人気ブログランキング |

悔いなし そして 新たな門出

令和3年3月31日を持って、教諭としての仕事を終えました。長い期間、すべてを公立小学校現場で過ごしてきました。行政職も管理職も経験していません。附属小のような国立・私立の研究校にも行っていません。そこに関係ある方々から、声がかかったり誘われたりしたことはありましたが、学校現場でいろんな子どものいるところで、子どもの近くで教育を、という気持ちで結局最後まで来ました。本当に現場で目立たず、コツコツとやってきたと自分では思っています。ただしそのような立場の方々と数多く交流できたことは光栄です。

あっという間の38年間でした。

途中で教務や専科も経験しました。管理職への道も模索し、教育法規について学んだり学校運営についても管理職から教えてもらったこともあります。しかし、最終的に、担任として退職までやるという方向性を10年前に決め、それを変えずにゴールまでやり遂げることができました。感無量です。いろんなことを、自分がチャレンジしたいことをさせていただきました。人から見れば地味ではなかったかもしれません。でも、子どもたちの思いも引き出して、たくさんの思い出作りに関われました。その意味では幸せな教員人生を過ごしました。特に、退職前の最後の月に、近年の実践をまとめた単著を出版できたことは、ありがたいことでした。

これまでの教員生活に悔いはありません。

さて、ここらで数ヶ月充電期間を取りたいと言うのが、私の本音でしたが、いろんな事情があり4月から再び働くことにししました。ただし臨時採用任期付き教職員という立場でお願いしました。いわゆる臨時採用教員です。どこかで担任が足りない、休むから代わりに来て欲しい、という要望に答えて、困っている学校で働こうと思ったのです。教諭でなく講師となります。1年間の採用があればそれがいいと希望しました。ところがそれは、通常の再任用教員の4月1日付と違って、4月2日付の採用でした。

つまり4月1日だけが無職でした。

教員生活には変わりありませんが、これまでとは立場が違います。そして、臨時採用ではありましたが、担任ではありませんでした。担任希望をしていたので、もちろん事前に打診はありました。新たな担当職に対する採用でやってみないかということです。一応普通にある小学校の教員としてそこに加配され、その学校職員として動きながら市のプロジェクトとして、新しい業務に着きます。まだ実働をしていると言い難いのではっきり言えませんが、これからその担当として、新たな道を切り開くことになります。正直難しい面が多々ありますが、これまで同様「すべての子ども達のために」を忘れず、取り組みます。

新たな門出です。

「チャレンジ&パイオニア」は自分が好きでモットーとしてきたこと。本気でがんばりたい。

悔いなし そして 新たな門出_c0052304_18545919.jpeg




# by saibikan | 2021-04-08 18:55 | プロフィール | Trackback | Comments(0)

感動と笑顔の退職卒業式

校内には定年退職を迎える教員が2人いた。教頭と担任。二人は同級生。

退職の年だが、コロナ関連もあって、還暦のお祝いの会や退職の会など、いつもならみんなが集まって飲み食べ、祝うような会は全くなかった。それは友人や知人からも同様で、家族で家でやっただけ。そもそも日常の飲み会すら、全くない1年だったから、仕方ないこと。

しかし、転退任式の日、せめてお別れの昼食会だけでも、と職員が企画し、ビニルカーテンで仕切られた職員室でちょっとだけ高価な弁当を食べる会。マスク姿の中、花束と色紙のプレゼント、お祝いの一言という温かい雰囲気のイベントも、短時間ながらも催され、二人は心から感謝した。

その後、午後には正式な退任式。子どもたちとの別れもZoomでという味気ないものだったが、転任する他の職員とは別に、「二人の先生は退職です」という紹介がなされ、代表児童から「おつかさまでした」というはなむけの言葉があった。それだけでも二人にとっては嬉しい一コマとなった。Zoomが切られ教務が「これで終わりました」
「『はーい、カット!』的な映画の撮影終了みたいだな〜でも、これで本当に終わりだね〜」
と二人は会話しながら、子どもがいない寂しい体育館を後にした。若い頃から目にしてきた、「退職者にはたくさんの教え子たちが駆けつけ、保護者たちとも挨拶をし、花束をもらい、全校の子どもたちに見守られながら華やかに去る」という夢は幻と終わった。

