<   2012年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「のはらうた」子どもの創作詩2

野原の住人になってつくった詩の続き。
1月に学習。
3人分紹介。
c0052304_7453775.jpg

c0052304_7462434.jpg

c0052304_7474838.jpg

[PR]
by saibikan | 2012-02-26 07:48 | 国語授業 | Trackback | Comments(0)

「のはらうた」子どもの創作詩

一月に国語の勉強で、
それぞれが詩を創作した。
「のはらうた」の住人になって・・・
c0052304_7295235.jpg

c0052304_7301720.jpg

これが図工の「ここにいるよ、すてきな住人」にも、つながる。
[PR]
by saibikan | 2012-02-26 07:31 | 国語授業 | Trackback | Comments(0)

熊本城フルマラソン当日ラン2

スタートからしばらくは、とにかく人が多い。
でもそれが幸いし、飛ばすことはない。
川の流れに乗るように、ゆっくりゆっくり走る。
中には飛ばして人を抜き、前へ前へと進む人も居る。
だが私は、必要以上にスピードを出さない。

以前の経験から私は知っている。
まずはゆっくり走ること。
それが大切。
私のような素人は亀になるつもりで走る。
以前はウサギだったな。
そう思いながらゆったり走る。

沿道は人が多い。
声がかかると楽しく走れる。
周りも同じような感じである。
この流れのペースを守って走ろう。

南熊本駅前。
時間があれば応援するから、と言ってくださった同僚がいた、
おられるかもな、とちらっとみたが分からなかった。

しかしあとで、カメラを構えて待ち構えていたと聞きましたー。
数百枚連続して撮られたということで、翌日さがしてみたら、あったあった、
ちゃんと一枚の中に写っていたのです。感謝でした〜
c0052304_7242425.jpg


途中,自分でも写真を撮りながら行きたいと思っていたが
ちょっとこの流れでは止まれないなあ=と思いながら、そのまま走った。
寒さのゆえか、トイレにも行きたくなったが、どこのトイレも行列。
トイレの数が少ないのだろう・・・
先で、先で、と思ってるうち西大橋へ。
きつい上り坂、そして10km地点。
そこで初めて大きな声で名前を呼ばれた。
うれしかったなあ。
前の学校の保護者だった。

そして約12kmのドームでトイレへ。
しかしここもたくさん並んでいた。
5分以上の待ち。
中に着込んでいた一枚のブレーカーを脱いだ。
くるくるっとくるめてポシェットの中に入れ、サングラスは外し、
イヤホンも取り外すことにした。
トイレも終わって身が軽くなり、川尻方面へ再スタート(続く)
[PR]
by saibikan | 2012-02-25 07:54 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

熊本城フルマラソン当日ラン1

熊本城マラソンから5日たちました。
無事に走り終えた感動と興奮は翌日まで残っていましたが、
しだいに足の痛みや疲れが出て来ました。
学校内外の仕事も山積みで、ちょっと精神的な疲労も溜まって、
ブログ更新やフェイスブックも滞ったままになってしまいました。
報告を楽しみにしていた皆さんには申し訳なく思いましたが
少し体と心の休養期間を取っていました。

今日も一日ものすごい量の仕事をこなさなくてはなりませんが、
朝は少し気分がいいので、ちょっとブログページを開いています。
マラソン当日の報告を始めます。

2月19日(日)朝は、気温が低く寒い日だった。
それでも曇り空からしだいに晴れ間が見えるよい天気。
目標であったスタート位置に立つことができた。
感無量!。
熊本城を見上げる中心街通町での約1万人のランナー終結は、
思った以上の人並みでまさにお祭り気分。
c0052304_5454365.jpgc0052304_54558100.jpg

多くの人に囲まれ、真ん中には、知事・市長・陸協会長が立ち並び
すばらしい雰囲気に。

2月19日(日)9時 ついに熊本城マラソンがスタートした。
30kmロードレース、フルマラソン、4kmの部の順でスタート。
私はもちろんフルの部として参加。
フルは9時2分に号砲でしたが、しばらくはゆったりとした流れ。
準備運動がてら歩き始めたという感じだ。
スタート位置を通過したのは約6分後。ようやく軽くジョグが始まった。
たくさんの人が応援していた。
ついにゴール目指しての42.195kmの開始であーる。(続く)

