カテゴリ:4年図工授業( 201 )

手作りコロコロガーレ4構想

2時 自分のアイデアを生み出し、図や言葉にする

ワークシートを配り

「ここにアイデア書いてみよう。上手に書けなくてもいい。形や動きがわかるように。」
「材料は自分で持ってきていいよ。先生からは基本となる工作用紙をあげます。材料なども書き加えてみよう。」
「1時間目に見た動画や、教科書を参考にして。」

とじっくりアイデアを生みだす1時間。

「先生、あの動画また見せて!」
「見たい?」
「見たい見たい!」

というわけで参考動画をまた見せた。
そして途中も時々流しておいた。
だからかなり影響は受けたが、それぞれ自分なりのアイデアを書いていた。

一人一人の意欲と発想・構想が見えてきた。
子供なりによく考えている。
見取り図的に描ける子どもも数名いた。

途中で、自由に歩いて伝え合う、アイデア紹介タイムもとった。

振り返りも言葉で書かせると、何を感じていたかもわかった。
指導者側としても、さらに楽しい時間である。
発想・構想の時間であっても、教師は動き回ることだ。

c0052304_06304274.jpg

[PR]
by saibikan | 2015-06-19 06:31 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

手作りコロコロガーレ3試作

1時 試しの制作

4人グループに1枚の工作用紙
そこには
 一辺10cm四方の正方形+2cmの枠付きの図が2個。(底面)
 幅 4cmで高さ15cmほどの長方形で真ん中におり目線入れの図が4個。(柱)
事前に私が書いておいた。

基本的な立体図形の作り方を教え、共同で作らせる。

指導したことは
 折り目の入れ方。(ハサミの先やカッターでキズをつける)
 定規を当てて折り曲げる。
 山折り、谷折りの意味。
 ボンドのつけ方。
 接着したところの止め方(クリップや洗濯バサミ)

ハサミの使い方も指導したほうがよかったな。
本来は低学年で指導しておくことだろう。

一人でなく共同でやって見たことで
・切るところを分担してできた。
・得意な子が「こうやるんだよ。」と言って教え合いがあった。
それでも
・実際に作業してないところの理解が不十分な子どももいた。
ので、次に制作する時個別指導が必要になる。
しかし、すべて教師がすべての個に対応するより良い。

またここでぼんやりと分かって、実際に作る時
「どうすればいい?」
と課題が自ら沸き起こるほうが身になる。

2人だと、どちらもうまくできなかったり仲が悪かったりする時進まない。
3〜4人だと苦手な部分は見て覚える、という面もある。
共同での試作もなかなかいいなと思った。
c0052304_05381769.jpg
c0052304_05383195.jpg

ビー玉を準備するとさらによかったのだろうが、そこは見通し不足。

そして2時にアイデアを頭の仲から噴出させ
計画を立てることになる。


[PR]
by saibikan | 2015-06-18 05:41 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

手作りコロコロガーレ2参考

1時  デジタルテレビで・・・

参考作品は実物がいい。
しかしどうしても時間がない時は、教科書やテレビでの写真となる。
だから記録を撮っておく。

今回もどうしても時間がなかった。
そこで教科書を開いて見せたが、もうひとつ活用した。
私が以前撮って編集しておいた、授業の中での作品を説明している動画である。

それも作品を見せるというより、「思考・表現の過程」を参考にするため見せた。
参考作品ならぬ、参考「思考・表現」か。
制作初期・中期・後期・完成型の4つの段階の記録をつなげた。
制作過程において、試しながらの思考するところを見せるための映像。
5年前の前任校での実践。これを今回の授業で見せている。

ちなみに映像を公開はしていないので、ここでは写真のみ。
子どもが制作途中で、私に説明しながら、次はどう作ろうかと考えている声が続く。
周囲からそれを楽しく見ている子どもたちのつぶやきが、時折混じる。

