人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

新学期に子供を迎える電子黒板

2学期がスタート。
これまでは黒板に、チョークで文字と絵を描いて子供たちを出迎えていた。
今回は、教室に大きな電子黒板(65型)が常駐されていることから、それを活用することにした。
それも電子黒板に直接書かず、タブレット(iPad)のアプリ(metamoji note)を活用して映し出した。

いいところは、
・チョークをたくさん使わなくていい。
・色が反転しないのでそこを考えなくていい。
・黒板をその後すぐに使える。
・家で絵をゆっくり描ける。
・写真をそのまま活用できる。
・書き直しが簡単。

そして、お迎えの絵を何にしようかな、と考えた。
一昨年は、ワンピースのルフィ。去年はちびまる子ちゃん、
今年は夏休みに見に行った「スパイダーマン」にした。
c0052304_06151368.png
c0052304_05435361.jpg
子どもが登校する直前の教室

by saibikan | 2019-08-27 06:15 | 学級づくり・学年経営 | Trackback | Comments(0)

スパイダーマン・ファー・フロム・ホーム

学校の今夏休み期間中に見た映画は、残念ながら2本だけ。
その1本目は「スパイダーマン・ファー・フォーム・フローム」
マーベル社での作品となってみるのは初めてかな。
もちろん十数年前のスパイダーマン映画とは話の中身がかなり違うわけだが
現代版のアベンジャーズの1員となって、ストーリー、ビジュアルともに
面白い作品になっていた。

前半はイマイチな感じだったのが、見ているうちにだんだん面白くなってくる。
噛めば噛むほど。。。みたいな。CGはすごいね。
6月28日公開だったから、すでに劇場公開は終わっているだろう。
テレビやビデオでもう1回観てみたい映画。
以下のサイトは、予告編がたくさんある。
映画を見たものにとっては、あらすじの復習を多くの視点からできる。

c0052304_04034202.png

by saibikan | 2019-08-26 04:00 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

全国統一への動き 6時

社会6年 全国統一への動き6時 西尾環

本時の目標 
 単元全体の学習を振り返り、戦国オリンピックの金メダル武将に自分がなぜその武将を選んだか、理由や根拠をもとに述べることができる。評価テストで6割以上の正答率を獲得する。

学習の流れ
1 これまでの学習でまとめたことを読み直す。
2 金メダルに選んだ武将とその理由を書くことができる。
3 評価テストをする。

読み直すとまた次の言葉が出る。
「金メダルの武将をこの前と変えて良いですか?」
読み深めるほど考えが変わるようである。

最後の最後で最も多かったのは家康(12票)であった。
c0052304_23095797.jpg

by saibikan | 2019-08-16 23:10 | 社会授業 | Trackback | Comments(0)

全国統一への動き 5時

社会6年 全国統一への動き5時 西尾環

目標 誰が最も全国統一への役割を果たしたかと言うことを3人の功績や生き方を比べながら考え、それぞれが果たした役割やつながりを考えることができる。

授業の流れ
1 3人グループを作る。(事前に誰を推すか調査をしたところ、だいたい3分の1ずつだったので、信長派・秀吉派・家康派でグループを組ませた)
  *この時点で、信長10人・秀吉10人・家康9人だった。

2 シンキングツール を切り替えて順位づけを自分で考えてみる。
 (初めてこの時、シンキングツール を切り替える方法を教えた)

3 3人で、なぜその人いいかを討論する。この時、国語の「新聞の投書を読み比べよう」で、「意見(主張)ー理由ー根拠となる事実や資料」をもとに話したことを思い出させる。

4 討論後、自分たちの班で説得力のあった意見をもとに、金メダルを与えるなら誰かを再度確かめる。

5 全体討論をする。それぞれの武将が最も良い理由をそれぞれの代表から一人ずつ言い、その後は自由討論とする。

6 最後に金メダルを与える人を自分で選び提出箱にカードを送ってクラスで選んだ金メダル武将を決定。
c0052304_09164645.png
振り返り
シンキングツールを使うと、子供は自然と話しやすくなるようである。
なかなか盛り上がった。説得力のある意見によって考えを変える子供も多くいた。
ちなみに似たような方法で他の学級も行なったが、学級によって秀吉・信長・家康と金メダル獲得者が異なったのは面白かった。

by saibikan | 2019-08-15 09:18 | 社会授業 | Trackback | Comments(0)

