<   2011年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

熊本城マラソンへの道 休足休腰日

熊本城マラソン練習なし 12/31

朝から太ももだけでなく腕や背筋に筋肉痛を感じた。
外を走るとやはり体全体で走っていることが分かる。

無理をせず今年最後の日は、休足(きゅうそく)日、休腰(きゅうよう)日にした。
大晦日ということで、買い出し、ラスト大掃除、明日の正月の準備、
家族そろっての食事、紅白歌合戦と用事もいっぱいだったし。

湿布はきちんと朝から貼って過ごしました。
c0052304_2382092.jpg
最近使ってる湿布はこれ。
東和製薬のサンツールIDパップ。

す====っとして良く効きます。
[PR]
by saibikan | 2011-12-31 23:47 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

熊本城マラソンへの道 ロードで1時間

熊本城マラソン練習 12/30

久しぶりにロードに出て練習  やはりベルトの上とは違う
地面は動いてくれない  自分が地球をけっては進まなきゃいけない

すぐに重力を感じて重くなった  大丈夫かな?  膝も若干小さな痛み

まあいけるとこまでいこう 痛くなったらすぐに歩こう
そう思ってゆっくりと走った

道路は室内と違い傾斜がある
障害物がある  音がする  風が当たる  光が目に入る
だからエネルギーを使うが、それが次第に楽しくなる
やはり外はいいなあ・・・

そんなことを思いながら走っていると痛みは薄らいでいった
時計を見て約30分で折り返す

多くのランナーとすれ違った  まだ挨拶を交わす余裕はない
夕暮れになり、ついに家の前まで走り切った

60分間  ゆっくりとでも走り切った

c0052304_20323512.jpg
外での60分は室内とは大違いである
かなり疲れたし、両足のももが張っていた
でも痛みは感じない

距離は7KMぐらいだろうと予測する

本番の42KMまでは遥か遠いが、少しずつ近づけよう
後50日で、できるところまででいい

それより新しく靴を買おう
もうぼろぼろだ
[PR]
by saibikan | 2011-12-30 20:36 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

熊本城マラソンへの道 スタートまであと50日と十数時間

熊本城マラソンへの道 12/30

なんとあと50日しかない。

今から1週間前にようやく運動を再開した。
ラストチャンスかな。
ここでまた痛めたら,今度はあきらめるしかない。
だからゆっくりとペースを上げていく。
それでいて調子は早めに取り戻す。
難しいが「出場目標」を果たすためである。
計画的に見通しを持って走れるよう記録しておく。
c0052304_16183286.jpg


12/24 クリスマスイブの日、ランニングの練習再開。クリスマスソングを
   聴きながら,イルミネーションを見ながら聖夜のラン。
   いや、ランというよりジョグ。かなりゆっくり、約3km外を走った。
   爽快だった。足も特に変調無し。実に50日ぶりのランニングである。

12/25 スポーツジムのマシーンで時速7.5kmというスローで60分間。
    夕方の快走。これも特に足や腰に痛みはない。

12/26  仕事後夜、スポーツジムのスタジオのエクササイズで体を慣らそうと
    ランランを始めたが30分で膝に違和感。途中退室。
    温泉ですぐに療養。横の動きがよくなかったよう。
    
12/27 朝から痛む膝に湿布。これがよく効いた。数分で痛み消えた。
    昼は1日中仕事。夜も用心のためこの日はおとなしく,運動もせず。

12/28 仕事納めの日、夜にスポーツジムで60分間走。その後
    スタジオでアブスのエクササイズを45分間受けた。
    膝を心配したが変調無し。

12/29  スポーツジムで50分完走。好調。

さて今日は,外のランを始めよう。   
    
[PR]
by saibikan | 2011-12-30 16:21 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

ぎっくり腰を起こしたわけ

一月半前に
なぜぎっくり腰になったかーたぶん、たぶんでの話だが。

11月9日 クラスの体育で鉄棒の授業。
休み時間になり,久しぶりに自分でも前周りや後ろ周りをしてみた。
その後高鉄棒に移動。7年ぶりにコウモリ飛び降りをしてみた。
成功。
見ていた一年生が目を丸くして
「もう1回やってえ」
調子に乗って
「じゃあもう一回だけね」
ぶらーぶらー、くるり、とん。
拍手。

11月10日 見学旅行で通潤橋へ。
橋まで上って,下の布田保之助像のところに傘を忘れたことに気付き、
子どもが橋を渡り終えた後全力で駆け下りて,全力で駆け上り。
五郎ヶ滝への道が崖崩れのため急きょ遠回りの道へ。一周したので
途中で道の先を確認するため,山道を走っていった。

11月11日 特に何もなしだが朝から腰が重い。

11月12日 掃除中にプリンタを持ち上げようとして,ぎく。

みんなが言うには
「年甲斐もなくコウモリをするあなたの無茶が原因」

やはりそうかな。
[PR]
by saibikan | 2011-12-30 12:19 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

