カテゴリ:6年図工授業( 167 )

学校にはどんな顔があるのかな?(いろんな顔パート2)

6年生が見つけてきた顔  の 一部
c0052304_2314468.jpg

肖像権上載せられない顔もありました

さて最後の写真のような「かお」を発見してきた子がいたのはうれしいな~
何も言わなくても、人物以外の顔を発見してくる発想がよし!

そう、一人一人顔はちがう。また、「かお」の表し方、とらえ方も世の中には
いろいろあるんだよ!と美術作品や日常生活からとらえたのでした。

さあ、このあとは表現です。
自分をよく表せるような表現方法を選んで自画像を描くぞ~と描き始め2時間終わったところ。授業参観に何か絵を掲示したいという担任の希望もあり、来週は完成予定。

担任には「バラエティに富んだ顔が制作中です。いろんな顔の自画像があって、中には大人が見たら幼稚じゃ?って思うような自画像もありますけど、それは子ども一人一人が自分を表すのにふさわしい描き方を選んでやってますから~ご心配なく。」といって途中経過の絵をお見せしました。(続く)
[PR]
by saibikan | 2006-05-04 23:35 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(2)

多様な表現に目を向けるため(いろんな顔)

6年図工導入 「思いを広げて」

 * いろんな顔を見つけよう
c0052304_8581484.jpg
教科書見開きページでいろんな顔の美術作品を見る。(日文)
1 小鳥と少女(いわさきちひろ)
2 源氏物語絵巻
3 友だちの作品(12歳児童のお面)
4 おじゃ丸(犬丸りん)
5 兵士傭(中国)
6 マリリンモンロー(アンディ・ウオホール)
7 一休和尚図(墨斎)
8 おさげ紙の少女(アメディオ・モディリアーニ)
9 なるほどくん(石田卓也)
10ドラ・マールの肖像(パブロ・ピカソ)
c0052304_8583878.jpg11セネシオ(パウル・クレー)
12麗子五歳之像(岸田劉生)
13ハトホル女神(エジプト)
14自画像(フィン・セント・ファン・ゴッホ)
15友だちの作品(12歳児童の木版画)
16友だちの作品(3歳児童のにがお絵)
17友だちの作品(アメリカの12歳児童の人物画)
18はにわ(弥生時代)
19人物(ジョアン・ミロー)

これらを鑑賞したあと、デジカメを手に各グループで
「校内でいろんな顔を見つけよう」
と探険。時間があまりなかったので
各グループ5枚以内と限定。(一人で1~2枚という計算)

しかし、これがけっこう見つけるのに時間がかかる。
学校中をぐるぐる回ってたった2枚というグループもあった。

見つけてきた画像を、PCに次々挿入。
本当は子どもたちにプレゼンさせたかったが
時間不足。

これが担任なら、本校独自の「いきいきたいむ」(対話の時間)
を使って、すぐに、互いに紹介させられるのにな~と思いつつ、
次週の、表現の時間にみんなで鑑賞することにした。

(表現に生かしていく授業の様子も後日報告の予定です・・・)
[PR]
by saibikan | 2006-05-03 09:06 | 6年図工授業 | Trackback(1) | Comments(0)

短時間で学習する版画学習の実践

c0052304_184625.jpg年賀状サイズのゴム版画の学習
 所要時間5~6時間で構想から刷り・鑑賞まで実践した事例を簡単にまとめてみた。下記に。今月実践した事例である。
 *彩美館ー短時間で学習するゴム版画の実践
今回は、短時間で仕上げているので、割と自由表現な部分が多い。中にはアニメキャラ的なものもあったようだ。途中も私がいないところでの作成時間もあった。だが、子どもたちは実に楽しかったらしい。終了後のアンケートをとってみたところ、ほぼ100%が3か4の満足度(4段階自己評価)。  右はMYちゃんの作品


作品集
c0052304_0545272.jpg

 なお、この中でも紹介しているが、彫刻刀を使う際は、下記のサイトのコンテンツの動画クリップがお勧めだと思う。クリップは30秒程度。 どこから取り出してもいい。 

  分かりやすい!版画指導のポイント集 ~木版画の「きそ・きほん」と「ウラワザ」~  



 
[PR]
by saibikan | 2005-12-30 01:29 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

■子どもたちのアートワークス(16)

◆ボタン(B)

 熊本県立美術館に「浜田知明版画室」という常設展示室があります。浜田知明さんとは、熊本在住の世界的版画です。展示室には、その浜田さんの作品をいつでも鑑賞できるように、版画や彫刻の作品が順次入れ替えられながら、展示が続けられています。
さて、浜田さんの作品の中に「ボタン(B)」という版画があるのをご存じでしょうか?3人の人物が前を向いて並んでいて、後ろからボタンを押されて次々と前に命令が伝えられる、といったような絵です。核戦争の起こり方が主題になっていると読み取れます。
 この作品は、1988年の広島市現代美術館の開館記念の際に出品された作品です。広島市現代美術館が国内外の作家78名の作家にヒロシマをテーマに作品を依頼しました。浜田さんも依頼された中の一人でした。しかも版画というのに、限定5部ということで要請があったそうです。現在、その中の2点が熊本県立美術館に保管されています。価値ある貴重な収蔵品です。
 私は、その「ボタン(B)」を題材に、図画工作の鑑賞授業を実施しました。対象は、担任する6年生。汗の流れ出る蒸し暑い夏日に行った、わずか1時間だけの授業でした。しかし、それは、「IT活用の鑑賞」「美術館員との連携」「ホンモノとの出会い」という大きな要素がいくつも入った密度の濃い学習だったのです。

