<   2006年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

研究発表会報告3 学校紹介ビデオ作成

発表会最初のオリエンテーションは短くインパクトのあるものにしたい。しかもそのしょっぱなの学校紹介をみんなが引きつけられて見るようにすることが大事。そう思った私は、一月ほど前から、少しずつネタを集めておいた。

一週間前のある日、ビデオと三脚を担いで私は各学年の教室等を突然訪れた。
朝の会の時間や授業前に子どもたちが集まっている体育の時間、
あるいは授業中に協力を願った学年もある。
担任に向かって
「先生、私に2~3分ください」
そう言うと子どもたちの前に立って、
「あいさつしましょうね~。ぼくに向かって(実はビデオカメラ)、こういってください。
○○○~」
2,3回繰り返してもらう。最後に
「今度学校にいらっしゃるたくさんのお客さんに向かって呼びかけるつもりで
言ってください」
と本番をやって録画。すばやく
「おじゃましました~」
と去っていった。

それらをつないで編集した子どもたちの笑顔と挨拶でビデオがスタートした。
c0052304_661980.jpg

1年生・なかよし全員「おはようございま~す」
2年生全員「こんにちはー」
3年生全員「ようこそ、○○小学校へ!」
そのあとに学校の写真を映し出し、BGMには
4年生全員の歌声をかぶせる。そのBGMのボリュームを落とし
5,6年代表の放送委員会児童が運動場で学校を紹介しているシーン。
途中から放送委員の声をBGMに学校行事や学習の写真を
スライドショー的に数枚。そして最後に
昨年の6年生(現在中1)が制作した、本校の特色の30秒CMを2本流す。
(そのうちの1本は地元の放送局主催HPコンテストで
 グランプリをいただいた作品)

c0052304_68158.jpg

この間わずか3分。これだけで会場は、みんなスクリーンにくぎづけ。
見ていた会場の先生方にも笑顔が多く見られた。よかったよかった。
私の声より子どもたちによる紹介がやはりグッドだったな。

お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログへ←ここをクリックしていただければありがたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by saibikan | 2006-11-30 05:53 | 校内研究 | Trackback(1) | Comments(0)

ギコギコわくわく 初めてののこぎり 1

1,のこぎりを使ったことがある       11人
2,さわったことはあっても使ったことはない 5人
3,さわったことも使ったこともない       9人

昨日授業前に、小学校3年生の子どもたちにたずねた実態
2と3併せて 14人(25人中) つまりクラスの56%がのこぎりを初めて使う

これは面白くなりそうだと思った

題材は「切って切って、トントントン」
3学期の題材を入れ替えて、持ってきた

子どもたちに言った
『今回の勉強では、のこぎりとかなづちを使えるようになりましょう。
ただし、何か立派な作品を作るというんでなく、とにかくまずは、
切ります。どんどん切ります。切るのはこれです。』
準備室から約2mの角材を持ってくると、それだけで
「うわあ~。長い木だあ」

『この角材をね、各グループ(3~4人)に1本ずつあげるから、まず
協力して半分に切ってください。そして、それをまたそれぞれ半分に切る。
全部で何本になる?』
「・・・4本」
『そう、それを一人1本ずつとって、あとは自分で切るんだよ。』
「自由に切っていいんですか?」
『そうだねえ、最初は、きれいに■に切ろうか、同じはばぐらいで』

『そうしたら、いくつか小さな木ぎれがいくつかできるから、それをつんだり、
つないだりしてみる。そのとき、かなづちを使いましょう。』
「くぎを使うんだ」
『そうだよ。よくわかってるね。必要なところには使います』
「何でも作っていいんですか?」
『いや、今回はねえ、何かを作ろうとか思わなくていいよ。
とにかくのこぎりとかなづちを使えるようになること。
そして切った木ぎれを積んだりつないだりしてみること。
そのうちにそれが何か作品のようになってくるのはかまわないよ。
それとね、いつでも友達と見合ったり話し合ったりしながら
楽しくやることも大事な勉強だよ。』

