人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お楽しみ会で何を育てるか

学期終わりのお楽しみ会を、当たり前のようにやる担任、したくないが子どもが言うから仕方なくすると言う担任、授業そっちのけで自分が夢中になって子ども以上に張り切ってる担任、様々。もちろんそんなことは教育課程にないと全くしない担任もいる。どれでもいい。大事なのは「なぜ?」と言う意識を持ってるかどうか。


「1学期のお楽しみ会を1時間、学年でやろうか」

と提案。担任軍団で話し合ってから子供達に投げかけた。目的はもちろん、子どもたちの企画力と実行力と自主性を培うため。そして学年のチームワーク力を高めるため、子供も教師集団も。


各学級から二人ずつ実行委員が出て話し合ったのが終業式の1週間前。

「けいどろか?ドッジボールかな?」

と予想していたが、話し合いから帰ってきた実行委員女児が口にした言葉は

「先生!超面白いアイデアが出ました!・・・体育館でお化け屋敷ですよ〜〜みんなにはまだ内緒にしておいてください」
「ちょ、ちょっと待て、授業では他に時間は使わないよ、準備もできるの?90人いるんだよ」
「できます!」
と言い切る実行委員。


さすがに話し合いの場にいた学年の特別活動担当の担任に僕は、
「大丈夫ですかね?話し合いはどうでした?」
と尋ねると、
「同じように私も心配したんですけどね。『こうやってこうすればできるし、面白い。絶対大丈夫です。任せてください』と押し切られちゃって」
との答え。なら、しゃあないか、と僕も苦笑い。
「失敗すれば、またそこから学ぶものもある」
と担任軍団は、任せることにした。ただ、
「あまりにもグロになるようなことがあったら指導しなくちゃいかんね」
ということも確認して。


僕らがしたことは、当日の5時間目とその前の昼休みの体育館使用を確保することだけだった。他は子供達で動いた。もちろんやってることを見守りながら、要望があれば聞いてできることは手伝いというスタンスで。


お化け役の募集、制作係の募集、肝試しグループ作り・・毎日実行委員を中心に計画をし、呼びかけ、なんとなく進んでいることはわかった。こういう大げさなイベントがあると子供が落ち着かなくなるので、僕の方は、授業は授業で、とけじめをつけた。時々、段ボールなどの道具を持ってきて何やらやってる。ガムテープやスズランテープはないですか?と言われた時は貸し出した。マイクの使用も説明があったので許可した。でもどういう感じになるのかは、正直僕はイメージがつかめず、やや不安はあった。


そして昼休みの後半に体育館へ入った時、ああこうやってやるのか、とようやくイメージが湧いた。それぞれの場所でせっせと準備をしていた子供達を見てああこれならできそうかな、と。そして5時間目になったら続々と近くの場所に集まって、実行委員の指示でイベント開始。

c0052304_22370698.jpg

その後1時間で、無事に終了。とても楽しかった、というみんなの声。90人を動かして自分たちで見事にやり遂げた実行委員の姿に、本当に感心した。準備の人、脅かす人、参加者側、みんなが一つになってやっている姿に脱帽。これはもう、高校生になって文化祭などさせたら、素晴らしいものができるだろうな、と思ったぐらい。


次の日は終業式。無事に1学期が終了した。



by saibikan | 2019-07-20 22:38 | 学級づくり・学年経営 | Trackback | Comments(0)

ロイロノート 基本的な使い方2

ロイロノートの具体的な操作から始まる電子図書
「 iPad活用で授業が変わる!V1 ロイロノート で深まる思考 」
D-project booksとして電子出版(無料) iPad のiBooksで読むことができます。

その操作のページに8つの動画を貼り付けています。
c0052304_09400288.png
今回は、そのうちの下4つを、左から順に見ている画面を、さらに動画にしました。




by saibikan | 2019-07-20 09:42 | ロイロ ・シンキング | Trackback | Comments(0)

ロイロノート 基本的な使い方動画1

ロイロノート は個人で使うのでなく、学校の教室で、学習として使うものです。
子供には学習ノートそのものであり、教師によっては教室のようなもの。
だから登録が必要です。
ノート作成もしなくてはなりません。

ロイロノートの具体的な操作から始まる電子図書を作成しています。
ブックタイトルは
「 iPad活用で授業が変わる!V1
  ロイロノート で深まる思考 」
D-project booksとして電子出版(無料)
iPad のiBooksで読むことができます。
c0052304_06470894.jpg
その操作のページに8つの動画を貼り付けています。
そのうちの上4つを、左から順に見ている画面を、さらに動画にしました。


by saibikan | 2019-07-17 06:51 | ロイロ ・シンキング | Trackback | Comments(0)

だんボールアート鑑賞でロイロ活用

2018年度のロイロノート 実践。
図画工作5年「だんボールで、試して、作って〜だんボールアートの世界〜」
それも鑑賞部分だけ。

あとは思いっきりアナログです。
しかも、思いっきり図工チックです。

こんな図工が大事だと思うんだけど。
素材に触れて、そこから発想したり構想したりする楽しさ。

でも大事なとこは、デジタルを思いっきり活用する。
子どもたちは喜びましたよ、楽しみましたよ。

そんな中で、思考力や表現力が培われるなら、使った方がいい。
時間が効率化される分、密度の濃い鑑賞や思考ができる。

未来の教室ってそんなもんじゃないのかな。
いや、未来の学習ーそれが行われるのは教室と限られないかもしれない。
教科の柵もはっきりしないかも。
そんな感じがする。

↓クリックすると動画のページに飛びます。
だんボールアート制作の実践は、以下で少し詳しく見ることができます。




by saibikan | 2019-07-15 21:19 | ロイロ ・シンキング | Trackback | Comments(0)

