人気ブログランキング |

<   2009年 05月 ( 57 )   > この月の画像一覧

春日ぼうぶら仕込み「おてもやん」

学校近くの益さん宅に用事でうかがった。
益さんは地域のまちづくりを積極的に推進されている方である。
地域でグループを作り、春日だけでなく、ふるさと熊本のよさを
盛んにアピールしておられる。
観光立県熊本におおいに貢献されていると言っていい。

用事が終わって帰ろうとする時「ちょっと待って!」
奥様が、奥からあるものを持って来られた。

これである。
c0052304_7313330.jpgc0052304_7382926.jpg


くまもと特産 春日ぼうぶら仕込み おてもやん
このほど、球磨焼酎蔵元「松の泉酒造」でつくられた、本格焼酎だ。最近製造されたばかり。

噂には聞いていたが,初めて目にした。
「どうぞ持って行ってくださいな」
「え?いいんですか!? ありがとうございます!」
焼酎好きな者としては、「新しい本格焼酎」というだけでありがたいが、
そこに数年間関わった「春日ぼうぶら」が原材料とあっては、感激である。
まだ300mlのかわいいびんだが、シンプルなデザインでいい。
ラベルには、「おてもやん」の歌も記されている。
c0052304_7553443.jpg


まだ私は飲んでいないが
 口ほっこりとしたかぼちゃの甘味とこくが特徴(松の泉のブログから
だとか。

この益さん宅において、地域の石さんから提供された春日ぼうぶらを詰め込み
松の泉に送られたらしい。この焼酎の仕掛人は益さんかー。さすがだなあ。
石さんは、春日ぼうぶら復活の立役者である。私も5年前
担任していた子どもたちとともに春日ぼうぶら復活に関わった。

ふと懐かしさもこみあげてきた。

ぼうぶらドリームプロジェクト
c0052304_835010.jpg

by saibikan | 2009-05-17 08:14 | 総合的学習・生活科・地域 | Trackback | Comments(0)

ふるさととメッセージ

総合の学校全体の共通したテーマ
「ふるさとを大切にし、未来へのメッセージをおくろう」


日々激しく変わる自分たちの地域
いよいよ自分たちの目の前で大きな変化が見え始めた
いや、肌で感じ始めたと言っていい。

c0052304_641466.jpgc0052304_643710.jpg


だが変わらぬものもある。
昔から大切にされてきた歴史ある史跡や伝統文化、
緑豊かな自然、そして人情。
そのようなものも、まだまだ身近に多くある。

すばらしきふるさと。

c0052304_642359.jpg

ふるさとは校区だけではない。周辺のまちも同じである。また熊本市、熊本県もふるさと。
もっと大きく見れば九州。
さらに今、世界中の人々が行き交う時代に成った。国際化が進む時代。
わたしたちの日本もわがふるさと。
c0052304_673441.jpg


自分のふるさとを大切にする子どもであってほしい。今も未来も。
自分のふるさとに住み、その一人として内から大事にしてほしい。
もちろん子どものすべてが将来ここで暮らすものだけではない。
日本の各地に飛び出す。いや世界にも飛び出す者も増えていくであろう。
外でも自分たちのふるさとを大事にする大人であってほしい。

だからこそふるさとのよさを体感し、ふるさとを大切にするすばらしさを
体験を通して、今自らの心に醸成していきたい。そして
未来の自分や社会に向けて、今メッセージを送ることが大事なのである。
c0052304_6402921.jpg

by saibikan | 2009-05-17 06:49 | 総合的学習・生活科・地域 | Trackback | Comments(0)

3年図工くっつけくっつけ2作品

3年生の粘土である。
すきな形にいろいろな丸やひもを工夫してつけた。

c0052304_20454669.jpg

            

c0052304_20461415.jpg

             


ふたりに聞いてみた。
「最初からこれをつくろうと思った?」

ふたりとも首を振った。

「人でも作ろうかな、って思って形を作ったんだけど、くっつけていくうちに
 いろいろなものに見えて来た。」
そう、その発想力が大事。

 「くっつけるとき、丸やひもの形を変えてみた。」
そうその創意工夫が大事。
by saibikan | 2009-05-16 21:30 | 3年図工授業 | Trackback | Comments(0)

