<   2013年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

銅版画「城砦」の鑑賞授業で学ぶ2

 *これは、Mark村上(Markは通称である。)氏の公開授業及び研究授業に参加した
  SaibiKanが、実際に授業を見、多くの方の意見を聴きながら考えたことをふまえて
  書き綴っている記事。

  この実践が市図工・美術教育研究会の研究局の事業の一つとして行われたもので
  あること、チームで意見を出し合いながら皆で作り上げた授業であることから、
  研究局代表として、総括的な意味を含めて書いている。

  もちろんきちんとした記録は、他の場でまとめて報告作成中。したがってここでは、
  私見を交えているが、授業者に感謝の意を表しつつ、今後の図工・美術教育の授業
  作りのために、発信している。

 ************************************

1 題材名 見つけよう、感じよう、絵の中から 〜城砦〜

2 題材のねらい
   他者と対話しながら感じたことや想像したことの違いを感じ、作品が表していることを
  自分なりに想像したり考えたりするような鑑賞の楽しさを味わうこと。

3 作品「城砦」を題材に取り扱う意義
   熊本市現代美術館所蔵。おびただしい瓦礫の山やその上に横たわる龍(ドラゴン)、
  そして背景には、ビルのような建物とその上の家屋などが緻密に描かれている。絵に
  表された世界がどのようにしてできたかは容易には分からず、かえって鑑賞者が自由に
  想像できる。描かれたものを関連付けながら、作品に表された世界ができたいきさつを
  想像したり、自分なりに名前をつけたりすることで、子ども達同士がお互いの見方や、
  感じ方の違いを交流できる魅力的な作品。
   
   以上1〜3は、村上氏の指導案からの引用である。

ここで図画工作の鑑賞の内容の系統を見てみよう。(学習指導要領解説書)
12年
(1) 身の回りの作品などを鑑賞する活動を通して,次の事項を指導する。
  ア 自分たちの作品や身近な材料などを楽しく見ること。
  イ 感じたことを話したり,友人の話を聞いたりするなどして,形や色,
    表し方の面白さ,材料の感じなどに気付くこと。 
34年
(1) 身近にある作品などを鑑賞する活動を通して,次の事項を指導する。
  ア 自分たちの作品や身近な美術作品や製作の過程などを鑑賞して,
    よさや面白さを感じ取ること。
  イ 感じたことや思ったことを話したり,友人と話し合ったりするなどして,
    いろいろな表し方や材料による感じの違いなどが分かること。

56年
(1) 親しみのある作品などを鑑賞する活動を通して,次の事項を指導する。
  ア 自分たちの作品,我が国や諸外国の親しみのある美術作品,
    暮らしの中の作品などを鑑賞して,よさや美しさを感じ取ること。
  イ 感じたことや思ったことを話したり,友人と話し合ったりするなどして,
    表し方の変化,表現の意図や特徴などをとらえること。
c0052304_1155850.png   


34年の記述にある「身近な美術作品」とは地域の美術館にある作品もその一例である。
授業の中で、授業者が「作者は熊本市に住んでいます」と言ったとき、子どもが、
「へえー」とつぶやき作品を身近に感じたのは事実である。   


c0052304_1115724.png
そしてこの作品には、インパクトのある「龍」が中心に存在する。きっと子どもはここに食いつくだろう、の予想通り彼らはここに強く惹き付けられた。そのおもしろさや、不思議さを感じ取った。
だがそれだけではなかなか作品全体に目がいかない。この作品のよさは、様々な瓦礫の描かれ方、背景と前方との違いである。それに気付かせるには、子どもの視点をあえて焦点化させる必要があった。その意味では、全体像→上半分→下半分→全体像という見せ方はよかった。そして子どもの感じ方が異なっていく様は、それが確かだと感じた。
c0052304_119952.jpgそれも子どもを作品の前に座らせ、間近で見て教師とやり取りをすることも効果があった。さらに子ども自身が小さな作品を持って考えたり、友達と対話しながら考えるという手法はこれまで私たちの多くが実践してきた授業作りが役立っていると感じた。実物を持ち込むことや、学芸員・作者の話を最後に持ってくることも然り。


上述のような取り組みで、子どもは絵を見ながら多くのことに気付くが、深く考える力そしてさらにしっかり見る力を付けるには、やはり授業者の力量(いわゆる授業力)が必要になる。その点で、私たちは、村上氏の授業に学ぶことが多かったのである。
子どもの発言の取りあげ方、言葉のやり取り、発問、部分に注目させるためのアナログの活用(虫めがね)やデジタルの活用(タブレットとテレビを使った拡大)、発言を構造的に書いていく板書。こういったところは、チームでなく個人の力だと感じた。

次回はそのような点について具体的に述べてみたい。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
よければ、ぽちとワンクリックを。
[PR]
by saibikan | 2013-10-27 11:03 | 版画会・県市図美研・図工研発 | Trackback | Comments(0)