ここでこどもたちに「めあてカード」を配り、書いてもらった。
・のこぎりやかなづちを上手く使えるようになりたい(技能面)
・三角とかも切っていろいろな形を組み合わせたい(発想構想)
・のこぎりやかなづちを使ったことがないので、けがをしないで楽しく使えるようになりたい(関心意欲)
など一人一人が自分なりのめあてを持った。

そして全員を前に集める。
「さて、今日はのこぎり」
両刃と片刃を見せみんなが使うのは片刃であることを伝える。
写真入りの説明図を黒板に貼り、実際に私が実技をしながら教えていく。
ポイントは
 ・切り始めの時ののこのあて方・引き方・もう片方の手の置き方。
 ・切っていくときの切り口と、のこと自分の手と目のライン
 (力の弱い子たちなので、両手で切らせる)
 ・どんどん切るときの刃の傾きと足の置き方
 (ただしこれも最初は友達と協力するように言う)
 ・最後の切り終わりの時の切り方
などだ。

このあと最初の長い角材を再度持ち出し
『とりあえず、誰かにこれを半分に切ってもらおうか』
と言うと
「ハイハイ、切る切る」
「僕も切りたい」
「わたしも!」
と手が上がり活気づく。
『じゃあ、切りたい人ここにならんで』
半分以上が並ぶ。
並んだ子にのこぎりを渡し、切らせてみる。
当然最初の子は上手くできず、ちょっとこつを教えてやる
c0052304_640466.jpg
c0052304_641924.jpg

半分ぐらいの子は見る側(おそらくやったことのない子は多くが見る側)
『横をちょっと押さえてやっていてね』
と近くの子には協力するように言う。
10回ぐらいずつのこぎりを引かせて、交代していく。
思った以上に行きにくいと感じているらしい。
まだ切りたい、というが交代させていく。やがて、
「ァ、切れた!」
まっぷたつ。思わず拍手が起きる。
「ァ~僕たちは切れなかった・・・」
不服そうな後ろの子たち。
『大丈夫。今からグループに1本ずつやるから、今のように
作業台(いす)を上手く使ってグループで協力して切るんだよ。
分けたら、あとは、一人一人で切ればいい』
「やったあ!」
単純だ。
c0052304_6412729.jpg

このあとは約1時間
図工室中にギコギコと音が鳴り響いた。
それも、最初は、ぎい・・がた、とか、がががというような
音が多かったが、やがて「ぎこぎこ」というリズムのいい
音が聞こえるようになった。

お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログへ←ここをクリックしていただければありがたいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ



 
[PR]
by saibikan | 2006-11-29 06:47 | 3年図工授業 | Trackback | Comments(4)

研究発表会報告2 発表会の形とオリエンテーション

北海道の山崎氏が以下のように述べている。(研究会について考えるー授業の前に研究の主旨説明の中で)
***********************************
研究会でよくあるのが、公開授業が終わったあとに全体会で研究について説明すること。
視点を持って、子どもの姿を見ていただくことで、研究協議に深まりが期待できる。さらに研究の説明は研究会でも最も大事な部分といえるもの。ていねいに説明させていただく。最低でも30分。
************************************
彼のブログから抜粋したものだ。これは、美術の研究大会を考えての意見なのだが、学校の研究発表会にも通じるものがある。任意の研究団体と委員会主導の発表会と安易に比較はできないが、いい機会なのでTBさせていただいた。

たしかに、本来は最初に提案をすべきでろう。だが、実は、私の学校の研究発表会も、全体会・研究発表は最後だった。1日発表の場合、こういう形は案外多い。その理由は様々であろう。
c0052304_5323971.jpg

最初に全体会を持ってくると挨拶などで長引いてしまう。
まずは授業で子どもたちの姿を見てもらうとあとで質問も出やすい。
子どもたちを授業後に帰してから、落ち着いて大人たちの提案をし、それにそって
協議をするため。

だが、山崎氏が言うように、授業を見る前に参観者が視点を持っておくことは大事だ。
彼がブログで述べているようにWEBで、発表内容を知らせておくことも意義がある。
(ただ、今の時代、まだまだ全員がWEBで事前に見るまでにはいかないだろう)
本校の発表会後アンケートにも「最初に全体提案があるともっとわかりやすかった」
という声があったのも事実だ(県外の方だったと思う)。

