<   2016年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

私たちは負けない 〜熊本人より〜

震度7を30時間内に2回経験するというのは、並大抵のことではない。
かなりの恐怖を伴う。そして膨大な不安感を植え付けられる。
益城の人たちの町や心の痛みは、それはもう言葉には表せられない。

南阿蘇の西原村は震度7と6。同様に、いかほど悲しく辛いかと思う。
私たちの住む熊本市はいずれも震度6だった。これもかなりの揺れだった。
それは私たちの郷土のシンボル「熊本城」の損壊からわかる。
以下、熊本市の職員が皆に伝えるために撮影して、ネットで発信した写真である。
c0052304_21420885.jpg
c0052304_21421684.jpg


c0052304_21422192.jpg
c0052304_21422957.jpg

天守閣も小天守も被害を受けた。上空から見た熊本城は痛々しい。
しかしそれでも立っている。私たちは負けない。
熊本城に励まされている。

c0052304_21443664.jpg

[PR]
by saibikan | 2016-04-29 21:46 | 熊本地震 | Trackback | Comments(0)

4月16日の本震の瞬間

まさかもう1回大きな揺れが来るとは、予想していた人は少なかっただろう。
自分もあれ以上のことがある確率は低いとは思いつつも、また同じように揺れたら即避難せねばと思い、「すぐ逃げられる格好で寝たほうが方がいい。」「バッグに大事なものは詰めておく」「靴は近くに」と言ったが、家族は、本気で受け取らず(というか、もうあんな大きな地震はないだろうと予想していた)それを実行したものは少なかった。つまり私だけ。
私は懐中電灯を枕元に置き、玄関近くの息子の部屋(今は東京にいる)で、寝た。Gパンにシャツで。そして眠りが深くなった時それは起きた。

 4月16日午前1時25分

突然、突き上げるような衝撃があったかと思うとそのまま家中が大きく揺れた。激しかった。これまでに経験したことがない。
「これはすごい。」
ガタガタっと何かが落ちる音がした。一瞬命の危険を感じた。真っ暗なので何も見えない。だが尋常でない揺れがあることはわかった。再度何かが落ちて割れる音もした。ベッドの上で起き上がっておさまるのを待った。

すぐに電気をつけようと紐をひっぱったがつかない。停電か。懐中電灯で周囲を照らすと、本棚の上に乗せていた本やら古いラジオやらが床に激しく散らばっていた。上から落ちているらしい。靴を履いてバッグを背負い2階にいる家族の部屋へ向かった。食器が床に散らばっている。実は食器のほとんどは前の日に私が片付けていて、わずかに棚に残っていたものがすべて飛び出して割れていた。数的には少なくて済んだ。しかし棚の上の飾り物はほとんど落ちている。靴で歩くとジャリジャリ音がする。それぞれの部屋のドアを開けてすぐ叫んだ。
「家を出るぞ!早く準備しろ。」
しかし妻も息子も何も用意していなかった。
「だから言っただろう!」
だがそれ以上言っても仕方ない。隣の母の家のドアも叩いてすぐ準備するように言い、再び家族の部屋に言って妻が着替えるのを待った。息子は自分の懐中電灯を持って準備をしていた。ガタガタと小さな揺れがある中、待つ時間がとても長く感じた。妻は着替えながら
「通帳は?着替えは?」
いろいろなものを持って行こうとする妻に
「今はそんなものはなくてもいい。とにかく逃げる。」
再び大きな揺れが来たら、家が無事かわからない。
それぐらいのことを感じる地震だった。

準備ができたので外に出ようとした。
「ルフィ!ルフィを連れて行く」
妻が再び言う。私は
「後でいいだろう。自分たちのことを考えろ。」
と言ったが、彼女は愛犬ルフィのゲージから離れない。
「わかった。紐と首輪をはめて。」
そう言ってルフィを懐中電灯で照らして抱っこさせた。
息子と3人で外に出る。母は既に外で青ざめて待っていた。

