<   2008年 10月 ( 61 )   > この月の画像一覧

変わりゆく私たちのまち5 構図の面白さ

5年図工 変わり行く私たちの町 構図を見る

今週はほとんどの子が色塗りに突入。
つまり多くの子が下書きは出来上がった。ただし
下書きが完全に出来上がっていなくてもとりあえず塗りに入った子もいる。
c0052304_1812545.jpgc0052304_1814354.jpg

もっとも描きたいと候補に上がった場所は「北岡神社」である。
一千有余の歴史ある神社。鳥居や門も大きく境内も広い。
鳥居の左右には、樹齢1千年以上の夫婦楠が聳え立つ(そびえたつ)。
低学年のまちたんけんのころ、訪れた記憶があるらしい。

それにこの北岡神社周辺がもっとも今変わりつつある場所だ。
西側は陸橋が姿を消し、延びて来た新幹線路がすぐ横を走る。
南側は住宅や園が消え大きな新道が走り、
東側のカーブする市電が走る幹線道路とつながっている。
まさに新旧入れ混じった場所なのである。これからさらに変化する。

さて、この鳥居の前で描いた子たちの絵の構図をちょっと見てみよう。
左のAの子は正面から描いている。楠の根元が実際よりかなり上に
描かれている。この子は鳥居のほうが心に残ったのだろうか。
右Bの子は鳥居のやや右から描いている。ずいぶん楠と鳥居の間が
空いている。目の前の木が目に焼きついたのか。
場所のほか、共通しているのは二人とも下書きが未完成ということ。
A                              B
c0052304_17373159.jpg
c0052304_17375075.jpg

「あまりかけない」と言った二人。しかし何とかここまで描いた。
あとは、また神社に見に行くと言っていた。

さて3枚目のCの子の絵は面白い。
この子は、ほぼ、Bの子と同じ場所で描いている。
右側の鳥居と左側の電車、実際は左右の目をかなり角度的に開いて見ないと
描けない。自分の目でスケッチした絵だ。
やや自然ではないが、自分なりに工夫して変わりゆくまちを表したのだろう。
                C
c0052304_17475515.jpg

3人とも木を先に塗ったのは、何か指示をしたわけではない。
単に同じテーブルで一緒に色を塗っているメンバーだ。


よければ、ぽちとワンクリックを。どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-10-31 18:12 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

変わりゆく私たちのまち4 写真活用と注意

5年図工 変わりゆく私たちのまちをえがこう

「う〜ん、先生どうしても細かい所を思い出しません。」
「どうかけばいいですか?」

風景画をその場で描いているならいいが、1度行ってラフスケッチしたぐらいでは、詳しく記憶にはないらしい。
好きなように思い出して描けばいいさ、と一度はいうが
「分からない。先生写真ないの?撮ってたでしょう」
と泣きつく子も出てくる。

そんな子には、取りあえず写真を提示する(まあ準備をしておいた)。
白黒写真の10cm四方ぐらいの小さな印刷物。

気をつけなくてはならないのは次の点。

・一人が写真を手にしたら、他の子が、我も我もと写真をもらいたがること。
・細かい所まで写真そっくりに描こうとすること。

だから、最初に言っておく。
「あのね、写真通りに描くのがいい絵じゃないよ。自分が見えたままに自分が感じたように描く絵がいい絵なんだよ。」
「写真は参考資料だよ。参考にしてはいいけど、元の自分の絵を大事に。自分の絵の中に写真をちょっと取り入れるぐらいの気持ちでね。」
それと同時に、自分なりに構図を捉えて描いている子を大げさにほめる。

写真を活用するのは悪いことではない。時には描く手助けになる。自分だってそう。

ただし、
自分の目で自分の心で見て描くことの方が大事だと、子どもたちに伝える。
みんなはカメラレンスで見てるんじゃないよ。みんなの人間レンズはそれぞれ見え方が違うんだよ、とも。

