<   2013年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

坂を駆け上がる缶

念力を鍛えてみました。休日の暇つぶしです。



が、やってみると簡単には行きませんでした^^
結構時間がかかった・・・


 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
[PR]
by saibikan | 2013-04-29 17:34 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(0)

熊大情報研2013 4月例会6

WSでは各3人グループでテーマに沿って話し合い、作品作り。
ロイロノートで約30秒のCM作り(スライドショーみたいなもの)。

わずか一時間半ほどで作り上げるのは大変だったが、全グループ完成。
我がグループもなんとか作り上げた。

作品は、著作権や肖像権の関係上ここでは見せられないので、
プロジェクト(?)図だけ掲載する。
c0052304_2354149.jpg


***********************
ワークショップ後の各グループの振り返り
***********************
「これが大事だ」と前田氏は言う。

その通りである。評価が大切なのだ。そこで思考し、次へのステップとなる。

そして最も大事なのは、その振り返りのさせ方だろう。
結局、ただ「反省しよう」では
「楽しくできた」「むずかしかった」「よかった」で終わる。
具体的な言葉かけが必要ということ。

私達大人が反省しているとき、前田氏が途中で口を挟んだのは、多分、
私達の反省の仕方がまずかったのだろう。

・なぜうまく行ったのか?
・もし次回同じことをする時の改善点は?

これは一例だそうだが、子どもたちに振り返らせるとき、
なんと言う言葉かけをしたらいいのか、
みんなで考えることも面白い。

さて、今回各グループの振り返りは以下の通り。
順不同。意見は似ていたものもあったので
適当に整理している。

^^^^^^^参加者の振り返りの言葉^^^^^^^^

ロイロノートは実に使いやすい。
共同で行う時とても効果的なアプリ。
ロイロノートで学習の振り返りができる。
自分の歩みをみられる。
トンネルが共有化という意味でとても良いし、使いやすい。
アイデアを考えるシンキングツールとして活用できる。
ロイロノートのよさはー俯瞰できる、共有できる。
子どもにとって、楽しみながら考える。
自分の考えが見える。
グループ分けをすることで思考力育成。

字や写真が小さく、全体を見るにはアナログの付箋紙でも有効だしむしろそっちがいい場合も。
ただし学校に一台しかないと(しかも教師個人のもの)ロイロノートは十分に使えない。
やはり学校に数台のタブレットがあればいい。
テーマって大事。
グループ機能がつけばいい。
削除が大変、一気にできないか。
共有すると散らかってしまう。
共有したものを集められるステーションがあればいい。

自分たちのグループは役割分担ができた。
協同学習としてみた場合、大人は自然と役割分担ができたが
子どもは何かマニュアルというか形が必要かもしれない。
アイデアをどう沸き起こさせるかー手だて フオーマット。
3人でするとき自分のアイデアが取り入れられる喜び。
相手を変えて伝えると今日の学びが生かせる。

ストーリー作りが大切

音の効果について考えさせられた。ぴったしあった音楽選び。
音のないよさ 曲のよさ どちらもねらいがあってそれに適したものであることが大事。

文字をどうやって手書きするのかな?
アプリの使える面と使えない面の共有
静止画+動画の組み合わせ方。

情報がありすぎると伝わらない

写真など、蓄積があるといいが、多すぎると情報の選択や整理で困る。
手書き等のいろいろなアイデアを真似したい。

これまでウインドウズでやっていたがiPadでやってみたい。
DVDに焼くまでやってみたい。



〜〜〜〜〜〜〜講師の杉山さんから〜〜〜〜〜〜〜〜

c0052304_23595867.jpgディベートなどに使う実践もやれたらいい。
エレベーターピッチ(育成プログラム)等も最近は重視されている。
他のページ作れないかという意見にびっくりした。
モデル事業として扱ってもらえたらうれしい。
これはいわゆるツールである。
授業作りの重要性。
[PR]
by saibikan | 2013-04-27 21:21 | 情報教育(ICT/情報研/JAET)) | Trackback | Comments(0)

