<   2010年 02月 ( 42 )   > この月の画像一覧

ぱっくりタマゴの中から6・オムレツ

ついでに見せます。

4年生図工「ぱっくりタマゴ」の中に、タマゴからタマゴという
単純で当たり前な発想もあった。
でも作品を見ると、やっぱりこの子は個性的だな、と思ってしまう。

c0052304_1237318.jpg

[PR]
by saibikan | 2010-02-28 12:20 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

ダチョウのタマゴの行方

以前報告したダチョウのタマゴ。
実は2週間前に調理して食べた。
その後、体調に何ら変わりないので大丈夫だったらしい。
安心して報告できる。

息子達とゆっくりと殻を割っていったが、ちょっと失敗。
中身の黄身の形が崩れてしもうた。
殻もちょっとバラバラっと割れたが、ある程度の形は残せた。
これぞほんとの「ぱっくりタマゴ」だな。
それにしてもボール一杯になるとは、さすがニワトリのタマゴ30個分はある。
c0052304_1283126.jpg


リーの見守る中、かきタマゴに。
白身が多かったからか、色もやや薄く感じた。
c0052304_12142378.jpg


とりあえずタマゴの一部を、三男がプレーンオムレツに。
一部だが結構な量で、プレーンじゃないなこりゃ、ふっくら。
チャーハンまでつくってくれた。
(横でタマネギを切っているのは二男。)c0052304_12234995.jpgc0052304_1224851.jpg

そのほか夜には牛丼に入れたり、再び卵焼きにしたり。
それでもまだまだ余ったので、翌日まで持ち越した。
[PR]
by saibikan | 2010-02-28 12:00 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(0)

近くで見る子ども達の焼き物

こんな感じです
c0052304_1031035.jpg
c0052304_10311576.jpg

まあ、いろいろです。
[PR]
by saibikan | 2010-02-28 10:32 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(2)

大学の同窓会

大学の学科の同窓会があった。
実は私は大学時代は障害児教育専攻(当時は、養護学校or特殊教育科と呼んでいた。いわゆる今の特別支援教育に値する)であり、同じ科の同級生の約半分はその道に進んでいる。残り半分は普通小学校の様々な分野で教鞭をとっている。

私はその後者である。
大学時代はあまり熱心な学生でなく、クラブ活動だけに夢中になっていた。
障害児教育を専攻しながらも、普通小学校教師になりたいという思いを捨て切れず、
こちらの道を選んだ。
一生懸命指導してくださった大学の先生には申し訳ない気持ちでいっぱいだが、
その時の経験は、小学校の担任をするとき大きく役立ち、感謝もしている。
そして、同級生の誰もが、私が図画工作教育を推進する教師になるとは
思わなかっただろう。私自身がそれを予測していなかったのだから。
しかし現実には今、図画工作専科教師である。

当時、科の同級生は、主専・副専併せて、全部で24名だっただろうか。
昨夜集まったのはその中の12名。
今回は約3年ぶりの会である。
卒業以来初めて県外からやってきた同級生もいて懐かしかった。
それにしてもいろいろな立場になるものだと思った。

一人はなんと文科省調査官になっていた。びっくり。(さすがに今回は来なかった。)

参加した12名の中に管理職レベルで4名いた。
小学校校長
小学校教頭
県立養護学校教頭
大学附属特別支援学校教頭

他の同級生も様々な分野で自分の道を進んでいる。
道徳教育の第一人者、緑化教育のスペシャリスト、
サッカー等の熱心な部活指導者、特別支援教育や人権教育でご活躍の仲間、
教務主任でがんばっている友人・・・
学校でなくても支援の必要な子どもたちに関わって仕事をしている同級生もいた。
現在仕事を休んでいても笑顔で会に参加した同級生や
県外からはるばるやってきた数十年ぶり再会の同級生には、特に感謝。
今どこにいるか音信不通の行方不明者もいる。

こうやってみなで会うのはいいものである。
立場は違えど、しゃべっているとみんな学生気分での会話になる。
正直なところ、私は他の同級生に比べると
クラブの仲間と行動することの方が多かった大学時代だった。
この友人たちとの関わりはみんなほど濃くはなかったが、
この会に参加するたびに仲間意識が強くなるのを感じる。

今回は何故か自分では写真を一枚も撮らなかったなあ。
話に夢中になっていたせいかな。
だから今回の記事も、ノー画像である。
ラストにみんなで写った写真が送ってくるのを楽しみにしよう。

同級生の半分は50歳。(彼らは一浪だったので)
私はまだその一歩手前(一応現役だったので)。
つまり区切りのいい年令になったのである。
ということで、自分の年令も今回明かすことにした。

