人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Art of children

For my friends.

I make the charm of child's creative art important. Child's art becomes more abundant by technology.

I think about education with a child through analog and digital educational execution.

Child's art isn't only art at school and a craft.
That exists in all education.
There is also that in daily life.

And that's an entrance of the tunnel which continues in the hopeful future.

I love child's art. by Kan
c0052304_05282979.jpeg


by saibikan | 2019-10-15 05:29 | for the world | Trackback | Comments(0)

新しい時代の幕開け 2時

6年社会 新しい時代の幕開け2時

めあて 「黒船やペリーは何のために来たのか?そして江戸幕府や日本の人はどうしたのか?」当時の人々の立場に立って意見を言い合おう。

学習の流れ
1 黒船来航の挿絵を見て、手前の人々が何を言っているか考えて吹き出しに書く。
2 気づきを言い合いながら、アメリカの軍艦船(ペリー)が来たことや、日本の人々が動揺していることを掴み、めあてを立てる。
3 動画資料を見て、幕府も困っていることを理解する。
4 4人グループで開国賛成派、反対派に分かれ(機械的に2対2で分ける)、資料を見ながら、先ずは2人で相談してその理由などを考える。
5 賛成派対反対派で討論する。
6 教科書や資料などをもとに、江戸時代が終わっていくことを知る。
7 江戸時代がなぜ終わったのか、クラゲチャートにまとめる。

教師の振り返り
・これだけの内容があり、様々な手法を取り入れたらそもそも1時間では終わらない。予想通り2時間かかった授業。(教科書指導書が1時間扱いの場所)5の途中で1時間目が終了であった。
・気づきを言い合う中で、黒船とかペリーとか子供の側から出てきた。
・動画資料を途中で止めたことで、スムーズに開国派と反対派の討論へとつながった。
・討論自体はさほど盛り上がらなかった。というか賛成反対の理由は思いつくが、それをかみ合わせて議論していくのは、子供の実態からして難しかった。ただし、中には現代の政治や経済、暮らしとつなげて思考し、書き込んでいる子供もいて感心した。
・6は動画を見せてさらっと流し、7でまとめるのに教科書資料を見ながらある程度教師と一緒にまとめていく手法を取らざるを得なかった。
c0052304_10071392.jpeg
c0052304_10181910.png
c0052304_10304741.png

by saibikan | 2019-10-14 10:19 | 社会授業 | Trackback | Comments(0)

新しい時代の幕開け 1時

6年社会 日本の歴史 新しい時代の幕開け 1時

目標 
江戸時代の終わりから明治時代の始まりは、どのような時代だったかを大まかに理解し、小単元への自らの学習課題を持つ。

学習活動の流れ
1 0時で学んだベン図を見て学習を思い出す。
2 本時のめあてを知る。
3 資料とカード入りのピラミッドチャートを配布、小単元の全体操を把握。
4 自分のベン図をピラミッドチャートに挿入。
5 教科書で小単元全体を眺める。
6 自分で課題を持つ。
7 教師から提示されたパフォーマンス課題を知る。

児童から出てきた課題例。
・30年の間、何があってこうなったのか誰を中心に日本が変わって行ったのか調べる。
・建物は変わって行った様子だけど、食べ物はどう変割っていくのか(文化も)
・江戸末期から明治までで変わった政治や活躍した人物、そして身分の差別の変化、外国との関係について調べる。
・新しい政府はどのような政治を目指したのか、明治に誰がどのようなことをしたのか。
・ペリーは日本に何をしにきたのか。
・福沢諭吉はどこでどうやって活躍したのかを調べたい。