熊大情報研2013 4月例会5

下記↓ 杉山さん作成のyoutubeアップの「ロイロノート紹介」の動画です。




さて、熊大情報研2013年 4月例会 午後の部は、ワークショップ。

ロイロノートを活用して「熊大情報研のCMをつくろう」

CM作りは実はこれまでも何度もやってきたこと。
しかもこのテーマ「熊大情報研のCM」は何度となく使われてきた。
それがスライドショーであったりビデオであったり。

今回はそれが、ロイロノートであるということだ。

ロイロノートは、思考するノートであり、伝えるためのプレゼンソフトでもある。


ロイロノートの使い方を知り身につけるという意味では、
テーマは、数回体験したようなことでよかっただろう。
わずか一時間ちょっとしかない時間で、テーマが広かったら、
さすがに我々でも完成は難しかったと思う。
以前やったテーマをロイロノートだったらどう使う?的なWSが仕組まれていた気がする。

私達のグループは、写真探しに時間がかかってしまいぎりぎりで完成した。
ただしやりながら「つながる」というテーマ性は見いだした。
[PR]
by saibikan | 2013-04-27 21:04 | 情報教育(ICT/情報研/JAET)) | Trackback | Comments(0)

熊大情報教育研究会2013 4月例会4

午前中ラストの部
【杉山竜太郎さん(株)ロイド】

ロイロノート開発への思い

教育投資ーICT活用
21世紀型スキルー思考力・判断力・表現力育成
教科教育に使える

acts21

きれいに見せる資料を作る、ではなく

自分の考えを整理するツール」」」子どもたちが目的意識を持って
何かを調べる。
再構成して
分かりやすく意識して伝える。

問題解決の力育成につながる
c0052304_12444420.jpg



ロイロノートの使い方
金澤先生の実践を紹介しながら

ロイロエジューション
 子どもが動画を作る
 ウインドウズ用

ロイロスコープ
  教材の動画をつくる
  ウインドウズ用

かなりいいソフトですね。

さあ、午後は早速ワークショップです。
ロイロノートを使ったワークショップ。
楽しみです。


午後の課題が出ました

「熊大情報研のCMをロイロノートで作ろう」
[PR]
by saibikan | 2013-04-27 12:38 | 情報教育(ICT/情報研/JAET)) | Trackback | Comments(0)

熊大情報教育研究会203 4月例会3

休憩後の続き

【平川先生】ータブレットを活用する教室環境と授業ー

 大分からやってこられました。

 相変わらず、すごいICT機器
 授業でIpadを活用されています。
 教室で4台。グループで。
 理科の実験の予想ボードとして。実験の記録として。

 DVDに無線がついている機器
 iPadにつないでみることができる。
 様々な使い方ができるなあ〜〜

 ほかにも驚きの連続の紹介でした
  
c0052304_11719.jpg


【村松先生】〜ICTを活用した算数〜

 算数5年 等しい分数

 分数鵜の概念をきちんと持てるため
 デジタル教材を使った授業

 教育センターオリジナル教材「ケーキ」


教育センターオリジナル教材「分数スロット」


 面白いですね〜〜〜一度上にアクセスしてみてください。

c0052304_1119457.jpg

[PR]
by saibikan | 2013-04-27 11:25 | 情報教育(ICT/情報研/JAET)) | Trackback | Comments(0)

熊大情報教育研究会2013 4月例会2

講座開始です。リアルタイムの報告をしてみます。

【前田先生】ー本年度の方向性と理論!みたいなものー

  本年度のテーマは 「タブレット型情報端末の活用」

c0052304_10373592.jpg

知識基盤社会に必要な力  キーコンピテンシー

    1道具を相互作用的に使用できる力
       目的に道具を合わせる

    2 異質な人々と相互にかかわり合う力
       協力して問題を解決する

    3自律的に行動する力
       自分の役割に気付き活用する

 タブレット端末とは

 個による「知識」の創造
    一次情報と2次情報

 集団による「知識の創造」
    メディアミックス

今年度は、「タブレット端末授業活用のこだわり」

 学習課題の設定 が重要

  問題解決力 と コミュ二ケーション

    学習者の意識は? 

      自分は何を学ぶのか

           リーフレットを作ることで自分は何を学ぶのか?