まだまだ遠いフルマラソンへの道

道は遠い。
そう感じている。
フルマラソン復活への道。
だが,そう簡単にあきらめるわけにはいかない。

申大会に申し込んだ9月から、「走る」ことに焦点を当て練習を始めた。
順調に進んでいた走り。
このブログでも10月30日に紹介した。

11年前に1度出たきりのフルマラソン。
いつか膝を治してもう1度挑戦したいと思っていて、
地元での第1回大会の開催。ようやく巡って来たチャンス。
素人だから記録より完走をめざすだけでいい、そう思って
数年ぶりに外の道を走り始めたのである。

しかし2ヶ月後、思わぬアクシデント。
11月12日の「ぎっくり腰」
部屋の片付けで床に置いたプリンターを持ち上げようとした瞬間の出来事。
ピキ;
軽い痛みだった。
だが本能的に「これはやばい」とすぐに作業を中断。
腰に湿布を充てた。
「今日はおとなしくしておこう」

翌日、症状は軽くなった。
「ああ,大丈夫だった。よかった。しばらくはストレッチぐらいにしておこう。」
だが体にひねりを入れた動きをした瞬間、ひどい痛みがー。即座に
「ああ無理だ、これは思った以上に悪い。」
瞬間的に察知した。案の定、その後は重い痛みが時折腰を襲った。
数日間全く自分の運動を止めた。
ジム通いもランニングもなし。

だが、何日経っても夜になって腰が重くなる。朝は少し痛みが出てくる。
途中何度かもういいだろうと思って,ストレッチや軽く体を動かそうとしたが
体育の授業での簡単な柔軟運動さえも苦痛の種。
腰を曲げたり飛んだりすることは極力避けるべきだと悟った。

12月になって痛みがなくなってきた。
学習発表会で指揮をしたり,寸劇に出たりしたが、ほとんど痛みはない。
4日、リハビリを兼ねてジムで軽く歩く程度の運動をやってみた。
久しぶりにアブスの場で体を動かす程度。
気持ちのいい汗だった。
だが体全体に何か重しがある感じがしていた。
まだランニングは無理だろうなあ・・・

そして7日、人間ドックでゆったりの一日
「完全に治るまで何もすべきではない。」
医者の忠告に、落胆のぼく。
たたみかけるように健康に詳しい友人も
「フルマラソンなんて無理。今走っては絶対ダメ」
若干落ち込み、あきらめた方がいいかな・・・とも。

そうこうしているうちに通知表の時期。
運動どころではない。採点,評価に追われる日々。
年末の忙しさと相まってリハビリさえも中断。

通知表が仕上がり、ふと気付くと腰の重さを感じない。
ようやく治癒の段階に来たかーしかしー

これまでの人生でもよくあった。
思うように進まない状況
途中であきらめるべきかと悩む事態
夢が遠のいていく心中。

知人や友人は言う。
「無理だよ。もうやめなよ。」
「そこまでこだわる必要はないじゃん。」
「復活って言ったってたった一度走っただけでしょう?」
「それも途中で歩いた,あれが原因でひざを痛めたじゃないか。」
「故障はやめろというメッセージ。」
いつのまにか自分の中の別の自分も同じように囁いている。

知人や友人の有り難い助言を、
たしかに一理あると、言葉の意味をしっかりと受け止めた。
しかし、自分の体のことは自分が最も分かる、
と自信を持ちながら,冷静にメタ認知しながら考えてみた。

もともと無理をするタイプだし、ケガの多い体質。
しかし今回11年待ったフルマラソンへの再挑戦は、
記録は考えず完走目標なので練習も今回は無理をしていない。
数年前から、ジムでの運動は定期的に続けて来ているので
ある程度の筋肉と心肺機能は保たれていると考えられる。
完走目標(途中で歩かない)を、出場目標(歩いてもいいから)
に変えてやってみよう。今年いっぱいそれを考えてゆっくり
運動再開で試してみる。もし再度、痛みがひどい状況になれば
あきらめるしかないだろう。そう、私は陸上専門家ではないから。

ただ、11年前のあのフルでゴールしたときの爽快感をもう1度
味わいたいだけなのである。自分にいいように分析はしてるのだけど、
冷静に見ているところもあるつもり。

そして10日前からリハビリ再開、1週間前から徐々に走り始めたところである。

1997年に6年担任をしたときの卒業アルバムにある「自分の夢」の欄に
子どもたちの夢に混じって、私は「フルマラソン出場」と書いたことを思い出し、
今、記事にしています。
[PR]
by saibikan | 2011-12-30 07:15 | スポーツ | Trackback | Comments(2)

