<   2007年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

勇壮な通潤橋の放水

「通潤橋は、放水のために架けられたのではありません。用水路の1部なのです」
とある方が何度も強調して説明された。
しかし現在は観光として放水があるのは否めない事実。
私たちも放水に出会うと、ラッキー!という気分になる。

ところで、放水は、実は有料である。1回5000円は今も変わりないのだろうか?
だからといって、我が校のように少ない人数の学校は、お金を払ってまで
放水をお願いすることは難しい。

だから、どこかの団体(観光客)が頼むのをあてにする。見学中に当たればいいな
と思うのである。そしてあの日、通潤橋の上を歩いている時、係の方が、立って
おられたので
「放水がありますか?」
と訊ねた。
「ええ、まもなくですよ」

そして・・・・ゴオ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッツ
c0052304_22381171.jpg


ラッキーに放水が始まった。
「うわあ!」「すげえ!」「かっちょいい!」
子供らの歓声を乗せて、水が豪快に飛び出した。

思わずシャッター。

そしてみんなが下に降りだした。
c0052304_22382853.jpg
階段を下りて、下からその姿を見上げたいのだろう。

見上げた。確かに勇壮な通潤橋であった。

さて問題
 その昔、何のためにこの放水が時々行われたのでしょう?

よかったら下記バナーに
クリックをお願いします♪
       にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへ

 
[PR]
by saibikan | 2007-11-05 23:59 | 学校行事・その他学校 | Trackback | Comments(0)

さすがに高い通潤橋

教室の3階が普通は9m台ぐらいだから
通潤橋は、7階ぐらいに当たる。
さすがに高い。

そこを歩くことができる。

c0052304_22303477.jpg

怖いのは、通順橋に手すりのような
落下防止の柵みたいな物がないこと。
だから気を遣う。
特に元気のいいやんちゃボウズがたくさんいる学級では。

幸いこれまでも落ちたことはないが・・・・。

よかったら下記バナーに
クリックをお願いします♪
       にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへ

[PR]
by saibikan | 2007-11-04 22:37 | 学校行事・その他学校 | Trackback | Comments(2)

秋の通潤橋

秋である。11月である。
矢部(山都町)の田園も稲刈りが終わり、藁塚が姿を見せていた。
その背景には、巨大な石橋が見える

「通潤橋」
c0052304_18245239.jpg

全長79.64m、橋幅6.65m、橋高21.43m。
江戸時代に、白糸大地に水を送るために架けられた用水の水路橋。

社会科の教科書にも写真が載っていた事があるから、ご存じの方も多いだろう。
我が県では、4年生の社会科見学旅行の定番。
c0052304_18251181.jpg


先日、4年生の見学旅行に引率で参加。
仕事としては6年ぶりの通潤橋。懐かしい。
もちろんその時は4年生担任。

よかったら下記バナーに
クリックをお願いします♪
       にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへ

[PR]
by saibikan | 2007-11-04 18:52 | 学校行事・その他学校 | Trackback | Comments(0)

インドネシアとの交流に向かって9月(2)

★9月中旬 ALTとの英語活動

インドネシアの学校と交流することになった時、簡単な英語での自己紹介ぐらいはビデオにして送ろうと担任と共通理解を図った。そして月1回学校に訪れるALTとの英語活動。9月はカリキュラムとアートマイルで必要な内容の接点を見つけ、授業のプログラムを組み立てた。

インドネシアとの交流を進めるには、まずは自己紹介をしなくてはいけない。
そのためにも簡単な英語で、自己紹介ぐらいはできるようになろう、というのが本時のねらいだ。

ALTとの打ち合わせは私が行った。事前に大まかな授業プログラムを送ってはおいたが、やはり直接話さないと理解してもらえない。
c0052304_1919362.jpg
c0052304_19222776.jpg


この日朝から本校に来たALTの女先生とは初対面である。朝から私は、挨拶をし、対話を始めた。
 「キャン・ユー・スピーク・ジャパニーズ・ウエール?」
彼女の答えは
 「ちょっとだけ」
私も苦笑いして
「アイ・スピーク・イングリッシュ、ア・リトル、リトル、」
と自家製英語で答えると、ハナー先生もにっこり笑った。あとは英語の単語と日本語を混ぜながら、アートマイルのことを話した。そして、なんとか、理解はしてもらえた。

授業では、ごく簡単な自己紹介を子どもたちがALTの先生と一緒に考える。

My name is Masao. I am eleven years old. I like to play baseball.
といった程度のものだが、四苦八苦している子も多い。もちろん英会話を習ってるから他にも付け加えて話すと言う子もいる。学校の授業では以前同じような自己紹介のパターンの学習経験はあるが、その場での自己紹介ゲームのような活動を行っただけだろう。

今度は伝える相手がいる。子どもたちは、自分が好きなことを英語では何というのだろう?と必死でハナー先生に尋ねる。彼女はそれを英訳して発音しながら、また時にはカタカナで書きながら、子どもたちに教えていた。
今後のことも子どもたちと一緒に考えていくのがベストだが、限られた時間内で進めていくには、ある程度教師の「引っ張り」も必要である。この日の授業の最後に「次回の英語活動の時間は、みんなの自己紹介をビデオに撮りましょう!そしてインドネシアの小学校に送ります」
の言葉で締めくくると
「エー!!いきなり??」
と声が上がった。(続く) 