そして、絵を見る教師がそういう心を持たねばと、自戒の念を持って授業を進めている。

どちらも下書きの途中だが、片方は自分の感覚で、片方は写真を参考に描いている。
(ただ写真の子も自分なりに必要な情報を取り出して描いていた)
c0052304_228585.jpg
よければ、ぽちとワンクリックを。どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-10-30 22:14 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

変わりゆく私たちのまち3 割箸ペンで下書き

5年図工 変わりゆく私たちのまちを描こう

ラフスケッチした中から1枚選ぶ。
自分が描きたいところを、大きな画用紙にかく。
下書きである。
割り箸ペンに墨をつけて。
鉛筆消しゴムは使わない。

情景を思い出して、線に気持ちをこめて描くように言う。
太い線、細い線、強い線、弱い線、いろいろ使おうと。
爪楊枝使っていいですか?
ナイフで削っていいですか?   OK
c0052304_21133094.jpgc0052304_21134666.jpg


子どもは必死に描く。
変わりゆくまちを思い出しながら・・・・

ただし、短時間での風景観察であるが故、思い出せない場所も多く出てくる(続)


よければ、ぽちとワンクリックを。どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-10-30 21:24 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

はねた「環」は○か×か

下の漢字のどちらが正解でしょう?
c0052304_5125735.jpg


左の漢字「環」(はねてあるもの)は○なのか×なのか
そんな実例から始まるビデオ作品「漢字のふしぎ」
(第29回東京ビデオフェスティバルの作品。高校生の作品である。
ミクシのよしよしさんから紹介してもらった。約20分間)

漢字の正解?不正解の基準は何なのか。高校生の目線で挑戦した内容。

映像の形そのものより、テーマ性、その取材力、構成に感動。
インタビューされる先生方の人間性をも映し出しているところが
これまた面白いす。

もちろん、的確なシーンで映像の技を効果的に使っているところも外していない。
長いビデオなのについつい最後まで見入ってしまった。

さて、「環」のはねがいるかいらないか。
そういえば、子どもの頃はどっちでもいいように聞いていたけど
なぜか教師になって、テストでは×にするようになっていた。
あらためて調べた。  常用漢字表、漢字の成り立ち。

そして漢字とは何なのか。テストとは何なのか。教育とは?

う~~ん。ついついうなってしまった 「さいび環」です。

よければ、ぽちとワンクリックを。どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-10-30 05:37 | 国語授業 | Trackback | Comments(0)

切り絵遊びから切り絵の世界へ2

6年図工 黒い紙で切り絵遊びだ!

小さな黒い紙を一人一人に配る。 
「では、家をみんな切ってみよう。窓は必ずつなげるんだぞ」

カンタンカンタンといいつつ   やってみれば、あれ?あれ?
c0052304_2141815.jpg

そんな子どもが何人もいる。 うまくいかないのである。でもそれが当たり前。

その時・・・・

    何を聞いていたんだ!こんなことも分からないのか!

という場面ではないことを自覚しよう。



できなくていいのだ。
あれ?のあとは考えるように仕向ける。そして、
「あ、わかった。」「あ、できた。」「よし、こうしよう。」に行くように導く。
それが教師の役目。

さてさて、うまくいかない子もいたけれど、なんとか切り遊びを楽しみ出す子が増えてきた。

「家」からスタートから少しずつ変化。
c0052304_21305350.jpg

後1枚やっていいですか?もう1枚ください。

切り絵遊びが広がる子。やっぱりうまくいかない子。
マイペースで自分の好きな絵を切り抜く子。
なんか分からんけど、必死に考えている子。 様々。
c0052304_2136682.jpg

中には切り絵遊びから、切り絵の世界へと入り込んだ子もいるかもしれない。

よければ、ぽちとワンクリックを。どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-10-29 21:38 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

