カテゴリ:ソーラン節( 14 )

ソーラン法被背文字の作り方

背中に貼り付けたマイマークの背文字。
自分の名前からとる漢字1文字。
各自作成して貼り付けました。
c0052304_20592022.jpg


材料・道具
  A4の白い紙、透明のビニル袋をA4サイズに合わせて切ったもの、
  鉛筆、油性マジック、セロテープ、ハサミ、両面テープ
 特別なものはありません。

作り方
  紙に周囲の丸い縁取りを書いたものを印刷して子供に配布
 →それぞれが自分の名前から1文字とってそれを紙に太く鉛筆(マジックでも可)で書く
 →透明のビニル袋をセロハンテープで重ねてマジックでなぞる。
 →ハサミで切り取る。
 →両面テープで法被に貼る。
c0052304_21003128.jpg
c0052304_21003946.jpg

透明のビニル袋が厚手のものとか、切りやすいものとかがよいです。
今回はあつさ0.25mmぐらいだったので、厄介でした。
反ったり切りにくかったり。
そこをきちんと選べば、簡単に作れるでしょう。

[PR]
by saibikan | 2017-06-04 21:01 | ソーラン節 | Trackback | Comments(0)

運動会ソーラン節2017指導7

《本番》

雲ひとつない快晴の日の運動会。
プログラムのラスト3番目。
真夏のような暑さ。
学年で二人ほど熱中症。
しかし予定通り実行。
砂埃の中、精一杯演技。
全力。

終わった瞬間
「素晴らしい!」
本部から掛け声が飛ぶ。
満足げな84人。
元気な挨拶をし、爽やかな表情で退場。
拍手喝采。
c0052304_05391060.png
何も言うことなし。
運動会終了後、教室で「全然緊張せんだった」「練習のようだった」の声が多数。
「それだけこれまで一生懸命やってたってことだよ。」
同僚にビデオを頼んでたら、なぜかモードが変わっていて、シロっぽい。
がーん!
一瞬頭が白くなったが、まあ動きは見えるし、これでもいいか。



[PR]
by saibikan | 2017-06-04 20:42 | ソーラン節 | Trackback | Comments(0)

運動会ソーラン節2017指導6

《指導過程6 法被を着て本番さながらリハーサル》
法被が来たらモチベーションアップ!
1時間 体育館で来て踊る。
 身につけ踊るのを見ると、かっこいい。
 それでも身体表現のかっこ良さがないと決まらない。
 そして、背中にマイマークを作成。
 貼り付けると、「自分の法被」の意識が高まる。

c0052304_20231087.jpg
1時間 外で着て踊る。
 外で法被着て初めての踊り。
 細かいところの押さえ。
 骨折して踊れない子供への役割与え。
 入場から退場まで1連の動きでリハーサル。
 本番2日前。
 屋上から主事の先生が撮影してくれた。
 海の上で踊る子漁師たちの姿が素晴らしい。
c0052304_20231491.jpg
c0052304_20231775.jpg


[PR]
by saibikan | 2017-06-04 20:23 | ソーラン節 | Trackback | Comments(0)

運動会ソーラン節2017指導5

《指導過程5 隊形作りと外での演技》

隊形がある程度決まってきたら、体育館内でその並びや動きで一旦練習し、運動場での活動に移る。


土の上で踊る体感。声が広がる感覚。そして開放感。

素足になって「気持ちいい。」

それとともに動きを活発化させる指導者の声が鳴り響く。運動会練習時になると、運動場で気合を入れるため当然教師の声も大きくなる。私自身もそう。怒ってるように聞こえるかもしれないが、叱ってるのでもなく、子どもたちの気持ちを鼓舞させるためである。

大声を出す時は地声。マイクは使わない。

逆に運動場でマイクを使う時は静かに話す時、伝える時。

基本的にマイクはあまり使わない。

大切なことは集めて近くで顔を見て話す。

その方が伝わる。

運動会3日前。ソーラン2017は、ある程度仕上がった。

c0052304_05513933.png


[PR]
by saibikan | 2017-05-30 05:52 | ソーラン節 | Trackback | Comments(0)