あと10年(11年)をどう過ごすか、考え時だな。
[PR]
by saibikan | 2010-02-28 09:34 | プロフィール | Trackback | Comments(2)

6年生陶芸作品28名分

毎年焼き物を窯で焼いてくれていた友人の田くんが
どうしても忙しいということで、今年は窯で焼くのを業者に頼んだ。
だからいつもよりも多少値段はかかったが、釉薬の色を5色から選ぶことができ、
色彩全体としてはバラエティでよかった。

6年生の完成した全作品 28名分である。
c0052304_1445391.jpg

[PR]
by saibikan | 2010-02-27 14:48 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

卒業記念個人制作は今年も焼き物

6年生の卒業記念個人制作は今年も焼き物。
手びねりの指導は私の方でやっている。
ひもでつくる筒状の入れ物。
基本的には湯呑みやカップである。
制作は12月に実施。

底づくり。手でペタペタと。
ここで大きさをある程度決める。
c0052304_855549.jpgc0052304_942566.jpg


ひもをのせて,のばしながら、形作り。
この子ども達は、私が4年間図工の指導をして来た。
油粘土の頃から楽しく基礎・基本を学ばせたつもり。
c0052304_933372.jpgc0052304_97977.jpg


日常は活発で元気あふれる子ども達だが、
こういう作業は丁寧につくる子どもが多い。
今回はシンプルな形が多く、小さな作品を複数つくる
子どもが目立った。また、例年になく、
粘土や道具を上手に扱い、厚さもよかった。
[PR]
by saibikan | 2010-02-27 09:23 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

Birds & cup

5年生は造形展で、2学期につくったアニマル達に二スを塗り
展示した。写真撮影はしたが、実物はまだ公開していなかったから。

その中の鳥たち。ハヤブサもいる。
木切れは自分たちで探して持って来た。
展示の仕方を工夫している例。
c0052304_7544193.jpg


6年生は、今年も個人の卒業制作は焼き物だった。
粘土のかたまりから、自分の手でつくった作品を展示。

シンプルだが味わいのある作品が多かった。
これはある子どものカップ。
c0052304_820480.jpg

[PR]
by saibikan | 2010-02-27 08:20 | 造形展・子美術展・児美教室 | Trackback | Comments(0)

ぱっくりタマゴの中から5・完成作品

4年生図工 ぱっくりたまご
今回もその作品を数点紹介。

タマゴの中から野菜や果物が・・・
まるでフルーツバスケット
c0052304_21325388.jpg



タマゴの中から噴火山
単純で意外な面白さ
c0052304_21304639.jpg



大きなタマゴから、小さな像がー
逆転の発想 タマゴがきれいな形のゾウの家
c0052304_2150954.jpg



校内造形展に4年生は、ぱっくりタマゴを出品。
楽しく面白い作品が並んだ。
会場にいた保護者の多くが、ぱっくりタマゴを見て
「子どもの発想っておもしろ〜い!」
「ぱっくりタマゴ最高!」
と笑っておられた。
結構母親方に受けが良かった、ぱっくりタマゴであった。
[PR]
by saibikan | 2010-02-26 21:57 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

ぱっくりタマゴの中から4作品

4年図工 ぱっくりタマゴ  完成した作品から

おいしそうです!ある女の子の作品。
c0052304_5234134.jpg

タマゴの中から出て来たのは、カキ氷とぺろぺろキャンディかな?
この子はこんなのもつくっています。↓もう一方のタマゴの中。いや外にまで。

c0052304_5293223.jpg




もうひとつ。こちらは男の子。
c0052304_5325152.jpg

タマゴの中から出て来たのは、帆船と海。
タマゴを壮大な海に例え、ブルーの毛糸で波を表しています。
片方のタマゴの海には、イルカ?
[PR]
by saibikan | 2010-02-26 05:34 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

2が並んだ日

c0052304_21454100.jpg「今だ。とらなきゃ!」
3男TAKUが突然カメラでパシ!



平成22年2月22日22時22分

おう。9が9つならぶ時間かあ。

「あ、気温も22度!」
TAKUが叫んだ。9が11個。

へえ〜

そういうお前は4月22日生まれだな。
[PR]
by saibikan | 2010-02-25 21:46 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

音を感じて5「モスクワの広場」
at 2017-11-16 06:53
音を感じて4「漣」の鑑賞
at 2017-11-14 05:40
「情報モラルの授業」のバイブル
at 2017-11-12 20:15
音を感じて3「華々」の鑑賞
at 2017-11-12 06:59
音を感じて2 華々
at 2017-11-11 06:44

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