*当日もらった熊日号外です。
これをみると、すごかったなあとあらためて思います。
c0052304_5493768.jpg

c0052304_553559.jpg



どこにいるかさがしてみました。
私は6時間宣言のEブロックだったのでかなり後方です。
多分このあたりかーと。
帽子の色(黒),白いシャツで背中にキャラクター、うでに黒のバンド
なのでなんとなくですが・・・
c0052304_547197.jpg

[PR]
by saibikan | 2012-02-24 06:05 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

熊本城マラソンへの道 スタートまであと4時間

皆さんお早うございます。
ついにマラソン当日です。
久々早寝早起きしました。

子どもたちの言葉とクラスのマスコットキャラクター「レインボースターミー」を背負って走ります。
このシャツ見かけたら応援よろしくお願いします。
c0052304_4455066.jpg

[PR]
by saibikan | 2012-02-19 04:46 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

熊本城マラソンへの道 前日受付

今日は朝から部活動の練習試合とお別れ会。
終了後、職場(学校)から市民会館までジョギングしました。
そう明日の熊本城マラソンの受付があるからです。
c0052304_20423280.jpg

この大会、なんと前日までに受付をしておかなくてはならないのです。
私などは地元だからいいけど、中途半端な距離から来る人にとっては困っただろうなあ。
宿泊か往復か、しなけりゃいけないから。
県内なら朝早く出ればいいし、今は新幹線があるから、ちょっとの距離なら
当日来れないことはないのです。
たしかに前日から来れば市は潤うけど、実際の市民マラソンの大会では、
広い駐車場があったり、体育館があったりで、参加者は選択肢があり、
楽しむために低予算で参加したい人も多いのです。
c0052304_20425711.jpgc0052304_20432354.jpg


さて受付ですが、市民会館でなんと本人確認受付のあと、ゼッケンをもらいにホールに移動、
そして参加賞のTシャツは会館から出て,信号を渡って外のテント会場で受け取りでした。
今回は参加料が高額な上、受付の仕方もあまり評判よくなかったような感じで、
(一緒に受付に並んでいた県外の方が不満たらたらでした)
もうちょっと参加者サイドで考えるべきだなあと思ったのは確かです。
もちろん,地元の大会だから,自分も盛り上げたいけど、運営面に関しては
もっと他地域の地域密着型から学ぶべきでしょう。でも,大会成功のために
多くの職員やボランティアの方ががんばっておられるのは百も承知。
ありがとうございます。

受付終了後、ゴールの熊本城へ行ってみました。
明日の準備を着々と、という感じでした。
二の丸公園ではマスコミの方々がリハーサルをしていましたが、
かなり寒かったです。
明日もこんなに寒いのかな〜スタートの待ち時間が思いやられます。
ちょっとでも気温が上がってほしい・・・な
c0052304_20464885.jpg

[PR]
by saibikan | 2012-02-18 20:49 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

熊本城マラソンへの道 スタートラインが見えて来た

熊本城マラソン 何とかスタートラインに立てそうです。
昨日は,久しぶりに10km走りました。走れました。
腰も何とか良さそうです。
1時間20分ほど。ゆっくりでしたが、気持ちいい時間でした。

今日はもう散歩程度におさめておきました。

職員朝会で、校長先生からマラソンについての話がありました。
市民みんなで盛り上げようと言う話が市からもあったとのこと。
うれしかったです。子どもたちにも堂々と話ができました。
しかも、本校職員から出場者がいるので・・と拍手までもらいました。
いやあ,マジでうれしかったです。ひっそりと初マラソンに出た12年前とは大違い。
やっぱり地元の大会はよかばい・・と思いました。

PTAのお母様方が数名用事で学校に来られていて、
「大丈夫ですか?」「ほんとに走るのですか?」
と心配してくださいました。
「もちろんです。でも○○さんの家の前で倒れてたら介抱してください。」
と言う冗談までは笑っていらっしゃいましたが、
「大丈夫です。昨日、生命保険金を上げときましたから。」
とマジに言った時は、さすがに怪訝な顔をされました。

ごめんなさい。心配してくださった気持ち、ほんとはとても
有り難く、感謝しています。

そして子どもたちとも,今日マラソンの話題で盛り上がりました・・・続く
[PR]
by saibikan | 2012-02-17 23:10 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

