<   2009年 09月 ( 39 )   > この月の画像一覧

5年図工 粘土に命を「○○にやってきた地球の生き物たち」1

5年図工は、9月から紙粘土を使った立体工作に取り組んでいる。

題材名 粘土に命を「○○にやってきた地球の生き物たち」

○○は本校の校区名(小学校名)

作るのは、要するに「生き物=ほとんど動物」なのだが、
○○にやってきた、としたのはワケがある。
作った作品を学校あるいはまちの中において撮影して鑑賞する、
というラストゴールをつくったからである。

単に生き物を紙粘土で作って命あるようにつくるだけではない。
作った生き物を、自分で見つけた場所に置いて撮影し、
写真の中で、新たな命を吹き込もうという目標である。

だからそのことは、最初に5年生にも伝えてある。

で、それはそれで、生き物たちをどうやってつくるか?
いろいろ考えて、厚紙+紙粘土 という素材にした。
それらをどう使うと最もいいか?
サークル仲間の棚ちゃの開発題材に参考になる実践例があった。
彼女に尋ねた。
「参考作品を貸してくれないか?よかったら作り方を教えて」

だが残念ながら参考作品は他に行っているとのこと。教えてもらう時間もなかった。

じゃあ、仕方ないな。自分でやってみよう。作ってみよう。
聞いた通りやってみた。でもなんかうまくいかないところがある。

う〜ん、もうちょっと工夫してみよう。自分なりにアレンジして少し改善した。

c0052304_22194466.jpg
子ども達と一緒に作りながらであるが、芯材づくりを研究してみた。
やはり自分でやってみるのが一番いい。つまずいたところも、いいところもわかる。
時間があまりなかったので、大急ぎで雑ではあったが、一応参考作品はできた。
[PR]
by saibikan | 2009-09-30 22:24 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

プラン授業研究会に向けて

10月に図画工作の研究授業をする。
市の図画工作美術教育研究会の授業。
教育委員会と共催でもあるプラン授業。

「その年になって今さら」
「なんで研究会の研究部長がわざわざ・・・」

本校の先生方の声である。
教員の年齢層が上がったとはいえ、授業をする若手はいないのか?
若手を育成せよ。

暗にそんな声も聞こえて来そうだが
授業をするのは私の意志。
ある目的もある。

2月の全市一斉の各教科等プラン授業研に3名の若き先生方に
授業をお願いし、引き受けていただいた。そのことへの感謝とともに
そのとき行う授業研究会のあり方について、今回皆で学んでいきたい。
研究会のテーマや指導案についてもある程度の共通理解を図る。
そういう気持ちで、
2月の授業者・司会者を全て、今回の授業のスタッフの布陣とした。
したがって当然、学ぶ意欲も高く、真剣である。
層も厚い。そのような場ならば研究部長自らが、まな板の鯉にならねばー

それが大局的な目的。
会全体から見れば、10月は前座、2月を本番。
2月の一般教師も多数参加する一斉日の図画工作の授業研を充実させる。
そのためにも図美研のまとまりをつくる。
そして、図工を通して子どもを育てる。
それらが大きな狙い。

あとは個人的な気持ち。
自分は若い頃に、勉強が足らなかった。
学級経営や体育主任としての仕事や部活動は
それはもうがんばったと思う。へとへとなるぐらい。
だが教科研究は・・・・
やってはいたが、今一歩であった。
それでも周りには、優れた先輩が多数いた。
様々な分野で。
時には連れて行かれ、研究授業をさせられ、学ばせられた。
自分にとっては知らず知らずのうちに学ばせていただいた。
授業がとても大事なことを知るのは遅かった。

しばらくして、授業研究に自ら本腰を入れ、学び始めた。
最初は独学。
そして自ら学びの場所を求めることになった。やがて
図画工作を中心に自分の道が見えて来た。

教科研究はおそらく、熱心な方々より10年遅れて
主体的に動き始めた。したがって私は常に、
自分より10歳若い年代のつもりで学んでいる。

同級生で既に管理職もいる。
たいしたものだと思う。
だが、私は今の自分を、授業で磨けるうちは磨いていきたい。
まだまだ未熟者であるから。
いつまでできるかは分からないが、今は磨き続けようと思う。