3年図工くっつけくっつけ1

3年生の粘土くっつけくっつけ 教科書題材を次の流れで行う

①すきな形のかたかまりをつくる(持っている粘土の半分近く)
 ↓
②何に見えるか想像する
 ↓
③丸やひもをたくさんつくる
 ↓
④工夫して丸やひもをくっつける
 ↓
⑤楽しい作品が完成
 ↓
⑥自分の作品や友達の作品を見て楽しむ
 ↓
⑦振り返りをする

ポイントは①に入る前。
①の前に全員を集め、ミニ作品を一緒に作りながら①〜⑤の流れを説明する。
そのとき、丸やひもの作り方を確認する。いろいろな大きさの丸を作ることや
ひもの使い方にはいろいろあること(切る、曲げる、ひねる、結ぶ、つなぐなど)を
みんなで考える。

2時間で十分できる。めあてをもって楽しくできた。

製作の様子
c0052304_5572060.jpgc0052304_5574314.jpg
c0052304_558101.jpg

次回は作品を紹介
by saibikan | 2009-05-15 06:00 | 3年図工授業 | Trackback | Comments(0)

スザンヌ効果

c0052304_5545436.jpg県の宣伝部長にスザンヌが任命されたのは昨年11月。
彼女に人気があるとはいえ、多くの人が県の”joke"だと笑った。
ところが、昨日のニュースによると
伝えられた時間を広告費に換算すると12億円の宣伝効果であると言う。


はあ~たいしたものだな。
計算方法の詳細までは分からないが、県が大きく12億円と言ったからには
それなりの根拠があるのだろう。

あくまで「宣伝効果」であって「経済効果」ではないのであるが
じわじわとスザンヌ効果が経済にも好影響を与えているのは間違いないだろう。
最近、熊本のことが全国版テレビの中でよく取り上げられているのを目にしたり、
熊本への観光客が増えたりしているのを聞いたりする。

c0052304_21373476.jpg今朝の地元新聞ではスザンヌ部長県庁初登庁が1面に写真入りで掲載されていた。今度はSL人吉の観光ポスターに起用、全国のJR各駅で張り出されると言うことである。

私も故郷が好きなので、ブログでももう少し地元宣伝を増やすかな。
SAIBIKAN効果が12万円ぐらいには、なるように。
by saibikan | 2009-05-14 06:05 | 情報(社会・news/blog/HP) | Trackback | Comments(0)

教科書題材実践事例執筆

昨日届いた「形 Forme No.289-2009」
日本文教出版株式会社発行の指導資料である。

・美術館+学校コラボの実践例としての「うらわ美術館」
・特集記事ド図画工作・美術の移行措置をふまえて」
・「教科書題材実践事例」
等の記事がある。
その3つ目の「実践例」の小学校編を今回執筆した。

c0052304_7195983.jpgc0052304_7211787.jpg


5年生の鑑賞教材「よくみてみると」である。
錯視やだまし絵を題材としたものである。
以前このブログで紹介した。
私も毎年実践しているが、楽しく取り組める題材である。

2007年その1
2007年その2
2007年その3

2008年その1
2008年その2
2008年その3
2008年その4
by saibikan | 2009-05-13 06:12 | 5年図工授業 | Trackback | Comments(0)

朗読劇にチャレンジ3

講座で作成した朗読劇「やまなし」も今回で進化をひとまず終了。
最後は、画像に子どもたちの絵(版画)を採用。
Children'sArt &Teacher'sVoice&MacComputerのコラボレーション。

国語のカテゴリーに入れている。
もちろん図画工作や音楽、総合からの視点でもOK。
教科横断的な学習でも可能。

ただ国語からスタートした教材であること、
海外では国語の視点に「Vewing」があるということから、
今回はあえてカテゴリーは変えなかった。

教材?Art?
それは見る人が決めてかまわないというスタンスでもある。


by saibikan | 2009-05-12 05:51 | 国語授業 | Trackback | Comments(2)

初めての1位

c0052304_634338.jpgびっくりしました。
瞬間的なものだとは思いますが、初めて小学校教育部門(にほんブログ村)で1位になりました。応援してくださっている皆様のおかげです。ありがとうございました。
右の切り絵は,10年間教室で愛用している(今は図工室に掲示)自画像切り絵。
実際の顔はずいぶん年輪を重ねてきましたが。