銅版画「城砦」の鑑賞授業で学ぶ1

わくわく授業図画工作部会 秋の陣

市図美研主催による授業研究会。授業者は我らが仲間の一人「Mark村上」氏である。
彼は、私とは長年のサークル仲間。すでに15年以上の長い付き合いだ。
彼の授業からは学ぶことが多い。

c0052304_654454.pngそして今回彼が授業で取りあげたのは、おそらくこれまで誰も図工美術の授業で扱っていない作品。市内在住の東弘治氏の製作した銅版画作品「城砦」。

東さんも知り合いではあるが、美術作家としては尊敬の域に値する方である。
おいそれと気軽に作品を掲載するわけにはいかない。
許可をとっていないのでリンクで紹介する。
以下である。

 銅版画「城砦」:東弘治 作

この作品が伝えるメッセージは何か。
まずは自分の目で見て、自分の心で感じてほしい。そう思います。



作者が作品で何を伝えたいのかー大人はついそれを知りたがり、すぐに調べたりする。
もちろんその欲求は大事だが、まず絵と向き合おう。
つまり解説よりも絵を見て考えようー絵には何が描かれているか、何を表しているのか。

 絵を見ろ、そして感じろ、さらに考えよ。

それが今回の授業や研究会でもポイントとなったところでもある。(続く)
[PR]
by saibikan | 2013-10-27 07:10 | 版画会・県市図美研・図工研発 | Trackback | Comments(0)

前時の板書を生かし色塗りへ

授業参観時の授業の板書を残しておいて、翌日の1時間目に活用した。
全く同じではないが、ある部分を消さないことで、前時間の意識を継続する。
たまに時間割をこのように組む。
(板書を撮影して画像に残し、次の時間にテレビに映せばいいことではあるのだが・・)

また、この日の最初には、「私の声に似たおじさんが解説する『絵の具の使い方』のビデオ」を見せた。学年初めだけでなく、絵画の題材のたびに見せることにしている。そして、色塗りの間も、時々流しておく。
c0052304_211537100.jpg


子ども達は丁寧に色を塗り始めた。
前時間の学習が生かされているようである。
実に静かに、黙々と塗った1時間だった。
c0052304_21164511.jpg

[PR]
by saibikan | 2013-10-26 21:17 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

下書きと彩色の間の鑑賞授業

先日の授業参観では図工をした。

めあて:スケッチの絵を見て考えよう。

ねらい:⑴線描きした絵のよさに気付き、自分の絵に自信や安心感を持つ。
    ⑵色の工夫を友達といっしょに考え、彩色に意欲を持つ。

主な内容:
 子ども達が、写生大会で描いた自分の下書き(ペン書き)の絵をグループで見合ってよさを伝えあうこと、これから色塗りをどうやっているか考えたりアドバイスしあったりする授業。

上のは子どもに対するねらいだが、保護者向けにもねらいがある。
「子どもの絵を『上手・下手』の言葉かけだけしないでほしい。子どもの絵を丸ごと認めてほしい。絵から見える我が子らしさを受け止めてほしい。」一回だけの授業参観では伝わらないかもしれないが、日々の授業とリンクしていることを理解していただけるといいなと思った。

ー授業の流れー

1 今日のめあてを知る「絵を見て考えよう。」

2 「鑑賞に関するアンケート結果」を教える。
   *前記事に掲載

3 洋画・日本画の名画数枚のスライドを見せて、感じたことや好きなところを言う。
  →いろいろな描き方があること、様々なよさがあることに気付いた。

4 めあてに「スケッチの」を加え、自分たちの線描の絵を見て考え、よさを伝えた。
  →欠席の子どもの絵を見てよさを全体で出し合った。
  →各班でよさを伝え合った。

5 色の工夫をどうしたらいいか考え、語り合う。
  →同じ学校の先輩の描いた絵を見て色の工夫に気付いた。
  →自分の絵を見ながら彩色の工夫を考えたり、友達にたずねたり、アドバイスをしたりした。

6 今日の学習を振り返り、感想を書く。
時間ぴったりに終わった授業参観。


c0052304_7474994.jpg

[PR]
by saibikan | 2013-10-26 07:47 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

絵の鑑賞に関するアンケート

写生大会を描いている途中だが、鑑賞の授業を計画していたので、アンケートをとってみた。
実際は4段階で自己評価し記入した(◎○△×)が、ここでは2段階での集計結果で示す。
◎○・・・好きな方  △×・・・好きじゃない方
                           10月21日実施
1 図工の授業は好きですか?
  好き 21人  好きじゃない 0人

2 絵を見るのは好きですか?
  好き 20人  好きじゃない 1人

3 絵を見られるのは好きですか?
  好き 14人  好きじゃない  7人

 3の理由 ◎○ 楽しい、役に立つ、絵を描くとき生かせる、
      △× はずかしい、へただから、何これとか言われるから

4 絵を見せた時のうれしい言葉、嫌な言葉
 うれしい言葉・・・上手だね、すごいね、よくかけてるね、おもしろいね、がんばったね、きれい
 嫌な言葉・・・・・下手、何これ、ここはこうすればよかったのに、意味分からん、 
          (いかにもわざとらしく)上手〜〜

