<   2013年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

12年後の私 ニス塗り・完成

6年図工 立体 12年後の私 ニスを塗って完成

テカっていい感じになる。

c0052304_6102069.jpg

c0052304_6113774.jpg


勢揃い
c0052304_6144039.jpg

[PR]
by saibikan | 2013-01-30 06:15 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

週6日制に賛成?反対? 2

賛成派、反対派に分かれ、まず数名意見を言いたい人に発言してもらった。
その後、各派で自分たちの考えを深める協議。
その後再び全体で、討論という流れ。

子どもなりによく考えているものだと思った。
それぞれの発言を聴いていると、
その子どもが、どこからそういう考えを持つかが
ある程度見えてくる。

自分の体験や欲求から。
親や身近な大人からの言葉やそこでの関わりから。
学校での生活や学びから。
塾や地域での学びや関わりの中から。
テレビや新聞、インターネット等の情報から。

話し方も様々

とにかくどんどん発言する。
へえー、そう、知らんかった、と相づちや短い反応だけする。
ほとんどしゃべらず聴いているだけ。
ある情報を鵜呑みにして、あるいはそれを絶対的なもののように話す。
いろいろな情報を自分なりに咀嚼して自分の考えを織り交ぜて話す。
相手の考えの矛盾をつこうと、攻めるように話す。
相手の考えを尊重しながらも、筋を通して話そうとする。

個性が見える。

結局結論が出るものではない議題である。
1学期の国語のように判定者がいる討論でもない。
どこかに収束する話し合いではないのだが、話し合いの中で思考が成長していく。
最終的に「あなたの考えは?」に対して、基本的には「変えない。」と
判断した子どもがほとんど。ただし「ちょっと中間ぐらいかな。」とか
「両方とも納得できるとこはあるんだけど・・・」などというつぶやきは生まれた。
中には、「討論自体は好きじゃないんだ。終わったとき心がちくちくするから。」
と言った子どももいた。
考えが変化したり深まったりしながら、表現も若干変わっていったようだ。

思ったよりいろいろな意見が出て盛り上がった。
それらを私が真ん中から書きなぐっていった板書を載せておく。
これまたあまり計画的な授業でなかったので、不備のある板書で申しわけない。

でもなかなか楽しい授業だった。
c0052304_21175021.jpgc0052304_21172076.jpg
[PR]
by saibikan | 2013-01-28 21:19 | 社会授業 | Trackback | Comments(0)

週6日制に賛成?反対? 1

約10日前、ニュースで流れ、新聞にも掲載された。
「学校週6日制導入を検討 」
早速これを授業のネタに活用

記事を子供達に見せます。
「見た見た」
「嫌だなあー」
「これ本当?」
「決まったわけじゃないでしょう?」

これを言った大臣は?

「安部総理大臣?」

確かに総理の考えではあるが実務的に行う国務大臣は?

「文部科学大臣」

ああ、そうだね。新聞にもそう載っていた。
文部科学相という書き方で載っている。

さっきだれかがいったよう決まっているわけじゃない、 検討するといっている。
「検討」
「どうなるの?」

今から意見を言い合うんだよ。内閣とか国会とかでね。

「ふーん」

みんなもとりあえず大臣であり国会議員だから、ここいらで意見をいいあってみよう。
しかも現実には小学生で義務教育を受けてる身だから、直接関係ある話題でしょう。

というわけで、取り敢えず、自由な立場で賛成反対を明確にしてもらった。

我がクラスの6年生24人の意見はー

週6日制に 賛成11人 反対13人 だった。

思ったより拮抗

c0052304_22115213.jpg

[PR]
by saibikan | 2013-01-27 22:11 | 社会授業 | Trackback | Comments(0)

切り紙版画実践サイト

切り紙版画について

10年前に作ったサイトはこれら

切り紙版画 saibikan

切り紙版画の進め方 西尾

指導手順の中にある「すり」のプレス機はないときは手刷りになります。
そのときは、湯のみで代用します。今回はまさにそれでした。

c0052304_55466.jpg

[PR]
by saibikan | 2013-01-25 05:05 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(2)

白黒の切り紙版画で表す○○の世界6 製作過程

1下絵
c0052304_23453612.jpg

2転写
c0052304_23424260.jpg

3白黒分け
c0052304_4574254.jpg

4切り
c0052304_23482289.jpg

5インク付け
  写真なし
6刷り
c0052304_2352422.jpg

7完成
c0052304_23525657.jpg


というような手順でつくります
[PR]
by saibikan | 2013-01-24 23:54 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

白黒の切り紙版画で表す○○の世界5

最後は、Aちゃんと同じテーマ。
今回の取り組みの原点となった藤城さんの作品の影響を受けたとも言える。
光と影のファンタジー(藤城清治)

○空想の世界を表した作品。
c0052304_23213630.jpg

c0052304_2322860.png

[PR]
by saibikan | 2013-01-24 23:19 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

白黒の切り紙版画で表す○○の世界4

6年図工 白黒の切り紙版画で表す○○の世界

さあ、こんなテーマに取り組んだ子もいる

○外国の文化をアレンジした作品

「自由の女神と平和の世界」 何かポスターみたいなのを参考にしたかもしれない。
              だがこれは白黒で表すためには自分で考えなくてはならない。
c0052304_225387.jpg


○「World end」子どもの考えた題名は左。見ての通り阿修羅像である。
        細かい線を丁寧に切っている。左右の反転や対照も面白い。
c0052304_2251937.jpg

[PR]
by saibikan | 2013-01-24 00:23 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

白黒の切り紙版画で表す○○の世界3

6年図工 白黒の切り紙版画 
さあ、自由題材にしたところどういうテーマを持ってきたのか?