「ここにいるよ,すてきな住人」1全体構成

来年度4年生(3・4年下)教科書題材「ここには、きっといるよ」を
モチーフに、若干自分なりに改善を加えた授業。
c0052304_5555685.jpg
1 題材名  
  「ここにいるよ,すてきな住人」

2 題材のねらい
 本題材は、身近な場所の雰囲気から思い付いてつくった想像上の住人(キャラクター)と場所の様子を写真に撮ってお互いに見せ合い、形・色のよさや組合わせの面白さを感じ取ることが大きなねらいである。身近な場所と住人という組合わせに、子どもは、形・色などの感じに加え、自分の思いや経験も重ね合わせて、想像したり、鑑賞したりできる題材である。また、「住人をつくる」「写真を撮る」という表現活動も取り入れることで、鑑賞と表現が一体化した題材にもなっている。

3 学級の実態
(図工・鑑賞に対する興味関心のみ。あとは省略)
 ①図工に対する興味・関心(学習前アンケート)
とても好き 92% まあまあ好き8% あまり好きではない0% きらい0%
 ②鑑賞に対する興味・関心(学習前アンケート)
とても好き 60% まあまあ好き 32% あまり好きでない4% きらい4%

4 指導上の留意点
 (1)鑑賞会をゴールとした共通課題の設定
 (2)写真の活用
 (3)形・色に着目させる資料や発問
 (4)ICT活用
 (5)製作メモ・アイデアスケッチ活用
 (6)紙粘土使用
 (7)国語と関連した言語活動の重視

5 題材の目標
(1) 身近な場所にいそうな「住人」を楽しく想像してつくったり見たりする。(関心・意欲)
(2) 身近な場所の雰囲気や場所に対する思いをもとに、形や色を考えて、そこに いそうな「住人」を想像する。(発想・構想の能力)
(3)粘土の特性を生かして,形や色、接合を工夫しながら住人をつくる。(創造的技能)
(4) 形や色に気をつけながら、想像上の住人のよさや、場所と住人の組合わせの面白さを感じ取る。(鑑賞)

6指導計画 6時間扱い
(1) 参考作品の写真から、場所から住人を想像する楽しさやそれを見る楽しさを知り、学習の見通しを持つ。
(2)自分で選んだ場所の写真を撮り、場所の雰囲気に合わせて、住人を発想する。
(3)場所から発想した住人を粘土でつくり、住人の写真を撮る。
(4)場所と住人を組み合わせた写真を撮り、「すてきな住人」鑑賞会に使う組写真を選んで、同じ班の友達に紹介する。
(5)他班の友達と少人数グループをつくり、鑑賞会をしながら、すてきな住人のよさや場所との組合わせの面白さを見つける。

************************************

表紙は子どもたちの作品を入れ替わりで紹介しています。
以前もお知らせしましたが、子どもの作品掲載許可は得ています。

c0052304_09889.jpg

[PR]
by saibikan | 2012-02-17 06:01 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(3)

熊本城マラソンへの道 敵は内にあり

孔子曰く
 「敵は外にあらずして内にあり。」

外からの敵、インフルエンザは何とか撃退しました。
しかし、用心すべき敵がまだ体の中にいます。
それはー腰痛。

まさかここでまた来るとはなあ。
2ヶ月前にピキッと来たのは右腰。
あれだけ用心して復活し、ストレッチ入念な運動と、急激な力仕事を避ける心がけで
もう起こすことはあるまいと、十分注意に注意を重ねて来た。
しかしインフルエンザ菌の襲来は熱や咳だけに留まらなかった。
月曜の夕方だった。布団の中でちょっと体をひねった瞬間のこと。
一瞬左腰に「ピ(キ)!」と電気が走った。記憶にある痛み。
ただし「ピ」で体が反応してストップしたので、以前よりも軽し。
それでもやはり一晩痛みがあった。
インフルエンザによる関節の痛みが,ここに来て、まさかこの場所にー
と一瞬恨んだ。またあのときのような痛みが続くなら、一週間後は走れないーと
正直、あきらめかけた・・・だが、
「ああこれは我が体内に住みし敵ならば、うまくつきあわねばならない」
と悟り、あきらめるより対話だと、腰に話しかける。
「無理はせんけん,はよ,治ってくれよ、な」
早速、強力湿布薬の購入。
数時間ごとに張り替え、この二日間、無理な動きを避けた。