子供達は、何度も何度も見たがった。4分近くある。
c0052304_06270517.jpg
c0052304_06272246.jpg
c0052304_06272788.jpg
c0052304_06273306.jpg

[PR]
by saibikan | 2015-06-17 06:32 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

手作りコロコロガーレ1計画

4年図工 コロコロガーレ

この題材に出会うのは4年ぶり。
その時は今の学校に来たばかりで余裕がなく、2クラスでもあったのでセットもので行った。今回は手作りで。

5年前に工作用紙を活用してやった方法を参考に。しかも材料集めも入れてみる。この方が一人一人の意欲が高まり、発想が膨らむから。ここが新たな挑戦。

流れとしては以下の計画。

1時
 ・ 動画で制作過程や作品を見る。
 ・ 試しに紙で型を作る。
2時
 ・ 自分で作りたいものを考える 

    ↓(材料集め)
3〜6時
 ・材料をもとに作る

7時
 ・作品を使って遊ぶ(鑑賞)
 ・振り返り
目標
 1 ビー玉が転がり落ちるゲームを厚紙を使って楽しくつくる。(関心意欲)
 2 転がったり落ちたりするおもしろい仕組みを考えながら工夫してゲームをつくる。
                        (発想構想)
 3 作品の特徴や工夫した点を確かめ合ったり,友だち同士で作品を使って楽しく遊ぶ。
                        (鑑賞)

評価規準

 関心意欲 厚紙や自分で集めた材料を使った迷路ゲームを意欲的につくり、
      友だちと関わってゲームで楽しく遊んでいる。
 発想構想 つくりたいゲームを構想し、厚紙や材料を使ってつくりながら
      楽しくなる仕組みを考えている。
 表現   厚紙や自分で集めた材料を使った基本的なつくり方や接着を理解し、
      自分なりに工夫をしてゲームをつくっている。
 鑑賞   ゲームで遊んだりゲームを見たりしながら、
      作品の特徴やよさに気づいている。

資料・準備物
   教科書、参考作品や制作過程の動画、デジタルテレビ、PC、
   工作用紙(一人1〜2枚)、クリップ(洗濯バサミ)、はさみ、のり、
   ボンド、カッターナイフ、定規、ビー玉、マジック、絵の具、カラーペン、
   他自分で集めた材料

 *写真は5年前の児童の作品(5年前は一人2枚の工作用紙をもとに制作した)

c0052304_06383625.png


[PR]
by saibikan | 2015-06-16 06:40 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

アートカードゲームの面白さ

アートカードゲームを行った時、すべての児童が参加していた。彼らにとっては、遊び感覚だった。だが間違いなく、何かを学んでいたにちがいない。

実は我がクラスはかなり個性的で、通常の授業では、自分の心のままに動く子どもが何人かいる。場が違うとその人物は入れ替わり、全員が一つのことに集中するのがなかなか難しい。そのたびに指導者は、異なったエネルギーを使わなければなならない。しかも全体が落ち着かなくなると、それを現実に引き戻すことにかなりの労力を必要とする。

ただし、一旦学びのレールに乗った時の勢いはすごい。反応も素早い。我先にと、発言したり動いたりする。恥ずかしがるという要素は少ない。それが彼らの良さである。
今回のアートカードゲームはまさにそういった感じで、彼らの持つエネルギーが学習に集中した。教室中が蜂の巣をつついたような話声や歓声だったが、言葉の内容と心は、間違いなくアートカードの絵に向けられていた。

そしてゲームの中で現れる子どもの行為。その中に、子どもが生み出す図工・美術の楽しさが潜んでいた。
カードをめくっている時、子どもたちはカードの絵をさして「あれ」とか「これ」とか最初言っている。やがて「赤いやつ」「おばさん」とか象徴的な言葉でカードの絵をさすようになる。そして、特定の絵がめくられた時、妙に反応したり、いくつかの絵に題名をつけたりし始めた。