運動会ソーラン節2017指導4

《指導課過程4 リーダー選抜とレベルアップ(6〜7時間目ごろ)》
映像や教師の見本を取り去った時、踊りの質を高めていくために行うこと。
1 ソーランリーダーを決める。
  ソーラン節リーダーは、1番前で踊れることを伝える。互いに踊りを見合う中で踊りのうまい人を推薦したり、教師がピックアップしながら、リーダーを決定する。今回は各クラス4名の計12人。そしてリーダーを先頭に全体の隊形作り。すると学年全体の動きがガラッと変わった。
2 自分たちの映像視聴
  体育館でみんなが踊っているところを撮影。各教室でテレビで視聴。するとリーダーの動きのすごさが前から見られたり、後ろで腰高のために突っ立ている自分がわかったり、細かい動きが確認できたり、各個人の意識が変わり、次の練習へのめあてが持てた。
3 踊り鑑賞
  列ごと、学級ごとなど、いくつかのグループに分けて踊ってもらい必ず鑑賞者をつける。踊り終了後に良かったところを伝えてもらう。伝えられた子は嬉しそうだった。
4 リズムで細かいところの指導
  この辺りの指導までで、踊り方に関して私が怒鳴ることはほとんどない。ここまででも全体的にうまくできない点は前から見てわかるので、その部分を取り上げて、「トントントン、ドドン、ドドン、はっ!」とか「「飛んで構えて右左」など覚えやすいリズム言葉を注入しながら、動きを仕上げていく。
c0052304_05372187.jpg

[PR]
by saibikan | 2017-05-30 05:39 | ソーラン節 | Trackback | Comments(0)

運動会ソーラン節2017指導3

《指導過程3 動きの習得(3時間目以降)》

続きの動きの部分を少しずつやって、映像に合わせて踊っていくだけ。
腰落とし、指先や腕に力を入れることはもちろん常に。
ただし子供が覚えやすくリズム言葉を時々入れて指導する。
1・2・3・4・・・の数を数える場所もだが、
トントントン・・・など。
少しずつ進んでいく。

どんな動きか?
それは、ネット上で探せば、指導用の映像はいろいろあるので自分がやりやすいものを見つけると良いだろう。
ただし僕の「おじさんソーラン」は公開してないので悪しからず。

ちなみに以前、自分の動画投稿サイトに映像を乗っけて、URLを知っているものだけ見られる限定公開として各家庭に教えたことがある。これは家でスマホやタブレットを見ながら練習できると好評であった。練習時間短縮になる。もちろんその時は、期間限定とし、終了したら消してしまうことを忘れない。

さて、今回子ども達に動きを教えながら言っていたことがある。それは
「基本は揃える。力強さが揃う美しさがあるからね。」
「でもその中で思い切って自分を表現するんだよ。だから角度とか多少違ってもいい。全力で表現して。」
である。
ずっと踊り続けは疲れるので時々、半分ずつとか、クラスごととか分けて踊らせ、互いに動きを見る時間も作る。

一通り流れと動きを覚えたら、やがて、映像を取り外す。
そしてしばらくしたら、僕も踊らず見るだけ。
見本がなくなると一旦動きが鈍る。
でもそこでまた、一工夫するのである。
c0052304_05215478.png

[PR]
by saibikan | 2017-05-30 05:22 | ソーラン節 | Trackback | Comments(0)

運動会ソーラン節2017指導2

《指導過程2 見通しと基本動作(2時間目)》

1 小学生向け南中ソーランを映像視聴
①同じ学校の先輩の映像があればそれが最も良い。(なければどこかの小学校の映像を借りる)
②なければ指導者が動きを小学生用にアレンジて踊って見せている映像。(ネット上にも指導用はあるが、やはり自校の該当学年児童に合わせて作った方が良い。)

今回は①がなかったので②。…僕が2年前に前任校で作った映像を、4年生の子ども達には「おじさんが踊るソーラン節」と紹介。

「この前見たソーランのビデオは、動きが激しかったでしょう。今日は小学生用の、おじさんがもう少しゆっくり踊っているソーラン節のビデオを見ましょう」
そう言ってスイッチオン。
現れた画面に思わず笑う。
そりゃそう、でてくるのは僕だから。

曲が流れて真剣な顔でソーランを踊るおじさんを見ながら、子供たちの表情は笑ってるけど、次第に目がクギ付けになっていく。笑いの質が変わっていく。なんだか嬉しい。一生懸命に踊っている気持ちをわかってくれてるらしい。最後のシーンで疲れて倒れこむ姿に思わず、再度爆笑。
終わって不思議と子供から出るのは
「どこで撮ったの?」「いつ撮ったの?」
って言葉。あるいは
「最後は倒れて終わりですか?」
いやそれは、くたびれてそうなっただけで・・・
「先生頑張ったね。上手だね」
という言葉は残念ながらないが、それで良い。