その後、教室の子どもたちや学校の子どもたちと個人的な別れをし、いよいよ職員室の机周辺の整理。不要なものを捨て、持って帰るものを箱に詰め込んで、「とうとうこの日が来ましたね」と二人で話しながら整理整頓を続けた。職員室に残っている職員もまばらになり、二人は寂しさを感じた。その時校内放送。
「最後も片付けをした後、体育館に職員集合します。全員集まってください」
二人は自分の片付けを続けたが、近くにいた職員が、「最後の体育館の片付けは、先生たちも手伝ってください。最後の職員集合も行きましょう」と言うので、まだ机の中はいっぱいあるんだけどなあ〜と思いつつ渋々体育館へ。

入り口で突然、同行していた職員が、二人の胸に、ストローと折り紙で作った花を差し込んだ。
「何?」
「どうぞ」

二人は体育館に足を踏み入れると中の様子が目に入った。職員全員が椅子に並んで座っていて、花道があり「おめでとう」の垂れ幕。「今から卒業式を始めます!」の突然の放送。二人はすべてを悟った。
「なんだよ、これは〜」と下を向いて呟く教頭。
「ダメだ」と言ったきり、目を覆う担任。
それは、退職者二人に職員が内緒で用意していた「二人の卒業式」だった。

それまで張り詰めていた心がどっと緩んだのか、涙が出る二人。それでも教頭は堂々と。担任は目を覆いながら入場。椅子に座らせられて、氏名点呼と校長先生からの卒業証書授与式。職員代表がいろんなエピソードを交えて送辞。聞いていた二人はますます涙がボロボロ。しかもその後に司会者の「卒業生答辞を一人ずつ」に、天を仰ぎ「聞いてなーい、またかよー」と呟いた。
そして教頭は、「BGMに自分の好きな竹内まりやの曲が流れて嬉しい」と明るく。後はとにかくありがとうを連発した。担任は、前に立った途端自分をを見つめる職員の瞳にもう動揺して言葉が詰まった。何を話したのか覚えてないほど。ただ最後に「先生たちとの出会いは宝です。今日のこと、この1年間のことが一生の支えになります」と締めくくったことだけ記憶にあった。

そしてみんなのアーチと拍手で退場。感動と共に体育館を出ようとした時「待ったーー!」と若い女子教員が走ってきて「感動的な式はこれで終了!最後は楽しくみんなで玉入れしよう!」と叫び、驚いている二人を尻目に玉入れの準備が・・・。教頭チーム対担任チーム。童心に帰ってみんなで玉入れ。最後は笑って終わって笑顔の拍手で、二人の卒業式は幕を閉じた。

感動と笑顔の退職卒業式_c0052304_06291549.jpg

# by saibikan | 2021-04-08 06:30 | プロフィール | Trackback | Comments(0)

コロナ対応「送別会・転退任式(離任式)」

「夜の送別会ができないので、昼食だけでもみんなで楽しく食べましょう」という厚生部の呼びかけで、昼の送別会。職員室のビニルカーテンで仕切られた自分の席で、美味しい弁当を食べるだけの会(みんなの顔がぼやけて見えな〜い)。

ただし、我ら転退任者の紹介と、関わりのある人からの温かい言葉と花束・記念品贈呈のプレゼントぐらいはあった。なんと、僕へのプレゼントには、相棒の若い女の先生が僕のイメージを絵に表してくれてあった。中には職員からの一言メッセージ。

そして僕らから一人ずつあいさつ。一応正式な挨拶は午後の退任式の前にあるからというのでみんなエピソードなど交えながら楽しく和やかに時間が過ぎた。少しうるっと来たが、基本的に明るく楽しい別れの時間だった。夜だと全員参加できないこともあるし、明るい感じでこれもいいかも。

午後から正式な職員との別れを、真面目に、厳かにやろうと思ったが、午前の流れでなんとなく明るい雰囲気。そして体育館では全校の子どもたちとZoom退任式。これはちょっと寂しい感じ。無理に体育館でせんでいいやろ、と思うが、ソーシャルディスタンスには最適。無観客試合ってこんなもんなんやろーなー。スポーツ選手のモチベーション上がらない気持ちが良く分かる一コマ。