さて、図画工作の粘土の研究授業をすることにした。3年生。
初めてである。資料をさがすが少ない。

さて、どうしようか。

c0052304_0142891.jpg

[PR]
by saibikan | 2009-09-29 22:54 | 造形展・子美術展・児美教室 | Trackback | Comments(2)

修学旅行へ

6年生が修学旅行へ行く。
見送るために今日は今から出発。
[PR]
by saibikan | 2009-09-29 06:39 | 総合的学習・生活科・地域 | Trackback | Comments(0)

市現代美術館にて花・風景展〜大巻伸嗣

やっと課題が終わった。
思ったより早い終了。
それにしても疲労度は「かなり」である。


c0052304_1144849.jpg

さて、花・風景展ラストは大巻さんの床じゅうたんいっぱいの花。
「ECHOES-INFINITY」
実は今回の展覧会で、自分としては1番気に入った作品だったかな。
参加者が訪れるたびに花畑が踏まれ、色が次第にかわっていく。
というかしみ込んでいくという感じ。

これまでもいろいろな場所で似たような展覧会を行ったらしいが
今回は中央の柱にまで花がいっぱいに。
そしてそれを取り巻くように花の輪が。
写真で見せられないのが残念だが本当に花の環だった。

部屋にいた方から聞いた話によると
「阿蘇」をイメージしたとか。

だが私には何となく宇宙に見えたのです。
c0052304_120131.jpg

[PR]
by saibikan | 2009-09-28 01:21 | 美術作品・美術館・地域美術 | Trackback | Comments(0)

たまにはつれづれなるままに

ずいぶん忙しくなった。自業自得だが。
せっかくの土日も今回は仕事関係で時間なし。
行く予定だった研修会にも参加できず。
体力づくりもできず。

だがまあ、忙しい原因は、図画工作関係なので
苦痛ではない。

悩みである。

時間が欲しいと。

ブログに関わる時間?これは休憩時間。



それに教材研究で粘土に触っていた時間は
心地よい時間でもあった。

今日昼間、ようやく一つ文書も仕上げた。
今夜あと2つ。

一つは図工だが、一つは校内レポート。
ウ〜ン後者は、ちょっと くつう。


さて、時間だ。今からお抱え運転手の時間。
いってきます。
[PR]
by saibikan | 2009-09-27 19:33 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(0)

みんな空の下〜富士山でアカペラ〜

2〜3ヶ月前の映像だと思う。
早朝の富士山で収録されたものだろう。
朝がゆえに声があまり出ない絢香の歌。
アカペラで歌っている。
しかし、思いを伝えたいという気持ちが十分に伝わるPV。

バックの小鳥のさえずりがものすごくいいBGM。
後半部分になると伴奏も入って安定した歌いっぷりになる。


特ダネでは、オールアカペラの映像が流れた。7月のことである。
これはやはりすごい。
声は出なくても、安定しなくても、伝わるものが十二分にある。




CDで完成されたみんなの空の下
スタジオで歌ったみんなの空の下
草原で歌いPVとなったみんなの空の下
そしてアカペラだけのみんなの空の下

全て違う
しかしすべて感動がある
[PR]
by saibikan | 2009-09-27 00:01 | 音楽・ミュージック | Trackback | Comments(0)

6年生 2学期図工計画

6年生の2学期図画工作学習は、他の学年と多少趣を変えている。

「総合的な学習の時間」(課題2 平和学習)との関連を図った
課題解決的な学習に近い図画工作の学習を推進している。
テーマを設けた2学期。
「平和への思いや願いを表現し、アートで交流しよう」

軸にはアートマイル海外交流共同壁画プロジェクトがある。
総合での部分も合わせて学習計画

9月 
【総合】長崎修学旅行の課題を持って、事前に調べよう〔指導者T1:担任〕
【総合】アートマイルプロジェクトに参加しよう〔指導者T1:図工専科〕
      〜相手国のことを知ろう〜
【総合】長崎修学旅行の課題を、現地で追究しよう〔指導者T1:担任〕

【図工】わたしを描こう〜イタリアの友達への自己紹介にも使える自画像〜(絵画)

10月
【総合】修学旅行で追究したことをまとめ、
    「平和」について考えよう〔指導者T1:担任〕

【図工】平和への思いや願いを形に(鑑賞)  
    〜平和祈念像・ボタンB・YUGEキッズゲルニカ〜
【図工】平和への思いや願いを形に(共同制作) 
    〜平和を願う像・アートマイル共同壁画〜