2 最初の動きを一つ一つ学ぶ
⑴腰落としから基本的な構え。
⑵手で波を表す動き。
⑶網をまきあげる仕草と「ソイヤサー」の掛け声。
⑷飛び上がって再び基本的な構え。
⑸網(つな)を引く動作と「どっこいしょどっこいしょ」
⑹網を投げながら「ソーランソーラン」
最初の時間はここまで。無理にたくさんしない。
流れと細かい動きを説明して、して見せて、させてみる。
動きがかっこいいい人をどんどん褒める。

3 「曲入りおじさんソーラン映像」に合わせてやってみる。

(1)~(6)のところだけ、曲入り映像を見ながら子供達は踊る。ステージ上には、パソコン(タブレットでも可)・プロジェクター・スクリーン・スピーカー・マイク。映し出された映像の横で、実際に僕も踊る。左右反対に踊っているので子供には「鏡」というのだが、それでも左右逆に踊る子供もいるので、実物の僕は、時々後ろ向きになって踊ってみせる。
指導するときになると、先輩たちが踊っている映像でなく、一人がカメラに向かって画面一杯で踊っているこのような映像が効果的だ。もちろん完璧に踊れるならば、体一つでいいのだが、僕がいなくても同学年の先生方が指導するにはこのような映像が良い。ちなみに前任校では、昨年度は僕の映像を活用して全校で踊ったと聞いた。
c0052304_05002459.jpg
4 一通り流す。
指導してなくても映像が流れていると、この日にやってないところも、見て踊ろうとする子どもが大半。その姿を見てると面白い。ついていけないけど、なんとかやってみようと必死。
最後は真似して倒れ、ひっくり返るこども続出。
「そこは真似しなくていいの」
と同学年の先生が怒り気味に言うが、僕は笑って済ます。
「今日のところはラストは倒れていいよ」

5 振り返り
「きつかったけど楽しかった」「面白い」「次が楽しみ」
とりあえず2時間で意欲は沸き起こった。


[PR]
by saibikan | 2017-05-30 05:01 | ソーラン節 | Trackback | Comments(0)

運動会ソーラン節2017指導1

運動会表現「ソーラン節」の成功に向けて
今回の該当学年は4年生である。
《指導過程 導入(1時間目)》

1 映像視聴
(1)昔のニシン漁の映像
・海に出る船の様子、網を投げたり巻いたりして漁をする船乗りたち。大量に水揚げされる魚。(1960年頃のエンジンの船で漁に出る映像しかないので、昔はこれが手漕ぎだったと話す)
(2)櫓を漕ぐ船の映像
・一人で手で漕ぐ

2 ソーラン節の動きの中で漁と重なる基本的な動きをしながら、イメージ化
・船を漕ぐところ
・網を投げるところ
・網を引くところ
・魚を取って喜んでいるところ
(体育なのでここに時間を取る)
「水の上を進むには、しっかり漕がなきゃ!どうする?」
「腰に手をつけて。水をしっかりこぐ」
「漁師さんになったつもりで力強く腰を落として網を引こう。ほら綱引きのように」
「あ、いいなあ、腰が低いよ。これは力が入る」
「なんか掛け声をかけてみようか」
「よいしょ。よいしょ」
「お、○○くんいね。」などと言いながら。
とにかく型がどうとか、順番がどうとか、でなくて基本動作をやりながら十分に楽しむ。

3 実際に運動会で踊る「ソーラン節」の視聴
・今回は「南中ソーラン」を踊る若者の激しい動き。
この踊りを見せたら「難しそー」「こんなの踊れないよー」の悲鳴に近い声。しかしこれがのちに達成感や満足感ヘと変わっていく。そのためには怒りまくって、させるだけの指導ではだめである。
「はは、だいじょうぶだよ。これはプロに近いにいちゃんたちだから。今まで小学生も踊れてるから。さ、次から踊りの練習に入るよ。」