       振り返り・評価・改善
   
 前田先生から「電子書籍」のすすめ

  ほー、そんな視点で電子書籍のよさがあるのかー
  参加者は分かりますね。
  
【藤田先生】
  iTunesUの使い方について。
  熊大情報研の映像記録もあることが分かりました。

  すごい電波の混雑で動画は動かないという学びもありました。


【山口先生】「iPadの日常的な活用について」

  クラウド、PDF、手書き入力のよさ

  PDFのアプリ 学習予定表等を例に
 

【塚本会長】「PDFを使った発表をする NoteAnyTime」

  DropboxからPDFをDLし、NoteAnyTimeで開く。
  すると便利なプレゼンができる。
  ズームや手書きのラインなどもできる。
  日本語入力可能。
[PR]
by saibikan | 2013-04-27 10:37 | 情報教育(ICT/情報研/JAET)) | Trackback | Comments(0)

熊大情報教育研究会2013 4月例会1

本年度も熊本大学教育学部情報教育研究会がスタートしました。
4月27日(土)9:00〜

本年度のテーマは「タブレット型情報端末の活用を考える」
c0052304_939373.jpg


本日は、iPad活用と、ロイロノート活用があります。
会長のダイエット話から始まって参加者の自己紹介です。

いつものように面白く楽しい自己紹介です。
皆さんのプレゼン能力を鍛える機会です。

iPadの話題。
学校の話題。
子どもの話題。
家族の話題。
健康の話題。
老後の話題。
金稼ぎの話題。
異動の話題。
渋滞の話題。

相変わらず笑いのある自己紹介です。
[PR]
by saibikan | 2013-04-27 09:45 | 情報教育(ICT/情報研/JAET)) | Trackback | Comments(0)

花のつくり

理科の授業を楽しみにしている子どもも多い
観察・実験という体験があるから。

5年 最初の単元は 花のつくり
c0052304_4364910.jpg


校内にはあまり自然がない。
私の家の近くにある菜の花畑から持ってきた。

菜の花を家の近くの河原から引っこ抜いて根と土ごと持ってきた子どももいた。

ルーペでしっかりみる。
ピンセットで丁寧に分解する。
c0052304_4371487.jpg
c0052304_4372891.jpg



つくりはよくわかった。
ただし、どう育っているか。
花が咲き、枯れ、実がなり、種子ができるという大切な部分への実感が少ない。
町の子だからかな。
マンションー道路ー学校の往復が多い。
学校の敷地も狭く学級園はない。
植物を育てる体験をさせたいものだ。
[PR]
by saibikan | 2013-04-25 04:41 | 理科授業 | Trackback | Comments(0)

俳画「春の香り」の作品

5年図工で描いた俳画 「春の香り」

作品紹介

MさんとYさんの作品

葉っぱの勢いあるパイナップル
光が良く当たっているリンゴ

いずれもいいですねーー
c0052304_23324914.jpg

c0052304_2333152.jpg



授業の様子は下記
  俳画「春の香り」
[PR]
by saibikan | 2013-04-23 23:31 | 学級づくり | Trackback | Comments(0)

俳画「春の香り」

5年生最初の図工授業
2時間で基礎基本を身につけさせて、作品仕上げまでいく。

準備したのは、タケノコ、パイナップル、バナナ、リンゴ。
身の回りにあったり、店頭で香りに吸い寄せられたりした果物。
形や色もちょっと考えながら選んだ。

自分の描きたい物を選んでもらう。
「楽だから」とりんごを選ぶ子が多い。
「絵が好きな人や得意な人はパイナップルに挑戦してみよう」
と声をかけながら人数調整。

実物を触り、触感を味わった後は、和紙(版画紙)に墨汁と墨で一気に描く。
絵手紙風に
「ちょっと角をはみ出すように」
がミソ。

その後、私が自作した、絵の具の使い方」の映像を視聴。
後は色を出して自由に塗った。

全体には、

水をうまく使って濃さを調整。
主の色に近い色を3つぐらい選ぼう。
べた塗りしない、丁寧に。

と声をかけたぐらい。

後は例によって動きながら
「お!これいいね」
とほめてまわるだけです。

c0052304_6394278.jpg
c0052304_6395794.jpg

c0052304_6402526.jpg

c0052304_6415533.jpg


作品はここにあり
[PR]
by saibikan | 2013-04-23 06:40 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

わずかな時間の掃除指導(学級..
at 2017-04-18 04:51
聴く=耳+目と心(学級開き2)
at 2017-04-17 04:33
4年学級開きは今年も折句で(..
at 2017-04-16 04:10
担任が決まってする事 201..
at 2017-04-04 22:03
思い出やお気に入りの場所9 ..
at 2017-01-28 04:55

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