<   2015年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

特撮博物館in熊本は今日まで

ずっと行きたかった特撮博物館。ようやく昨日行って来た。
熊本市現代美術館。

いやあ、面白かった!昔懐かしい、ジェットビートルやウルトラホークの乗り物もあり、子どもの頃のことをいろいろ思い出した。昭和半ば生まれの人間(ウルトラマン世代)には、懐かしい香りがいっぱいだった。


そして昔を知らなくても楽しめた「東京に巨神兵現る」の9分映画。

また、その「メイキング映像」では、特撮美術の面々の職人技やアイデア、楽しい人柄や遊び心には見入ってしまった。2回も見た!

発想力、挑戦力、試行思考力、チームワーク、ユーモア、笑い、遊び心満載・・・やっぱり、楽しんで工夫して作る力や心って大事だな。

いよいよ今日までです。

c0052304_06240696.jpg
c0052304_06241969.jpg


[PR]
by saibikan | 2015-06-28 06:25 | 美術作品・美術館・地域美術 | Trackback | Comments(0)

手作りコロコロガーレ9完成

制作5時間で、コロコロガーレが9割は完成。
どうしても時間何に終わらない子どもは出てくるが。想定内。
「次の鑑賞まで作っておけばいいよ。」
に、笑顔で
「はい!」
と答え、休み時間に作っていた。
出来上がった子どもたちは、横にいて一緒に作ったり、出来上がったもので遊んだり。
実は鑑賞も始まっている。

今ではもうほとんど出来上がった。
来週の鑑賞と振り返りで終了。
c0052304_06483414.jpg

[PR]
by saibikan | 2015-06-26 06:49 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

手作りコロコロガーレ8対話

2時間制作後、子供は休み時間も作る。
こちらから作れとは言わなくても。
「作っていいですか?」
「おお、どんどん作れ」
コロコロを持ってきて数人集まり、話しながら作っている。
休み時間だから自由な会話もあっているが、
耳をすますと、それぞれの課題に沿った対話も行っている。

A「ここがうまくいかないんだよね。」
B「どれ、貸してん。あーここがいけないよ。」
A「どうすればいいかな。」
B「そうだなあ・・そこはね、〜だから、こうすればいいかもー」
C「いやいや、・・・したらいい。ぼくは、こうしたらうまくいったよ。ほら」
AB「すげえ!」

そんな対話も行われながら自主的制作も続いた。
だから、次の週には出来上がりそうな見通しもついた。
c0052304_07000591.png




[PR]
by saibikan | 2015-06-23 06:30 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

手作りコロコロガーレ7思考

製作者に近づいて対話をすると、みんな自分の考えを話してくれる。
考えてる。自ら考えている。だから話せる。ものがあると話せる。
それが図工のいいところだ。
まだまだ制作は始まったばかりだけど、みんな楽しそうなのだ。

c0052304_03472558.jpg



[PR]
by saibikan | 2015-06-22 03:48 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

手作りコロコロガーレ6創造

コロコロガーレ制作開始のシーンである。
発想・構想から創造的技能の活用へ。
それぞれの材料、それぞれの動き、それぞれのスタート。面白い。
ここでは8人分だが、32人いれば32通り。
c0052304_06151288.jpg

このあっと、「思考しながら創造」を繰り返し、2時間があっという間に過ぎる。


[PR]
by saibikan | 2015-06-21 06:39 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

手作りコロコロガーレ5制作

コロコロガーレの制作が始まった。
まずは2時間。
すでに自分でたくさん箱や厚紙を持ってきている子どもがいる。
そういう子ども達は、
「どうやって作るんですか?この説明図はわからない。」
などとは言わない。そりゃあそうだ。彼らの頭の中に設計図があるから。
今回はセットものではないから。
見た目のデザインでなく、仕組みに思考は動いている。

