコミュニケーションを図り、
授業内容を打ち合わせて・・・と担任や担当者は大変だった。
子どもに対する授業も自己紹介が半分を占めてしまう。

しかし今回、強い要望がやっと通ったのか。
アメリカからやってきているK先生が、本校の担当に。
ありがたいことである。
初めて本校に来た青年だが、真面目でコミュニケーションを
しっかりとろうとする。

高学年の総合は、これまで週3時間だった。本年度,本校では
そのうちの周1時間を外国語活動に移行した。つまり35時間外国語。
ただしALTが来るのはその半分程度。残りはHRTによる外国語である。
私は、これまで高学年総合にTTとして入ってきたことと
今年は国際教育担当でもあることから、HRTではないが、
本年度は外国語活動のお手伝いもちょっぴりすることになっている。

担任も私も英語に関しては堪能ではないが、新たな学習について
一緒に学んでいる。特に5年生の授業の中で。

1週めは、ALTの自己紹介と、担任の計画による「Do you like~?」を中心にした学習。
私は、どちらかといえば子どもの側にいながら一緒に学んでいる感じ。
ただし時々は二人の会話に参入した。
c0052304_22105069.jpg
2週めは、担任と私で、和英辞書を片手に「Do you like~?」
「Yes I do. I like~」を楽しく学習した。担任が主となって
私がTTでお手伝いと言った感じか。
子どもたちもなかなか楽しい雰囲気で学習した。カードのあとは学習シート。
自分の好きなものや嫌いなものを絵に描くので、その絵を見ながら私は、
自分が分からない単語をすばやく辞書で引く。

ある子が大きく叫ぶ。
「ごきぶりって英語って何だっけ?」
私が答えようとすると他のある子どもが答える。
「コックローチ!」
担任が
「へえ、あんたよく知ってるねえ!」
と、その子をほめまくる。しかしとぼけて
「ほんとにそういうの?」
私に向かってたずねるので、私は親指を立ててGood!
思わずクラスが笑い。

まあまあ楽しいものです。

そして先日金曜日、職員の2学期スタート会を行った。
ALTのK先生も交えての楽しい会となった。
なかなか箸を上手に使うYoungAmericanであった。

お店もなかなかいい雰囲気で,おいしかったです。

c0052304_2284193.jpg

[PR]
by saibikan | 2009-09-13 22:12 | 外国語授業 | Trackback | Comments(0)

英語活動の必要性と校内研修

英語教育に時間を割くよりも、国語(日本語)教育をもっとやるべきである
という考え方を時々耳にする。
私は基本的には、子どもたちには生きた英語の学習があっていいと思う。
英語の学習が何歳から必要かという事に対しては、明確なものをもってはいないが、
少なくとも、自分が中学校時代に受けたような公立中学校での英語の授業より
今の時代の小学校で行われている英語活動の方が役に立つと思う。
c0052304_233415.jpg

昨日、校内研修で外国語活動(英語活動)の研修会が実施された。
移行期である今年から、小学校5、6年生で外国語活動が導入された事による。
学校の事情に合わせていいのだが、本校は思い切って完全実施の35時間を
教育課程の中に据えた。

ALTが来るのは約20時間だから、半分近くは担任だけでする事になる。
だからどうしていくか、実に切実な問題である。
ちなみに本校の高学年担任はすでに、ALTなしの英語活動の授業も
実践し始めている。たいしたものだと感心して見ている。
いずれも専門的に勉強されたわけではない。

ただし来年度は、誰が高学年をするか分からない。だからこそ全員に、
自分の課題としてとらえてほしいのである。

その為の校内研修。外部講師をお迎えした。
今や、市内では、いや県内でも外国語活動教育の第一人者である上先生。
この夏に他に5校ほど講師として行かれるそうだが、本校にも快く
足を運んでくださった。

c0052304_237271.jpg
内容はさすが上先生であった。
学習指導要領の要点と、私たちがきちんとと押さえるべき事の指導。
模擬授業形式で、私たちを児童に見立て、分かりやすく学習方法を教授してくださった。特に英語ノートの活用の工夫は、すぐ使えそうな内容だった。
さらに教材の作り方や活用方法、評価のあり方、他教科との関連等多くの事が役に立った。

最後には本校で一月に校内研究の授業として行われる英語活動について
予定授業者が大まかな構成と課題を述べ、それを職員全体で協議した
わけだが、そこでもしっかりとよき助言をしてくださった。

今後の英語活動が楽しみになったと言える。

ちなみに上先生は、以前から情報教育研究会の仲間でもある。
いろいろ学びたい。
[PR]
by saibikan | 2009-07-28 23:08 | 外国語授業 | Trackback | Comments(4)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

音を感じて5「モスクワの広場」
at 2017-11-16 06:53
音を感じて4「漣」の鑑賞
at 2017-11-14 05:40
「情報モラルの授業」のバイブル
at 2017-11-12 20:15
音を感じて3「華々」の鑑賞
at 2017-11-12 06:59
音を感じて2 華々
at 2017-11-11 06:44

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