さあ、また1週間が始まります。
あ,今夜は今年度初の図工サークル会合です。
今日はまた,別の仲間たちに会えます。
とはいっても、先日宴会をして数名には会いました。
村君の帰国祝いでした。今日は話し合いです。年間計画。
by saibikan | 2009-05-11 06:20 | 情報(社会・news/blog/HP) | Trackback | Comments(5)

朗読劇にチャレンジ2

朗読劇にチャレンジといっても授業レベルではない。
講座で学んだ個人的な復習である。

講座で3人共同で作った作品が未完成なので、残りを各人で挑戦してみる。
ただしそれは絶対的約束ではないので、
まあそれぞれができればいいかな?ぐらいの感じである。
それぐらいの気楽さがいいだろう。

しかし作ってみると必ず力がつく。

参加した皆さんには、簡単でいいから,復習をお進めする。

実は私は、講座でできた朗読に、ちょっと音楽と音を付けてみた。
前回紹介したものと比べてみると面白い。

by saibikan | 2009-05-10 01:12 | 国語授業 | Trackback | Comments(2)

朗読劇にチャレンジ1

情報研5月は、Mac講座2009の2回目

「iTunes と Garageband」

自分があまり使ったことがない分野である。
音楽をどう料理するのか、これはきっと表現の幅が広がる、と楽しみに参加した。
いつもより参加者が多い。初めての方も結構いた、女性が増えているなあ。いや
今回は女性の方が多いのでは?

それはさておき
中さん、高先生、山先生のお三方の話は、どれもうんうん、そんなことができるのか
と役立つ内容ばかり。それぞれの話については記録係としてまとめ中。また、映像でも
藤先生がすぐにアップしてくださるだろうから、それからでもコメントはいいだろう。

c0052304_19184685.jpg今回は、今日の講座のラストのタスク(課題)である「朗読劇」についてが本題。「Garageband」もこのような活用が有るのである。前先生から何度か実践を聴いたあの「ちいちゃんかげおくり朗読会」の手法。

しかし本日は初めてGaragebandを使う人も多い。
タスクが示され、作品提出までわずか30分しかない。

さすがに今日はできるのだろうか?と不安でスタート。3人グループをその場でつくり、題材を選び、役を決め、録音する。余裕があれば、音や音楽もどうぞ、ということだったが、我がグループは、録音して調整するだけで精一杯だった。

なんとか11時半までには提出できた。

わずかな時間なのに結構みなさん、完成していた。
短い部分ではあるが、けっこう難しいのである。
中には音や音楽まで入れているところもあってびっくり。

音楽が合わなかったり、音が大きすぎたりしたグループもあったが、それはそれでいい。
失敗によって学ぶのである。それが大事なのである。
それを共有させてくれたグループに感謝しよう。


c0052304_19435112.jpgそして、今日の講座で、実は素材が大事なことを私は学んだ。
プレゼンテーションでどう写真を見せるか,の前に、
どのような写真がいいのか、と言うことと同じ。
まずはどう読むのか、ということである。

その意味で私たちのグループは、
まずは飾りのない言葉だけの朗読で今日は終わったが、
「感情を込めて読むこと」
「読みの間を大事にすること」
の2点に絞ったのはまんざら悪くはなかっただろう。

前者はアナログでそれぞれが工夫して読みながら録音し,
後者は3人で話し合いながら録音したものをデジタルで
調整した。それでも不十分だったが、まあまあ3人としては
満足いくものになった。      
       ↓






それを持って帰ってから,各自でもう少し調整したり,
音や曲を付けてみよう、という計画である・・・(続く)
by saibikan | 2009-05-09 19:47 | 国語授業 | Trackback | Comments(2)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログジャンル

先生
教育・学校

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
プログラミング
ロイロ ・シンキング
学級づくり・学年経営
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師と社会・保護者

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
音楽授業
未分類

記事ランキング

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

新しい時代の幕開け soci..
at 2019-09-16 11:13
シュライヒャー局長とともに ..
at 2019-09-15 10:38
夏の歌川広重展
at 2019-09-15 07:07
新学期に子供を迎える電子黒板
at 2019-08-27 06:15
スパイダーマン・ファー・フロ..
at 2019-08-26 04:00

最新のコメント

mita2637様 コ..
by saibikan at 17:25
鹿児島へ行かれたのですね..
by mita2637 at 16:29
毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

画像一覧