11月
【図工】わたしたちのまちを描こう〜いつまでも平和に〜(版画)
【総合】平和への思いや願いを発信しよう〔指導者T1:担任or図工専科〕 

12月
【図工】思い出のやきもの(立体)
【外国語】イタリアの友達に自己紹介をしよう

  
[PR]
by saibikan | 2009-09-26 22:41 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

市現代美術館にて花・風景展〜蜷川実花

デジタル化の時代。イメージにあうように画像はすぐに変化させられる。
だが本当にイメージに近づくかは分からない。
c0052304_2111422.jpg



蜷川実花さんー蜷川演出家蜷川幸雄の娘で、映画監督になったことぐらいしか、
知らなかった。実は写真家だったのだなあ。
それも艶やかさをはるかに超えた見事なまでの超現代的というか
そのような色合いの花の画像作品。

なんだろう、自分がアリとか蜂とかそんな生き物だったら
こう見えるのかなあ、等と思ったりもした。

芸術的価値は高いだろう。凡人ではない。才にあふれている。
幸雄さんの優れた才能の遺伝子を持っている。そう感じる。
写真を加工しないと書いてあったのを読んで益々そう思った。
すぐにイメージに近づけようとデジタルに頼る私には
遠くて敬うべき存在である。

しかし私には、やはりあの写真が並んだ世界にずっと
留まっていることはできないなあ・・・
ある程度の年齢と、派手さのない生き方であったのと、
田舎の落ち着いた色の中で育った経験が、どうしても
落ち着かない極彩色である。

それでも楽しむことはできた。
自分が様々なものを受容しているなあと気づいた時間でもあった。
c0052304_2128778.jpgc0052304_21282136.jpg
[PR]
by saibikan | 2009-09-26 21:34 | 美術作品・美術館・地域美術 | Trackback | Comments(0)

休止活動前に語りと熱唱の絢香

5連休のラスト日
特ダネを見ていたら、なんと絢香が生で出演していた。
歌はわりと好きでよく耳にしていたが、
こんなに長く(といっても15分ほど)自分のことを語る姿は
初めて見た。
小倉だからこそ対話形式で聞き出せたような内容だったかも。

7月にリリースされた最新の曲「みんな空の下」を
生で熱唱。さすが。よかった。
伴奏があってスタジオならやはり声がしっかり出るよう。
(富士山アカペラと比べて)

語り、歌とも、いいシーンだった。
[PR]
by saibikan | 2009-09-26 13:02 | 音楽・ミュージック | Trackback | Comments(0)

市現代美術館にて花・風景展〜名知聡子

クロード・モネと現代日本のアーチスト達ー大巻伸嗣、蜷川実花、名知聡子ー

閉幕前に見に行った展覧会。なかなか衝撃的な作品があった。
モネに続いて若きアーチストと銘打った日本人3名の作品。
恥ずかしながら、3人の中でお名前は蜷川さんしか知らなかったが、
それぞれに個性的であった。
c0052304_7593439.jpg


最も印象的だったのは名知聡子の「幸福と絶望」
インパクトの強い作品だった。
死へ旅立つ情景を思い起こさせるような場面でありながら
希望に満ちたような表情の女性。花までもまるで生きていて
互いに語り合っているかのような風景である。
全長11mの巨大な作品。
もっと広い部屋で、ずっと後ろに下がって、この絵の全体像を
正面から見据えたいと思ったのは私だけだろうか?c0052304_8311369.jpgc0052304_8315755.jpg


カタログには他の作品も数点載っていた。
名知さんは自らを画面に表す画家のようである。内面も外見も。
ここまで自らを繊細かつダイナミックに描く画家も珍しいのでは。
[PR]
by saibikan | 2009-09-26 09:12 | 美術作品・美術館・地域美術 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

トントンつないで導入編
at 2017-06-24 08:10
ソーラン法被背文字の作り方
at 2017-06-04 21:01
運動会ソーラン節2017指導7
at 2017-06-04 20:42
運動会ソーラン節2017指導6
at 2017-06-04 20:23
運動会ソーラン節2017指導5
at 2017-05-30 05:52

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