インフルエンザなので解熱しても二日間は感染の恐れあるため仕事は休み、
が功を奏したのか、家でじっとしていたのもよき方向にはたらいたらしい。
腰痛も、思ったよりも早く回復した。今日の夕方には,やや重くは合ったが、
不思議なほど痛みがなかった。

明日は久々出勤。子どもたちと顔を合わせるのは6日ぶり。
何となく恥ずかしいな。こんなに病気で学校を開けたことはないから。
でもそんなことを気にしてはいられない。
自分の腰痛と同居は続くのだから、それを一番に考えておかなくてはー
走っても腰痛君が怒らないようにすること。

私が自分の体を大切にして後4日間を過ごさねばー。
まだまだ油断はできない。

熊本城マラソンのスタートはそこまで見えているが,道はまだ遠い・・・
[PR]
by saibikan | 2012-02-15 23:45 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

写真の中で躍動する造形作品たち

美術作品は,展示の仕方でイメージが変わってきます。作品を置く場所,周囲の様子,光・・・様々な要素が,作品を生まれ変わらせます。それは,表現者が, 見る側つまり鑑賞者の視点をもって作品に向き合うときでしょう。
 図画工作の立体的な造形作品は,できあがったあとに,教室や廊下に一斉に並べられるだけのことが多いですね。しかし,子どもが自分の作品を別の場所に工夫して置いてみるとちょっと違った雰囲気になります。 この時子どもは,自分の作品の色・形・イメージを, それまで以上にしっかり鑑賞しています。さらにその立体作品を,方向や角度を工夫して写真に撮って見てみると,背景と一体化した新たな作品に生まれ変わります。

 ***********************************

 上の文章は,私たちKJチームの電子書籍プロジェクトで、私が担当する図画工作のページの中の「写真の中で躍動する地球の動物たち」の項(仮タイトル)の一文である。

c0052304_1822038.jpgc0052304_18221652.jpg

  実践のベースは,2年前の『図工・美術にカメラを』の一環で授業をした題材「動物たちが春日のまちにやって来た」。紙粘土でつくった「世界にいる好きな動物」を,カメラを使って「私たちのまちにやって来た地球の動物たち」に変化させたもの。「実際のトラは森林や湿原で生息しているけれども,子どもがつくった立体作品のトラは都会のまちで吠えている。」そんなユニークな世界をカメラは写し出す。写真の中で,立体の動物たちが躍動している。図画工作でのカメラ活用の可能性を開く,楽しい実践のひとつといえる。

 ところで、作品をある場所に置いて撮影し、二次的な作品とする取り組みは、個人的にすでに10年ほど前から実践を続けて来ている。図画工作の中における写真の活用は、アナログとデジタルの融合に留まらない新たな世界を生み出す。
c0052304_18351991.jpgc0052304_18425866.jpg

 今年もそれを継続しながら新たなスタイルも取り入れた。子どもの作品が,さらに子どもの思いを膨らませて、新たに生命の息吹を感じさせる。アートとしての素晴らしさを、私は子どもたちと一緒に追究している。そしてその実践の中で、子どもたちにしっかりとした表現力や思考力が培れているのを感じる。それを授業実践の積み重ねで証明することが、自分の役割でもある。

このブログの表紙を新しく飾った写真(図書室に住む妖精たち)を見てほしい。これは場所から住人を想像し,自分でつくり、それをどう置いたらいいかと考え、撮影して友人に紹介するという新しい題材の中で生まれたある子どもの作品である。これは表現と一体化した「鑑賞」を中心とした4年生の題材。
c0052304_18225092.jpg
 
 私たち大人もこの作品を「鑑賞」しながら,子どもの思いを想像しよう。
 きっと楽しくなる。私たち大人にもそういう感性が必要ではないかな。
[PR]
by saibikan | 2012-02-14 18:44 | 図工室経営・図工美術論 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

ABCの歌LMNOP
at 2017-10-14 05:24
ABCの歌LMNOP
at 2017-10-14 05:24
新外国語教育の年間計画・活動例
at 2017-10-12 05:17
移行期間の外国語授業時数
at 2017-10-10 05:44
熊本 みずあかり 2017
at 2017-10-09 08:52

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