全国統一への動き2〜4時

社会6年 全国統一への動き2〜4  西尾環

調べ学習(2時−4時)

目標  
 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康が行った政治を理解し、それぞれの人物が全国統一へ向けて果たした役割を考えることができる。

資料 教科書・資料集・NHKforschool「歴史にドキリ」

まとめるアプリ ロイロノート・スクール シンキングツール

この学習では、3人が行って来たことを理解するとともに、比較して見えるように整理することにある。そのために、シンキングツール のデータチャートを使用した。学習の流れとしてはいくつかある。私が行った授業では、ベタだが、1時間に一人ずつ自分で調べて自分でまとめるという方法をとった。チャートと観点はこちらから与えた。また理解を踏まえるためにNHKのビデオも一部活用した。がから基本、個人で調べる学習である。ただしグループで教え合いながら相談しながらして良いとした。さらに1時間ではどうしても一人についてまとめきれない子どももいるので、その分はカードを分け与えて良いことにしたが、子どもはなんとか自分でまとめ切ろうとする姿が目立った。
c0052304_14500733.jpg


大人の模擬授業では、この時点で3人グループを作り、担当を決めてそれぞれが一人について詳しく調べ、情報を交換しあってまとめるという方法をととった。実際の授業では使わなかったが、個人で一人について視点を持って整理するならこの方法が良いだろうと、Yチャートを与えてまとめてもらった。それをその後データチャートで共有したが・・・限られた時間内で体験してもらうためにそのような方法を取り入れた。だが、データやり取りという方法に慣れていない者のにとっては、若干ストレスが溜まったであろう。そこは申し訳なかった。
c0052304_07362537.png

by saibikan | 2019-08-14 14:51 | 社会授業 | Trackback | Comments(0)

「全国統一への動き」1時

社会6年 日本の歴史 小単元5 全国統一への動き 西尾環
「天下統一」でなく「全国統一」という言葉で表されているのはなぜか、と言うことは置いといて、本単元で、子どもがが関心を持って取り組み、主体的に資料を活用して思考を深め、考えを表現できるようにするものである。
導入(1時)

本時の目標
 室町時代が応仁の乱をきっかけに戦国の世に変わリ、その後織田信長・豊臣秀吉・徳川家康のリレーによって全国が統一されたことを理解し、本単元の学習課題を持つことができる。
c0052304_23302022.jpg

学習の流れ
1 前単元で室町時代には、今に通じる文化が生まれた豊かな時代であったこと、それらの知識をパンフレット言う形で表現したことを思い出す。
2 応仁の乱のビデオ、戦国大名の勢力図を見て、室町時代後半に平和な世の中が崩れたことを知る。
3 長篠の戦いの図を見て、気づきや疑問を出し合いながら、織田・徳川連合軍が、鉄砲を使った新しい戦い方をしていたことや、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康が同じ時代の武将として活躍していたことをつかむ。
4 戦国から安土・桃山・江戸時代において3人の武将が全国統一をしていったことに気づき、本単元の学習課題をつかむ。
c0052304_23133850.jpg

c0052304_23134025.png



c0052304_23133854.jpg

c0052304_23133843.jpg
c0052304_23133917.jpg
つまり、1時はシンキングツール は使ってないってことです、

by saibikan | 2019-08-10 23:33 | 社会授業 | Trackback | Comments(0)

「全国統一への動き」活用課題

1学期の社会授業の実践をまとめる。
今回は小単元5。
社会6年 日本の歴史 小単元5 全国統一への動き(6時間扱い)

ここでの実践の視点は以下。
・パフォーマンス課題(課題解決力)
・ロイロノート(iPad活用)
・シンキングツール(思考の可視化)
・協働学習
・主体的活動

単元の目標
 戦国の世の中が統一されていく様子に関心を持ち、信長・秀吉・家康の働きを調べ、全国統一に果たした役割を理解させる。

活用課題(学習活動のねらい)
 研修会に提出したものをさらに改善したピラミッドチャート

c0052304_19301036.jpg


by saibikan | 2019-08-10 19:31 | 社会授業 | Trackback | Comments(0)

シンキングツールアドバイザー

シンキングツールアドバイザーとしては、横浜に続き、2回目の参加。今回、面白かったのは、アドバイザー数十人が、皆、自分の専門以外の教科の担当になるということ。私も、図工でなく社会科の先生方のアドバイザー。教科の内容については参加者が詳しく、こちらはシンキングツールを中心にアドバイスすればいいのだけど、やはり教科についても知っておく必要があるので、それなりに勉強して臨んだ。