教室の3つのグループは同じカードを使っていた(他の3つのグループは別の種類)。その3つのグループに共通して最も反応していたのは下の絵である。有名な絵だ。
   岸田劉生の「麗子五歳之像」
c0052304_09552434.jpg
子どもたちの心に引っかかったらしい。この絵が出るとやたらと反応した。「こわいよー」という声も。
(でもこれは、他の麗子像と比べると可愛らしい感じだけどな)おそらく暗い色合いと古い雰囲気から、そう感じたのだろう。

そしてある班の子どもたちが「ブラック・エリザベス!」という呼び名をつけていた。日本の絵なのに、英語の女性の名前を!外国人に見えたのだろうか?ブラックは黒い雰囲気だろう。
確かに岸田劉生はこのころ、ドイツの画家デューラーに傾倒し影響を受けていたというから、子どもたちもこの絵の中に、日本的ではない何かを感じ取っていたと言える。

また別の3グループの子どもたちが最も反応していたのは下の絵。そう、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」
c0052304_10133990.jpg
「見たことある絵だ!」「津波の絵」「あ、僕の消しゴムに乗ってる絵だよ。みて、ほら。」などなど。
ある子どもは「葛飾北斎の絵」と。作者名をよく知っているな、と感心した。子どもにとって名画の中では案外身近なのだということを感じた一コマ。

さらに、あるグループは、ゲームが終了したあと、絵を並べてこんなことを言い始めた。
「この絵の人はのこっちの絵を見て、この絵のこの人が指差してるのはこの絵で、こっちにいいものがたくさんありますよ、って言ってる。」
つまり絵同士が繋がる部分を発見し、そこから絵を組み合わせて、ストーリーを作っていたのだ。面白い。
c0052304_10202253.jpg

たかがアートカードゲーム、されどアートカードゲーム。
神経衰弱だけでも、様々な発見があった。


[PR]
by saibikan | 2015-06-14 10:25 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

アートカードゲーム絵合わせ

アートカードを使ったシンプルなゲーム。
「アートカード神経衰弱」(絵合せ)

図工の時間にやってみた。

西尾流のルール。
・2人でチームを作る。
・2チームあるいは3チームが、同じテーブルで対抗戦。(4人か6人で行う)
・1つのテーブルにカードを、20枚(10組)裏返して広げる。
・2人で相談しながらめくって絵が合えばばもらえる。
・絵が合っても、続けてめくれるのは2回まで。

ゲームをしながら、次第に絵をよく見るようになった。
子どもなりの言葉で絵を記憶していた。
チームにしたことでかかわり合いが増幅した。
ルールを確認し合っていたし、新たなルールづくりの必要性も
子どもの中から出てきた。

ただの絵合せだが、子どもにとってとても楽しい活動。
それは子どもの姿を見ていればわかる。

他にもアートカードを使ったゲームはある。
また試してみたい。
c0052304_06193631.jpg

[PR]
by saibikan | 2015-06-13 06:42 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

ねんどのひもから4 ふりかえり

ねんどのひもから終了。
作品票に自分の工夫。
付箋紙で他の作品への評価。
そして時々書かせる200字作文で、お題を「ねんどのひもから」にして書かせてみた。
満足した様子や、楽しかったことがよくわかった。
(作品等の掲載は許可を得ています)
c0052304_06352033.jpg
c0052304_06364798.jpg







[PR]
by saibikan | 2015-06-12 06:37 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