ところで私の勤める市では、市教委委嘱の場合(本校の発表もそれを兼ねていた)、
約1週間前に「研究紀要・指導案集・資料」の入った袋を各学校の参加者へ配布する。
事前に内容を参観者へ知らせるためだ。心ある方は事前にしっかり読んで参加して
くださる。せっかく1週間前に配布したのに、全く中を見もしないで参加する方には
おそらく公開授業前に全体会を開いても、夢の世界がいいところだろう。

ただ私の学校でも、公開授業前に、オリエンテーションという時間はとった。
担任はすべて子どもたちに1時間目をを行っている時間である。したがって
本校職員は、この時間には、ほとんど体育館にはいなかった。

そこでは、校長などの挨拶は行わず(最後の全体会の時のみにした)、
教務の私が司会をしながら、開会と同時にいきなり次の5点をプレゼンしていく
というスタイルである。内容は5つ。

1 学校紹介ビデオ (3分)
2 研究について=主題と視点、主張点をごく簡単に(3分)
3 本校の教育課程上、特色ある「いきいきタイム」の説明(2分)
4 公開授業の見所と授業者紹介(3分)
5 日程、連絡(2分)

合計13分で終了した。(予定時間は15分であった)
短いながらも、すっきりしてわかりやすかったと言う評をいただいた。
事前に資料配付があれば、このようなオリエンテーションからスタートも
いいかと思ってはいる。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログへ←ここをクリックしていただければありがたいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
[PR]
by saibikan | 2006-11-28 05:56 | 校内研究 | Trackback | Comments(6)

図工の時間が待ち遠しい?

ここ2週間は図工の時間がほとんどなかった。
だからといって私は何もしなかったわけではない。
発表前と言うことで、総合的な学習の時間がまとめ取りされて
各担任から総合TTとしての要請があり、授業に何度も入っていた。
また研発前ということで教務としての準備にも追われていた。

c0052304_12202739.jpg研発の数日前のこと。
廊下を歩くと3年生のT君が声をかけてきた。
「先生、まだ図工はないんですかァ?」
それを聞いて私は、すまないな、という気持ちになる。
「来週こそはあるよ。」
そのように一言というだけで、
「やったあ」
と手を挙げながら廊下を走っていくT君。
「おい、廊下を走るとだめだ!」
と叱りながらも、なんとなくうれしい気持ちになった瞬間。

さあ、今週からいつもの授業時間割で進む。
図工が好きだ、と言う子どもたちの気持ちを満足させてやらねば。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログへ←ここをクリックしていただければありがたいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
  
[PR]
by saibikan | 2006-11-26 12:33 | 3年図工授業 | Trackback(1) | Comments(0)

研究発表会報告1 1日の流れ

c0052304_4424767.jpg
1日終わってみれば、みんなが言うように
自分はやはり仕事が多かったと思った。
休む間もなく次々と出番があり、
総務運営を十分に把握できなかった。
しかし教頭先生や養護・事務の先生などの
おかげで裏方の仕事は流れていた。

さて、研究発表会当日の1日の流れと私の動きを記そう。

0 起床(4時30分)
   まあまあの滑り出し。今日の確認、朝風呂、朝食。
   7時には学校到着。最終準備に入る。

1 オリエンテーション(15分)
    会場に全員が集まる。私の仕事は司会席から
    オリエンテーションをスライドでプレゼン。

2 いきいきタイム公開(10分)
    各学級で対話力向上のための本校特設の
    いきいきタイム公開。私はこの間に6年授業場所で
    情報機器の確認。

3 公開授業1(60分)
   6年総合にT2として入って授業。

4 公開授業2(60分)
   5年総合にT2として入って授業。

5 昼食
   昼食をとり、すぐ午後の公開活動の児童・保護者のところへ行き
  打ち合わせ兼リハーサル。

6 公開活動・親子で対話(30分)
   司会兼コーディネーター役で劇の合間に子どもや親から声を引き出す役目。

7 分科会(70分)
   提案は5年担任が役目。私は自評後は記録に徹しようと思ったが、
   質問がくれば答えざるを得ない。

8 全体会(75分)
   司会進行のみ。提案は研究部の3名にて行った。私担当の教育課程の工夫は
   研究部長に話してもらった。

9 反省会
   夜の打ち上げまで係になっていた。1次会・2次会での司会担当。
   3次会は、店に入って5分後は夢の世界へ・・・。


*翌日はソフトボール大会でした・・


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログへ←ここをクリックしていただければありがたいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
  