「歩いて小学校まで行くぞ。」
暗い中、避難所に向かうことにした。
近所の数軒が車に乗って避難を始めた。それを見て
「車で行こう。」
と妻が言う。
「いや、こういうときは歩きだ。みんなが車で行くと身動き取れなくなる。」
幸い小学校は歩いて5分と近いので、それがいいと判断した。町中停電らしく真っ暗な中を、懐中電灯で照らしながら学校へ向かった。続々と人々が避難していた。小学校の入り口は車が連なって混雑していた。
「ほらね。」
運動場には暗い中、人が集まり始めていた。私たちは運動場のタイヤのところに荷物を置いて腰かけた。ようやく落ち着いた。次第に人が増えてきた。
c0052304_04155628.png
やがて体育館に明かりがついた。
外の方が安全とそのままの人もいたが、私は家族を連れて中に入った。体育館内は無事であったこととまだ寒さを感じる時間を考えると、その方が賢明と判断したからだ。そして壁際でドアに近い場所を選んで座った。
「こわかったねー」
「よかったーみんな無事で」
そう言い合った時は既にあの大きな揺れの瞬間から40分ほど過ぎていた。FBで友人たちとやり取りをして、何人かは無事だとわかりホッとした。車で避難している人、同じように避難所の体育館にいる人、外にいる人、部屋にいる人様々だったようだ。しかし一様に
「こわかった」
を連発していた。

被害が少ない我が家でもかなりの恐怖を感じた。被害の大きな場所であの瞬間を味わった人たちはもっと怖かっただろう。事実、同僚の職員の中には、家がひどい状態で未だに住めない人もいる。
そのような状況を経験した人たちは、職場でもバッグを肌身離さず持っていたり、揺れが来た時の驚きの敏感さが違っている。

この地震は、益城町・西原村で震度7。私たち熊本市で震度6強という強い地震だった。
震源は熊本地方深さ10km、M7.3。こちらの方が本震。

[PR]
by saibikan | 2016-04-25 04:23 | 熊本地震 | Trackback | Comments(0)

4月15日の動き

大きな地震の後の自分の動きである。
この時は、これが本震と誰もが思っていた。
私たちの場所も震度6強で驚いた。
その後とった行動である。
4月15日に書いていたことをここに残す。
***************************
【4月15日・17:08】
昨夜、職場に家が近い関係から、すぐに駆けつけたら、次々と校区の方々が避難してこられました。車で来る方もおられたので、駐車場があっという間にいっぱいになりました。昼の学級懇談会で初めてお会いしたPTAの方々と協力して運動場へ車を誘導をしました。
真夜中を過ぎ、流れが多少落ち着いた頃、自分の携帯が切れていることに気づき、自分の母の様子を見に行かせてもらうことにしました。校長先生・教頭先生は、そのまま朝までおられました。私は自分の地域の学校の体育館へ行かせてもらうと、かなり多くの方が自主避難していました。母が毛布も何も持って行ってないというので我が家に帰って毛布を運びました。
というように色々やってて結局寝不足で疲れたままの今日、さすがに午後は眠気が襲い、早目に帰宅。そして我が家の前の電柱から道路に亀裂が入っていることに気づきました。
相変わらず、余震は続いています。これ、だんだん、今揺れてるのか揺れてないのかわからない気分になりますね。ずっと揺れてるような感じにも・・・余震がすでに140回ぐらいでしょうか?さすがに眠いので、ちょっと横になります。
c0052304_02514539.jpg

[PR]
by saibikan | 2016-04-24 22:43 | 熊本地震 | Trackback | Comments(0)

熊本地震の始まり4月14日

1週間前に突然揺れました。熊本地震の始まりです。
4月14日(木) 21時26分 熊本地方(益城町)最大震度7 地震の規模M6.5 震源の深さ11km
私の住む熊本市は震度5強ぐらいだろうということでした。

息子と二人でビールを飲んでいました。かなりの揺れで、机の下に潜るどころではありません。
二人でじっとするのが精一杯。ようやく治まって周囲を見ると、棚の上のものが落ちています。
食器棚は無事でした。
玄関の皿や飾っていた置物が落ちて割れていました。

同じ屋根の下に住む母の元を訪ねました。無事でした。
すぐに外にいる妻に電話しました。連絡がつきません。
しばらくテレビで状況を見て、息子は仕事場へ出かけました。
テレビ局が勤務先なので、忙しくなりそうでした

