<   2008年 11月 ( 74 )   > この月の画像一覧

領内名勝図巻で鑑賞から表現へ1

県大会分科会は、小学校4年生「鑑賞・鑑賞から表現へ」の部会に参加。

提案内容
 「領内図巻に描かれたふるさと」
 〜地域ゆかりの文化財を生かした鑑賞活動〜

題材の目標
 作品鑑賞や絵巻づくり等の活動を楽しみながら、作品のよさや美しさ 
 表し方の工夫などに気づく事ができる。

自分たちの地域が過去の美術作品に描かれている。
子どもたちがその作品に出会う体験をするだけでも大きな意味がある。
その図巻を鑑賞し、自分たちでも地域の名勝・名物絵巻を作ろうという
のだからおもしろい。いい実践である。

ポイントは、
表現のために鑑賞するのでなく、
鑑賞から表現につないだ活動をしながら鑑賞する力をつけようとしていると
主張している点である。  (続く)


c0052304_1842342.jpg
PS
分科会の写真を撮りそこねた。午後の出番があったからか、どうも今回は撮影まであまり気が回っていなかったようである。

実践校のある山都町は通潤橋で有名。その奥に「五郎が滝」があり、それが名勝図巻に描かれている。また文化財として有名な清和文楽もあり、実践校はその近く。
c0052304_1855866.jpg


↓ よければ、ぽちとクリックをお願いします。 どれでもOK
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-11-30 18:10 | 版画会・県市図美研・図工研発 | Trackback | Comments(0)

「飛翔」を読み解く子どもたち2

子どもの?をすべて箱の中に用意しておき、その場で偶然に無作為に選ぶ。それがどんなものであっても、その?ひとつから、本時のねらいとしているところに迫っていったのであれば、それはすごいことである。授業者、協力者、授業案を共に考えたチームのスタッフに感服する。

例えば、美術館学芸課の先生からの話を聞いたあと、
子どもたちからいくつか質問が出た。その中には
事前に書いた?もあっただろうか。彼らはこう聞いた。
○なぜ飛翔という名前がついたのか
○なんで石で作っているのか
○何を表しているのか
その場では、美術館の先生が答えてくれたが、これらが?にもあり
もしそのひとつが今日の?になった場合どう進めていったのだろうな
と興味を惹かれる所である。

また、鑑賞の最後のところで担任が
「浜田さんはなぜこの作品をつくったのかな?」
と発問した。これはおそらく、子どもたちにぜひ考えの中でふれてほしい
ところであっただろうと推察する。これも?にあったことなのだろうか。

今となっていろいろ聞いてみたい事が湧き出ている。それだけ
とても中身のあるいい授業だった。

c0052304_1335545.jpg
子どもたちは美術館の先生の話を聞きながら、いろいろと反応をしていた。うんうんとうなづいたり、へ〜と驚いたり。美術館の先生への質問に何度も返答する子どもや、逆に「でもぼくは違うと思うな」
と独り言のようにぶつぶつ言う子どもも。
また美術館の先生が
「浜田先生は、絵を見てどう思うかはそれぞれの感じ方でいいんですよ、とおっしゃいました」
というのを聞いて
「ふ〜ん」
と思わず声を漏らし、大きくうなづく子どももいた。

授業の最後に、2階に浜田知明先生の絵が飾ってあると聞いた時、
「すぐに行きたい!」という声を発した子どもたち。
素直な反応だと感心した。
↓ よければ、ぽちとクリックをお願いします。 どれでもOK
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-11-30 13:42 | 版画会・県市図美研・図工研発 | Trackback | Comments(0)

「飛翔」を読み解く子どもたち1

県大会での公開授業は4年生を見た。
題材名「みつめよう!アートな町御船」

授業は小学校のすぐ隣である御船カルチャーセンター内で行われた。
浜田知明さんの壁画作品の鑑賞である。
1階から2階に上った階段の真正面に、大理石を利用して
作られたその作品はある。
(実は小さな版画が、ずいぶん前に作られている)

