人気ブログランキング |

■子どもたちのアートワークス(13)

(日刊中高MM 7月13日発信)
◆アートマイル中越プロジェクト・Yバージョン(3)

共同制作における、一人一人のアイデアスケッチから大型絵画の下絵ができあがるまでの手法について、今回の実践をもとにして、述べてみたいと思います。私の指導と子どもたちの様子を、いつものように書き綴ってみます。
 絵のテーマは、昨年度の中越地震で被災した山古志の子どもたちに贈る、「はげましメッセージ」です。
*********************************

 今回も、小さな紙(B4)に描いた各自のアイデアスケッチをもとに、みんなで話し合って全体の構図を考えていく手法をとった。誰かの絵をそのまま選ぶというのではない。多く描かれているものや、これはいいと感じたものをどんどん出し合う。子どもが出した意見を、私が黒板(広用紙の場合もある)に書き出す。ぱっと見た目は、文字や記号が散りばめられたみたいだが、これが大きな下絵のもととなる。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0052304_11122251.jpg 各自の下絵に最も多く描かれていたのは、「手をつなぐ絵」だった。たくさんの人が笑って手をつなぎ、楽しそうにしている絵。二人の子どもが笑って手をつないでいる絵。子どもと動物が手をつなぐ絵。
 そこにある思いは、「早くもとの村のように戻って、大人も子どもも、男の子も女の子も、人間も動物も楽しく幸せに暮らせるようになってほしい。」という願いだった。また、熊本から新潟まで、実際に手は届かなくても、絵を通して思いを届けます、という意味が含まれていた。
 だから、手をつないでいる絵は必ず入れたいと、多くの意見が出た。

また、山古志といえば錦鯉と闘牛。子どもたちは、テレビや新聞・インターネットで、この情報を手に入れて知っていた。当然それらは絵として、いくつか描かれていた。この二つは、必ずどこかに入れたいと言う意見が、大半を占めた。さらに、自分たち熊本の絵も入れたいということで、熊本城や仏舎利塔が入ることになった。

 
 さらに意見が出てくる。
 熊本も山古志も、自然が豊かだから木や山を描こう。大きな木の下で子どもが休んでいる絵は、きっと心が落ち着くと思う。
 真ん中にきれいな川を描いたらいいな。一方を熊本、一方を新潟。川に橋を架けよう。虹も架けよう。手をつないでいる人を橋の上にも並べよう。ぼくたちのこまを投げてメッセージを送っている絵も使おう。

 こうやって、しだいに大きな絵の全体像がイメージづくられていった。c0052304_11401023.jpg





 そのあとは、実行委員を募り、しばらくは、休み時間を使った作業となる。すぐに、実行委員を希望してきたのは、何にでも意欲的な仲良し3人組だった。彼女たちには「うれしいなあ、ありがとう。みんなで力を合わせてやろうね。」と手を握って喜びの言葉を伝えた。
 だが、他には希望者はいない。もう少し人数がいた方が動きやすいーそう考えた私は、みんなから、たくさんの誉め言葉をもらっていた別の子ども3名にも声をかけてみた。

 「実行委員として手伝ってくれないか?君たちが考えたり描いたりした部分は、みんなも素晴らしいなあと言っていたじゃないか。ぜひ全体の下絵を描くところに力を貸して欲しい。」

 3人はそれぞれ次のように答えた。
 A君は明るく大きな声で、
「いやあ、先生、ぼくは絵はそんなにうまくないです。○○君の方がいいと思いますよ。」
 B君はちょっと困ったように
「休み時間にやるんですか?遊べなくなるんでしょう?」
 Cさんはにっこり笑ってうれしそうに
「はい。でも図書委員の仕事があるから、いつもはできませんけど・・。」