4 本時の振り返り
「今日良かったところは?」「学んだことは?」
と感想を言って1時間目終了。

*ちなみに写真は、昨年の6年生が描いた大漁旗である。
 せっかくなので、今回の運動会でも、この旗を活用することにした。
c0052304_04343849.jpg

[PR]
by saibikan | 2017-05-30 04:35 | ソーラン節 | Trackback | Comments(0)

老体に鞭打ってソーラン踊る

今年異動した学校で、ソーラン節を踊ることになった。
その指導を任された。
運動会まで後1ヶ月。

初日。体育館ステージに巨大スクリーンとプロジェクター。80人の子どもはフロアで並ぶ。
まず、イメージ化のために若者が踊るソーラン映像を見せた。子どもたちは、激しい動きと生き生きした表情に食い入る。

次に「ソーランの基本」のみをまずできるようになれ、と言った。
足を開き、そのまま腰を落とし、太ももが床と平行になるように。自然と足が開く。背筋をまっすぐして、片手を突き出し片手は腰。それを10秒間。ただそれだけ。それを何度も繰り返す。当然、自分でも見本をしてみせながら。

そして再び、スクリーンに注目させた。
「次は小学生向けの動き。先ほどの学生さんたちほどは激しくないが、動きは同じ。」
と言って、PC上で動画を再生。ソーランの音が流れ出す。
「あれ?」
ざわめきが起きる。ステージ上にいる人間とスクリーン内の人間が同じだから。子どもたちは、不思議な微笑みを浮かべながら、画面を見ている。1連の動きを見終わってラストのシーンで大きな笑い。

最後に「とにかく真似して1度踊ってみろ。」スクリーンには、子どもと向かい合った指導者の映像。その横に生で踊る人間の後ろ姿。老体に鞭打ち、私は踊った。子どもたちは両方を見ながら、やりやすいほうに視点を向けて踊らせた。できなくていいのだ。この日はああ、こんな踊りかと体感できればいい。実は過去に1度経験したことがある子どもたちだから、その時のソーランと違いにも気付いてもらえたらよかった。
1時間終わって、楽しそうであった。やる気が出たようだった。最初の時間はこれでよい。

実は・・・案の定、踊っている途中で太ももにきた。終了後、太ももがつったが、見抜かれないように堂々として終わった。
c0052304_05520972.jpg

[PR]
by saibikan | 2016-09-10 05:55 | ソーラン節 | Trackback | Comments(0)

久々のソーラン節で腰が・・・

4年ぶりにソーラン節を指導した。
3・4年生の種目だが、第1時は4年生だけの授業。

「どれだけ踊れるかして見せて」
と曲を流して、子どもの動きを見る。

彼らも全体的に
「あれ、どうだったけ?」
「忘れちゃった」
といいつつもポイントとなるところは体にしみついているようだ。

「上手だねえ。さすが。でもね。ソーランは腰をもっと落とさなくちゃ。」
そういって基本の動きをしてみせる。
子どもは目を丸くしてみている。
多分僕がここまでやるとは思わなかったのかー

「先生、腰は大丈夫ですか!?」
なんと、こっちの体の心配をしていた。
優しい子供達なんだな・・でも
「年寄り扱いするんじゃない!」
と返して若々しさをアピール。

そのあとスクリーンで見せながらとにかく1回一緒にソーランを踊った。
はあはあ息がきれる。やっぱりこの踊りはハードだな。
「じゃあもう一回やってみるか。」
腰を落としてPCの映像を再生しようとした時
  ゴリ・・・
「あたたた・・・」
ステージで思わず腰を伸ばした僕を見て、子どもたちが
目をまん丸くして、思わず笑いも。

このときは「大丈夫ですか!?」じゃなくて
(言わんこっちゃない)
の眼差しだった・・・。

でもまあ、筋肉がつった程度、
ギックリ腰の手前ぐらいでやめたので、ちょっと一安心だったがー
やっぱり無理はいけませんや。

(写真は直接本記事とは関係ありません)
c0052304_08123404.jpg


[PR]
by saibikan | 2015-05-09 07:53 | ソーラン節 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

新学習指導要領【小学校社会】..
at 2017-09-07 03:15
新学習指導要領復講始まる
at 2017-09-05 06:31
4年社会科2学期の計画
at 2017-09-04 05:24
4年社会科「ごみ」調べ物語
at 2017-09-03 18:57
23年前の「ごみ」の社会科授業2
at 2017-09-03 07:38

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