 「飛翔」 1992年制作 460cm×585cm

今日のめあて「作品の?を考えよう」

子どもたちが前時に出した?を?ボックスからから拾い上げる。
偶然選ばれた?は、「何をやっているのかな?」
このたったひとつの?について、子どもたちが個人で考え、対話をし、
みんなで絵を見ながら考えていく。
我が校での対話を生かした学習スタイルに似ている。?ボックスは使わないが。
私も最近は「鑑賞」をよくこのような流れで行う。

c0052304_175491.jpgc0052304_17545864.jpg


子どもたちが単純な見方から、深い見方へと移り変わっていくのが面白かった。
 ○楽しそうに空を飛んでいる
 ○みんなで飛んでいる
 ○天国に行っているようー箱の中に入っている
 ○UFO
 ○引っ越し
 ○追いかけてきている、逃げている
 ○大小の箱、親子で飛んでいる
 ○箱がつまっている?ついらくしている
 ○文字が描いてある
 ○箱の中で誰かが寝ている

その後、子どもたちは何度も壁画を見たり、美術館の先生の話を聞きながら
さらに作品を読み解いていく。

↓ よければ、ぽちとクリックをお願いします。 どれでもOK
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-11-29 17:59 | 版画会・県市図美研・図工研発 | Trackback | Comments(0)

第51回熊本県図画工作・美術教育研究会

c0052304_1615952.jpg

51回目の県大会が行われた。
平成20年11月28日(金)
上益城郡御船町にて


大会研究主題
図画工作・美術教育のこれからの可能性を求めて
  発見!感動!を創造のよろこびに
 ー自分やふるさとのよさをみつけ、感動をすすんで表す造形活動ー



前日夜降っていた雨は上がり、晴れとなった。
大会実行委員長が「私は晴れ男です」とおっしゃった。
なるほど。
c0052304_16105533.jpg

体育館に準備してあったこれは何だろう?と思っていたが、
2年生の授業「わくわくドキドキこびとの森をつくろう」の
雨の場合の予備の場所だということ。
なるほど。
だが晴れたので、使わずにすんだらしい。
でもこのような場も面白そうだな。

↓ よければ、ぽちとクリックをお願いします。 どれでもOK
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-11-29 16:18 | 版画会・県市図美研・図工研発 | Trackback | Comments(0)

恐竜に会った

朝からミフネリュウにおはよう
c0052304_792419.jpg

[PR]
by saibikan | 2008-11-29 07:09 | 版画会・県市図美研・図工研発 | Trackback | Comments(0)

学習発表会準備の日

先ほど帰った。実に忙しい1日だった。ようやく夕食。

今日は朝からいきなり職員合奏練習、明後日の学習発表会で我ら職員も出番がある。小生は2年連続小太鼓である。

1時間目は、6年生の学習発表会の出し物練習でお手伝い。
2時間目は、図工室で学習発表会の図工作品掲示物の準備。
3時間目は、6年生教室に行って授業。
4時間目は、体育館で図工作品掲示にかかる。
昼食でようやく椅子に座れた。
昼休みもまた体育館へ行ってさっさと作業。

c0052304_22494052.jpg
5時間目は、5年生学習発表会練習で、手伝い。実は5年生から劇に出演依頼があって、ひと台詞いただいている。それだけでも担任学級がない自分としてはうれしいものだ。自分の出番が終わると、またさっさと掲示準備に。5年生の最後の創作音頭が始まったら、その場ですっくと立って一緒に踊った。少し覚えた。
そしてようやく3年以上の作品掲示終了〜
自分で拍手・・・がすぐに、
56年生が体育館へやってきた。
「学習発表会の会場作りに来ました!」
やれやれ、休ませてはくれぬか〜しかし、よく働く子どもたちのおかげで
予定より早く会場作りも終わり。

c0052304_22501638.jpg

4時半にはやっと職員室毎チェアに着席。明後日の学習発表会は準備万端。学校は明日は代休。発表会は土曜日なのだ。

この頃から、何度も電話がかかった。図美研関係がほとんど。明日に向けて準備している仲間がいる。自分は行けずに申し訳ない。明朝集合時間が変更に。いつもより1時間以上早くでなくては。
そんな中、楽しい話ができる者からの電話もあり、心は少し休まった。