なるほど、と思った。
絵を見ることが好きな子どもがこんなに多いとは思わなかった。
ただし見られるになるとかなり減る。
ここが授業のポイントになる。
それでも3分の2が見られるのが好きだと言うのはうれしかった。

この翌日にスケッチの絵を使った鑑賞授業を行った。

c0052304_765521.jpg

[PR]
by saibikan | 2013-10-26 07:05 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

大正ロマン溢れる旧第一銀行

写生大会で描いている場所・建物。

唐人町は、大正中期に卸問屋街として賑っていた。
当時、ひときわ目をひいていた第一銀行 熊本支店の近代的な外観。
大正7年(1918年)建設。石と煉瓦で仕上げた外観。
鉄筋コンクリート造り地上2階、地下1階建。連続するアーチ窓。
道路側の両端に塔屋を配している。
全国の第一銀行の設計を手がけた西村好時(にしむらよしとき)氏の設計。
c0052304_444971.jpg

平成8年(1996年)、老朽化のため取り壊しの危機に。
しかし、平成9年(1997年)保存を願う市民の署名は実に3万人分にものぼった。
1997年末にピーエス株式会社のピーエスオランジュリによる建物の活用が決まり、存続することに。

現在は、ピーエスオランジェリとして、会社の事務所兼ショールームとして活用されている。
住まいやライフスタイルなどに関する様々な形の情報発信が行われている。
国指定登録文化財。

小学生が写生をする際にも興味惹かれる場所である。
c0052304_471882.jpg

c0052304_410364.jpg

[PR]
by saibikan | 2013-10-23 04:10 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

明八橋Movie

身近にある様々な場所のよさに気付かせたい。


[PR]
by saibikan | 2013-10-22 22:05 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

写生大会の子ども達のよき姿

町でスケッチをしている子ども達を見ていると、自然に触れたり町の雰囲気を味わったりしながら、描くことを楽しむ姿があった。植物や家屋に近づいてじっと見ては、熱心に鉛筆を走らせる姿があった。また、「ここはどう描けばいいかなー」というつぶやきに「私はこう描いたよ、ほら。」と言いながら友達同士でアドバイスしあう姿も見られた。よいかかわり合いがあった。

「先生。ここの描き方が分からん」と私に助けを求めてきた時は、もちろん支援した。するとうれしそうに「ありがとうございます!」とのお返し。
c0052304_1801881.jpg
また道行く人から「よく書けてるね」と声をかけてもらっている子どもや、お店の人から「そこにある椅子を使っていいよ。」と座る場所を提供してもらっている子どももいた。人との温かいかかわりも感じた、よき秋の一日だった。
[PR]
by saibikan | 2013-10-19 18:05 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

最近は写生大会はあるのか?

昔はよく学校全体で「写生大会の日」として、一斉に絵を描いている時があった。
外に出て描くだけで、心は解放され、笑顔で絵を描く子どもが多かった。
だが授業時数削減や、交通事情の変化や不審者対策の安全性から、実施が難しくなってきた。
周りを見ると、写生大会を行う学校は、今はずいぶん少なくなったようだ。
日本全国で見るとどうなのだろう。

c0052304_9303584.jpg自分のところでは「写生大会月間」を設定している。学校一斉に行うわけではないが、会議で「写生大会」として提案がなされ、決められた期間に学年ごとにスケッチをし、作品を仕上げる。


自校の毎年の様子を見ていると、各学年の取り組みに一定のパターンがある。

1.2年生は、見学旅行で乳搾り等を体験した牛を描いたり、虫取りした体験の絵等。
3年生は、学校内で自分たちの姿を入れて感動した体験の絵。リコーダーを吹けるようになったり、鉄棒ができるようになったりの絵。
4年生以上は校外に出て、町並みをスケッチしている。
上級生は校外でも学年によって、あるいは年度によってパターンが変わる。

例えば今年。
4年生は、校区の外れにある大きな神社の境内で、好きな場所を選び描いた。
5年生は、校区内の町の通りに沿って教師が選んだ数カ所から場所を選択して描いた。
6年生は、隣の校区のお城まで出かけ、城内で場所を自分で決めて描いた。

写生をしている子ども達の実際の様子は、一つの学年しか見ていないが
青空の下、笑顔で描いていて、実に気持ち良さそうだった。

c0052304_9324211.jpg

[PR]
by saibikan | 2013-10-19 09:36 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

iPhoneで写したみずあかり2

なんとなく南米系の香りがする竹灯籠。

鮮やかで賑やかで踊っている感じ・・・が、しませんか?

c0052304_22572980.jpg

[PR]
by saibikan | 2013-10-13 22:58 | 美術作品・美術館・地域美術 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

「わからない」が言える子どもに
at 2017-05-24 22:47
伝統ある八千代座を訪ねる
at 2017-05-07 04:59
国語辞典の付箋紙活用モデル
at 2017-05-06 10:19
学級目標づくり
at 2017-05-04 23:09
新学期2日目の朝の指導「挨拶」
at 2017-04-30 03:48

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