<   2004年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

校内授業研究会(1年国語)

先週あったのに、1週間もたってないのに、また大研。すごいとこだ。まあ見る方は勉強にはなるんだけど・・・。
今日は国語。生活科との関連。いやあ1年生ってかわいいなあ。それに1年生でもあんなに豊かな言葉や感性を持っているんだな、と感心した。新1年生のためにすてきなカルタを・・・という意識を最後まで持っていれば最高の授業だっただろうな。
この前の自分の授業でもそうだけど、「視点」というのがやはりポイントだな、と最近思う。

今日もしょっぱなに質問。
「育てたい力や目標に表れている「話し合う」の1年生の国語の時の子どもの姿として具体的なイメージを教えてください。」
「カルタを選ぶときの子どもなりの視点は何ですか?」

まあ質問した以上はあとで意見を言わなくちゃいけないから考えを述べたけど、少し発言しすぎたかな。もっとみんなが分からないところをたくさん出し合って、意見を出し合えるように
しなくちゃいけないかな。少し反省。
次回は・・・・あ、1月は自分の授業だった!
[PR]
by saibikan | 2004-11-29 19:16 | 国語授業 | Trackback | Comments(0)

校内授業研究会(6年総合)

先週木曜日に6年生で研究授業があった。生活科・総合的な学習部会からの提案。
私たちから未来のまちづくりを提案しようというテーマのもとで、調べて伝える今日は中間発表会。去年研発やって、その2年前もたしかやってて地域との連携でずっと来ているよな。
だから、地域のことを詳しく調べる子どもの追求力はすごいなあと感心した。子どもが、質問したりそれを受け答えするのも十分になれてるな、という感じがした。このあたりは自分のとこじゃ、
まだまだだね。参観教師にも意見を求めたり、経験豊かだな、という気がしたが、あとはもったいなかったのは一部の子だけが発言をしていて進んでいたこと。もうちょっと立ち止まってみんなで話し合う場があってもよかったかな?

研究会で最初に質問したのは2点
「提案は、最終的に、誰に、どのような場で、どのように(発表だけか実践もあるのか)するのか、担任としての見通しを聞かせてほしい」
「思いが伝わったかどうかが評価カードでは分からないような気がするのですが、そこはどうとらえればいいですか?」

あとは時間いっぱい熱の入った話し合いでした。小さい学校だけどよく意見が出ます。でも子どもと同じで一部の人の意見で進んではいけないのでしょうね。
[PR]
by saibikan | 2004-11-29 18:53 | 総合的学習・生活科・地域 | Trackback | Comments(0)

breezeというテレビ会議2004

2004年時は「新」だったのです

25日のことだけど、s研で、breezeという新しいテレビ会議システムを体験した、、、といっても見ただけです。特別なソフトをインストールする必要はなく、ブラウザだけで使えます。ポートの心配もほとんどしなくていいし、LAN接続されたパソコンの他に、USBカメラとヘッドセット(ヘッドフォ ン&マイク)さえあればよい(見るだけなら、その2つも不要)のです。
実は前日送られてきたURLに接続したら、なんとT大のY先生が1人おられて、偶然つながって会話してしまいました。といっても、向こうは音声+映像なんだけど、こちらは文字だけで、いわゆる変速チャットでした。でもまあよかったです。とても簡単ですね。これだったらホント即できそうで。
当日も楽しく見させていただきました。
[PR]
by saibikan | 2004-11-27 23:47 | 情報教育(ICT/情報研/JAET)) | Trackback | Comments(0)

学習発表会をPとTの立場から見るとー

これも旧ブログからの移動記事である << 作成日時 : 2004/11/22 20:13 >>
昨日は学習発表会であった。現任校では初めて。日曜だということもあり、保護者の参観がたいへん多く、椅子は不足していた。そしてどこの学校でも同様だが、低学年の発表が終わると参観者はかなり減っていた。

Pの立場から見ると、まず我が子。自分の子は何か言うだろうか?活躍するだろうか?と言う思いで見ているに違いない。私も人の親だから分かる。ただそう言う時期はすでに遠くなってしまったが。そしてよく1年生のPが言われるのは、「幼稚園の頃は、もっとみんな上手だったよね。衣装も派手だったし。」幼稚園ではある意味、発表会の練習にかける時間は多い。親も子どものためにたくさんのものを準備したり・・・でも小学校では、そうはいかないんだな。
c0052304_17143780.jpg
Tの立場から見ると、いろんな教科を学習する中で、限られた時間内で、見せられるモノを仕上げなくちゃいけない。しかもなるべく、どの子も活躍できるように。そしていつも考えるのは(ここからは一般的なTというより私個人となる)、学習発表会の日の演技(演奏・発表など)を子どもたちに、一つの目標として意識させ、そこまでの過程で、個々の子ども、あるいはクラスを、大きく育てることにある。事実、何かに取り組むとき、子ども(たち)は、グッと伸びる。ただし、そのためには途中で時には厳しく叱咤し、時には激励し、そしておおいに誉める。最後はT自身が喜ぶことである。発表会の出来映えがよければそれを褒め称えることもいいが、当日に緊張や失敗はつきもの。そこまで成長した子どもたちの伸びのすばらしさに体を張って喜んでやろう。