そして最後は、明日までに申し込まなくては行けない書類づくり。
結構手間取った。帰りにポストへ投げ込んだ。

というわけで明日の自分だけのリハーサルは今から。
[PR]
by saibikan | 2008-11-27 23:07 | 学校行事・その他学校 | Trackback | Comments(2)

県大会のある御船は、恐竜の町

明後日、図工・美術の県大会が行われる御船町。
御船は恐竜の町として知られる。
ミフネリュウという恐竜の化石が発見されているからである。
そして、今年は御船町恐竜博物館開館10周年である。
それを記念して
「恐竜アートコンテスト」
の作品募集が行われている。
ああ、どうせならば学校で募集をかければよかったなあ。
c0052304_22393662.jpg

また、恐竜博物館HPでは、御船町恐竜博物館 常設展示室を360度の視点で
見渡せるパノラマも楽しめる。
↓ よければ、ぽちとクリックをお願いします。 どれでもOK
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-11-26 22:40 | 版画会・県市図美研・図工研発 | Trackback | Comments(0)

8分間で話す内容、8分間で見せるスライド

Keynoteを使って初めてのプレゼンをする。
ただし、それはシンポジウムの中のⅠコマであり、
4人の中の一人。

自分が最初に話すのは、8分間という短い時間。

それようのプレゼンスライドも作ったが、何と20枚もある。
どう考えても多い。

どこを削るか、重要である。10枚ぐらいにしないとなあ。
だが難しい。

本番大丈夫かな。
今週の金曜日だ。県大会情報をクリック

佐賀や長崎等県外からの参加者もあるよう。うれしい限り。
ただ、肝心の県内が少ないとか。前日まで申し込み受付OKらしい。

私の出番はどうでもいいが、中身の濃い授業・実践発表・ギャラリートーク
などあるので、参加しないともったいない。

↓ よければ、ぽちとクリックをお願いします。 どれでもOK
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-11-25 23:38 | 版画会・県市図美研・図工研発 | Trackback | Comments(0)

ドガログが終わるらしい

エキサイトの動画サイトが終了するとの事。
せっかく動画の保管庫として、活用し始めたのに。

こちらとしては自分が作った動画を置く事ができ、
ブログにも貼付けられるのでよかったのだが。
また、You Tubeよりはアクセス数も多く安全性も高いと
思ったのであったが。

需要がないのだろうか?

とにかく、ドガログが、アフターとしてお知らせしていた
PeeVee.TVへの移行をすぐさま行った。PVの方で、一気に
動画を全て移行してくれた。
これはこれで使えるかもしれない。
c0052304_21184552.jpg

だが、ひとつ問題が・・・
PeeVee.TVではブログ各社に合わせたタグを発行し、はりつけが
できるようになっているが、できないメーカーもある。
エキサイトブログもそのひとつ。セキュリティの問題上できないように
なっているようだ。安全は不便なのである。

そして、PeeVee.TVとエキサイトは、
リンクによって動画がつながるようになっている。
それならば・・・と思い切って、スキンをちょっといじってみた。
壊さないように用心しながら、上に☝⇧動画リンクコーナーを作ってみた。
これなら全てではないが今までの動画掲載ページを探さずに、すぐに見られる。

どれかにアクセスすれば、そこにSaibikan動画は全てあるので
自分としては、できる範囲内で便利になった。

ついでにプロフィール写真も変えた。


↓ よければ、ぽちとクリックをお願いします。 どれでもOK
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ

[PR]
by saibikan | 2008-11-24 21:20 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

秋の菊池渓谷5鮮やかな紅葉

帰り道の駐車場。鮮やかな1本の紅葉を発見。
しかし辺りは暗くなり始めていた。フラッシュ要。
c0052304_1234519.jpg

今日1番の秋色。
c0052304_12342813.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
 
[PR]
by saibikan | 2008-11-24 11:58 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

音を感じて5「モスクワの広場」
at 2017-11-16 06:53
音を感じて4「漣」の鑑賞
at 2017-11-14 05:40
「情報モラルの授業」のバイブル
at 2017-11-12 20:15
音を感じて3「華々」の鑑賞
at 2017-11-12 06:59
音を感じて2 華々
at 2017-11-11 06:44

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