とはいえ、そういう子ども達だけではない。
一生懸命作ろうという意欲があり、図もなんとか書いたが
実はどう作るかよくわかっていない子どもがいる。
また、材料集めは行わず、何も持ってきていない子どももいる。
「工作用紙だけでいい。」
そういうが、どうしたらいいのかわからないような表情。

このような子どもたちもいるので、一気に作るとはいかない。
もちろん「早く作らせてー」とうずうずしている子どももいるが
ある程度の手順と、諸注意はまず全体でしなくてはならない。
日々教材研究の時間があまりないので、授業の設計図は私の頭の中。
準備は特になく、提示用の図もない(あれば早いのに・・・反省しながら)
雑な板書で一斉指導。
それから一気に制作スタート。


その後は
 自分でガンガン作る子ども
 材料を見てながめている子ども
 自分の設計図をみてつぶやいている子ども
 友達と相談している子ども
 じっとしている子ども
いろいろな姿が見える。
その子ども達の姿を一望して、どう動くか決めて自分の個別指導もスタートする。

c0052304_06494106.jpg
*雑然とした机の上だが、この子どもの表情は笑顔。手は自分でどんどん動いている。

  

[PR]
by saibikan | 2015-06-20 06:50 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

手作りコロコロガーレ4構想

2時 自分のアイデアを生み出し、図や言葉にする

ワークシートを配り

「ここにアイデア書いてみよう。上手に書けなくてもいい。形や動きがわかるように。」
「材料は自分で持ってきていいよ。先生からは基本となる工作用紙をあげます。材料なども書き加えてみよう。」
「1時間目に見た動画や、教科書を参考にして。」

とじっくりアイデアを生みだす1時間。

「先生、あの動画また見せて!」
「見たい?」
「見たい見たい!」

というわけで参考動画をまた見せた。
そして途中も時々流しておいた。
だからかなり影響は受けたが、それぞれ自分なりのアイデアを書いていた。

一人一人の意欲と発想・構想が見えてきた。
子供なりによく考えている。
見取り図的に描ける子どもも数名いた。

途中で、自由に歩いて伝え合う、アイデア紹介タイムもとった。

振り返りも言葉で書かせると、何を感じていたかもわかった。
指導者側としても、さらに楽しい時間である。
発想・構想の時間であっても、教師は動き回ることだ。

c0052304_06304274.jpg

[PR]
by saibikan | 2015-06-19 06:31 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

手作りコロコロガーレ3試作

1時 試しの制作

4人グループに1枚の工作用紙
そこには
 一辺10cm四方の正方形+2cmの枠付きの図が2個。(底面)
 幅 4cmで高さ15cmほどの長方形で真ん中におり目線入れの図が4個。(柱)
事前に私が書いておいた。

基本的な立体図形の作り方を教え、共同で作らせる。

指導したことは
 折り目の入れ方。(ハサミの先やカッターでキズをつける)
 定規を当てて折り曲げる。
 山折り、谷折りの意味。
 ボンドのつけ方。
 接着したところの止め方(クリップや洗濯バサミ)

ハサミの使い方も指導したほうがよかったな。
本来は低学年で指導しておくことだろう。

一人でなく共同でやって見たことで
・切るところを分担してできた。
・得意な子が「こうやるんだよ。」と言って教え合いがあった。
それでも
・実際に作業してないところの理解が不十分な子どももいた。
ので、次に制作する時個別指導が必要になる。
しかし、すべて教師がすべての個に対応するより良い。

またここでぼんやりと分かって、実際に作る時
「どうすればいい?」
と課題が自ら沸き起こるほうが身になる。

2人だと、どちらもうまくできなかったり仲が悪かったりする時進まない。
3〜4人だと苦手な部分は見て覚える、という面もある。
共同での試作もなかなかいいなと思った。
c0052304_05381769.jpg
c0052304_05383195.jpg

ビー玉を準備するとさらによかったのだろうが、そこは見通し不足。

そして2時にアイデアを頭の仲から噴出させ
計画を立てることになる。


[PR]
by saibikan | 2015-06-18 05:41 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

