カテゴリ:図工美術熊本県大会2014( 4 )

九州の図工・美術が繋がった日

なぜか九州大会がない。
以前から図画工作・美術教育研究会のフシギだった。

熊本で全国大会があってからもう8年経つ。
当時の会長が
「いつか九州大会を!」
となんども口を酸っぱくして言っていた。

全国大会は開かれても九州大会の予定はなかった。
やがて少しずつ進み始めた。

そして今年ようやく実現にこぎつけた。
そこには九州各県の会長たちの思いや苦労があったことだろう。
今回はいつの間にか自分も県の総務という立場で関わらざるを得ない状況になった。
でも、自分はたいしたことは何もできていない。
資料集の原稿集めと校正、全体会司会ぐらいのものだ。
あとは会場設営などの裏方。
中枢にいる事務局の先生方の苦労は大きかっただろう。
見えないところで実現に関わった先生の力も。
c0052304_19320859.jpg
周囲はいろいろなことを言う、でもやはり担当者のこれまでの苦労は計りしれない。
何事も初めてのことをするのはそう簡単ではない。
九州各地の図工・美術に関わる多くの人の人がようやくつながりはじめた。
その事実に喜び、関係者の皆さんに感謝したい。

2015年8月11日〜12日。
大会は無事開かれ、盛況だった。
c0052304_19354248.jpg
c0052304_19354784.jpg



[PR]
by saibikan | 2015-08-17 19:34 | 図工美術熊本県大会2014 | Trackback | Comments(0)

九州の図工・美術が繋がった日

なぜか九州大会がない。
それが以前から。図画工作・美術教育研究会のフシギだった。

熊本で全国大会があってからもう8年経つ。
当時の会長が
「いつか九州大会を!」
となんども口を酸っぱくして言っていた。

全国大会は開かれても九州・大会の予定はなかった。

そして今年ようやく実現にこぎつけた。
そこには九州各県の会長たちの思いや苦労があったことだろう。
今回はいつの間にか自分も県の総務という立場で関わらざるを得ない状況になった。
でも、自分はたいしたことは何もできていない。
資料集の原稿集めと校正、全体会司会ぐらいのものだ。
あとは会場設営などの裏方。
中枢にいる事務局の先生方の苦労は大きかっただろう。
c0052304_19320859.jpg
周囲はいろいろなことを言う、でもやはり担当者のこれまでの苦労は計りしれない。
何事も初めてのことをするのはそう簡単ではない。
九州各地の図工・美術に関わる多くの人の人がようやくつながりはじめた。
その事実に喜び、関係者の皆さんに感謝したい。

2015年8月11日〜12日。
大会は無事開かれ、盛況だった。



[PR]
by saibikan | 2015-08-17 19:34 | 図工美術熊本県大会2014 | Trackback | Comments(0)

つなぐ・つながる造形教育

第57回 熊本県図画工作・美術教育研究大会
大会テーマ「つなぐ・つながる造形教育」

今年から県でテーマを設定。しばらくは同じテーマで進める事になった。
「つなぐ・つながる」には多くの意味がある。

県の研究部長からは、
「基本的に作品と自分をつなぐことがある。」
という話があった。

それとともに、「つなぐ・つながる」は多くの意味を含む。
「図工・美術教育を推進する立場である私たちがつながる必要」
がある。まずは主催する市の会員や指導者の連携を強固にしたい。
また県レベルでの連携も大きな目標である。
さらに県大会であっても九州や全国とつながろう。
いやいや場合によっては海外の指導者との連携も。

また今、図工・美術教育を取り巻く課題として
「図工・美術と社会とのつながりを強固にする事」
も叫ばれている。美術館と、アーチストと。
さらに、科学の世界や文学の世界、音楽界、スポーツの世界とも。
いや日常の中にこそ、会社の中でさえ、アートとして様々な形で図工・美術教育は生きているはず。
つまり生きて行く上で、人生の中で、図工・美術の果たすべき大きな役割を我々は自覚し、発信すべきであろう。
そう考えていくと学校の中でも他教科とのつながりや学校生活の中でも意識して図工・美術を推進すべきなのである。

そこで研究大会としての「つなぐ・つながる造形教育」を市図美研としてどう捉えるか、
さらに噛み砕いて考えなくてはならない。研究局より提案した事は
「子どもを中心に据えて考えよう。
 造形教育を通して子どもを、何とどのようにつなげるか。何のためにつなげるか。
 造形活動を通して子どもが、どうつながるのか。どのような姿に育つことをめざすのか。」
である。理論を構築し、ゴールを明確にすることが、まず我々コアメンバーの使命。
c0052304_07140917.jpg


[PR]
by saibikan | 2014-06-22 07:15 | 図工美術熊本県大会2014 | Trackback | Comments(0)

図工・美術の県大会へ向けて

本年度の図美研の県大会は、熊本市大会。
以前は郡市持ち周りで10年に1回ほどだったが、
途中で全国大会が本市で行われたり、県の組織をブロック制に移行したりして、
県大会開催の順番やあり方が変わってきた。

会員(教員)の減少や、組織自体がないあるいは極少人数というところもあり
大会開催についてはかなり差異がある。県大会のために招集されると言う所も。
熊本市とて、会員の人数は他に比べると多くはあるが、高年齢化が著しい。
授業者も役員も年齢があまり変わらないと言う事も多い。
しかも学校でもそれぞれそれなりの役や担当をして多忙である。
それでも役員が皆一生懸命に関わるのは、図画工作・美術教育を愛するが故だろう。

本年度を本市で開催と決まったのもほんの2、3年前で、
準備期間が短く、十分な用意ができていない。
だが、準備委員会が立ち上がり、事務局長のリードで組織として
活動が活発化し始めた。誰かが引っ張って行かなければ、このような
プロジェクトはうまく回らない。私も研究局担当として
できるだけ先を見通していろいろとしなくてはならないが・・・。
優先すべき学校の仕事が膨大でなかなか捗らない。
学校の仕事の合間に図美研の仕事もするが、心身ともに余裕も欲しい。
したがって週一は体を動かし、毎晩泡の出る潤滑油を投入している。
もっと映画を見たり読書もしたいが、その余裕まではあまりないのが残念・・・

県大会は平成26年11月21日(金)。あと半年を切った。

c0052304_11351905.jpg
★ これから時々、県大会に向けての情報を流します。
  ただしここは、あくまで、市研究局担当者の個人ブログです。
  公式なアナウンスは、県図美研のHPにて行われています。




[PR]
by saibikan | 2014-06-21 11:46 | 図工美術熊本県大会2014 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

音を感じて5「モスクワの広場」
at 2017-11-16 06:53
音を感じて4「漣」の鑑賞
at 2017-11-14 05:40
「情報モラルの授業」のバイブル
at 2017-11-12 20:15
音を感じて3「華々」の鑑賞
at 2017-11-12 06:59
音を感じて2 華々
at 2017-11-11 06:44

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