ねんどのひもから3 作品から

ねんどのひもから、遊具・建物など大きなものを想像して作った子どもたちの作品例

4 遊具系
「すべり台が長い公園」
 ひもをねじって、すべり台の上の柵を作っている。
 床を柱で支え、空間を作り倒れないようにすることをがんばったのだろう。
 ちゃんと人が滑っている所が可愛らしい。

c0052304_06103608.jpg



「アスレチックのうらには・・・」
 ひもを掛け合わせてアスレチックの網にしている。
 あみを登って、中に潜っていくと楽しい世界が広がっているのだろう。
 ・・・の部分に、どんな思いが込めているのか聞いてみたい。
c0052304_06055333.jpg
5 建物系
 「ふしぎなバラのお城」
  ひもで巻いたお城のてっぺんに、美しく大きなバラが一輪。
  ていねいに重ねて作ってある。
  トンネルを子ども用と大人用と分けるのは子ども目線かなあ。
c0052304_06093162.jpg


[PR]
by saibikan | 2015-06-11 06:12 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

ねんどのひもから2 作品から

出来上がった作品は様々。
子供の発想と視点そして思いを見取り、楽しもう。
作品名と短いコメントもその手がかり。

ねんどのひもから 図工4年

1 まずは食べ物系から。
「クルクルケーキ」
 全部工夫しているそうです。なるほどね。こどもにとっては全て工夫かも。
 だからよく見なくてはね。上に乗ってるのはイチゴかな?
 実は中が空洞になってるんだ。内側にもいろいろ入っている。

c0052304_05535881.jpg


「マックドナルド」
 ハンバーガーがいかにも本物らしい。
 ひもからの想像は、やはりソフトクリームとリングのフライかな?
 コメントに絵まで入っているのがかわいらしい。
 
c0052304_06041023.jpg

2 自然系
「フルーツたくさんふしぎな木」
 ひもをまいて幹にし、てっぺんに花が咲いている。
 でも主役は幹になっているフルーツなのだろう。
 ていねいにひもをまいて積んでいる様子がよくわかる。
 
c0052304_06071260.jpg
3 楽器系
  ひもから弦が思い浮かんだのだなあ。しかも、琴から音符が
  出ているとはーこの子は作りながらメロディが聞こえているのだろう。
  穴を開けたひもが、裏返すと別の楽器になるというのもおもしろい。
 
c0052304_06133961.jpg
 ただし、てんびんもあり、題名の最後ががテーマパークということから、実は
 大きな楽器を想像しているのかも

今日はここまで。

次回は、4遊具系 5建物系 を紹介しよう。 

[PR]
by saibikan | 2015-06-10 06:18 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

図工4年 ねんどのひもから 1

4年図画工作 粘土 3時間(表現2時間・鑑賞1時間)
油粘土・粘土板・へら・ぞうきん・

ひもから思い浮かぶものをつくろう!立体的に。

塊をとって、粘土板でのばす。そばやさんのように。ひもができる。
これを縦に積んでみよう。
巻きながら。曲げながら。結びながら。切ってみて。
「うんち」「へび」これは低学年なら誰でも思い浮かぶ。
4年生なりのひもから思い浮かぶ何かを。

つくりながらでいいよ。
ひもだけでなくていいよ。
指をうまく使おうね。

塊をとってもんでみる。置いて手のひらで叩いて伸ばす。
拇指球や小指球で。平たくなる。
これを底や壁や屋根のように使える。

ひもと平たい粘土、ひもといろいろな形のかたまり。
いろいろ組み合わせられる。
え?カップのようにしたい?いいんじゃない?
でもいろいろ試してみておもしろいもの作ってね。

へらを出してみる。どう使える?
切る。部分的に伸ばす。もようをつける。

さあ。やってみよう。今日の2時間で作り上げるんだよ。

c0052304_04563572.jpg
一人一人の手の動きを見るだけで楽しい。

[PR]
by saibikan | 2015-06-09 04:58 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

音を感じて5「モスクワの広場」
at 2017-11-16 06:53
音を感じて4「漣」の鑑賞
at 2017-11-14 05:40
「情報モラルの授業」のバイブル
at 2017-11-12 20:15
音を感じて3「華々」の鑑賞
at 2017-11-12 06:59
音を感じて2 華々
at 2017-11-11 06:44

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