   
[PR]
by saibikan | 2006-11-26 04:35 | 校内研究 | Trackback | Comments(4)

熊本工業準優勝時の本塁上クロスプレー

c0052304_18443194.jpgソフトボール大会1試合目の最終回。
2死満塁からA選手の長打で二人の走者が生還、1塁ランナーB選手も帰れば同点になると本塁突入。
しかし、外野手からの好返球があり、ベースを踏む前に惜しくもアウト!



そのあと、誰かが、10年前高校野球夏の甲子園の決勝戦
熊本工業ー松山商のホームベース上のクロスプレー
を思い出して、ちょっと話題になった。

先ほど偶然それに関する記事のページに行き着いた。
このページに、写真と記事が掲載されている。
地元の人間としては、(ある意味)忘れられないシーン。
ランナーの表情を見れば分かる。



お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログへ←ここをクリックしていただければありがたいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by saibikan | 2006-11-25 18:54 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

ソフトボールでリフレッシュ

ソフトボール大会といってもスローピッチのレクレーションのような
ものだが、素人の我々にはそれで十分。
前日発表会で疲れたうえに遅くまで飲んでいたとあって
遅刻者も3人。選手不足であやうく没収試合になるところ。
それに、チームに強者がいるといっても他はふつーの教員だし
練習ゼロのぶっつけ本番・・・やはり珍プレーが続出。
2試合とも負けてしまった。一つは8-9と接戦、最後に
バックホームタッチアウトで試合終了という盛り上がりぶり。

それにしても、青空の下で、職場の同僚が集まって、
わいわいいいながら、スポーツするのはいいもんだ。
みんなとても楽しそうで、生き生きしていた。
申し込みをした副主任に感謝。
研究ばっかりやるより、たまにはこうやってみんなで
スポーツもしなくちゃいけないな。

これは、マイグローブ。↓
c0052304_16215624.jpg

お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログへ←ここをクリックしていただければありがたいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by saibikan | 2006-11-25 16:24 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

きのうは研究発表会 そして今日は・・・・・!

終わった           万歳!

研究発表会無事終了。


しかし、今日はなんと教職員ソフトボール大会に
本校チームで出場!!??

c0052304_1633488.jpg数日前に研究副主任と対話した。

おいおい、研究発表の次の日に
レクレーションとはいえ
ソフトボール大会に出るなんてマジ?

「いやあ、そう言う楽しみがないと。
教務主任もOKを出しましたよ。」

え?俺そんなこと言ったっけ・・あ、あれは冗談じゃなかったのか

「とにかく申し込みましたよ。みんなも
それならいいですよ、っていってました。」

研究主任は?

「いやあ、彼はソフトボールが好きなだけに、
逆にこの時期にみんなにはいえないですから。」

そうだろうなあ。
ソフトで全国大会に出るような実力の持ち主だけど
みんなも発表に追われている時期に
そんなことを言うようなやつじゃない。
でもこの大会にみんなで出ることが
彼への慰労になるのかもしれない。

まあそれにうちにはもう一人
今年国体に出場した人間もいるし。
ソフトとは関係ないが武道有段者が3人も。
小さい学校だけど運動好きな人間が多い職場。



ということで

今からソフトボール大会。
けがをしないようにほどほどにしておこう。

研究は忘れて、1日、スポーツ日和。


お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログへ←ここをクリックしていただければありがたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by saibikan | 2006-11-25 08:40 | 校内研究 | Trackback | Comments(2)