10時ごろようやく妻と連絡が取れました。無事でした。
スポーツジムの浴場にいて仲間と一緒に驚いて抱き合ったとか。
とにかく気をつけて帰るように言いました。
帰ってきて、顔を見ると一安心しました。

そして私はすぐに勤務先の学校へ向かいました。
避難する人が続々集まってきていました。
こんな大きな揺れは私も経験がありません。
益城町で震度7、驚くばかりでした。
c0052304_00503202.jpg
そのあとも数回揺れました。
私は勤務先の小学校で毛布を出すなどして手伝いました。
妻と母は二人で地元の小学校体育館へ避難していました。
明け方には、我が家の校区小学校へ戻り、家から毛布を持って行きました。

新聞を見ると、益城町で二人死亡。
かなり大きい地震だったんだと再確認しました。

これで終わると思ったのですが、そうではなかったのです。
忘れないようにFBに書き綴っています。
そのことを少しずつ、この場に記録とし整理して載せていきます。
少し落ち着いたので。

ちなみに私は熊本市在住です。
被災はしましたが、現在は家に戻り、ライフラインも復旧しています。
まだ水が出ないところや停電の場所に比べれば幸せです。
家は壁にひびが入った程度です。

しかしその後1週間地震は続いています。
学校の様子は、家よりもひどいです。
現在授業はできていません。
この場で報告できるような図工の授業もゼロです。

でも忘れないためにここに書き留めます。
FBに記録していたものを時々掲載していきます。
「子どものアート」とは少しコンセプトが違う内容になりますがお許しください。

また揺れました。震度1以上の地震の回数は700回を超えています。

[PR]
by saibikan | 2016-04-20 22:55 | 日常・旅・まち・料理 | Trackback | Comments(0)

「聴く」ということ

国語の授業開きの日。ジャブのつもりで子どもたちに言った。
「今日の目当ての一つは人の話をしっかり『きく』ことだよ。
 さて、『きく』というのは、どこで聞くのだろう?」
それに対して1番に帰ってきたのは
「目でしょ」
驚いた。きっとそういうことを学んできたのだ。「目」を板書。
「そうだね。話は目で聞く。大切なこと。素晴らしい。」
そして続けた。
「でも普通は。どこできく?」
「耳で。」
「うん、そうだ。耳。」
耳を板書。
「そしてもう一つあるんだよ。どこで聞くか。」
「?」
「心かな。」
出た!まさか・・・
「おおー素晴らしい!そうだよ。心で聴く。」
そう言って、
「耳+目・心・・・それでほら『聴く』となる。」
「へえーー」
単純なことに感心してもらった。知っていることではなかったよう。
それに気づく子どもたちの存在が・・・嬉しい。
c0052304_20511375.jpg

[PR]
by saibikan | 2016-04-14 20:55 | 国語授業 | Trackback | Comments(0)

学級開きでできた指導とネタ

始業式初日は、とにかく余裕がない。ただでさえ。
ましてや自分の場合、異動したばかり、いきなり6年、40人という状況。
さて今回の初日の流れはこうだ。

就任式→始業式(担任発表など) 1時間
教室を移動→大掃除 1時間
学級活動(教科書やプリント配布) 1時間

学級開きというには実に慌ただしい。最後の学級活動でさえ、教科書配布とと山のようにあるプリント配布に追われる。自己紹介を全員やっていたらあっという間に時間が過ぎてゆく。正直言うと、ネタ集に書いてあるようなことがじっくり取れる時間は、あまりないことも多い。だからこそ、自分なりに工夫するのである。「本に書いてある通りになんかできるわけがない。」と嘆いていてばかりでは、プロ教師になはれない。

私の場合、初日は、次のようなことを大事にした。

1 事前準備
2 隙間時間の活用
3 教師主導で即座に指導
c0052304_05090416.jpg
1 事前準備
・本校では始業式前にクラス分け名簿を張り出すことになっていた。そこにきちんと番号をつけ自分の番号を意識させておく。(これは前から本校にいた担任がやってくれた。ありがたい。)
・教室のカバン棚に番号をつけておいた。教室に来た時すぐにそこに道具を入れられた。
・雑巾かけに番号をつけおく・・つもりだったら、既についていた。ありがたい。
・机と椅子の号数を調べて、数を数え、合うようにしておいた。そして教室内に小さい号数を前にして次第に高くなるように並べておいた。教室移動をした際、荷物を置いたら、小さい順に廊下に並ぶように言う。あとは、その順番に座らせるだけである。あっという間に机椅子が決定。ただ40人が1列というのがかなり長くなるというのがわかった。クラス替えもあっていたが混乱は少なくできたことは、子どもたちがえらい!
・掃除をして、ほうきでゴミはとっておいた。当日ほうきは使わなくていいように。
・配布物プリントはまとめてすぐ配布できるようにしておいた。それでも時間はかかった。