 それぞれの言葉に私は、苦笑いしながら、
「できるときだけでいいよ。とにかく君たちの力が必要なんだよ。昼休みは半分の時間だけ使おう。他に一緒にやりたい人を委員に入れてもいいからね。頼むよ。」
と再度お願いしたところ、すぐに了承してくれた。彼らが新たに委員として連れてきた子たちを含め、実行委員は全部で8名になった。

 実行委員の活動は、構図のイメージ図をもとに、広用紙(布の約9分の1の大きさ)に下絵を描くことだった。昼休みに集まった子たちで少しずつ描いた。アイデアスケッチをコピーして貼り付けていく部分もあった。2,3日で、ある程度形がはっきりとした絵ができあがった。それをマジックで太くなぞった。
c0052304_10541983.jpg


 次は私の仕事である。
 まずは、下絵をデジタルカメラで撮影。次に画像をパソコンに取り込み、トリミングを行った。そしてコントラストのはっきりした画像に修正した。(これはスキャナーを用いて行ってもいい作業だ。)
 それから、大きな実物の布を総合学習室(机・椅子のない空き教室)の壁に貼った。パソコンにプロジェクターを接続したあと、下絵の画像を白い布に映し出すのだ。これは昔、下絵を大きな布に描き写すときにOHP(オーバーヘッドプロジェクター)を使って行っていた手法と同じである。ただし、パソコン・プロジェクターの長所は、映しながら、画像の縦横比を調整することができることである。

 布と画像の大きさがぴったり合った時に、実行委員を総合学習室に呼んだ。
 「わあ、すごい。」
 実行委員の子どもたちは、自分たちが描いた絵が白い布に映し出されているのを見て感動していた。
「ちょっと山の部分をなぞってごらん。」
 私の言葉に、鉛筆で白い布に線を描き入れていった。
「あ~こうやるんですか。先生、頭いいですねえ。」
 思いもよらぬところで褒められてしまった。

 全員の絵を鑑賞し合った授業から1週間後の授業。
 実行委員が、自分たちの考えた絵を提示し、全員で下絵を描くことを説明した。前半、みんなで大きなスクリーンとなった布に、下絵を書き写していった。後半は、プロジェクターの光を消し、書き足らないところを、布に直接書いていく作業を行った。c0052304_10555476.jpg

学級のみんなが鉛筆を手に布に向かっている間、実行委員は、広用紙の下絵に色づけをする活動に入った。実際に布に色を塗る時の、拠り所とするためである。
「色をどうするかは君たちに任せる。」
実行委員の子たち8名は喜んで、あっというまに下絵に色を塗った。緑色が全体を覆っており、その間を青色が流れる。他には、黄色・ピンク・白・・・・・いろんな色がポイント的に置かれていた。全体的には、自然色が豊かに彩られていた。
 その横では、鉛筆書きの大きな下絵も完成した。

「今度は色塗り、楽しみです。」
実行委員の一人が、まだまだ白い大きな布を見て、私を見て、にっこり笑ってそう言った。
(つづく)
by saibikan | 2005-07-23 11:21 | アートマイルプロジェクト | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://iroiroart.exblog.jp/tb/2342247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日本の城ピックアップ at 2005-07-28 20:01
タイトル : 熊本城
熊本城熊本城(くまもとじょう)は、熊本県熊本市にある城。日本三名城の一つ。特別史跡。別名、銀杏城。Wikipediaより引用...... more


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログジャンル

先生
教育・学校

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
プログラミング
ロイロ ・シンキング
学級づくり・学年経営
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師と社会・保護者

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
音楽授業
未分類

記事ランキング

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

新しい時代の幕開け soci..
at 2019-09-16 11:13
シュライヒャー局長とともに ..
at 2019-09-15 10:38
夏の歌川広重展
at 2019-09-15 07:07
新学期に子供を迎える電子黒板
at 2019-08-27 06:15
スパイダーマン・ファー・フロ..
at 2019-08-26 04:00

最新のコメント

mita2637様 コ..
by saibikan at 17:25
鹿児島へ行かれたのですね..
by mita2637 at 16:29
毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

画像一覧