○日常の体験や身近な風景からテーマを選んだ子どもの作品

「3段タワーの上から見た世界」  運動会の組体操
c0052304_1434937.jpg


「熊本城を下から見上げた世界」  我が熊本の壮大なお城
c0052304_1451133.jpg


○社会科で学んだ日本の歴史的文化等をテーマにしてアレンジした子どもの作品

「歌舞伎の世界」 写楽のようである
c0052304_148647.jpg


「心落ち着く日本の風景の世界」 京都の寺と山梨の富士山を組み合わせたとか・・・
c0052304_150187.jpg

[PR]
by saibikan | 2013-01-22 23:39 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

白黒の切り紙版画で表す○○の世界2

1学期に白黒版画の実践を報告しようとして1回で止まっていた。
FBでふと振り返る機会が生まれたので、再度報告しようと思う。
ただ数ヶ月経った今の段階では、単なる実践報告というより
版画とは?図工とは?というテーマに近い述べ方になるかもしれない。
そのときはご勘弁。

では今の思いを「敬体」で述べてみよう。以下ーーー

版画といえば白黒の生活版画。それが我が県では主流だし、私もそこの会で学びました。会の中には、プロ級と言われる指導の先生方がいて、すばらしい作品を子どもの中から誕生させられます。それはそれですごいことだと思っています。子どもの思いが、優れた表現として生まれることには賞賛します。
昔、私もよく作品を持っていきました。多くを先輩方から学びました。作品研究会で版画の技術的な基礎・基本を教えてもらいました。それを知っておいて損はありません。その場でいろいろ教えてもらいました。はあ、こうすれば子どもは自分の思いを白黒だけで表現できるのだ。やはり定石というものは大切だな、とも。

ただし私が持っていった作品に対してよく言われた言葉がありました。
「さいびかん先生のクラスの作品はいろいろなパターンがあるね。」
「子どもの作品が個性的だね。」
「また新しいやり方をやったんだね。よく新しいことに挑戦するね。」
すべてほめ言葉だと受け取っています。そう言われることが自分の理念を称えてもらったと感じています。

プロ級の先生方の中には、木版画なら○○先生、切り紙版画なら○○先生、紙版画なら○○先生と、得意分野を持たれていて、その先生は毎年その版画をされているという例もあります。その先生方が指導した作品は,壁にかけていると「おおー」と感嘆の声が出るような児童作品があり、版画展のすばらしい賞を獲得しています。
私も時々版画展に出しますが、たまに入賞。入ったときは本人に伝え、よかったねーと言って一緒に喜びますが、あまりクラスで大騒ぎはしません。(昔はやってたんですよねーちょっと反省してます)
私は賞のある展覧会を否定はしませんが、今ではさほどそこにエネルギーを注ぎません。

私は版画の種類もいろいろ試しています。テーマも大きさもこれまで千差万別。だから一つを極められないのかもしれませんが、ここに私は芸術家でなく小学校教師だから、といつも自分で納得しています。
版画は面白い!図工は面白い!全員がそういう思いを持ってくれることが喜びです。だからいろいろ試すし、いろいろな作品ができあがることを子どもと一緒に楽しみたいのです。

一番悲しいのは作品づくりに入る前に「どうせ賞に入らん」「いつもへたくそだから」という声が出るとき。まあ、これは版画に限ったことではないのですが(絵でも工作でも)。


さて,今年は6年生で切り紙版画(B4サイズ)をやりました。私は6年生ではよく切り紙をするのです。今年なぜやったのかは・・・ブログに一度書いていました。でも、そのまま止まっていました。だからちょっと続きを書こうかなーーーー今そういう思いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実はこれはFBに書いていていつのまにか長くなり,これはもうブログだな、と内容を
こちらに掲載したもの。だからFBからここに見に来られる方がたくさんいるだろう。

ま、そういうこと。

Aちゃんの作品だけ紹介しておこう。
摩訶不思議だけど、いいんだよねーこれ生活版画だけに慣れていると、このよさが分からないだろうけど。藤城さんだったらどういう反応するのかな??

c0052304_0105359.png

[PR]
by saibikan | 2013-01-21 00:11 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

12年後の私 色塗り

6年図工 立体 12年後の私 色塗りへ突入

白い粘土の段階と比べると
カラフルになり 新たな命が吹き込まれたよう

c0052304_23165993.jpg

c0052304_23175155.jpg




まだ完全にできていないがあとは休み時間を利用して色を塗るしかないのだ

今週はニス塗りに入るから
[PR]
by saibikan | 2013-01-14 23:18 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

わずかな時間の掃除指導(学級..
at 2017-04-18 04:51
聴く=耳+目と心(学級開き2)
at 2017-04-17 04:33
4年学級開きは今年も折句で(..
at 2017-04-16 04:10
担任が決まってする事 201..
at 2017-04-04 22:03
思い出やお気に入りの場所9 ..
at 2017-01-28 04:55

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