2 隙間時間の活用

・体育館での就任式の挨拶の時、自己紹介をした。心に残るように。だから教室では挨拶程度。休み時間に質問には答えた。
・始業式終了後に教室に戻る前に体育館で、わずかな時間に6年生に対して話をした。「リーダー意識」について。学年で統一した目標と学年教師の簡単な紹介もここで。そしてこの瞬間に一つ褒める。「いい目をしている。」
・教室で子どもが道具を机の中や後ろの棚に置いている間に、バケツに水を汲んで廊下に並べておく。この日は教室周辺だけの清掃となっている。
・大掃除を早めに終わり、教室でまず学年便りなど見通しを持つべきものを先に配布。数枚配って読ませておく。集めるものなど重要書類は3時間目に。
・掃除と学活の間の休み時間に教科書を取りに行く。「力もち募集」と声かけ。そこで運んでくれた子どもには感謝の気持ちを。「これからもよろしく」と。

3 教師主導で即座に指導

・2時間目に机と椅子が決まったら、横にかけるものと後ろに置くものを指導。
・健康観察。全員の名前をフルネームで呼ぶ。「はい。元気です。」の返事と挙手を。6年生だから声の小さい子どももいるが、返事をしたこと、手が上がったことでよし。大きな声と肘の真っ直ぐな子どもは褒めていく。
・雑巾だけを出して掃除指導。「ほうきは使わない。今日は全員雑巾。名前が書いてありますか?」チェックして書いてなければ書くように、とマジックを。「机は後ろに引かなくて良い。次の順番でやってください。」板書する=自分の机の上・中→椅子→椅子を上げる→自分の机の床周辺→そのあとは分担→1号車は廊下 2号車は後ろ棚と水道 3号車は教室前の床と黒板 4号車は南側窓「「さあ、スタート、10時45分まで」と終了時間も伝える。膝をつけて拭いている子どもを褒める。
・雑巾のかけ方を指導。大掃除の後に番号にかけるように言っておいたら美しく並べた。前担任の指導が行き届いていたのだろう。
・掃除が終わってバケツを教師が片付ける。手伝う子がいた。「ありがとう。」
・プリント配布「はいどうぞ。あれ?黙ってもらうの」「ありがとうございます。」「さすが、6年。後ろの人にも同じように渡して。」
・話を聞く態度と姿勢、心持ち。プリント配付終了後ざわついていた。第1回目の「チーン」ベルを鳴らした。初めて聞いたのだろう。「え?」 「シーンだよ。これが聞こえたら黙る。滅多に使わないけど、チーンとなったらシーン。」うなずいた。「そう話は目で聞く。いい目してる。」
・1分前に2時間目終わる。その代わり「3時間目は、1分前には着席を」できたらほめる。
・「この席で決まりですか?」「机と椅子を合わせただけ。視力も考えて変更します。来週」
 「僕たちも自己紹介したいです。」「来週(いつもなら翌日)してください。先生と同じように。」「え?難しそう」「家の人と一緒に考えていいよ。」質問にはすぐ返す。教師が迷わない。
 「学校でシャープペン使っていいですか?」「駄目です。」
・さらにプリント配布。プリントには全て番号と名前を書くように。
・最初の宿題を3つ出す。「名前を使っての自己紹介を考えてくること。」「家の人に挨拶をすること」「履物を並べること」子どもから「なんだ、あとの二つはいつもやってる。」「そう、だから必ず全員やってくるように。」
c0052304_05104667.jpg
 :::::::

そうこうしているうちに学活も残り5分ほどになった。ミニゲーム一つならできそうだと判断。
集中力ゲーム『ソーレ・パン』を全員で3回挑戦して終了。第1回目の記録はわずか4回。でもそれで良い。時間通り「さようなら」