変わりゆく私たちのまち 2 スケッチ

5年図工 変わりゆく私たちのまちをえがく

できることなら、描きたい場所に自由に行かせて
思いっきりスケッチをさせたいものである。
だが、最近は諸事情でそれは難しい。

ならば、と5年生を引き連れて、めぼしい場所を
短時間で何カ所か回り、気に入ったところを
スケッチさせる。それも限られた短い時間で。
A4程度の紙に鉛筆で。

c0052304_19555938.jpgc0052304_19561931.jpg


c0052304_1957186.jpgしっかり見てある程度は丁寧に描く。
時間が限られていることは子どもに知らせている。
ラフスケッチ的になる子はそれでもよし。
一人3枚程度出来上がる。

あまり描けない子もいる。
とにかくしっかり目に焼き付けとけ。そう言う。
明日はまた風景が変わっているのかもしれないのだから。

私は一応子供たちが描いている場所から
子ども目線で写真も撮っておく。

よければ、ぽちとワンクリックを。どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-10-29 20:01 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

切り絵遊びから切り絵の世界へ1

本校6年生では、カッターナイフを使った切り絵を行う。
まずは基礎基本のための「窓のある家」
手作り教材である。
参考にしたのは成田一徹氏の切り絵の本である。

スクリーンに写した簡単な家。
c0052304_629453.jpg版を持ち上げて見せると窓が机上に残ったままのものがあることから
「あれ?」と疑問を持ち
「なんだ、そうか」と気づく。

「どうすればこの窓が離れない?」
と発問。
黒い部分をつなぐことが大事だと分かる。

例を見せるが、つなぎ方は様々あることを言う。

小さな黒画用紙を配布。
家を切ってみる。
やってみると、案外、間違う。

窓をどうつなぐかを個々で考えると頭をひねる。
案外考えなくてはならない。
単純な作業だが思考が必要。
つなぎ方。そして切り方。


やってみると面白い。やがて好きな物を切っていいという。
切り絵遊びである。
しかし思考が高まった子は、切り絵遊びから切り絵の世界へと入っていく。

c0052304_639091.jpgよければ、ぽちとワンクリックを。どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-10-29 06:08 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

今変わりゆく私たちの町1 焼き付けよ目に心に

5年図工 変わりゆく私たちの町

私たちの町は急激に変化しつつある。
その今をしっかり心に焼き付け、絵にも残そう。
新しく生まれつつあるもの
今なお残ってるもの
それらの共存、そして融合。

5年生なりに感じることを絵に表す。
そのためにももう1度校区に出かけた。


c0052304_5135077.jpgc0052304_5221550.jpg   

JRの真横に上に、九州新幹線ができつつある。
神社の階段から見えていた空き地・保育園は大きな道路へと姿を変えた。

よければ、ぽちとワンクリックを。どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-10-29 05:13 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

最近冷えてきました

最近ようやく秋らしい涼しさを感じるようになりました。
夜はちょっと寒いぐらい。
冷えてきたなあ~という感じです。

寝るときの服も実は半袖だったのですが
さすがに長袖に替わり、掛け布団も
やや厚めのものに替えました。

我が家のリーも毛布にくるまっています。
が、寝るときはリーにとってじゃまなようで、こんなの着ていません。
もちろんワン公なので、何もかぶらずにそのまま床に横になって寝ています。

c0052304_5322188.jpgよければ、ぽちとワンクリックを。どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-10-28 21:52 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(0)

運動会心キラリ3

3年図工 心きらり 色塗り

ずいぶん色塗りが進んだ。
始める前にちょっと鑑賞の時間と自分の色の工夫を考える時間をとったので、めあてを持って塗れたようだ。
c0052304_2125533.jpg


よければ、ぽちとワンクリックを。どれでもOK.
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-10-28 17:50 | 3年図工授業 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

トントンつないで導入編
at 2017-06-24 08:10
ソーラン法被背文字の作り方
at 2017-06-04 21:01
運動会ソーラン節2017指導7
at 2017-06-04 20:42
運動会ソーラン節2017指導6
at 2017-06-04 20:23
運動会ソーラン節2017指導5
at 2017-05-30 05:52

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