よかったら下記バナーに
クリックをお願いします♪
       にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへ

[PR]
by saibikan | 2007-11-03 19:22 | 6年海外交流ArtMile図工・総合 | Trackback(1) | Comments(0)

インドネシアとの交流に向かって9月(1)

これは、「海外交流アートマイルへの挑戦」の続編です。

★9月初旬 塩さんからの手紙

清さんとのスカイプで海外との交流アートマイルをやりたいという意識が高まった子どもたち。代表二人が、JAM代表の塩さんへ手紙を書くことになった。夏休みの間に二人が「海外交流校を紹介して欲しい」旨の手紙を書いてきた。2学期になり早速JAMに送った。
 
やがて、塩さんから返事が来る。私はそれを印刷して子どもたちに配った。

――――塩さんからの手紙――――――――

はじめまして、ジャパンアートマイルの塩です。Oさん、Tさん、ご丁寧なお手紙をありがとうございました。6年生のみなさんがアートマイルに興味を持ってくださったことを知り、とても嬉し
く思っています。

アートマイルの海外交流プロジェクトでは、海外の学校と交流してお互いの国のことを勉強した後に、大きな壁画を半分ずつ描いて共同で絵を仕上げます。

海外と交流すると、よその国のことが分かるようになるだけではありません。実は、自分の国のこともよく分かるようになります。というのは、交流している相手に日本のことを伝えないといけないからです。

みなさんの町にも独特の自然、街並み、伝統、歴史があると思います。外国の人に教えてあげたいたくさんの「日本の良いもの」があると思います。それを是非交流相手のみなさんに教えてあげてください。

きっと相手の生徒さんも、その土地独特の自然や伝統行事などたくさんのことを教えてくれると思いますよ。さあ、ここで、みなさんの交流相手を紹介しましょう。みなさんの交流相手は、インドネシアのバリ島というところにある小学校です・・・(以下省略)

――――――――――――――――――――――――――――――
この手紙を手にした子どもたちは、驚いた。
「本当に自分たちも交流ができるの?」「インドネシアってどこの国?」と口々に言った。
c0052304_8364545.jpgc0052304_837523.jpg

また添付の写真を見て、
「結構田舎みたいだなあ」「自然がいっぱいのところだ」「これが学校?」等ともいう。日本との違いを微妙に感じ取っていた。手紙を読んだ感想を子どもたちに簡単に書いてもらった。

・塩さんから手紙が来たとき、びっくりしました。手紙を読んでアートマイ ルができるんだ!と思い、すごくうれしかったです。
・じっさい考えてみると、自分の国のことも知らなかったりするので、アート マイルをするのはいいことだと思います。
・手紙を読んで海外交流をするとよその国のことが分かるだけでなく自分国のことが分かるようになると言うのが少し驚きです。そして自分の国のこと が分かるというのを読んで、私はアートマイルをしたくなりました。塩 さんから国をしょうかいしてもらってうれしく思っています。
(続く)
よかったら下記バナーに
クリックをお願いします♪
       にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへ

[PR]
by saibikan | 2007-11-03 08:04 | 6年海外交流ArtMile図工・総合 | Trackback | Comments(0)

研究の視点

「体験を通した対話力向上」
が、本年度、我が校の研究の中心である。

その視点の一つに
「国語と生活・総合的な学習の時間の充実」
を挙げている・。

公開授業は、この視点に沿って、国語・生活・総合の各授業を行った。
また、我が校では、この視点に授業レベルでさらに3つの柱を設定している。
各授業者はその柱を意識した授業を行ったし、中学年部では以下のように提案した。

1 国語と生活・総合との関連・・・「話す・聞く」領域に絞る。「まちたんけん・まちの人やものとの交流」と関連した題材を設定する。
2 対話力を高める授業展開・・・「ロールプレイ」「映像の活用」など導入の工夫、「ペア・グループ・一斉」と形態を工夫する。
3 地域・保護者を活用した単元展開・授業づくり・・・「指導的評価者」や「共同学習者」として地域の方・保護者の方に協力をお願いし、授業に入っていただく。

さて、私は公開授業は3年生のT2(総合)であったのだが、普段から、両学年とも総合にはT2で授業を行っている。もちろん図工専科としても関わっている。さらに今回は公開授業に向けて国語でもT2として何度か授業に入ったのだが、これがよかった。関連した題材なのだから、国語と総合の両方を把握している者が2学年に連続して存在していたことで、3・4年としての研究が深まったし、私たち3人教師もまとまった。

なんだか、同じ学年で、KANさんが学年主任みたいですね、

最後はそういう言葉を耳にした。たしかにそんな感じだった。
よかったら下記バナーに
クリックをお願いします♪
       にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへ

[PR]
by saibikan | 2007-11-02 06:58 | 総合的学習・生活科・地域 | Trackback(1) | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

音を感じて5「モスクワの広場」
at 2017-11-16 06:53
音を感じて4「漣」の鑑賞
at 2017-11-14 05:40
「情報モラルの授業」のバイブル
at 2017-11-12 20:15
音を感じて3「華々」の鑑賞
at 2017-11-12 06:59
音を感じて2 華々
at 2017-11-11 06:44

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