明日は研究発表会

雨が降っている。肌寒くなった。
この前まで暖かい日が続いていたから
今年は秋を感じる間が少なかった。
ドライブで遠くに出かける余裕もなかった今秋。
自分の好きな、色づく秋の風景や、
過ごしやすい気候を感じることが少なかったのは
至極残念。

これは1年前の学校の風景。
c0052304_854385.jpg

今年はあまり色の変化を目にしていない

さてさて、明日は学校の研究発表会。
昨日は午後から、5,6年と教職員、それに保護者の
ボランティアの皆さんとで準備を行った。全体会場
分科会場、授業教室、校舎内外、準備は整った・・・
と言いたいところだが、まだまだ完全ではない。

今日も最終準備に行かねばならない。

昨日は、多くの職員が残って仕事をされている中
早めに引き上げた。最終準備や授業の確認を
されている中、後ろ髪を引かれる思いであったが
最近はいつも最後に帰っていたので許して頂けるだろう。

それにしても自校の職員は、みなよくやると思う。
力のある人が多い。これまでも校内研で議論が
止まることはほとんどなかった。活発な意見が
出ていつも時間が足らないといった感じ。
授業者は私も含めて11名だが、みんな授業に対し
いろんな工夫をされる。
だからといって、授業がうまくいくとは限らないのが
c0052304_8455673.jpg
子どもを相手にした仕事の恐ろしさだがー。
かくいう自分も明日の授業(T2だが)の流れを
上手くつかんでいないので、再度指導案を
読み直さねばならないな。

お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログへ←ここをクリックしていただければありがたいです。

にほんブログ村 トラコミュ 小学校へ
小学校

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by saibikan | 2006-11-23 09:04 | 校内研究 | Trackback | Comments(4)

図工室の緊急リニューアル

一昨日休みなのに学校に行った理由

図工室緊急リニューアル
c0052304_424317.gif


24日の研究発表会で低学年分科会会場になるため
そのための清掃と整理、掲示の充実などやらなくてはいけない。
ふだんはなかなか授業やら(今は総合のTTとして入ることが多い)
校務やらで手が回らない。
3分科会に分かれるので、ここは50~60人ぐらいが座れるように
しておけばいい。だがやはり図工用の作業台やテーブルは不要だ。
発表用に長机2台もあればいい。

先週末に、入り口ドアを外し、6年生の子どもたちの手伝いで、
作業台や机を廊下に出しておいた。糸鋸周辺の清掃までは
できたのだが、まだ雑然としているところが多くあった。

道具を片づけて整理するのに時間がかかった。
後ろの掲示物も少し色あせたところもあるので一部新調。
また、1月にここで授業研をするわけだから・・・とちょっと
それを意識したような掲示物もついでに追加。
c0052304_430614.gif

ある程度すっきりした。窓のさんのほこりなどあるが、これはまあ
前日の準備の時に担当でやってもらえるだろう。

さて、次は作業台やテーブルをどこに持って行くか。
準備室を眺める。ここは意外と広いよな。ひょっとしたら
ぜんぶ入るかも。
そう思ったら、準備室の整理整頓。あっという間に広くなった。

そして、同じく休日出勤のキョートー先生をお呼びする。
手伝ってくださいませんか? 気さくな彼はすぐにOK
二人で、あっという間に8台の作業台やテーブルを準備室に運び込んで
積み上げた。

「入るモンだなあ~」
そう、入ったは、いいんだが、ちょっと身動きがとれないな。
でもしかたない。研発までの辛抱。それが終わるまでは
図工の授業もないから。

ああ、改装図工室の写真を取り損ねた。
今日学校に行ったとき、証拠写真として、いや記録写真としてパチしなくては。


たいした記事ではないのに、お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログへ←ここをクリックしていただければありがたいです。

にほんブログ村 トラコミュ 小学校へ
小学校

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by saibikan | 2006-11-20 04:33 | 図工室経営・図工美術論 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

トントンつないで導入編
at 2017-06-24 08:10
ソーラン法被背文字の作り方
at 2017-06-04 21:01
運動会ソーラン節2017指導7
at 2017-06-04 20:42
運動会ソーラン節2017指導6
at 2017-06-04 20:23
運動会ソーラン節2017指導5
at 2017-05-30 05:52

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