中身の濃い1日目。まあまあのスタート。


[PR]
by saibikan | 2016-04-11 05:11 | 学級づくり | Trackback | Comments(0)

最初の話は「リーダー意識」

さいびかん小学校の始業式が終わった後、6年生だけ体育館に残した。
まだ前のクラスで並んでいるが、子ども達は、自分が6年ではどちらのクラスかは理解している。朝の時点で名簿を張り出しておいたからだ。
向きを変えさせて、学年部3人の教師から簡単な自己紹介と簡単な挨拶程度をした。
その後、本題に入った。

 私からまず「顔を見せて欲しい」と言って全員を見渡し「目がいい」と褒めた。
人の話をきちんと聞こうとする目の輝きがあったからである。
ただし100%ではなかった。90%ぐらいだろうか。
でもそれは言わなくて良い。

次に「みんなは6年生。一人一人が学校のリーダーだ。79人集まれば、さいびかん(学校名)リーダーズ。よくなるか悪くなるかはリーダー次第。どうせなら良きリーダーになろう。そして先生たちも入って、82人で『チームさいびかんリーダーズ』だよ」と述べた。

そして「この後の行動を自分たちでできること。素早く、静かに。まず前の教室まで行く。荷物を取って6年教室の後ろの棚に名簿順入れる。終わったら廊下に小さい順で並ぶ。できるかな?」

それだけ言って教室へ移動。
移動する姿、並ぶ姿を見ているだけで、良さと課題が見えてきた。
c0052304_2513657.jpg

[PR]
by saibikan | 2016-04-10 02:52 | 学級づくり | Trackback | Comments(0)

ステージ上から折句自己紹介

就任式挨拶。体育館に500名近くの児童が整列している。
ステージ上に転入者数名が上がり着席した。私は、
「ああ、前の学校の2倍近くいる。多いな。」
と思っていたら、隣にいた同じ転入者の先生が
「少ないなあ」
とつぶやいた。
比較対象によって同じものでも違って見えるものだ。

さて、司会の先生による紹介の後、一人ずつの挨拶になった。
私の話をなるべく実際に近い形で再現。
(ただしこここで出てくる名前が本名なのか、偽名なのか、それは伏せておくことにする。)
c0052304_11482265.jpg
「みなさん、おはようございます」(おはようございます)
「自己紹介をしますね。」
(「に」の札を持ち上げて)
「に 肉が好きです」(ポカーン)
「し しいたけもちょっと好きです」(少し笑い)
「お オムライスは大好きです」(ドッと笑い)
「そんな に・し・お(「先生」の札を上げて)先生です。あ、ありがとう、一緒ににしお先生って言ってくれて。そう僕はにしおって言います。今のは1・2年せい向き。

 では次は3・4年生バージョンで。(と、再度札を上げながら)
  にこにこ笑顔の先生も
  しかる時にはこわい顔
  おッチョコちょいがタマにキズ
 のにしお先生です。」
 2回目になると札に合わせて行ってくれる子どもが増える。

 最後は5・6年生バージョン。
  にんじゃ小学校に来て
  幸せ気分でいっぱいです。
  思い出をたくさん作りたいです。
 そんなにしおです。皆さんよろしくお願いします。

 廊下で会ったら、みんなの方からもこんな自己紹介をしてくださいね。」
 
しっかり聞いてくれてひと安心。本来ならフルネームでやるべきところだが、時間短縮のため名字だけにした。教室ではフルネームで伝えた。

[PR]
by saibikan | 2016-04-09 11:49 | 学級づくり | Trackback | Comments(0)

就任式で折句自己紹介に挑戦

 毎回初めて出会った子どもたちに、教室で、折句による自己紹介をするのが私の常となっている。さて、今回は新しい学校に異動したこともあるので、思い切って就任式挨拶の中でやってみようかと思っている。転入者の人数が多いので、代表だけの挨拶かな?と思ったけれど、一人一人挨拶をして良いということなので、思い切って挑戦である。

 私の通常の折句自己紹介は、担任学年に合わせてやっている。それが全校相手になると・・・どうしたらいいのか、ちょっと今から考えよう。そのために早起きをしたのだから。あ、待てよ、そうしちゃうと、当然教室での挨拶の中身も新しく考えなくてはいけないな。さて、どうしよう。