シンキングツール 大研修in大阪で、担当するのは3人の予定だったが、台風関係でキャンセルもあったらしく、2人の担当。京都の先生と淡路島の先生。どちらもすでに数年前からi Padは入っているので、基本的な使い方は分かってるし、授業にも活用されてるので、レベル的に高いグループ。アドバイスするというより一緒に学んだ1日だった。ただ、中学校の教科の先生方のアドバイザーや、かなり「自分の力で学ぶ」的な雰囲気が強いグループの先生方は、かなり苦労しておられたアドバイザーもいたようだ。ここを乗り越えるのも、十分な経験と強い意志が必要。

私の場合、専門外の社会科担当といっても、小学校だから毎年授業はしているわけで、自分でそれなりに学び直しをした。ロイロ側としては、「その教科の先生へのシンキングツール の普及を狙う」というような企みがあった。だが、自分の学校には社会科専門はおらず、むしろ同学年の先生方へ相談しながら、同じ授業をやってもらったのである。だから、その授業づくりを一緒に行ったようになった。結果的に同学年の先生方がシンキングツール のことも理解し、普及ができたことにもなる。専門ではないが故に、様々な教科で使ってみることになるだろう。

ちなみに校内には国語の専門の教員がいる。その先生が、私とは無関係に独自でシンキングツール を使って授業をしておられる。研究熱心な先生は、試してみて、良さを追究してみるものなのだ。そして嬉しいのは使い方について、これでいいだろうか、と相談に来られることである。ありがたい。
c0052304_04293681.jpg

by saibikan | 2019-08-04 04:38 | ロイロ ・シンキング | Trackback | Comments(0)

スパイダーマン ファー・フロム・ホーム

久しぶりの映画
スパイダーマンも昔の独自の路線じゃなくなって
アベンジャーズの1員かあ
c0052304_18565679.jpg

by saibikan | 2019-08-03 23:53 | 情報(番組・メディア・映画) | Trackback | Comments(0)

シンキングツール大研修会in大阪

ロイロノートがバージョンアップして4ヶ月。
授業で扱うロイロノートの役割が変わってきた。
プレゼンアプリの要素が強かったロイロノートが、
カードインカードや縦型テキストのおかげで、
パンフレットや新聞づくりを容易にした。
表現アプリの役割が大きくなった。

それ以上にシンキングツールが入ったおかげで
思考力育成アプリとしての役割を担い始めた。
いや、思考・表現・伝達の全てを含んだアプリとしてかなり使えるのは間違いない。
授業での子供達の姿からわかる。よく考え、表現している。
まだまだ試しの段階だが、1学期の間でに何度も授業で活用し、それがわかってきた。
(本校は、一人1台ではないので、いつも使えるわけじゃない)

そしてそのような実践を語り合い、より良い授業を作るための研修会が先日開催された。
シンキングツール大研修会in大阪。
私は、シンキングツールアドバイザーとして参加。
これがまた、自分の仕事にとても役立つ立場だった。
新しい授業づくりのため全国の先生方と学び合った。
自分の活動の足跡と学びについて、具体的にはいずれ述べよう。
c0052304_21165507.jpg

今日はその研修会の記録が綴られたロイロのページへリンクを貼っておく。
c0052304_21165275.jpg



by saibikan | 2019-08-02 21:19 | ロイロ ・シンキング | Trackback | Comments(0)


アートな授業作りに臨む日々。ICT活用や美術館活用、問題解決学習。思考力と心。基本はアナログ。ADE・ランナー・小学校教師Kanのblog。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログジャンル

先生
教育・学校

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
1.2年図工授業
3年図工授業
プログラミング
ロイロ ・シンキング
学級づくり・学年経営
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師と社会・保護者

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
音楽授業
未分類

記事ランキング

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

新しい時代の幕開け soci..
at 2019-09-16 11:13
シュライヒャー局長とともに ..
at 2019-09-15 10:38
夏の歌川広重展
at 2019-09-15 07:07
新学期に子供を迎える電子黒板
at 2019-08-27 06:15
スパイダーマン・ファー・フロ..
at 2019-08-26 04:00

最新のコメント

mita2637様 コ..
by saibikan at 17:25
鹿児島へ行かれたのですね..
by mita2637 at 16:29
毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

画像一覧