人気ブログランキング |

2010年 10月 08日 ( 2 )

わたしと音楽〜高学年〜2

U先生の指導は厳しかった。
音が合うように気持ちを集中しなくてはならない。
ぼけっとしていると怒声が飛んだ。
時にはバチが飛んできた。

体育館で毎日のように器楽練習があった。
だがSKは、何か解せなかった。
なぜ自分はここにいるのか?と。
やはりやりたいと思って入った集団ではなかったからだ。

ただSKは決して音楽が嫌いだったわけじゃない。
それ以上に外で遊ぶことが好きだったのである。
それを突然奪われたという気持ちが強かった。
親しい友人との時間がなくなったことが大きかった。

次第に練習は激しさを増した。
そんな中でSKはそれなりにがんばった。
打楽器のパートをまかされ、やがてシンバルになった。
手で叩くかと思っていたら、ばちで叩く役目だった。

たった一人のシンバル、難しかったが努力した。
しかしなかなかみんなに合わせるのは難しい。
U先生は日々、怒鳴ってみんなを指導をしていた。
やがて個人的に怒声が飛び始めた。

SKにとって楽しいことは全くなかった。
みんな黙って、我慢して演奏していた。
シンバルへのSKへも一度ばちが飛んできた。
思わずよけたが、「よけるな!」
SKの苦痛度はますます高まった。

そしてその日が来る。
演奏をしてもしてもみんなの音が合わない。
次第にU先生がイライラし始めた。
それぞれの楽器に注意をしていたが、やがて
「もうやめだ!おまえたちのような気持ちで演奏していてもうまくならない!」
とばちを投げ捨てて叫んだ。
「今日限りで器楽部は解散する!帰れ!」
シーンと凍りつくような時間が流れた。
やがて小学生の部員はみな黙って帰り支度を始めた。
中には泣いている女の子もいた。
それでもU先生は黙って前を向いたままだった。
みんなぞろぞろと帰った。
その帰り道、SKは、心の中で
「やった!」
と叫んでいた。ようやく苦痛から解放される。
みんな何だか困った顔でぶつぶつ、しゃべっていたが、SKには幸福感しかなかった。

その三日後、同じ部員から声がかかった。
「器楽部は、今日集まれって。練習を再開するらしいよ。」
SKは驚いた。
「なんで?解散するって言ったやん。」
「それは先生が怒って言ったんだろう。来いよ。」
「いや行かない。もう解散したんだから。俺の中では終わったんだ。」
「だから、また新しく始めるんだって先生が言っている。SKも呼んでこいって。」
「いやいい。もう器楽はしない。先生がやめろって言ったんだから。」

SKがここまで自分の意思を頑固に通すことはなかっただ。
それまで穏やかで明朗って言われていた子どもだったから
周囲も驚いた。その後も何度か友人が戻るように誘った。
「みんな帰ってきている、来ていないのは、お前一人だけだよ。」
そう言われたが、がんとして戻らなかった。

音楽の時間にU先生がひとこと
「もうしないのか?」
と1度だけ声をかけてきた。
「はい。」
とだけ答えた。

SKは、平日の放課後に遊んだ後、五右衛門風呂の竃にまきを入れて火を燃やす手伝いを
再びするようになった。ある日、火の前にかがんでいるSKの後ろから母が近寄って声をかけた。
「器楽部の練習には行かないの?」
「ああ、もう解散したんだ。」
「再開したって聞いたよ。」
「先生は解散したといった。うそつきはいけない。」
「そう。残念だなあ。あなたあれだけがんばってたのに。」
それにはSKは何も答えなかった。
頬が少し濡れたような気がしたが、熱ですぐ乾いた。
無造作にまきを数本炎の中に投げ込んだ。
熱い炎が大きくなり、SKの頬を赤く照らしていた。

1年後、U先生の指導で、器楽部はコンクールで素晴らしい成績を上げたと噂になった。
だが、SKは全く後悔はしなかった。
部員達とも日常は仲良くはしていたが、その話題に触れることはなかった。

そしてその後、SKにとって音楽は聴いて楽しむものになった。
by saibikan | 2010-10-08 23:42 | 音楽・ミュージック | Trackback | Comments(0)

図画工作研究授業にも電子黒板が登場

昨日、G小で行われた小学校輝きプラン図画工作部会。
ここでも先日の中学校美術に続いて電子黒板が登場。
c0052304_4363966.jpg


「音(や様子を表す言葉)を色や形で表そう」の学習の中で活用された。
形や色で表現していく楽しさと、元永定正さんの絵本「がちゃがちゃどんどん」の鑑賞が関連し合う学習。

電子黒板は以下のような使い方であった。
 導入で、教育センター作成のフラッシュ教材を使って、音や様子を表す言葉をイメージした。
 子どもが実際に前に出て、ペンで書き加えながら,理由を説明した。
 絵本の中身をパワーポイントを使って画面で楽しく鑑賞した。
 子どもたちの作品の紹介を実物投影機を使って紹介した。

c0052304_52313.jpg授業全般にキーポイントで活用された。
もちろん電子黒板だけを使ったわけではなく、黒板も十分に活用し,子どもたちのアナログの活動がメインだった。
授業の中身が十分に練られており、子ども一人一人の思いを大事にする学習活動と発想が広がらない子どもへの支援も見える授業だった。子ども同士の関わり合いも、授業者の事前の心配をよそに活発化していた。

後の研究会でも出たように、電子黒板を使う割合を減らしてもよかったとは思う。場面によっては不要だったかもしれない。
しかし、この授業は、電子黒板の持っている多様性を見せてくれた。9月から事前研で検討を重ね着々と準備をして来た授業者やチームスタッフに感謝したい。
by saibikan | 2010-10-08 05:07 | 版画会・県市図美研・図工研発 | Trackback | Comments(2)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログジャンル

先生
教育・学校

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
プログラミング
ロイロ ・シンキング
学級づくり・学年経営
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師と社会・保護者

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
音楽授業
未分類

記事ランキング

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

新しい時代の幕開け(明治維新..
at 2019-09-18 05:29
新しい時代の幕開け soci..
at 2019-09-16 11:13
シュライヒャー局長とともに ..
at 2019-09-15 10:38
夏の歌川広重展
at 2019-09-15 07:07
新学期に子供を迎える電子黒板
at 2019-08-27 06:15

最新のコメント

mita2637様 コ..
by saibikan at 17:25
鹿児島へ行かれたのですね..
by mita2637 at 16:29
毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

画像一覧