手作りコロコロガーレ2参考

1時  デジタルテレビで・・・

参考作品は実物がいい。
しかしどうしても時間がない時は、教科書やテレビでの写真となる。
だから記録を撮っておく。

今回もどうしても時間がなかった。
そこで教科書を開いて見せたが、もうひとつ活用した。
私が以前撮って編集しておいた、授業の中での作品を説明している動画である。

それも作品を見せるというより、「思考・表現の過程」を参考にするため見せた。
参考作品ならぬ、参考「思考・表現」か。
制作初期・中期・後期・完成型の4つの段階の記録をつなげた。
制作過程において、試しながらの思考するところを見せるための映像。
5年前の前任校での実践。これを今回の授業で見せている。

ちなみに映像を公開はしていないので、ここでは写真のみ。
子どもが制作途中で、私に説明しながら、次はどう作ろうかと考えている声が続く。
周囲からそれを楽しく見ている子どもたちのつぶやきが、時折混じる。

子供達は、何度も何度も見たがった。4分近くある。
c0052304_06270517.jpg
c0052304_06272246.jpg
c0052304_06272788.jpg
c0052304_06273306.jpg

[PR]
by saibikan | 2015-06-17 06:32 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)

手作りコロコロガーレ1計画

4年図工 コロコロガーレ

この題材に出会うのは4年ぶり。
その時は今の学校に来たばかりで余裕がなく、2クラスでもあったのでセットもので行った。今回は手作りで。

5年前に工作用紙を活用してやった方法を参考に。しかも材料集めも入れてみる。この方が一人一人の意欲が高まり、発想が膨らむから。ここが新たな挑戦。

流れとしては以下の計画。

1時
 ・ 動画で制作過程や作品を見る。
 ・ 試しに紙で型を作る。
2時
 ・ 自分で作りたいものを考える 

    ↓(材料集め)
3〜6時
 ・材料をもとに作る

7時
 ・作品を使って遊ぶ(鑑賞)
 ・振り返り
目標
 1 ビー玉が転がり落ちるゲームを厚紙を使って楽しくつくる。(関心意欲)
 2 転がったり落ちたりするおもしろい仕組みを考えながら工夫してゲームをつくる。
                        (発想構想)
 3 作品の特徴や工夫した点を確かめ合ったり,友だち同士で作品を使って楽しく遊ぶ。
                        (鑑賞)

評価規準

 関心意欲 厚紙や自分で集めた材料を使った迷路ゲームを意欲的につくり、
      友だちと関わってゲームで楽しく遊んでいる。
 発想構想 つくりたいゲームを構想し、厚紙や材料を使ってつくりながら
      楽しくなる仕組みを考えている。
 表現   厚紙や自分で集めた材料を使った基本的なつくり方や接着を理解し、
      自分なりに工夫をしてゲームをつくっている。
 鑑賞   ゲームで遊んだりゲームを見たりしながら、
      作品の特徴やよさに気づいている。

資料・準備物
   教科書、参考作品や制作過程の動画、デジタルテレビ、PC、
   工作用紙(一人1〜2枚)、クリップ(洗濯バサミ)、はさみ、のり、
   ボンド、カッターナイフ、定規、ビー玉、マジック、絵の具、カラーペン、
   他自分で集めた材料

 *写真は5年前の児童の作品(5年前は一人2枚の工作用紙をもとに制作した)

c0052304_06383625.png


[PR]
by saibikan | 2015-06-16 06:40 | 4年図工授業 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師さいびKanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

提案授業研究会をコーディネート
at 2017-08-17 19:15
校内研究で提案授業をすること
at 2017-08-16 23:13
みんなで新聞を作ろう6推敲2
at 2017-07-17 21:54
みんなで新聞を作ろう5推敲
at 2017-07-16 09:50
みんなで新聞を作ろう4思考ツール
at 2017-07-15 23:13

最新のコメント

毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