ロイロノートとの出会いの歴史

ロイロノート とシンキングツールの活用のカテゴリーを作成しました。
自分なりに実践をここにまとめます。ただし、教科の実践と重なる場合もあり、それらのカテゴリーとの連携も図りながら進めていきます。過去にもロイロのことを述べているのでリンクを貼って、探しやすいようにします。

学校にiPadが入ったのは昨年9月。3人に1台の台数ですが、たまたま本校は3クラスだっただけに、学年で使う時、相談して時間を振り分けて学級ごとに使うようにしました。そうすると、学級全員が一人1台で使えるわけです。もちろんどの教科で使うかによって、頻度は変わってきます。そこは学年間での協力が必要でした。

さて、そのiPadに入っていた大きな学習アプリがいくつかあります。その一つがロイロノート スクールでした。
c0052304_09334195.jpg
ロイロノート は、自分にとっては久しぶりの出会いでした。1年前にその時の気持ちを書き綴っているページがここです。(以下画像をクリックするとリンク先に飛びます)

そのページの中で5年前の実践に触れ「いずれ述べます」と書いています。よくよく調べるとその頃の別の実践を、ブログに書いていました。前任校で、国語の授業でロイロノート を試してみたあとに、自主研の公開授業に合わせて本格的に使ってみた実践。当時の同僚で、今は研究仲間である養護教諭とのTTの授業です。


このシリーズは5まで続きます。特にロイロについて述べてあるページは、以下の4、5です。
実践内容や流れを知りたい場合は、すべて読むとおおよそわかります。


読めばお分かりでしょうが、ロイロという視点というより、総合的な学習の健康教育という視点での実践です。ロイロはあくまでツールなのです。しかしその存在は、今読み返してみても大きなものでした。しかし、その後は、ロイロを使うことがなくなります・・・なにせ教育センターから一時的にお借りしたiPadを使った実践なので、日常化ができなかったのです。

さて、なぜこの時、ロイロを使おうと思ったのか、それはその時より8ヶ月前に遡ります。
私の属する熊大情報研でロイロノート の紹介とそれを使ったワークショップがありました。
今も研究仲間で、私たちのチームリーダーである前田先生の企画でした。



6年前の研修が、僕のロイロ活用のスタートです。いや、待てよ・・・その二日前の突然の電話があり・・・それまで面識もなかった方が、突然来校されました。その時、熱くロイロのことを語ってくださいました。それが、自分がロイロノートというアプリと関わることになる原点でしたね。

いろいろ思い出しました。
書き綴ることは意味があります。
記録は記憶を呼び起こします。
数年間の流れの中で、様々なことがつながっていることを感じます。

by saibikan | 2019-07-14 09:40 | ロイロ ・シンキング | Trackback | Comments(0)

キャプテン・マーベル

久しく映画を見ていない。
最近はHullばかりだった。
最後に見た映画はなんだ?
思い出せない。
失った記憶。

今日シネマイレージカードで
履歴を見て思い出した。
キャプテン・マーベル。
3月24日。
そうだった。

記憶に薄かったのか。
予告編を見たら文字が出てきた。
「失われた記憶」
それ俺やん。



by saibikan | 2019-07-13 22:54 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

わたしのお気に入りの場所7

お気入りの場所の視点は他にもある。

【見晴らしが良く清々しくなる風景】
c0052304_21125493.jpeg

【1年生の頃から見ていたお気に入りの風景】
c0052304_21125765.jpeg
【ゆっくり休める場所】
c0052304_21195916.jpeg

by saibikan | 2019-07-12 21:22 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

わたしのお気に入りの場所6

ある場所が、「わたしのお気に入りの場所」となる理由は、様々である。
それを、作品票のタイトルなり、説明欄なりに書いてもらった方が作者の意図がわかる。
子ども一人一人、様々な視点からお気に入りの場所があるんだな、とあらためて思う。
子どもが、その風景にそんな自分の想いを乗せて、自分なりに工夫して表すのが、図画工作の授業である。子どもが少しでも自分で満足できるよう支援するのが教師の役目である。

作品を「お気に入りの理由」から、分類して数点みてみよう。

「部活動編」
c0052304_05324872.jpeg
c0052304_05333354.jpeg
c0052304_05330468.jpeg

「委員会活動編」
c0052304_05371165.jpeg
「いつも見る風景編」
c0052304_05395238.jpeg
c0052304_05430646.jpeg

どの絵も想い出がいっぱい。
そしてどの絵も大好き。


by saibikan | 2019-07-07 05:44 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)

わたしのお気に入りの場所5

図画工作 わたしのお気に入りの場所

4・5時 絵の具を活用し、工夫して絵に表すことができる。(技能)

色ぬりは教室で。
構想のカードを出して確認。
あとは自分で塗るだけ。
約2時間で完成した。
c0052304_21155408.jpg
c0052304_21171834.jpg
c0052304_21181630.png


by saibikan | 2019-07-06 21:19 | 6年図工授業 | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログジャンル

先生
教育・学校

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
プログラミング
ロイロ ・シンキング
学級づくり・学年経営
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師と社会・保護者

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
音楽授業
未分類

記事ランキング

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

新しい時代の幕開け soci..
at 2019-09-16 11:13
シュライヒャー局長とともに ..
at 2019-09-15 10:38
夏の歌川広重展
at 2019-09-15 07:07
新学期に子供を迎える電子黒板
at 2019-08-27 06:15
スパイダーマン・ファー・フロ..
at 2019-08-26 04:00

最新のコメント

mita2637様 コ..
by saibikan at 17:25
鹿児島へ行かれたのですね..
by mita2637 at 16:29
毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

画像一覧