教師の振り返り
・課題の作り方に随分慣れてきた。森を見ている児童、木を見ている児童、様々だが、学習を進めていく中で、それぞれが、「森を見て木を見る」「木を見て森を見る」思考が育つようにしたい。
・教科書で全体を見るという活動は高度である。いわゆるフォトリーディングに近い作業なのだが、これもまた少しずつ慣れているようだ。子供達には文章でなくタイトルと写真や資料だけ眺めればいい、というが、今回は特に長いので時間を要した。また、興味を引いたところはやはり見入っている。
・チャート図の中にチャート図を入れるという操作を始めてやってみた。カードインカードの場合どうしても中のカードが動いてしまったり、ズームインしてしまったりということがある。これは慣れるしかないと思う。
c0052304_05384603.jpg
c0052304_05384611.jpg


by saibikan | 2019-10-11 05:39 | 社会授業 | Trackback | Comments(0)


創造性あふれる子供のアートの魅力。それはテクノロジーの利用によって、より豊富になる。教育と日常を通して、未来を考える空間。


by saibikan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログジャンル

先生
教育・学校

カテゴリ

全体
キッズゲルニカ制作編
キッズゲルニカ発信編
アートマイルプロジェクト
6年海外交流ArtMile図工・総合
5年図工美術家連携プロジェクト
5年総合BOBURAドリームP
6年図工授業
5年図工授業
4年図工授業
3年図工授業
1.2年図工授業
for the world
プログラミング
ロイロ ・シンキング
学級づくり・学年経営
ソーラン節
魔法プロジェクト(特別支援教育&ICT)
図工総合関連(竹ちゃん学習)
図工国語関連(やまなし)
図工サークル
図工室経営・図工美術論
図工美術全国大会/InSEA
図工美術熊本県大会2014
版画会・県市図美研・図工研発
造形展・子美術展・児美教室
美術作品・美術館・地域美術
総合的学習・生活科・地域
国語授業
社会授業
算数授業
理科授業
体育授業
道徳授業
外国語授業
音楽・ミュージック
自然・科学
動物(Lee/Chiro/Rufi)
スポーツ
学校行事・その他学校
情報教育(マイタウンマップ)
情報教育(ICT/情報研/JAET))
Future未来問題解決プログラム
情報(社会・news/blog/HP)
情報(番組・メディア・映画)
Macintosh
日常・旅・まち・料理
校内研究
プロフィール
我が家のアート
学習指導要領・教育施策
変わりゆく駅周辺
教師と社会・保護者

環境エコ
I love N.Y.
教務の仕事
霧プロ
ゆげっこ同窓会
Family
小説
理科授業
熊本地震
音楽授業
未分類

記事ランキング

LINK(excite以外)

ブログパーツ

お気に入りブログ

おおはしわあるど=ブログ=
図工だいすき子ども美術展
美術な目
■ 創生地 ■ そろそろ...
美術と自然と教育と
図工準備室
Hawaiian Br...
れれれさるの『学級日誌』
写真は口ほどにモノを言う 
図工室から ―図画工作の現場―
ぱれっとぺーじ
はーと&はーと 
尻別川の畔より/K9 F...
図画工作・美術教育の大切...
“色といろいろ日記”
うつわのココロよ。
Heavenly Blue
つくること みること か...
のんびり徒然なるまま
smilecircle
街を美術館にしよう! ま...
図工大好き橋本ゼミin函館

最新の記事

Art of children
at 2019-10-15 05:29
新しい時代の幕開け 2時
at 2019-10-14 10:19
新しい時代の幕開け 1時
at 2019-10-11 05:39
新しい時代の幕開け(明治維新..
at 2019-09-18 05:29
新しい時代の幕開け soci..
at 2019-09-16 11:13

最新のコメント

mita2637様 コ..
by saibikan at 17:25
鹿児島へ行かれたのですね..
by mita2637 at 16:29
毛皮のコウディーさん、コ..
by saibikan at 22:14
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
彩美館のブログ主様初めま..
by 毛皮のコウディー at 16:37
カギコメ様 了解です。..
by saibikan at 21:11
カギコメ様 コメントあ..
by saibikan at 21:09
Y様 こちらこそ、..
by saibikan at 17:18
「全員でゴール」たしかに..
by saibikan at 08:15
新年度、私も同じところか..
by ゆい at 08:56

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2003年 06月

ファン

画像一覧