 さてさて、理論ばっかりが長くなったな、今日は。実際昨日は子どもたちの成長に感激した。感想に多くあったのは「緊張した・何回か失敗した・音楽の先生に感謝」であった。私はみんなの感想を「さすが!」と誉めた。「緊張や失敗があってあれだけできるならたいしたもんだ、人に感謝できる心はすばらしい。幸い次は同じ曲で音楽会がある。今度は担任の僕も一緒になってがんばるよ」と話した。そして音楽担当教諭にに、次は指揮をさせてくれませんか?と頼んだ担任であった。さあ後2週間の成長がまた楽しみだ。
[PR]
by saibikan | 2004-11-22 20:13 | 学級づくり | Trackback | Comments(0)

子どもたちのアートワークス

<< 作成日時 : 2004/11/21 01:07 >>
この夏、K氏と懇意になった。半年ほど前に知り合った彼の主宰する研究会に参加したからだ。手作りのいい会であった。それを機会にメルマガの執筆を依頼された。自分にとっては初めての経験だったが、やはり実になる。子どもに関することを自分勝手でなく、他人のエリアから発信するというのはそこに責任感が生じるのだとあらためて感じた。それと、自分のことをこれまで以上にしっかり見つめる機会にも。
日刊『中・高校教師用ニュースマガジン』(中高MM)第1146号として発行された。 http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000027395 のバックナンバー2004年11月19日:金曜日付けである。
[PR]
by saibikan | 2004-11-21 01:07 | 図工室経営・図工美術論 | Trackback | Comments(0)

2004年秋の研究授業(市の総合的学習)

市の総合的学習の授業研を振り返る
ここ数年は、必ず年に1回は研究授業をするように(校内であれ校外であれ)心がけている。今週は今年度2回目の授業研をした。1回目は1学期に学校訪問での図工。指導主事の前だったが、あまり思い通りにできなかった。

今回のは市の総合研。
結果から言うと、反省多き授業であった。授業内容は、HPを紹介し合って、さらによくなるように意見を言い合おう、というもの。中間発表という、これまで自分がここ数年何度も総合の研究授業でやってきた内容ではないか。視点もいつも考えて提示していた。それに見る視点を与えてーというのも、去年の図工アクションプランの研究授業(鑑賞)でも、色画用紙を提示してやったじゃないか。それなのに、なぜ、キーワードを出し忘れたのか?慣れかな?油断かな?それとも・・・ずっと考えた。
c0052304_16184576.jpg
 
 事前研の中心内容が「ホームページとは誰に伝えるものか」と「表現力か?否、情報活用能力では?」の部分が長く話し合ったところであり、そこをメインに考えすぎた。
実はK氏の「よいホームページとは?」がいい質問であり、事実自分もそう受け止め、前の授業できちんと押さえ、前日の授業案でも「画用紙に書こう」としていた。子どもがある程度分かっているだろうという自負もあった。がやはり、事前提示がなかったことで、話し合いの焦点はぼやけていたかな?
それに、ここでは書けないようないろんなことが当日午前中にあったりして、結局、まあ自分も直前に授業案を考えるなど取り組みも甘かったのだ。要するに教材研究不足なのである。付箋紙を使った授業もよくやるのだが、今回はあえて、発表という形式にこだわった。これは彼らに長い期間をかけて表現力を身につけさせるためである。
だが視点を明確にしなかったため、それも不十分であったなあ。
まあそれでも救いは、どのグループも終わったとき、自分たちなりの改善案を持てたことだった。

 それにしてもやはり研究授業をするとためになる。研究会が終わった時点で、その時間の改善授業案は頭の中にできた。本当はこれをすぐ記録せなん。司会者の工夫ある会の進め方により、授業者としてはありがたいほどのたくさんの褒め言葉と、改善案と、意見交換ができた。研究会のあり方も、今回のような方法もとてもいいと感じたので、もし司会をすることがあれば、やってみたい。すべてが学習である。

さあ3学期の校内研(大研)こそは満足いくものをやってみたいな。
[PR]
by saibikan | 2004-11-20 20:22 | 校内研究 | Trackback | Comments(0)

教え子の結婚式

突然の電話
びっくりした。15年前の教え子からの電話。
えっとたしか2年ぐらい前に卒業以来初めて会ったっんだっけ?

結婚しますと言うことだった。式に来てくれと言う。
2校目の教え子からは初めてだが。5年生の時1年間だけ
担任した子だが、あの学年はそれでも思い出深い。

手帖にすぐに書き入れた。
[PR]
by saibikan | 2004-11-02 23:56 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

ABCの歌LMNOP
at 2017-10-14 05:24
ABCの歌LMNOP
at 2017-10-14 05:24
新外国語教育の年間計画・活動例
at 2017-10-12 05:17
移行期間の外国語授業時数
at 2017-10-10 05:44
熊本 みずあかり 2017
at 2017-10-09 08:52

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