 ではでは、とりあえずコーヒーでも入れて飲みながら考えよう。今夜いい報告ができるといいな。ちなみに、私の通常の折句自己紹介は、「THE 学級開きネタ集」(明治図書)の62ページに載っている。また、このブログのあちこちにそれは登場する。例えば→折り句自己紹介 1年前の学級開きの日の記事→学級開き2015 もある。
興味ある方はお読みください。
c0052304_03552342.jpg

[PR]
by saibikan | 2016-04-08 03:56 | 教師 | Trackback | Comments(0)

始業式前の担任チームワーク

明日が始業式である。
担任が決まってからすることは多い。
今日までなんとか、前記事の「担任が決まってすること」の半分ほどはできた。
あとは子どもたちと出会ってから、ぼちぼちだな。

今回、私は異動したばかりの学校で、校内担当でそれなりの役もあり、
人数がとても多い学級担任となり
「大変ですね」の労いの言葉も多くかけられた。
しかしやることはやらねばならぬ。
ここ二日間ほど、同じ学年部の先生方と準備をする中で
互いに助け合い、協力し合うスタイルが出来上がった。

「私が学年便りを書きますよ。教材注文の方も」
と主体的にやってくれるメンバー。
「何かすることはありませんか?印鑑打ちを手伝いますよ。」
と楽しそうに動いてくれるメンバー。
じゃあ、と私は名簿作りを、と隣の分までPCで作っていると
「あら、こっちの分までやったくれたのですか!?感激」
と喜ばれる。
協同的に仕事ははかどっていく。
去年が一人だっただけになんともありがたく、嬉しい。

時々まだ出会ってない子ども達の話になるけど
嬉しいのはこれまで本校にいた相棒が、彼らの良さを色々話してくれること。
ああ、子どもをこのようにプラスに捉えてくれる先生はいいなあ
と楽しい気分になるのである。プラス思考はいい。

そして、自己紹介の話になって
「僕は折句を使っていつもやるんだ。」
って話になり
「それは面白いですね。」
って目を輝かせてくる。

私が「第1回宿題プリント 折句を作ろう」
を作っているのを見て、
「面白そう・・・」
と羨ましそうに見ている。そこで、
「これ同じように使っていいよ」
というと
「本当ですか!!」
と目を開く。
「その代わり折句の例をあなたの名前でも書いてよ。」
といい、もう一人のメンバーの存在も忘れず
「ああ、あなたも作ってみて。」
という形で担任3人の折句自己紹介。
それらを例に、自分で折句を作って書くという自己紹介の宿題プリントが完成。
これが第1回目の宿題。

お隣さんからの
「他には宿題は出されないんですか?」
に対し
「宿題はあとふたつある。一つは家の人に自分から,あいさつをすること。
 もう一つは家の中のはきものを揃えること。」
と話したら
「へえ」
と目を丸くされた。そして
「同じ宿題を出してもいいですか?」
とおっしゃった。
「おお、本当に?嬉しいな。」
「じゃあ、私が印刷しますね。」
全く強制はしてないのに、一緒にやろうという気持ちになってくれて心から嬉しかった。

チームワークが芽生えた学年部集団。
明日子どもたちに出会うのがいっそう楽しみになった。
c0052304_02354132.jpg

[PR]
by saibikan | 2016-04-07 22:40 | 学級づくり | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本アナログ。ADEでランナーでもあるさいびかんのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
学級づくり
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
未分類

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
falmouth
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

思い出やお気に入りの場所9 ..
at 2017-01-28 04:55
思い出やお気に入りの場所8 完成
at 2017-01-26 05:56
思い出やお気に入りの場所7 着色
at 2017-01-16 22:34
思い出やお気に入りの場所6 ..
at 2017-01-14 23:15
思い出やお気に入りの場所5「..
at 2017-01-12 06:38

最新のコメント

カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56
西尾さんにここまで丁寧に..
by 村上 at 17:30
いじめを受けたことがある..
by saibikan at 14:02
どういたしまして。うれし..
by saibikan at 04:31
初めてではないと思います..
by saibikan at 21:28
こんにちは! はじめま..
by 和 at 15:23

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
先生

画像一覧