*********************************
c0052304_549513.jpg

 プロジェクターからスクリーンに1枚の絵が映し出された。
 「ん?なんだ?」「おもしろい顔してる」「変わった絵だなあ」
 子どもたちはつぶやいた。

映し出された絵が・・・(続きを読む)
[PR]
by saibikan | 2005-10-01 10:29 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

クランクを使った動くおもちゃ 2005年版

動くぞ動くぞ2005年版

今年の6年生の作品 本来なら動画がいいんだけど 
単純なんだけど・・2枚の写真でこの子の気持ちと工夫をつかんでね
c0052304_15214257.jpg
c0052304_152209.jpg


導入で使ったのは以下のデジタルコンテンツ
動画を見せたのでやんす

http://www.nicer.go.jp/itnavi/jirei/ITN41131.html
(文部科学省IT授業実践ナビ 図工編内)

同じコンテンツがここにもあるんだな
webこども美術館表紙の題材~小学校~動き のアイコンをクリック!
[PR]
by saibikan | 2005-08-13 12:51 | 6年図工授業 | Trackback(2) | Comments(2)

ふたつの版画

白黒の切り紙版画  と ステンシルによるカラー版画 

夏祭りポスター用の絵が欲しいからと  地域からお願いがあったので
6年生の子たちが  5年生時の切り紙版画の版を使って
2時間ほどで完成

これはTさんの作品 

c0052304_21143362.jpg
c0052304_2112277.jpg


この手法は5年ぶりにやってみました
[PR]
by saibikan | 2005-07-15 21:12 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(2)

子どもたちのアートワークス10 

日刊中高MM連載】(5月25日配信)

◆動くぞ動くぞ~クランクを使って~

皆さんは、「クランク」をご存じだろうか。折れ曲がった柄・曲軸を指す。回転運動を往復運動に変える、またはその逆を行うための折れ曲がった回転軸のことだ。街角や遊園地などで、音楽に合わせて箱の上で人形が単純に上下運動や回転運動をしてるだけなのに、何となくコミカルに感じるものを見かけられた方もあるだろう。おそらくその中にクランクが使われているものがあるはずだ。
c0052304_115303.jpg そのようなクランクの簡単な仕組みを使って、動くおもちゃを作ろう、という題材がある。 日本文教出版5・6年生下の教科書(16年度版=17年度の6年生は使用)の中の「動くぞ、動くぞ」が、そうだ。
教科書に説明はしてあるが、絵や写真だけではどうしても子どもたちはイメージがつかめない。だから参考作品が必要となる。

 5月に、6年生の図工の授業で、この題材を取り上げることにした。導入日の前日に、スチール針金(18番)と、ペンチ、空のテイッシュペーパー箱、竹ひご・ストロー・はさみ・のり・色画用紙を用意した。そして、放課後に職員室でせっせと見本を作り始めた。
「何作ってるんですか?西尾先生」
 当然のように同僚の先生がのぞきこんでくる。
「さあ、なんでしょうね。」
 適当に答えながら、私は、作り続ける。
「できた。」
 箱の横に出ている針金をくるくる回すと、箱の上の草むらから、うさぎがぴょこぴょこと飛び跳ねるように見えるだけのごく単純なおもちゃである。
「F先生、ちょっと見てくださいよ。ほら。」
 今度は私の方から、同僚の先生方に声をかけて作品を見せた。2年生担任の先生は、作品を見て思わず
「かわいい~、私も欲しい~、子どもたちに見せたら喜ぶだろうな~」
とおっしゃってくださった。そんな~、単純なものなのに・・・でも、お世辞でもそういっていただけるとうれしい。
授業が終わったら、その先生に差し上げることにした。
 
 そして翌日、6年生の図工の「動くぞ動くぞ」の導入の時間。私の作った参考作品を、子どもたちの前に提示する。子どもたちの方からは、緑の草むらからちょっとだけピンクの耳先だけが見えているような仕掛けだ。
「さてさて、この草むらの向こうには、何かが隠れていますよ。」
c0052304_1059879.jpg


そう切り出すと・・・(続きを見る)
[PR]
by saibikan | 2005-06-01 23:34 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

わずかな時間の掃除指導(学級..
at 2017-04-18 04:51
聴く=耳+目と心(学級開き2)
at 2017-04-17 04:33
4年学級開きは今年も折句で(..
at 2017-04-16 04:10
担任が決まってする事 201..
at 2017-04-04 22:03
思い出やお気に入りの場所9 ..
at 2017-01-28 04:55

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