教室行って子どもたちに挨拶。この前すでに色々話していたので、今回は、「これからの未来は大きく変わるから、自分で得意を見つけて活かすように。AIとうまく協力して世の中を作ってね」と、あっさり別れを告げた。
コロナ対応「送別会・転退任式(離任式)」_c0052304_08571477.png

# by saibikan | 2021-04-04 09:06 | 学校行事・学校 コロナ | Trackback | Comments(0)

卒業式での「コロナ対応『卒業の詩』」

卒業式では、全員による呼びかけも合唱も禁止されていた。だから、一人一人別室で録画したものをつなげて呼びかけに。一人一人家庭で歌って録音したものを重ねて1つにしデジタル合唱に。それに6年生の1年間の画像をチョイスして被せ、スライドショーにするという方法をとった。

呼びかけの言葉は、子どもたちから募集して構成した。

デジタル合唱は、一か月前に教育センターのYamashu先生の講座を受けて、6年部で取り組んできた。なかなか苦労したが、なんとかできた。子どもたちには、卒業式前日の今日、披露した。そして卒業式当日は保護者にも、先生たちにも。

一人1台タブレット、持ち帰り可だからこそできたこと。

使ったアプリは以下。
・ロイロノート スクール
・メタモジクラスルーム
・ガレージバンド
・アイムービー
卒業式での「コロナ対応『卒業の詩』」_c0052304_05371536.png



# by saibikan | 2021-04-04 05:38 | 学級づくり・学年経営 | Trackback | Comments(0)

素敵なレザートレイ(革細工)のプレゼント

久しぶりに図工サークルの話題。
ブログの図工サークルのカテゴリーへの投稿が、なんと7年ぶりだとわかった。

前任校あたりから、夜のサークル活動に参加することが少なくなった。
仲間の高齢化も進み、サークル自体も活動回数が減った。
特に今年1年はコロナの影響で、他の会でもなかなか顔を合わせられていない。
数人とは、オンライン上でチラホラ。

そんな仲間から素敵なプレゼントをいただいた。
還暦祝いの「レザートレイ」(革細工)」
ネーム入り。感激。
活動がなくても、関わりが薄くなっても、こうやって節目を大事にしてくれる。
20年の付き合いがある仲間は、ありがたい存在。
素敵なレザートレイ(革細工)のプレゼント_c0052304_03413417.jpg


ライン上でお礼は述べた。
でもそこに登録していない仲間もいる。
そこでは、今、お礼を伝えられない仲間もいる。

だからFBでも紹介してお礼を述べた。
知人を介して情報を伝えられる仲間もいるかもしれない。

このブログでも紹介をする。
すでに疎遠になっている過去のメンバーが、気づくかもしれない。
何かのおりにこれを見て、ああもう退職かと気付いてもらえたらいい。
素敵なレザートレイ(革細工)のプレゼント_c0052304_05195282.jpg

# by saibikan | 2021-03-14 05:20 | 図工サークル | Trackback | Comments(2)


創造性あふれる子供のアートの魅力。それはテクノロジーの利用によって、より豊富になる。教育と日常を通して、未来を考える空間。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

先生
教育・学校

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
3年図工授業
1.2年図工授業
for the world
プログラミング
ロイロ ・シンキング
学級づくり・学年経営
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・学校 コロナ
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師と社会・保護者

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
音楽授業
家庭科授業
未分類

記事ランキング

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

悔いなし そして 新たな門出
at 2021-04-08 18:55
感動と笑顔の退職卒業式
at 2021-04-08 06:30
コロナ対応「送別会・転退任式..
at 2021-04-04 09:06
卒業式での「コロナ対応『卒業..
at 2021-04-04 05:38
素敵なレザートレイ(革細工)..
at 2021-03-14 05:20

最新のコメント

YSさん、ありがとうござ..
by saibikan at 07:54
> 宮崎さん よかった..
by saibikan at 20:51
なんどもすみません。 ..
by 宮崎 at 10:49
はじめまして。私も教員を..
by 宮崎 at 09:58
> anima12321..
by saibikan at 06:27
mita2637様 コ..
by saibikan at 17:25
鹿児島へ行かれたのですね..
by mita2637 at 16:29
毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37

以前の記事

2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

画像一覧