秋の写生大会の人気スポット3

秋の写生大会の人気スポット3

唐人町通りには,様々な店や建物があり、見ているだけで楽しくなる所が多い。
特に食べ物屋さんは、子どもたちの嗅覚や味覚を刺激し、絵画表現にも誘う。

この有名なケーキ屋さんの前にも数名並んで座っていた。
我がクラスは一人だけだったが,丁寧に熱心に描いていた。
道路を挟んだ向こうの店並びを、ケーキ屋さんを中心に描いている。
c0052304_6583916.jpg

そうそう,この子どもは,このケーキ屋さんに職場体験したのだ。
自分が店内で働いていたことを思い出しただろう。
[PR]
by saibikan | 2011-12-17 07:00 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

アートマイル壁画展in Kanazawa

金沢で大規模なアートマイル展覧会が開かれるそう。
清水先生がまとめられているのだろうなあ。

金沢で大規模なアートマイル展

熊本でも作品は結構生まれているのでやってみたいが、
なかなか踏み出せないでいる。
展示場所をさがさなくてはいけないしスタッフも必要。
そして推進役が不可欠。

c0052304_23393918.jpg



PS 通知表時期だからだろうか,アクセスが極端に少ないヨ・・・
  ぽちもそうかな?
[PR]
by saibikan | 2011-12-16 23:39 | アートマイルプロジェクト | Trackback | Comments(0)

秋の写生大会の人気スポット2

4年生の子どもが自然と多く集まって描いていた場所第2弾

学校前の道路を挟んで位置するお寺「西光寺」の入り口。
ここはほとんど男子。

入り口の屋根は緑なのだが,描く子どもたちは一様に「金色だった」と言う。
描いた時間は午後。6時間めに現地に行ってみると、寺の向こうは西側で
屋根に太陽の日差しが当たっていて、たしかに金色に近かった。
夕方に向かっていた時間だったからだろう。
c0052304_6203298.jpg
c0052304_6202164.jpg


もっと描き込めたらいいなとも思ったが,4年生ではここまでが限界かな。
それでもがんばってよく描いたなという感。

ちなみに子どもたちの作品は,4月の時点で、全家庭から作品掲載の許可を得ています。
[PR]
by saibikan | 2011-12-15 06:00 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

秋の写生大会の人気スポット

 9月にお店・施設に職場体験に出かけた4年生。
10月の秋の写生大会でも、地域に出かけて好きなところを描くことにした。
もちろん、時間上、安全上、全く自由にというわけではなく、
学校近くのこの通りとこの通りの辺りで、ここからここまで、
という制限は、ある程度した。

ただ、「ここは絵になるよ」「こういう構図で描いた方がいい」と教師がいうのでなく、
子ども自身が描きたい所を見つけて描こう、というのがスタンス。

50人がまちに散らばって描いた。

そんな中4年生にとって人気スポットのひとつは,この店。
「PUREY」(ピュアリイ)
体験に行ったお店ではないのだが、多くの子どもが描いていた。
この店の前には子どもが最も多く座り込んで、この店の並びの風景を
描いていた。古い民家風の外観と、明るく新しい雰囲気の店内に惹かれたらしい。
c0052304_23454842.jpg

c0052304_23523119.jpg

ここを選んだのは、女の子が多かったですね。
[PR]
by saibikan | 2011-12-13 23:40 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(5)

「感動のドラえもん最終回」を見て

「感動のドラえもん最終回」という話がある。
恥ずかしながら、その内容をよく知らなかった。
昨日、そのマンガ(実際は音楽入り)を読んで、その出来映えに感動を覚えた。
だが、その元となるマンガ、数年前に著作権上問題となったものだった。
そのことも十分認知していなかった私に、数名の方がコメントやメッセージを下さった。

私の書いたこの記事自体を削除しようかと思ったが、
直接メールでご返事できない方もおられるので、
一時ここで内容を書き換えることでお返しとしたい。
これを機会に、著作権について今一度考えたい。

ドラえもん最終話同人誌問題(ウイキペディア)

このブログにコメントくださったKさんありがとうございました。
率直に内容を受け取りました。個人的なアドバイスと判断し、
あえてコメントを公開はいたしませんが、その代わり
このような形でお礼を申し上げたいと思います。
(つまり不承認ということではありません。リンク先がなく
 直接のお礼ができませんでしたので、ここで述べました。)
いつもブログを読んでくださっているということで、
その点についても感謝申し上げます。
[PR]
by saibikan | 2011-12-13 23:28 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(3)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

トントンつないで導入編
at 2017-06-24 08:10
ソーラン法被背文字の作り方
at 2017-06-04 21:01
運動会ソーラン節2017指導7
at 2017-06-04 20:42
運動会ソーラン節2017指導6
at 2017-06-04 20:23
運動会ソーラン節2017指導5
at 2017-05-30 05:52

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